モナコ 公国。 モナコ王室の家系図は? グレース妃に想いを馳せてモナコ観光

モナコの郷土料理

モナコ 公国

この項目では、ヨーロッパの国について説明しています。 その他の用法については「」をご覧ください。 概要 [編集 ] の沿岸地方のとの国境近くに位置するであり、世界で2番目に小さいで、の中では世界最小である。 陸側周囲をフランス(の)に囲まれ、極端に山がちである。 などは観光資源である。 最大の都市にはの本部がある。 モナコはや、・が開催されることで知られる。 のデザインが国連基準の2:3の縦横比になるとと同様になるため、両国の間で調整が図られたものの進展しなかった。 モナコ独自の基準による比率は4:5としている。 また上下を逆にするとの国旗と同様になる。 歴史 [編集 ] 青がと、1860年のトリノ条約で分離独立した。 オレンジが現在のモナコ。 モナコという地名は、現在のモナコの近隣ににあった人の入植地の名に由来する。 その地はで「一軒家」を意味する Monoikos の名で呼ばれていた。 では、が現在のモナコの地を通りかかり土地の神々を退散させたとあり、それにちなんで1つの神殿が作られた。 その1つの神殿が「一軒家」に転じ、地名が生じた。 からにこの土地を与えられたは、に現在のモナコを建設した。 、に占領されていたモナコの要塞に、の修道士姿に変装し法衣の下に武装して侵入したらは、要塞の占拠に成功した。 グリマルディは、現在のモナコ公家であるグリマルディ家の始祖である。 そのため、グリマルディは、「狡猾な男」とあだ名される。 、グリマルディ家はからモナコを購入し、正式な支配者となる。 、がジェノヴァの貴族層と庶民層の合体を企て、そのために政権をへ集中させた。 グリマルディ家はその一つに数えられた。 また、からの称号を自称し始めた。 の時代にはフランス王の保護下に入ることで(アラゴン王国の後身)の支配を抜け出し、歴代のモナコ公は独立君主であると同時にフランス王の臣下(ヴァランティノワ公爵)として宮廷で高い地位を占めた。 18-19世紀 [編集 ] 、軍がモナコを占領・併合した。 までモナコはの直接支配下におかれた。 に催されたの結果、モナコはの保護下に入った。 サルディーニャはジェノヴァの後継である。 ので、サルディニアは、をフランスに支援してもらう代償として、(と)と伯領()をフランスに割譲する。 モナコ公の課す重税に倦み、サルデーニャへの併合を希望するとは、モナコからの独立を宣言する。 、 ソシエテ・デ・バン・ド・メール(海水浴公社 )が設立された。 後にこの会社は、死の商人として知られるや海運王と関係する。 現在も営業しており、カジノでを雇用した。 、モナコでが生まれた。 この節のが望まれています。 20世紀 [編集 ] 、憲法を制定したことでとなるも、モナコ大公は依然としてとして振る舞い、はすぐに憲法を停止した。 が勃発すると大公子ルイ(後の)はに志願、軍功をあげ将軍に上り詰めた。 、保護友好条約を再締結、フランスのとなった。 などの第一次世界大戦の講和条約においては、この条約を各国が承認する規定が設けられている。 、ルイ2世が即位する。 モナコを文化・観光都市にする試みを続け、の開催、の創設などを行った。 中のにイタリア軍がモナコを占領し、政権を樹立した。 の政権が崩壊すると、今度はのが占領した。 ドイツは同地でも迫害を行った。 ルイがに死去すると、孫のが即位した。 には女優のと結婚した。 、新憲法を制定した。 この憲法で死刑が廃止され、が実現し、また最高裁判所が設置された。 憲法制定はと期を一にするが、フランスとの関係が政治的危機にあった。 このとき不動産業界もピンチに陥ったが、 ミシェル・パストール (、)はモロッコで事業を展開し、やがてモロッコ領事を務めるまでになった。 彼はグリマルディ会議を代表することなどからグリマルディ家に次ぐ地元有力者と言われている。 モンテ=カルロ地区内ラルヴォット区湾岸をミシェルは1984年まで開発した。 そこには心臓胸部センターとモナコ支店が建てられた。 にモナコはに加盟した。 現在 [編集 ] 、レーニエ3世が死去し、息子のが即位した。 同年12月、フランス・モナコ友好協力条約を締結した。 この条約は、グリマルディ家に跡継ぎがなくなっても公国は将来も存続することをフランスが保証する代わりに、モナコの防衛は今後もフランス軍が行うことを骨子としている。 また、モナコの自主的外交における制限が緩和され、外国と国交を結ぶ際のフランスによる事前同意が不要になった。 詳細は「モナコの政治」を参照 政体はグリマルディ家がする(公、)を元首とするである。 「公国」ながら日本ではしばしば元首を「大公」と呼ぶ背景は「」の概要の項目を参照。 なお、1918年にフランスと結ばれた条約からモナコはフランスにより保護的な一定の主権の制限を受け、・はフランスが責任を持っていた。 この条約により、モナコ大公の即位継承にはフランスの同意が必要となり、また大公家が断絶した場合はフランスに編入されることになっていた。 