中国 父親 一服。 中国 父親 一服

た行

中国 父親 一服

(写真=PIXTA) 中国の家庭教育に存在する最大の危険は、家庭教育の学校化、モデル化、形式化のようだ。 中国の地方紙で、こんな論説が出た。 家庭教育は学校の「第二課業」となり、父母はアシスタントになってしまった。 これは家庭教育の価値を遮へいすることにほかならない。 今の家庭教育は曲解されている。 我々には、家庭教育の危険を排除し、新しい家庭教育観が必要だ--というものだ。 すさまじい教育熱ばかり伝えられる中国家庭教育だが、現実はどうなっているのだろうか。 新しい家庭教育観 3つのポイント 論説にある「新家庭教育観」とは次の3つである。 1 児童にどのような事情があろうと、まず児童の意見をよく聞くこと。 それはもちろん児童の成熟度による。 合理的な意見かどうか考慮する。 国連の「児童に関する条約」の重要原則である、児童の生存権、発展権、保護を受ける権利、参与権を尊重する。 さらに「未成年人保護法」の原則を尊重する。 ただし、この児童保護関係の法律を学習した父母は10%にも満たない。 全国婦女聯合会が2015年に発布した「第二次全国家庭教育状況調査報告」はそう指摘している。 現実生活の中で、これらを尊重しない児童虐待は日常化している。 我々が家庭教育を見直さなければならないのは正にこの点である。 ただちに児童の基本権利を尊重し、これを家庭教育の重要な礎石とすべきである。 2 能力の高い児童を学習に向かわせること 5歳の女児が母親に問うた。 「女って総統(大統領)なの?」母親はうれしくなり、この国の大統領は女性、あの国の首相は女性と列挙していった。 女児は「それなら私は大きくなったら国家主席になる」と宣言した。 母親は「いいわ。 それなら私は皇太后だわね」母親にとってはたわいのない冗談に過ぎない。 しかし女児は大まじめだった。 「わたしは国家主席、でもママは大衆のままよ」 ある母親は、かつて文革期には紅衛兵だった。 ある年、6人のグループで山村へ赴いた。 その途中飢えて疲れ切っていたところ、岩だらけ険しい路が行く手を阻んだ。 突破すれば足は血だらけになってしまう。 しかし「困難はどこにでもある、しかし我々の前に困難はない」という信念のもと、前進する決心をした。 母親は子供にこの話をした。 もう少し積極的な子になってほしいという願いを込めて。 だから子供の反応にはひどく驚いた。 「ママ、あなたたちは誰も別の道を探すことは考えなかったの?」 昨今は選択の時代となった。 さまざまな新しい選択は生存に直接かかわってくる。 こうした時代に成長した彼らの能力と眼力は、往々にして成人より高い。 したがって、上のようなシュールな会話を交わしていてはいけない。 家庭教育観の更新こそ必要なのだ。 児童を学習に向かわせ、児童と一緒に成長しなければならない。 3 消極的家庭教育から積極的家庭教育への転換 積極的家庭教育とは何だろうか。 たとえば子供の数学テストの成績が良くなかったとする。 これには2種類の対応が可能だ。 1つはあからさまに「馬鹿者!」と叱責することである。 2つめはより柔軟にに「パパもママも数学はできなかった。 それを受け継いだお前は確かにうちの子だよ」などと、やんわり対応することだ。 後者のように積極的解釈をすることで、児童を自信と楽観に導く。 叱責するだけでは児童の挫折や失敗は、改変不可能な事実として固定されてしまう。 中国人両親にもっとも欠けているのは、この点だろう。 筆者は、中国の家庭教育を高く評価していた。 それは一族でよってたかって児童を質問攻めにして、自己主張や交渉をしっかりできるように鍛える、いわば中国人としての基本を叩きこむ姿をこの目で見ていたからである。 しかし児童たちは、もはや親の経験値だけでは扱うことはできなくなった。 中国でもこれまでの伝統教育ノウハウだけでは通用しない時代となったのだ。 (高野悠介、中国貿易コンサルタント) 【編集部のオススメ記事】 ・ ・ ・ ・ ・•

