これから の コロナ。 【イラストでわかりやすく】コロナ禍の世の中。これから一体どうなるのか?

【イラストでわかりやすく】コロナ禍の世の中。これから一体どうなるのか?

これから の コロナ

新型コロナウィルスは日本では、収束してきたと思っている人も少なくはないと思います。 目安が東京の感染者数で収束に向かっていると大多数が思っているから。 海外では、このままだと亡くなる人が今の倍になるという恐ろしい予測をしています。 日本も、今季の冬はインフルエンザと共に第2波、3波のコロナが同時にやって来る場合を想定し油断は禁物なのです。 新型コロナウィルスはまだまだこれから、見えない形で人間を襲ってきます。 冬のコロナ収束していなかったら大変なことになります。 新型コロナウィルスは冬に再燃!?それまで完全収束は? 広告 感染チームが議論していることのひとつに、一人からの感染率は減ってるとあげられています。 だから、収束に移行しつつある? いや、違うと言っている専門家もいます。 怖いのは冬だということです。 これからは夏に向かって、紫外線と湿度でコロナはおとなしくしています。 でも、冬にまたコロナはインフルエンザと共に第二弾が来たら? それは本当に恐ろしいことです。 専門家は冬のコロナが気を付けなくてはならないと言ってます。 海外でのコロナの今後の予測は悲惨! 広告 ヨーロッパ、アメリカのあたりだったか忘れましたがある海外では、コロナの影響はこれからだと。 たくさんの命を奪ったコロナウィルス。 日本と比べようのないほどの人数の命が消えていきました。 しかし、海外ではまだこれから今までの倍の人数が新型コロナウィルスにより、命を落とすだろう! と言う予測をしている情報。 日本とは生活様式が違いますから、日本も同じと言うことではありません。 国によってコロナで命を奪われる人数が違うのはなぜ? 広告 日本人も有名人が新型コロナウィルスで何人の方が亡くなっています。 それがきっかけでコロナって本当に怖いんだ! そう自覚した人も多いです。 日本とヨーロッパ、アメリカを比べると感染者や命を落とした人の確率は差がかなりあります。 一概に言えませんが、生活様式や環境でもコロナにかかりやすいかどうかも一理あるのだそう。 靴で家の中を入る習慣 あまりお風呂に入らない習慣の国との差 日本人は、お風呂が大好きな人が多いですし、習慣になってます。 一つ言えるのは、40度以上の湯船に浸かるとウィルスが死滅するという情報もあります。 お風呂に入るということは疲れもとれ、免疫も高まります。 ウィルスのついたかもしれない靴は玄関で脱ぎます。 ものによって、ウィルスの残る時間は違いますが、 金属に付着したものには一番長時間残るので、家にある金属製のものは消毒しておいたほうが良さそうです。 スマホも長時間ウィルスが付着します。 スマホのアルコール消毒は意外と、大事なのです。 アルコールがなかったら、石鹸で上手に拭きとって綺麗を保つ。 本当に今まで生きていて、こんなパンデミックな状況で生きていくなんて初めてです。 まるで映画の世界ですね。 100年前のスペイン風邪のあと収束がありましたから、コロナもいつか収束すると願いたいです。 navimy.

次の

経済活動再開後、これからコロナとどう付き合っていけばいいの?:こちら「メンタル産業医」相談室:日経Gooday(グッデイ)

これから の コロナ

日本の基幹産業の自動車大手の2020年3月期決算はコロナショックの影響で5社が営業減益、日産自動車は6712億円の赤字に転落した。 自動車各社は今年度も景気悪化を予測し、生産台数を大幅に減らす計画であり、関連産業や中小企業への影響は必至の情勢だ。 企業は業績が悪化、あるいは悪化が見込まれると固定費の削減に動き出す。 固定費で最も大きいのが人件費であるが、最初に手をつけるのが雇用の調整弁といわれる派遣、パート、契約社員などの非正規の雇い止めだ。 また、同時並行的に新規採用の縮小も行う。 それでもなお業績悪化が止まらず、先行きの見通しが暗い場合は事業の閉鎖・縮小と一緒に正社員のリストラに乗り出す。 では今はどのような状況なのだろうか。 すでに非正規社員を中心に解雇や雇い止めは増加している。 厚生労働省の調査では5月28日時点の全国の解雇や雇い止めは1万5823人。 4月27日時点は3391人だったが、5月だけで1万人以上も増えた。 また4月の有効求人倍率は1. 32倍に下がり、2016年3月以来の低水準に落ち込んだ。 4月の失業率は2. 3月の2. 5%より0. 1ポイント悪化した。 コロナ被害を受けているのは現状は非正規社員だが…… しかしこれはまだ序の口にすぎない。 総務省の「就業者及び休業者の内訳」(5月29日)によると、4月の休業者数は597万人。 3月の249万人から300万人以上も増加し、前年同月と比べても420万人増と突出している。 このうち雇用者が516万人。 つまりコロナの影響などで休業を強いられている人たちであり、解雇されずになんとか踏みとどまっている人たちでもある。 このうち最も多いのはパート、アルバイトなどの非正規社員の300万人だ。 これに対して正社員は193万人と少ない。 コロナの直接の影響を受けた観光・宿泊・旅行・飲食・小売業に多く従事する非正規の割合が大きいが、正社員は今のところ軽微といえるだろう。 しかし、今後国内消費が減少し、自動車産業を中心とする輸出産業の世界的な需要不足による第2波が直撃することは専門家の一致した見方だ。 実際に不安を隠せない大企業の経営者も多い。 『日本経済新聞』の大手企業の「社長100人アンケート」(2020年6月1日付け朝刊)によると、緊急事態宣言解除後の懸念として、自社の「資金繰り」(15. 9%)、「取引先の倒産」(28. 0%)、「売掛債権の回収」(15. 2%)を挙げている。 積み上げた内部留保があるとはいえ、先行きに不安を感じている。