その後、2005年の新条約ではフランスとの特別な協調関係は維持するが、外交面での制限が緩和され、大公家が断絶してもモナコ公国の存続を保証した。 元首である大公のもとに、に相当する「 国務大臣」が任命されて政府を組織する。 「国務大臣」の下に、対外関係省、財務経済省、内務省、社会厚生省、設備・環境・都市開発省をそれぞれ所掌する5名の「 政府顧問」が置かれており、これが他国での大臣に相当する。 外交関係 [編集 ] 外交面では従来、モナコが他国と外交関係を結ぶ際にはフランスの事前同意が必要と定められていた。 政府はこれをフランスとの条約とも併せて「国家の制限」と看做し、長らく正式なは樹立されなかったが、代わりにモナコ「名誉総領事館」(ではない)が、に東京()に設置された。 外交に関するフランスとの規定は2005年の条約で改められ、フランスの事前同意が無くても国交を結べるようになり、日本とモナコの間でもに外交関係が樹立され、に駐日本がモナコを兼轄することとなった。 モナコ国内に大使館はない。 それまではモナコは、日本政府がしている国の中で唯一、外交関係を有していない国だった。 一方、モナコも日本を担当する大使を任命しているが、本国駐在であり、日本国内に大使館は置かれていない。 通商関係 [編集 ] モナコは、1963年5月13日の関税条約 によりフランスと関税同盟の関係にあり、EU関税法第3条第2項 a の規定 によりEUの加盟国ではないがEUの関税領域となっており、フランスとの境界に税関は存在しない。 第1・3条3の「欧州連合の関税領域の区域であって1の規定の対象でないもの並びに附属書3-E及び附属書3-Fに規定する区域についても適用する」に基づき、モナコ産品について、日本はに基づくEPA税率を適用する。 軍事 [編集 ] 東側よりモンテカルロを眺める 2016年 モナコの人口は3万人余りであるが、のは69億1900万ドルで、やなどアフリカの人口1000万人程度の中規模国に匹敵する。 2008年または2009年の1人当たりは18万3150ドルで、によれば、統計のある国連加盟国・中トップであり 、世界で最も裕福な地域の1つとされる。 主要な産業は観光。 特にカジノは、の一時期は国家収入の9割を占めていたこともある。 この会社にはの節でふれた。 モナコはのひとつとして知られており、(租税条約が結ばれている)他国からの移住者の多くは億万長者である。 3月には、のにより世界第51位のと評価されている。 モナコはの加盟国ではないが、フランスとの通商関係が緊密で、通貨もフランスと同じを使用している。 以前はモナコも独自のフラン硬貨「」を鋳造していた。 現在も各国が自由にデザインできる硬貨の裏面をモナコ独自のデザインにした独自のを製造する権利を有している。 化粧品製造が産業として確立しているため、周辺産業としてガラス加工、香水、化学薬品の製造が行われている。 交通 [編集 ] モンテカルロ駅 モナコ国内の鉄道は、モナコ政府ではなく、(SNCF)が運営する。 ~~モンテカルロ~~()間の路線の一部を成している。 モナコ国内の鉄道路線は約1. 7kmである。 に モンテカルロ駅 (、)が開業した。 当初は地上に鉄道の線路が敷かれていたが、狭隘な土地の有効活用の目的もあり、~にかけて、モンテカルロ駅から東の区間を地下化した。 その後~にかけて、モンテカルロ駅の移転・地下化と、モンテカルロ駅から西の区間を地下化した。 これにより、モナコ国内の鉄道は、ほぼ全区間が地下線となっている。 から直通するが1日1往復存在する。 所要時間は約6時間。 タックス・ヘイヴン [編集 ] モナコは個人居住者に対してを課していない(以降に移住したフランス国籍者は例外として税金をフランス政府に納める。 これがフランスが併合を強要しない主な理由である)。 所得税がないため、モナコ国外からほとんどの収入を得ている富裕者の多くがこの国にやってくる。 ドライバーなどの有名人も多いが、その多くは実業家である。 のフランス国会議員の報告で、モナコはカジノを含め、に対し監視が甘い政策で、モナコ政府による圧力があり司法当局が疑惑に対して適切に調査していないという疑いが報告された。 (OECD)の報告では、モナコはまでリストアップされていなかったが、その後、、、などと共に、財政情報の公開や提供に協力的でないとして 、タックスヘイヴンとしてリストアップされた。 (IMF)もまでに他の36地域と共にタックスヘイヴンと認定した。 3 54. 1 12. 5 54. 5 14. 0 57. 2 16. 1 61 19. 4 66. 9 23. 0 73. 4 25. 8 78. 4 25. 9 78. 6 23. 8 74. 8 19. 9 67. 8 16. 1 61 13. 4 56. 1 18. 5 65. 2 50. 4 10. 4 50. 7 11. 8 53. 2 13. 9 57 17. 1 62. 8 20. 