オクターブ チューニング。 アコギのオクターブ調整は難しい?狂う原因と直し方

【簡単】ベースのオクターブチューニングのやり方【画像付きで解説】

オクターブ チューニング

オクターブ調整 弦の巻き方でも触れましたが、チューニングが合わない、狂いやすい等の症例に絡んでいるのがオクターブチューニング。 イントネーションチューニングとも呼びますが、開放を含むローポジションとハイポジションでの音程のズレを修整する作業です。 ギターの構造は音程が半音毎に区切れていてこれをクロマチック(半音階)と呼びますが、12fは弦の全長のちょうど中間に位置していて、ここで音程が1オクターブ上がる事になります。 開放がドレミファソラシドの低いドで12fが高いドになる。 そんな感じです。 オクターブチューニングはこの12fの音程が正確でない時に行う作業です。 オクターブがズレる原因アレコレ プレイヤーのスタイル(ポーズでも体型でもない)によって様々ですが、弦を押さえる力やピッキングの強さがオクターブにはかなり影響します。 高いフレットが打たれているギターは強く押さえると音程がシャープ(上がる)しやすいので、新品で購入した楽器でもオクターブが合わないという場合にはこの点が考えられます。 また、強く弾く方はビビりが出ないように弦高そのものが高めな場合が多いので、押弦した時に弦を引っ張る量が多くなりやはりシャープしやすくなります。 この2点については通常の調整は通用しないだけでなくその楽器の調整出来る範囲では対応出来ない時もあります。 心当たりのある方は、今後調整に出す際には自分の演奏スタイルを伝えておくと良いと思います。 その他の原因では弦の質や古さ等。 質はともかく古い弦のオクターブは全くアテになりません。 またゲージの変更や、同じゲージでもメーカーを変えたりした場合もオクターブは微妙に変わってきますので、調整に出す時には使用弦を一緒に渡しておく事をお勧めします。 で、最も単純なのが自分でなんかイジッちゃった場合。 弦高を変えても、テイルピースの位置を変えても。 サドルの位置なんて当然。 つまりセッテイングを変更したらオクターブは変わってくるという事です。 オクターブチューニングの合わせ方 基本編 必要な工具はその楽器によって違いますが、チューナーはどんなのでもいいからあった方が良いです。 できればクロマチックで合わせられる物がベスト。 個人的にはLED タイプより針メーターの方が好き。 右の写真はストラトのシンクロナイズド トレモロとギブソンのナッシュビルタイプブリッジのイジる場所と工具です。 フロイドローズについてはのページを参照して下さい。 ではまず普通にチューニングをしたら、各弦の12f を押さえて音程を確認しましょう。 合ってたらまずはイジんないでいいですが、狂ってたらサドルの位置を変えてみます。 12f の音程が高かった場合、これはナットから12f までの距離に対して12f からサドルの弦が乗ってる支点までの距離が短いという事です。 この時はサドルの位置を後ろに下げて距離を長くとってやります。 理屈解りますか?弦は支点間の距離で音程が変わるんです。 同じ張力なら弦長が長い方が音程は低いんです。 まずチューニング。 開放の音程が変わってるハズですから、合わせ直して再び12f の確認、調整を繰り返します。 注:押さえる強さは普段演奏する時と同じにして下さい。 フェンダー シンクロナイズドトレモロのサドルはプラスドライバーで。 時計回りでオクターブは下がり、逆回りで上がります。 ただし6弦は、弦高が高いと調整範囲が足りない時も多々あります。 これは弦の立ち上がり角度がキツくなるとオクターブはシャープする特性がある為で、サドルを後退させる作業はテンション(弦の張力)を上げる事でもあるのです。 結果、下げた分上がってしまうような相殺状態になる為、この場合サドルの高さを下げ弦とサドル接点の摩擦を減らすような他の調整(ネックの仕込み角度等)が必要になってきます。 オクターブチューニングの合わせ方 特別編 もったい付けた言い方ですが、なんの事はない。 先に述べたナットの高さやフレットの高さ等が影響してシャープし易くなる。 そんな時の対処法の一つです。 僕がいつもとる手段は、その人の多用するキー(曲の調)や、よく使うポジションを優先して合わせる方法です。 例えばブルース系はE, A, D 等、5フレット7フレット辺り。 ハードロック系なら低音弦側は3〜7F、高音弦側にいくにつれて5〜15F辺りまで測定の場所を増やして平均をとる合わせ方です。 そして最終的にはピアノの調律みたいに和音の響きで微調整。 このコードだけはキレイに鳴ってほしいというところに重点をおいて合わせたりとか。 ちょっと乱暴な言い方ですが、ギター程アバウトな楽器に完璧なチューニングを求めてはイケマセン。 せめてここだけ的な合わせ方のほうが向いてる楽器だと僕は思います。 皆さんも自分流のオクターブチューニングの合わせ方が見つけられると思うので、是非やってみて下さい。 どうしても合わなかったらお気軽にご相談を。 ギブソン ナッシュビルタイプはマイナスドライバー。 フェンダー同様時計回りでオクターブは下がり、逆回りで上がりますが、これとよく似た形のABR-1 というヴィンテージスタイルのブリッジは何故か取り付ける向きが逆です。 ネジの頭がP. U 側にくるようにマウントするので回す方向と音程の上下の関係が反対になりますから注意。 あくまで弦長を長くするのか短くするのかで考えてください。