次の

父親が平日に子どもと過ごす時間、日本が最短…4か国調査

中国 父親 一服

スポンサーリンク こんにちは! 『林先生が驚く 初耳学! 』に今話題のCM美少女として注目を集めている出口夏希さんが出演されます。 みんさんは出口夏希さんを知ってますか? 東進ハイスクールのCMで有名ですよねw そんな出口夏希さん 今回のテレビ出演で林修先生との共演で『東進』共演なんて言われてますねw 今、話題の新人出口夏希さんの事がめちゃくちゃ気になったのでいろいろ調べてみました。 今回の記事の内容 1.出口夏希のwikiプロフィール!スリーサイズも判明! 2.出口夏希は中国語が得意で中国人なの?父親と母親は?両親も中国人?【初耳学】 3.出口夏希の姉も可愛い?妹はいるの?【初耳学】 4.出口夏希はしまむらのモデルでチラシやカタログに出てた?【初耳学】 5.出口夏希は元アイドルで超かわいい?画像あり【初耳学】 上記の内容で確認していきたいと思います。 みなさんも一緒に確認していきましょう。 出口夏希さんの デビューは2018年の3月です。 その後、5月23日に発売された『 CanCam』の7月号に登場し19日から公開された『東 進ハイスクール』のWebムービーに出演されてます。 この『東進ハイスクール』Webムービーから話題となってますね。 ネットでは 『最初の女の子誰?すごく気になる』 『モデルの女の子?気になって模試どころじゃない』 などと話題となりこれからブレイクするんじゃないかと言われてます。 こちらがそのWebムービーです。   出典 : そんな出口夏希さんのデビューのキッカケは 渋谷の宮益坂でスカウトされたことだそうです。 まあこんなに可愛いじゃスカウトしますよねw また女性ファッション誌『Seventeen』が主催するオーディション『ミスセブンティーン』の最終候補に選出されているそうです。 こちらはミスセブンティーンの自己紹介用の動画です。 出典 : そしてデビュー4カ月でテレビ出演です。 林修先生の『林先生が驚く 初耳学! 』に出演で『東進』共演って言われて話題となってますねw もう勢いが止まりませんw 人気急上昇の出口夏希さんですがネットでは 中国人?って話題です。 特技も中国語となってますしどうなんでしょうね? そのあたりも調べていきましょう。 まずは出口夏希さんのご両親について知らべます。 スポンサーリンク 出口夏希は中国語が得意で中国人なの?父親と母親は?両親も中国人?【初耳学】 では一番気になる出口夏希さんが日本人ではなく中国人なのかを確認していきましょう。 出口夏希さんが中国人かどうかを確認するにはまずはそのルーツなる両親について確認するのが早いですね。 ネットなどでいろいろ調べてみましたがご両親の情報は公開されていませんね^^; まあ一般人ですし同然ですねw ですが出口夏希さんも含めてご両親が中国人かどうかを判定できそうな動画がありました。 こちらがその動画です。   出典 : どうですか? 自己紹介が見事な中国語ですねw 特技が中国語と言うだけあります。 そして『 日本っていい国ですね。 』って言ってます。 日本人が自己紹介で『日本っていい国ですね。 』って言いますか? 日本人でない可能性が高くなってきましたね。 さらに『 お父さんとお母さんには日本語がほとんど通じないのでお話のある方は通訳しますので任せてください』と言っています。 ご両親ともに日本語がほとんど通じないという事は両親は日本人ではないという事ですねw と言う事は出口夏希さんも日本人ではないという事になりますねw でも出口夏希さんが以前にインタビューで中国語が話せる事について質問された時にこう答えれいました。 『 母が中国出身なので小さい頃から会話して自然と話せるようになりました。 』 これを聞くと 母親だけ?お父さんは?って思いますよね? これでお母さんは中国出身と言うのはわかりましたが・・・ ではお父さんはどうなんでしょうか? お父さんもの日本語がほとんど話せないと言っていたので日本人ではないですよね。 でもインタビューではお母さんが中国出身なのでと答えられていたのでお父さんは中国人ではなさそうです。 もしお父さんも中国人なら『両親が中国出身なので』って答えますよね。 じゃあお父さんは台湾や香港出身ってこと? 出口夏希さんを見る限りアメリカ人やヨーロッパ、イタリアってことはないですよね。 両親はアジア人で間違いないと思いますが・・・ 可能性としては出口夏希さんは中国人のお母さんと中国以外の外国人とのハーフと言う事になりますねw と言うわけで出口夏希さんは日本人ではなく中国人か中国人のハーフの可能性が高いという事です。 但し、出口夏希さんは出身が東京となっていますので国籍としては日本人の可能性が高いですね。 たぶんですが生まれたのも日本な気がします。 もしかしたらまだ16歳なので日本と中国の2国籍かもしれませんね。 スポンサーリンク 次のページでは出口夏希さんのお姉さんや妹について さらにしまむらモデルや元アイドルだったのか? 気になる話題についてです。