8 69. 4 23. 5 74. 3 23. 7 74. 7 21. 6 70. 9 17. 8 64 14. 0 57. 2 11. 4 52. 5 16. 4 61. 1 46. 6 8. 2 46. 8 9. 6 49. 3 11. 6 52. 9 14. 8 58. 6 18. 5 65. 3 21. 2 70. 2 21. 5 70. 7 19. 3 66. 7 15. 6 60. 1 11. 9 53. 4 9. 3 48. 7 14. 1 57. 4 mm inch 82. 7 3. 256 76. 4 3. 008 70. 5 2. 776 62. 2 2. 449 48. 6 1. 913 36. 9 1. 453 15. 6 0. 614 31. 3 1. 232 54. 4 2. 142 108. 2 4. 26 104. 2 4. 102 77. 5 3. 051 768. 5 30. 256 平均降水日数 6. 8 6. 4 6. 1 6. 3 5. 2 4. 1 1. 9 3. 1 4. 0 5. 8 7. 0 6. 0 62. 7 平均月間 148. 8 152. 6 201. 5 228. 0 269. 7 297. 0 341. 0 306. 9 240. 0 204. 6 156. 0 142. 6 2,668. 7 出典: Monaco website 文化 [編集 ] 詳細は「」を参照 出身者 [編集 ]• :元、元。 生まれは西部近郊だが、幼少期を及びモナコで過ごした。 :元銀行員IT担当 スポーツ選手• :元F1ドライバー• :で元F1ドライバー• :F1ドライバー• :飛び込み選手、モナコ公族 居住その他ゆかりある人物 [編集 ]• :晩年モナコ居住。 女性ピアニスト、作曲家。 :のホテルで亡くなった。 - 一時モンテカルロ居住。 期の航空隊のの一人。 :埋葬地がモナコ墓地。 ジャズ歌手、女優。 :埋葬地がモナコ墓地。 :現在モナコ在住。 「自分のウォーキング理論をモナコから日本へ発信したかった」という戦略もあって市民権を獲得した。 :現在モナコ在住。 :現在モナコ在住。 :現在モナコ在住。 脚注 [編集 ] []• 日本の表記。 「モナコ大公国」や「モナコ王国」と訳す場合もある。 モナコの国籍法はに改正された。 モナコ国籍をもつ母親が実子にモナコ国籍を与えることができる。 移民が市民権を取得するためには、申請後10年単位の期間を要する。 モナコ国籍の人は、を禁止されている。 実際には(フランチェスコ)は4年後にはモナコを追われている。 グリマルディ家のモナコ支配が固まるのは初めであり、現在のグリマルディ家はフランチェスコの直系子孫ではない(Anne Edwards The Grimaldis of Monaco)。 フランスの保護国となることで公家のフランス化も進んだ。 また格式を保つため領民には重税が課せられた。 8679• the Publications Office of the EU. 2019年2月27日閲覧。 ndtv. com. 2019年7月10日閲覧。 Alleyne, Richard 4 October 2007. "Prince Albert: We want more for Monaco". The Daily Telegraph. Declaration of April 18th, 2004, by the representative of the OECD Centre for Tax Policy and Administration Gabriel Makhlouf regarding the list of alleged tax havens non-cooperatives countries comparable• Stage Report 2004: Project of OECD on the detrimental tax practices, OECD, Paris, 2004• The Assessment Program. A Progress Report Supplementary Information, IMF, Washington, 2005• — Monaco website• 閲覧 関連項目 [編集 ]• モナコ関係記事の一覧• - ・の都市。 で「モナコ・ディ・バヴィエラ( Monaco di Baviera;バイエルン地方のモナコ)」と言い、イタリアで「モナコ」と言えばこちらを指す。 一方、モナコ公国は「」と呼ぶのが一般的。 「モナコ」も「ミュンヘン」も「修道士」を意味する両語に由来する。 外部リンク [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 モナコに関連する および があります。 (フランス語) (英語) 日本政府• (日本語)• - 在モナコ大使館を兼轄 (日本語) 観光• (日本語)• (日本語).