次の

【初心者必見】ギターチューニングの基礎知識と方法

オクターブ チューニング

オクターブチューニングの確認 例えば6弦開放で出る音はE(ミ)なんだけど、6弦12フレットの音は1オクターブ高いEだよね。 で、6弦開放で出る音と、6弦12フレットを押さえて出る音が同じかどうかって話。 それぞれをチューナーで確認するって事だね。 それでそれぞれが合わない場合はオクターブチューニングするわけ。 ちなみに、普通に指板で押さえると音は若干上がるので、 フレットの上を直接爪で押さえたり、ハーモニクスで合わせたりってのもある。 実際に弾く時の音が合ってないと意味無いから普通に押さえるってのが一般的かな。 まぁそんなに変わらないから口うるさく言うほどこだわる必要ないし、やりやすい方法でチューニングすればいいかな。 この確認方法はエレキギターに限らず、全ての弦楽器で共通だよ。 フレットも開放と12フレットと決まってるわけじゃないから、 開放やローポジションの音がぴったりの時に、ハイポジションや最終フレットでずれてる場合はそこを基準にオクターブチューニングすればいいよ。 あと、オクターブチューニングとオクターブ調整は説明の必要は無いかも知れないけど同じ意味ね。 エレキギターのオクターブチューニングの方法 簡単に言うとブリッジの金具の位置を動かしてオクターブチューニングの調整をする。 写真の通りなんだけど、ここで言う「上がる・下がる」ってのは、 ハイポジション側が開放と比べてって事。 例えば6弦開放がピッタリEなのに、12フレットではEシャープの場合、下がる方向に金具を動かしてオクターブチューニングするわけ。 で、エレキギターの場合ストラトキャスターでもレスポールでも金具を動かすネジが付いてるから、 それを回してオクターブ調整する。 テレキャスターはストラトキャスターと同じだね。 回す方向は普通のネジと同じなんで、時計回りに回せば金具はネジの頭から近くなるし、 反時計回りに回せば金具はネジの頭から遠くなる。 一応右の図にどっちに回したらどっちに動くか書いておくよ。 ちなみにここ、全然回してないと硬くなってる場合もあるから弦を思いっきり緩めて一度回してみるといいよ。 もしサビ付いて全然回らないのならを参考に。 オクターブチューニング中は金具を動かすと当然開放の音も狂うけど、そこは一旦置いといて先に開放と12フレットが同じ音になるようにオクターブ調整する方が速いよ。 下で詳しく書いてるけど、下がるの方に動かすと一時的にチューニングは上がるんだけど、気にせずオクターブ調整してみて。 で、そこそこあったら開放をもう一度チューナーで合わせてオクターブも確認。 合わない時はこれを何回か繰り返すんだけど、レスポールの場合はチューニングする前にブリッジの上の弦を持ち上げるといいよ。 ブリッジから終端の弦は金具を動かした時の影響を受けるから、一度持ち上げると何回も調整する手間が省ける。 他のエレキギターではストラトキャスターやテレキャスターはこれができないからある程度ちゃんと合わせたつもりでも、しばらく弾いてると結構ずれてきてなかなか合わないんだよねぇ。 まぁどちらにしてもギターのオクターブチューニングはその1回で完全に合わすってのは相当繰り返さないといけないから、 1度調整作業をしたら、日を置いて何回かすれば楽だしそれでいいと思うよ。 ギターの状態にもよるけど、12フレットでオクターブチューニングしても20フレットだと合わない事もあるんだよね。 そういう時の調整方法はもっと高いポジションですれば良くて、 6弦開放でEピッタリ、6弦17フレットでAシャープの場合下げる方に動かせばいいよね。 別に同じ音になる開放と12フレットで合わす必要はないよ。 ただこれも状態が悪すぎるとオクターブ調整しきれないようになるんだよね。 弦高を上げたり下げたりでもちょっと変わるけど限界もあるし、 そうなったら諦める、妥協して練習用ギターとするしかないよね。 