カーペットコインランドリー。 【失敗談】カーペットをコインランドリーで洗濯して失敗したお話

家庭・コインランドリーで洗えるカーペットとその洗い方。

カーペットコインランドリー

買ったばかりのころはフサフサだった毛並も、5年も経つとペシャンコになってますね。 カッチカチで指で摘まむこともできません。 洗った人の体験談では毛並も復活するとのことだったので、これがどうなるのか、ちょっと楽しみです。 【準備】重曹スプレーで汚れを吸着しておく洗濯だけで汚れが落ちるか不安だったので、まずは 重曹を使ってある程度汚れを浮かせておく作戦にしました。 重曹は 皮脂や汗の汚れ、臭いの吸着に優れているそうで、カーペットの汚れには抜群に効きます。 使ったのは100均で買った「 重曹スプレー」。 粉を直接ふりかけたほうが汚れ落ちは良いみたいです。 でもコインランドリーに持っていくまでに車の中が汚れそうだったのと、自分でスプレー作るのが面倒だったので、今回は始めからスプレーになっているタイプを選びました。 カーペット全体にまんべんなく重曹スプレーを吹きかけます。 そしてゴム手袋でよく揉み込みます。 (重曹はアルカリ性なので、 直接触れると 手が荒れてしまうこともあるようです。 ) この状態で、だいたい5時間くらい放置しました。 コインランドリーは大型洗濯機がある店舗で近所のコインランドリーを検索。 布団を丸洗いできるタイプの洗濯機・乾燥機が設置されているコインランドリーを探します。 今回は近所にあった「 マンチャオ光が丘店」に行きました。 洗濯機でカーペットを洗うまず悩んだのが、 カーペットの入れ方です。 畳んで入れたほうが良いのか、丸めたほうが良いのか。 一度畳んで入れてみたのですが、内側がちゃんと洗えないような気がしたので、畳まずに バサッと適当な感じで突っ込みました。 洗濯コースは「27Kg」で、洗濯のみは1,000円とのこと。 カーペットは結構重くて、洗濯機の回転でちゃんと洗えるか不安だったのですが、さすが1,000円もするだけあって 超パワフルに回転していました。 これなら畳んで入れてもちゃんと洗えそうでした。 洗浄が終了するとカーペットがフニャっとして、ちょっと柔らかくなった気がします。 乾燥機でカーペットを乾かすお次は乾燥機。 乾燥機は 7分で100円だそうです。 「 縮む物は低温で」と注意書きがありましたが、良くわからなかったので「 中温」を選びました。 とりあえず 300円で21分回してみましたが、十分乾きました。 結構熱くなってたので、そっとカーペットに触ろうとすると、 バチッ! カーペットは静電気でバッチバチ! とてもじゃないけど触れない! 静電気ほんと大嫌いなんでどうしようか困ってしまいましたが、この時はたまたまゴム手袋を持って行っていたので、なんとか取り出すことに成功しました。 カーペットを乾燥機にかけた後は、 静電気に注意が必要です。 時間&料金まとめ今回、カーペットの洗濯にかかった時間とお金は以下の通りです。 重曹つけ置き:5時間• 洗濯:20分• 乾燥:21分 料金• 重曹スプレー:100円• 洗濯:1,000円• 乾燥:300円 カーペットを洗った結果新品同様!とまではいきませんでしたが、まぁまぁ毛並が復活しました。 重さもだいぶ軽くなったので、汚れが落ちたんだなと実感します。 というか どんだけ汚れていたのか、今になって恐ろしくなります。 今回初めてカーペットを洗ってみましたが、割と簡単に、それほどお金もかけずにできました。 これを機会に、半年に一回くらいは洗濯しようかなと思いました。

次の

5年間敷きっぱなしのカーペットをコインランドリーで洗濯しました。

カーペットコインランドリー

カーペットの洗浄って、どうやってますか? 掃除機をかける、粘着テープをコロコロかける、はたまた消臭スプレー、日干しだけする…などなど さまざまな方法がありますが、やっぱり丸洗いしたくなりませんか。 日々のお手入れをいくらやっても、やっぱり丸洗いしないと清潔とは言えないし、 気分的にもサッパリしませんよね。 カビが生えているケースだってあります。 そこで、カーペットの丸洗いにピッタリなのが、 コインランドリーなんです。 よくご家庭で使われる2畳タイプのカーペットなら、12~15キロ級の洗濯機で洗えます。 乾燥機も含めて、 だいたい1200~1300円でできるのでクリーニングに比べると半額くらいで済みますよ。 コインランドリーで2畳分のカーペットの洗い方は? 家庭やコインランドリーの洗濯機では洗えないカーペット(カーペットを傷めてしまう)も あるので注意してください。 あまりにもひどい汚れが付いているときは、自宅でその部分を洗ってから持っていくようにしている• 毛がボサボサになった経験があるので、洗剤等は専用のものを持参して使っている• ランドリーのうち壁に貼り付けるように入れ、さらに他の洗濯物よりも多めに柔軟剤や洗剤を入れると、仕上がりがかなり違ってくる スポンサーリンク コインランドリーで2畳分のカーペットの入れ方は? 洗濯槽にポイッとやみくもに入れるのはカーペットを傷めるなど、トラブルのモト。 カーペットの入れ方をご紹介しましょう。 ゴミがついたまま洗うと、汚れが十分に落ちないし、 洗濯槽の中にゴミが散らばって次に使う人の迷惑になってしまいますよ。 洗濯機の容量に対してカーペットが大きすぎると、水が十分入らず、すすぎが足りなくなって 洗い流しが不十分になってしまいます。 最悪の場合は、動作トラブルを引き起こす要因にもなりかねません。 2畳のカーペットなら洗濯機の容量は12~15キロ級が合っています。 その名の通り、屏風のように山折り ・谷折りにして折りたたむ方法です。 たたむとき、汚れた部分が外側になるように折りたたむのがコツ。 屏風たたみをして、さらに洗濯ネットに入れれば安心です。 洗濯ネットがない場合は、屏風たたみをしたカーペットを 麻ひもで数カ所しばると良いですよ。 【所要時間など】 洗濯はどの容量も約30分、乾燥は40~50分ほどかかります。 料金は、洗濯&乾燥で1200~1300円が目安です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 毎日ゴロゴロしたり、小さいお子さんが寝転がったり肌にふれることがとっても多いカーペットは、 常に清潔を保ちたいですよね。 洗濯機で丸洗いできる素材のものなら、コインランドリーが安くて手軽です。 家の洗濯機では容量不足で洗えないカーペットも、コインランドリーならOK! 今のコインランドリーは、洗剤と柔軟剤が内蔵されていますので、 それらは持参しなくても大丈夫。 忘れてはいけない持ち物としては、「100円玉」です。 コインランドリーに行く前に、しっかりゴミを払って屏風たたみにしたカーペットを持って行きましょう。