次の

【超絶閲覧注意・中国】娘がイジメられた父親、学校に殴り込みいじめた児童を追いかけまわして刺殺…殺してタバコで一服、ご満悦

中国 父親 一服

こんにちは。 ジャーナリストの松林です。 春先から続いた平成回顧ブームは一服しましたが、6月4日の「天安門事件30周年」を振り返る報道が相次いだことで、あらためて平成元年の世相を思い出したという人も多いのではないでしょうか。 11月には「ベルリンの壁崩壊30周年」も控えています。 こうして見ると、「平成元年」が見事なまでにその後30年間のプロローグになっていたことに驚かされます。 令和元年もまた、同じように振り返られる日が来るのかもしれません。 さて、天安門事件の回顧記事を読んでいると、私の頭の中で二つの、雰囲気がまったく違う曲が流れ始めました。 一つは革命歌「インターナショナル」です。 この理由ははっきりしています。 当時16歳だった私が読んだ新聞記事に、広場に集まった学生たちが軍の突入を前に「インターナショナル」を歌う場面があったからです。 「なるほど、この曲が流れる舞台としてこれ以上のものはないであろう」という発見と、「歌詞にある『圧政』を敷く側が社会主義国の政府だというのは何という皮肉だろう」という衝撃とで、強く脳裏に刻まれたのです。 同じ記事に、学生が広場に設置した「民主の女神像」が軍の車両に蹂躙される描写があったことも覚えていたので、当該記事はすぐに見つかりました。 惨劇の翌日に一部始終をドキュメンタリータッチでまとめた、朝日新聞の「時時刻刻」でした。 マイクを握る学生リーダーが、ことさら抑えた声を出す。 スピーカーは記念碑に取り付けられている。 「私たちがこの運動で求めたものの話をしよう……」。 リーダー4人が交代でマイクを持った。 合間に労働歌「インタナショナル」が何度も流れる。 学生がねじろにしていたテント群や、高さ10メートル、石こう製の「民主の女神像」が、ごう音と共に引き倒された。 最近はルポでも淡白な文章が目立ちますが、描かれたシーンが今でも鮮やかに蘇るのですから、こういう表現方法は見直されてもいいのではないでしょうか。 それはさておき、私が気になったのは頭の中に流れたもう一つの歌の方でした。 故テレサ・テンさんの「時の流れに身をまかせ」だったのです。 当時の人気歌手で父親が中国本土出身だったとはいえ、テレサ・テンさんは台湾人。 内容も恋愛歌で政治性は全く感じません。 とくに好きな曲だった覚えはないので不思議な気がしました。 しかし、ネットで調べると理由はすぐに分かりました。 私の記憶からはすっかり消えていたのですが、彼女は学生たちの民主化運動を熱心に支持していたのです。 過去記事を調べると、むしろ民主化運動の象徴と言っていい存在だったことが分かります。 おそらく私も何度かそうした報道を目にしていたのでしょう。 五月二十七日、ハッピーバレー競馬場を舞台にした学生運動支援の大コンサートは希望と歓喜にあふれていた。 民主のシンボル黄色いネッカチーフの波が揺れる巨大なスタンドに向かって、ジャッキー・チェンもアニタ・ムイも感動的なステージを演じた。 テレサ・テンは感きわまって顔を覆ったままステージを駆けおりた。 新聞に載った評伝などを読むと、この運動での挫折が彼女の心身を蝕んでいったことがうかがえます。 