オクターブチューニングの仕組み 仕組みっていうほどたいそうな物じゃないけど、知ってると金具をどっちに動かしたらオクターブチューニングが上がるか下がるか分かるから便利かな。 というのも、金具動かす方向結構みんな覚えてないんだよね。 同じ人に何度も聞かれたことあるし! ギターで説明するけど、これはエレキギターに限らず、弦楽器であればオクターブチューニングはどれも同じような仕組みだから、エレキギター以外の場合も参考にしてよ。 開放と12フレットが同じ音程になるのは、ギター自体がそういう風に作られてるからなんだよね。 で、それを決定付けてるのがフレットの幅とブリッジの位置。 ギターのフレットの幅を後から変える事なんてできないから、ブリッジを動かせるようにしてオクターブチューニングできるようにしてるわけ。 ここで重要になるのがフレットとブリッジの距離なんだよね。 (フレットレスの場合は押さえる場所) フレット押さえてると、その時に出る音はフレットからブリッジまでの弦の長さ(張り)になるでしょ。 金具を動かすということはこの長さが変わると言うことだから、 長くなればなるほど音は低くなるし、短くなればなるほど音は高くなるってわけ。 実際に弦を張りながらオクターブ調整すると、 例えば金具を下がる方向に動かすとチューニングは上がるんだよね。 あれ〜?って思うかもしれないけど、これは弦を張りながら引っ張ってるから一時的にチューニングが上がるだけで、 開放を合わせなおすと12フレット側はちゃんと下がってる。 こういう事があるから余計にややこしいのかもね。 適当にネジを回して合わないと思って諦めた人も、こういう事を理解してからもう一度オクターブチューニングしてみてよ。 もうちょっと詳しく書くと、 ブリッジを動かすって事は開放でも弦押さえてても同じだけ長さ変わるし両方音変わるじゃんって思うよね。 なのになぜ1オクターブ上の音のズレを直すことができるのか。 例えば開放でヘッド(ナット部分)からブリッジまでの弦の長さが10センチとしよう。 12フレットからブリッジはそれの丁度半分の5センチだったとして、 ブリッジを弦の長さが長くなる方向に1センチ動かしたら、 開放からは11センチ、12フレットからは6センチになるよね。 つまり開放からは10%長くなってるけど、12フレットからは20%長くなってるよね。 だからハイポジション側の音を低くできる事になるわけ。 もちろんブリッジを指板側に動かせば、ハイポジション側の弦の長さは短くなるから音が高くなるよね。 オクターブ調整すると開放の弦の長さは変わるけど、 12フレット側はもっと変わる事になるからそうして調整できるようになってるんだね。 写真はエレキギターだけど考え方はチェロやウクレレなどでも同じ。 単純にどっちに動かしたら音程が上がる・下がるって覚えておいてもいいんだけど、 オクターブチューニング自体たまにしかしないから忘れるんだよね。 それよりも上で書いてるような仕組みを知っておけば、考えれば分かる事だから忘れてもその時にどっちに動かすべきか分かるよ。 アコースティックな弦楽器のオクターブチューニング 今のエレキギターは動かせるブリッジと言う物が付いてるからオクターブチューニングできるわけなんだけど、 そういう調整できる部品が付いてない楽器の場合でも調整方法があるよ。 ・ ヴァイオリンやビオラ、チェロなんかの場合そもそもフレットがないから、 オクターブでの音程がずれてきても、単純に指板を押さえる場所を同じようにずらせば対応できるよね。 明日になると半音ずれるって事なんかないし、わずかにずれた分は意識することも無く押さえる場所ずらしてるんじゃないかな。 もちろん異様にずれた場合はなんとかしなくちゃいけないんだけど、 この辺の楽器はブリッジとなる駒が動かせるから問題ないよね。 つまり、順反り傾向の場合の調整方法は駒を下に動かすというわけ。 1音ずつの調整はできないけど、オクターブでの音程差は各弦で同じ方向で進むしね。 