次の

コロナウイルス問題に伴って、これから起こる2つの問題

これから の コロナ

農業や養殖などの産業では、高付加価値を生み出し、産業のシフトチェンジが進んでいたりしたのですが、これらの産業に貸付を行ってきた金融機関も沈没していく気配が濃厚です。 しかし、こんな絶望的な労働市場の中であっても、ここぞとばかりに優秀な人材の下にビジネスチャンスが加速している勢力もあります。 世界中に独自の経済圏を広げ、今や国家に匹敵する力を持つアメリカの( GAFAM)や、中国の( BATH)といった巨大テクノロジー企業がそれに該当します。 これまでは「 eコマース」における(アマゾン VSアリババ)などの構図が注目されてきましたが、 AIやビッグデータ、クラウド等巨大テクノロジー企業の事業領域がどんどん接近し、直接的な競争が激化します。 トヨタを例にあげれば、これからの自動車産業では、以前の記事でもトヨタに最大の危機が迫っていることからも分かりますが、もはや販売台数は重要ではなくなりつつあります。 自動車メーカーといえども、すでにサービスを得る勝負であり、さらにはプラットフォームの土俵を奪い合う勝負に変わっています。 自動運転や電動化はも当然のことでありますが、インターネットに常時接続され様々な情報をもとにサービスが利用できる現在のスマートフォンの役割を車の果たすコネクティッドカー(インターネットへの常時接続機能を具備した自動車)が主流になります。 どの業種においても、これらの変化に備える必要があります。 とは言え、中高年のサラリーマンが今からプログラミングを学ぶと言うのも見当違いで今後、何を指針にすればいいのか考えていくべきなのです。 外食産業でも今回のコロナを契機に、オンライン化を早期に実行し売り上げを伸ばしたところもあります。 そういう点で言えば今回のコロナのような不条理を受け入れ自分自身の本当の強さを再発見する良いチャンスだと捉えるべきだと思います。 先の見えない状況の今こそ、アフターコロナを見据えた生存戦略を考えておけば、新たな勝ち組になれるかもしれません。 テレワークが浸透した先に求められる必要な能力とは アフターコロナの働き方として、テレワークが一気に普及した部分があると思います。 そして、テレワークが浸透した世界では、スキルよりも「プロヂュース力」や「束ねる力」がものを言うと考えられています。 それは何故かというと、今回のコロナショックで多くの企業が業績予測を下方修正し、その打撃からアフターコロナの世界ではリストラの嵐が吹き荒れると予想されています。 今後、社員全員をこれまでと同水準の待遇で雇うことが難しく不要な人材を企業で抱える余力がなくなってきます。 そして、人件費を浮かすために外部に投げられる(アウトソーシング化)が進み、大規模なリストラが起きることでしょう。 その場合、年功序列でなんとなく会社に居座っていた管理職だけでなく、部署や業務内容によっては若手から中堅社員もリストラの対象になるシビアな展開が予想されます。 部署で言えば人事や総務経理などはアウトソーシングがしやすく、そのすべてを正社員で回す必要がありません。 営業部門でもこれまでは若手が担っていたようなプレゼン資料の作成や、営業リストの整理など、定型的な作業はどんどんテレワーカーに代替されていきます。 そのほうが人件費が安く済みますし、実際にアウトソーシングしてみたらクオリティーも高かったりするのでこの流れは加速していくと思います。 図らずもテレワークが一気に浸透し、今後も加速すると予測されている日本の労働市場では、仮にリストラなどで会社を辞めてしまった場合、テレワーク業務を外注で受けていてもなかなか勝ち組にはなれません。 それでは、どのような能力がアフターコロナの労働市場では価値を持つのかというと、冒頭でも申し上げた通り、「プロヂュース力」や「束ねる力」になってきます。 その答えを知る手がかりになるのは、すでにアウトソーシングで支払われている報酬の相場から見えてくます。 プロジェクトマネージャー 月給600 ,000 円 これらの相場は、各種の専門の職人がこれでけの報酬と、それに見合った成果を対価として提供するだけのクオリティを備えているということがこれらの相場から言えます。 当然、相場の中での競争に勝ちながら職人の道を極めていくのも良い選択ではありますが、それ以外の道でも、エキスパートの道ではない、ゼネラリスト的な職人を束ねて業務を推進していく力を持った人により多くの対価が支払われると言えます。 PowerPointできれいな提案書を作ったり Excelで複雑な関数を操ったり、コードをすらすらと書けるスペシャリスト的な人は確かに重宝されます。 しかし、こうした技術の持ち主は、 今後、クラウドソーシングや海外のより安い労働力と競合するため、高い報酬が長期間約束されるほどの安定感はありません。 むしろ、これから必要とされるのは、そうした 専門家集団をリモート下でもきちっとまとめられるプロジェクトマネージャーと言う役割に価値が見出されていきます。 PowerPointを使って文章を作成するアルバイトはたくさんいますが、一方でこうした職人を取りまとめて業務を進行管理するプロジェクトマネージャーは希少です。 そして、この分野に関しては圧倒的に人材が不足していることもあるため、業種にもよりますが希少価値も出て、より重宝される傾向になっていきます。 これらの点からアフターコロナの世界でものを言うのはテレワーカーを束ねる力だと思います。

次の