しかし惨劇が起きるまでは、テンさんだけでなく、広場に集まった学生や市民、そして報道に接した私自身も、中国の民主化に明るい見通しを持っていました。 欧州では前年から東西冷戦の雪解けムードが高まっていたし、中国自身も改革開放の只中にいたからです。 あと一押しすれば民主化は比較的穏健な形で実現するように感じられたのです。 それどころか事件を目の当たりにした後も、私を含む多くの人が「これだけの弾圧をした体制は民心が離れてすぐに崩壊するだろう」という希望的観測を持ちました。 しかし、こうした予測はことごとく外れたのです。 当時の私たちには何が見えていなかったのでしょうか。 それを振り返ることは、始まった「令和」の国際情勢を見通す上でも重要でしょう。 もちろん私にも確信の持てる答えがあるわけではありません。 ただ、自分自身についていえば、「政治と経済の関係」について大きな思い違いをしていた気がします。 それは「人々が豊かになれば、自然と政治的自由を求めるようになり民主化圧力が強まるだろう」という思い込みです。 少なくともこの30年を振り返る限り、この見通しは完全に外れました。 しかし後知恵でいえば、当時の国内外を少し見渡しただけで「経済発展すれば民主化が進む」などという法則が当てはまらない事例はたくさんあったのです。 そもそも当時、民主化が進んだ(というより体制が民衆の怒りによって覆された)ケースは、たいてい経済が崩壊した結果だったからです。 日本はどうだったでしょう。 労働運動や学生運動が激しかったのは60年安保の頃であり、高度経済成長の訪れとともに政治の季節は幕を下ろしました。 当事者は怒るでしょうが、70年安保はそれと比べれば国民的広がりを持つ運動だったとは言えないでしょう。 そうした視点で30年前の報道を眺めると、中国がらみのニュースは崩壊前のソ連や東欧に比べ明るさに満ちていました。 だからこそアジアのスターだったテレサ・テンさんが運動に関わる余地もあったのだと思います。 しかし経済の好調は中国政府に体制維持の自信を深めさせ、弾圧に踏み切る要因になったと考えられます。 それにもかかわらず、当時の日本や米国は中国の経済発展を後押ししました。 新しい市場としての期待が大きかったことに加え、「経済発展が民主化を促す」という固定観念に囚われていたことは間違いないでしょう。 その思惑が外れた今、米国は中国に貿易戦争をしかけ、経済の封じ込めに舵を切っています。 現在の中国は、最新のテクノロジーを駆使することで盤石の体制を作り上げているように見えます。 ビジネス界で「全体主義は経済発展に有利な体制なのではないか」という見方が台頭するほど中国はうまくやっているのです。 しかし、事実は逆なのかもしれません。 つまり「経済がうまくいっているうちは、国民は少々荒っぽく不自由な体制でも受け入れる」だけなのかもしれないのです。 だとすれば、中国の真の試練はこれからなのかもしれません。 規模が大きいので突然崩壊することはないにせよ、人口減少や需要の飽和は経済の舵取りを格段に難しくします。 足元では香港への支配を強め、台湾も飲み込む勢いに見えますが、過去30年とは全く異なる局面に差し掛かっていることは間違いないでしょう。 時の流れは確実に変わろうとしているのです。 雑誌『表現者クライテリオン』の定期購読はこちらから。 その他『表現者クライテリオン』関連の情報は、下記サイトにて。

次の