次の

モナコ公国ってどんな国?南フランス 地中海の高級リゾート地

モナコ 公国

モナコから近いフランス・ニースの数値を利用。 ベストシーズンとは? 一昔前のベストシーズンは確実にF1シーズンでした。 現在は、そのように考える人は少ないかもしれません。 夏場はTシャツ、短パンでも暑いため、9~11月、3~6月がおすすめ。 モナコはドレッシーな格好をして歩きたい街。 そういった部分でも夏場は避けた方がいいと言えます。 オシャレをして歩くと、気分だけでもその街の一員になった気持ちになれ、満足感もより高まると思います。 気品溢れる景観それが全てです。 気持ち的にも余裕のある人が多いので、優しい気持ちになれることもポイント。 また、街は清潔で治安も最高。 恐ろしく高いイメージがあった物価も、ニースとほぼ変わりません。 全ての面で満足できた都市がモナコでした。 華やかさだけではなく、普通の生活がモナコにはあります。 贅沢三昧ではなく、モナコ国籍者(モガネスク)は質素で慎ましい生活をしている人が多いという印象を受けました。 華やかな街並みの裏にある「ごく普通の生活」を垣間見れることもモナコの魅力と言えます。 さらに、夏休み期間でも観光客が多過ぎるということはありません。 観光客はカジノ付近に集中していますが、それ以外の地域については、観光客で溢れかえっているといった印象は持ちませんでした。 そのため、ゆったりとモナコの街を楽しめることも高ポイントです。 なお、F1シーズンについては、観光客数、物価ともに跳ね上がるので、F1目当て以外の人は時期をずらして行くことをおすすめします。 防犯カメラが至る所に設置されており、街は厳重に警備されています。 また、警察官も所々におり、守られているという安心感が強いです。 上半身裸になっている男性など街の規律を乱す人がいた場合、警察官からすぐに注意されます。 商品を購入した際の付加価値税が主な税源になっているため、治安を確保することで高額な消費をサポートしている側面もあると思われます。 女性一人でも安心して観光が楽しめる都市として、女性はもちろん、ファミリー層、シニア層にも積極的におすすめしたい都市がモナコです。 物価高は覚悟していましたが、フランス・ニースの方が高いと感じる場面が多々あり、肩透かしをくらった気持ちになりました。 レストランはピンキリですが、モナコ・ヴィル地区であれば15ユーロ程度でパスタ(飲み物、チップ込み)などが食べられます。 また、スーパーマーケット(カジノ・スーパーマーケットやカルフール)やサンドウィッチ屋さんでは、サンドウィッチを5ユーロ前後で購入することができます。 ホテル代(1泊)については、3つ星ホテルが1万円台~、4つ星ホテルは2万円台~、5つ星ホテルは4万円台~が目安になります。 F1シーズンを除き、食料品などの物価はフランスとほぼ変わりません。 もちろん観光に関係がない、マンションの家賃、クルーザーなどの値段は除きます。 5L) 2ユーロ パワーエイド(0. 5L) 1. 5ユーロ アイス(1つ) 3ユーロ クロワッサン 1. カジノがあるモンテカルロ地区には富裕層向けのプライベートバンクも多く、観光客といえセレブ気分を楽しめる場所です。 モナコヴィル地区には旧市街があり、大公宮殿がシンボル的な存在。 南欧特有のパステルカラーの外壁が美しい建物が並び、大公宮殿を出発点にお土産屋さんやレストランなどが観光客を相手にビジネスをしています。 カルティエ デュ・ポール地区のチュルビ通り(Rue de la Turbie)は路地が狭く、その周辺はその他地区とは違った雰囲気になっており、モナコ・ヴィルに行った際には合わせて見ておきたいポイントです。 さらに、サン・デボーテ礼拝堂裏にあるむき出しの崖も、モナコという街の異質感を感じさせてくれます。 