次の

絨毯の洗い方。自宅やコインランドリーで洗濯するには。

カーペットコインランドリー

・ 重曹を使った汚れ落とし ・自宅で 手洗い ・自宅の 洗濯機で洗濯 ・ コインランドリーで洗濯 判断の仕方は下の図にまとめました! 図からもわかるように、3つのことをチェックする必要があるんです! 取り外し可能かどうか? カーペット・絨毯の中には、容易に取り外すことができないものがあります。 取り外しできない場合は、丸洗いできないので、 重曹を使った汚れ落としをしましょう! 洗濯機で洗えるかどうか? 洗いたいカーペットや絨毯に、「 洗濯機洗い可」の表記があるかチェックしましょう。 ホットカーペットなどは、水洗いできないことが多いです。 水洗いできない製品を無理に洗濯すると、色落ちや変形の原因になってしまいます。 そのため、 取り外し可能なカーペットだけど、洗濯機で洗濯できない場合は、 自宅で手洗いするのがオススメです。 家の洗濯機に入るかどうか? カーペットや絨毯が、 自宅の洗濯機に入らなかったら、自宅でお洗濯できないですよね。 カーペットに重曹をふりかける 手順は簡単! カーペット全体に、重曹を振りかけ、ゴム手袋をはめた手で全体をこすり、1時間ほど待ってから掃除機をかけるだけです。 汚れが重曹に付着するので、掃除機をかければ汚れも一緒に吸い取ることが出来ます。 手洗い専用カーペットはお風呂場で踏み洗い 手洗い用のカーペットや絨毯、洗濯機に入りきらないサイズのものは、お風呂場で踏み洗いをしましょう。 乾燥させる カーペットを干す際には、風通しの良い 日陰で干すようにしましょう。 日の光に当たると、変色してしまう可能性があります。 半乾きのままだと、カーペットにカビが生える危険性も。 せっかく洗濯したのに、カビが生えてしまっては元も子もありませんよね。 そのため、しっかり乾かしてから取り込んでくださいね! コインランドリーでの洗い方 洗濯機にカーペット・絨毯が入らないときは、 コインランドリーで洗いましょう! コインランドリーには、ご自宅の洗濯機よりも 大きい洗濯機が設置されています。 それでも無理ならクリーニングで! どうですか? ここまで様々な方法をご紹介しましたが解決したでしょうか。 正直なところ、ご家庭での対策はここが限界だと思います。 コインランドリーなどのおすすめもご紹介しましたが限界はありますよね。 そんな時には、やはり プロに頼むこととしましょう! 多少お金はかかってしまいますが、買い換えるよりはずっと安いはずです。 愛用しているカーペットを使い続けるためにも、クリーニングはありですね。 クリーニングのメリットは? そんなクリーニングを活用するうえで、メリットも知っておきましょう。 普段使わないという方は、特に必見です! ・設備が揃っている まず思いつく違いは、洗濯に使う設備です。 洗濯機や洗剤などご家庭のものより優れた性能のものばかりです。 何よりここが、1番の違いなのかもしれませんね! 聞いた話によると、洗剤1つ取ってみても独自の調合があるみたいですよ。 素材を痛めないためにも、プロの知識はかかせませんね。 難しい洗濯ものは、時間をかけて節約するか、お金を出してスムーズに解決するか。 このどちらかで解決していきましょう! クリーニングにかかる期間・相場は? でもやはり気になるのはお金の問題。 プロに任せるのだから安心なのはわかるけど…が本音ですよね。 特に普段使わない方は高いイメージがあると思うので、相場も見てみましょう。 カーペットのクリーニングにかかる相場は1㎡あたり 1000~3000円ほど。 サイズや素材によって店舗ごと違うので、使いたいクリーニング店には聞いておきましょう。 若干高いように感じますが、洗う難しさと頻度を考えると負担は軽そうです。 頻度としても、年に 1回クリーニングに出せば十分ですよ。 汚れてしまったり、多い人は 2回以上出すことも考えられますね。 一般的には 2週間~1ヶ月ほどかかるので覚えておきましょう。 洋服などより時間のかかる理由は、単純に布の大きさですね。 全体を洗ってから乾燥させるので、どうしても時間はかかってしまうのです。 まとめ 今回はカーペット・絨毯の様々な洗い方をご紹介しました。 面積の大きいものなどは、お洗濯も後回しがち…。 でも、放置しておくと目に見えない汚れがたまってしまいます。

次の