ただ1弦と4弦になるとちょっと差が開くから、その場合は駒に角度付ければ対応できるけど、この辺の楽器って駒は平行って決めつけてるから斜めに付けてバカにされても俺は知らない。 ・ ウクレレとか小さな弦楽器の場合ずれる幅も短いだろうからそんなに気にする必要ないんじゃないかな。 ウクレレ持ってないから知らないんだけどね。 と思ってたんだけど! ウクレレ持ってる知人に聞いたらやっぱりウクレレでもオクターブチューニングが狂うらしい。 全然知らなかったんだけど、ウクレレもいいやつになると10万〜20万とかするらしくて、 そういうのはオクターブチューニングも狂いにくいんだけど、 気楽に買える程度のウクレレは結構オクターブチューニングが狂うみたいだね。 実際にウクレレ見させてもらったんだけど、ブリッジ部分は土台の上に横棒が乗ってる感じだから、 それをずらすことでオクターブチューニングできそうだね。 極端に音程がずれてるなら、この棒は取ってしまって、弦1本ごとにオクターブチューニングできるように作る方が良さそうだね。 ・ アコギの場合もブリッジとなるサドルを削る方法でオクターブチューニングができる。 これもサドルに弦が載る頂点を上で書いているような方向に削れば調整できるってわけ。 うっかり削りすぎたって場合でもサドル自体がリペアパーツ置いてる楽器店で売ってるよ。 ただこれもあまりにもオクターブチューニングが狂いすぎている場合は幅が足りなくなってくるんだよね。 そういう場合はサドル自体を自分で作るしかないね。 それなら好きなだけ調整できるしね。 アコースティックな楽器はエレキよりもサドルとか駒は音をボディーに伝える重要な部品ではあるけど、 音がどうこう言うより、オクターブチューニング狂ってるまま弾く方がまずいよね。 それなら木でも樹脂系の粘土でも素材に関わらず自分で作る方がいいよ。 ・ ベースの場合、エレキベースはブリッジがストラトキャスターと同じだからいいよね。 俺が知らないだけかもしれないけど、違うブリッジのベースがあっても基本的な考えは上で書いたとおりだからいいよね。 アコースティックなベースの場合はアコギやチェロとかと同じ方法だね。 オクターブチューニングが狂ってると下手に聴こえる 映像を見る場合はその人の手や動き見るから上手いと思われやすいんだけど、 聴くだけの場合にオクターブチューニングが狂ってると下手に聴こえるんだよね。 音程ずれてるんだからそりゃそうだよね。 上でも書いてるけど、オクターブチューニングをほぼバッチリ合わせるのって結構手間がかかる。 だから特にライブや録音をする場合は3日くらい前から始めて、 弾いてるうちに狂ったらまた次の日に少し調整という感じで、 当日まで余裕を持ってやっておきたいね。 まぁ当日になってようやくオクターブチューニングした場合でも、数曲弾くくらいならそんなに極端に狂わないけどね。 それ以外でもいつも合わないまま弾いてると音感にも悪影響だし、 極端にずれている場合は絶対にオクターブ調整する方がいいよ。 話しそれるけどギター弾く人って機材が好きな人と弾きまくりたい人に分かれるよね。 で、もう20年もアコースティックギター弾いてる弾きまくりたいタイプの人と話してたら、オクターブチューニングのこと知らなくってさ。 20年もギター弾いてるのに! それで酷くオクターブチューニング狂ったギターはどうしてるのかというと、もう使ってないらしい。 オクターブチューニング狂ってきたら買い換えてると言う!!! どんだけだよ・・・。 エレキギターの場合は見るからに調整できそうな部品が付いてるから分かりやすいんだけど、 アコースティックギターの場合はそうじゃないから、知らない人も多いのかな。 ただそれで思うのはやっぱり音楽って人とやるもんだね。 同じ楽器使ってるならそういう話もするだろうし、 今回みたいな話なら俺が直してあげたり、オクターブチューニングのやり方教えてあげたりできるよね。

次の

ロック式トレモロ搭載ギターのベストなチューニング方法は?

オクターブ チューニング

オクターブチューニングの役割 そもそも、 オクターブチューニングはフレット楽器につきもののピッチの誤差を補正するために行われています。 順を追って解説します。 まず最初に0フレットであるナットとブリッジ、つまり解放弦でチューニングしていますから、解放弦の音程はバッチリなはずです。 それ以降、各フレットは半音ずつ音程が上がっていくように打たれているのですが、• 弦を押さえる指の力。 フレットと弦との距離。 フレットやフレット頂点位置の誤差。 などの要素により微妙にピッチが合いません。 ピッチのズレはナットから遠くなるほど=ナットからハイフレットに向かうほど大きくなっていきます。 このズレを補正するための調整がオクターブチューニングなのです。 弦を直接押さえないで音程を変えるハーモニクスはフレットにも押弦に依存しないため、こうしたピッチのズレがありません。 むた、ギターは22フレットや24フレット仕様が一般的で、12フレットは大体その中間。 さらに言えば12フレットの位置はスケール(弦長)の中央に当たります。 それで、全体的なオクターブチューニングを合わせる意味でも 12フレットハーモニクス音に実音が合うように調整するのです。 ただこの方法には一つデメリットがあります。 12フレットでオクターブチューニング調整をすると、今度は 12フレットから遠いフレットほどピッチのズレが大きくなるのです。 フレット楽器は元よりピッチが合わない 実のところ、ギターやベースなどフレットの打ってある楽器は細かいピッチは合わない楽器です。 ギター、ベースに限らずウクレレやバンジョー、マンドリンなど、フレットがある楽器は全て同様に細かいピッチは合いません。 そもそも弦を押さえる力は同じ人でも日によって微妙に違いますし、張る弦の太さによっても変わります。 フレットの磨耗により削れていけば頂点の位置だって変わります。 しかしサドルの位置で補正しようにも、サドルの位置は1か所なので全てフレットにぴったりと合わせることは不可能。 だけど全てのポジションでズレた状態でもしょうがないから、せめて 全体的にズレが少なくて済むように12フレットでオクターブチューニングを合わせる、それがオクターブチューニング調整です。 微妙なピッチのズレは構造上仕方ないものと割り切ってガマンするか、ギターなんぞへし折ってピアノでも始めましょう。 そもそも非常に微小なピッチのズレなので、ガマンしようと思うほど気づく人も少ないかと思いますが…… どうしても納得いかない方は、弾いたフレットに合わせてサドルが動いて自動的にピッチを補正するアクティブなブリッジシステムでも開発してください。 (そんなロボットブリッジ出たらカッコいいんだろうな。 でも演奏中にブリッジでモーターとか機械動かすのはノイズがすごそう) オクターブチューニングが必要な理由 まとめ• ギターやベースなどフレットのある楽器は構造上細かいことピッチの誤差が出る。 その誤差を補正するのがオクターブチューニングを調整する理由。 フレットのないバイオリンや弦バス、フレットレスベースなんかは自分で音程を調整できるのでいいのですが…… そもそもフレットレスな楽器は音程を合わせられるようになるまでに長い練習が必要。 その点誰でも簡単にある程度正確な音程が出せる点はフレット楽器の利点ですね。 和音(コード)も出せますし。 そういった利点のためのフレット楽器なので、 ギターやベースの細かいピッチは合わないものとして割りきりましょう。 正直、そんな細かいことを必要以上に気にするより、ちゃんと練習した方がいい音でますよ。 人気記事ランキング• FENDER JAPANはシリアルナンバーで製造年代が判別可能 FENDER JAPANのシリアルナンバ... 1,828件のビュー• ヘビメタ御用達!?のローダウン・ドロップチューニング ローダウンチューニング・ドロップチューニングとは、... 1,628件のビュー• 初心者の方にとって、セルフメンテナンス最初の難関がアコギ弦の張り替えです。 個人差はあれど、弦は... 1,331件のビュー• Gibsonのシリアルナンバーの見方・読み方・解読方法まとめ ギブソンのシリアルナンバー・製造年代の見方... 1,155件のビュー• YairiとS. YairiとA. Yairiって何が違うの? K. YairiとS. Yairi、そしてA... 920件のビュー• ラッカー塗装の特徴 深味がある美しい艶と風格が魅力的なラッカー塗装 今回は高級なギター・ベース・ウクレ... 853件のビュー• ポットのAカーブとかBカーブCカーブとか、どんな違いがある? ギターのベースのみならずのエフェクターやアンプ... 838件のビュー• ネックをはずしても製造年代はわかるけど…… FENDERもまた、シリアルナンバーで製造年を知ることができ... 775件のビュー• 1977年から2005年の7月まで主流だった8桁シリアルナンバー Gibsonの8桁数字シリアルナンバー... 584件のビュー• アニメが当たるとグッズが売れるのはもはや当たり前。 けいおん!ではグッズだけでなく唯たち放課後ティータイ... 564件のビュー.

次の