1~6番線まであり、大体8~11分間隔で走っています。 主要な観光スポットがカバーされているため、滞在期間が短い人は効率的に使用したいところです。 チケットはバスの運転手などから購入することができ、料金は一律2ユーロ、1日乗車券は5. 50ユーロ(2019年5月現在)になっています。 最新の料金、時刻表については、で確認してください。 なお、モナコでは、日本のように流しのタクシーが走っておらず、タクシー乗り場に行くか、電話や専用ボタンで呼ぶことになります。 そのため、バスの方が分かりやすく、利用しやすいです。 おばあちゃんが経営するパン屋さんでも英語が通じたので、特殊な場所以外では英語が通じると思って大丈夫です。 富裕層は多いですが、美女・イケメン比率がドッと上がることはありません。 ただし、身なりのきちんとした人がその他ヨーロッパ都市より多く、ドレスアップ効果が魅力を引き上げているということはあるかもしれません。 豪華なハットを被る貴婦人やフラビオ・ブリアトーレのような男性を見ると、凄そうなオーラを感じるといった具合です。 なお、観光地から少し離れると年配の方を多く見かけたことから、国の特性上、若年層より高齢層の方が多いのかもしれません。 モナコと言えば高級車ばかり走っているというイメージですが、ルノーやプジョーなどが多く、トヨタのYaris(日本名:ヴィッツ)に乗っている人もいます。 日本車比率は低いですが、トヨタやホンダ、日産、スバルなどが走っていました。 フェラーリやベントレー、ポルシェなどの高級車に乗っている人は移住者が多いのかもしれません。 昔から住んでいる人は意外に質素で、ブランド云々というのはあまり気にしていない印象を受けました。 金銭面を除いて、それだけ心に余裕があるのかもしれません。 なお、ドライバーについては、気持ち的に余裕のある人が多いため、運転などで気になるポイントはありませんでした。 横断歩道でも普通に道を譲ってくれる人が多く、観光客への理解、心優しい人が多いのが好印象でした。 最後に 高貴な景観とその裏側の質素さ、美しい景観と風景、居住者の気持ちの余裕さ、それら全てがモナコの魅力です。 F1グランプリや華やかさだけがモナコの魅力ではありません。 モンテカルロを訪れれば、自分自身が社交界に参加する人になったかのような錯覚を覚え、モナコ・ヴィルに行けば美しい港の風景を楽しむことができます。 それら、一瞬、一瞬が観光客を魅了し、虜にしています。 興味がある人も、興味がなかった人も、ぜひ訪れてほしい国、それがモナコ公国です。

次の

モナコ

モナコ 公国

モナコGP個人最多勝記録者の(画像は1991年大会) に第1回大会を開催し、前後の中断( - 、)と、1950年代前半 を除き毎年開催されてきた。 1950年のF1世界選手権発足時より、、と並んで同シリーズに組み込まれている。 この内、同じコースで開催され続けているのはモナコGPのみである。 グランプリ期間中、普段は人口3万人の小国に、およそ20万人の観客が訪れる。 モナコ王室を始めとして、政財界の協力によって行われる国家的な観光イベントでもある。 多くの観客を招き入れるため、の祝日となる5月の2週目か3週目のに日程を合わせるのが慣わしである。 近年はF1カレンダーの過密化により、のと一致しないこともあるが、木曜日からスケジュールが始まるという伝統は続いており、他のグランプリでは初日となるが、モナコGPでは休息日となる。 レースの舞台となるのは、モナコのとラ・コンダミーヌ区の公道を閉鎖して造られた1周3,340mのである。 現在のF1レースでは「305kmを超える最低の周回数」がレースの規定周回数・総走行距離として定められているが、このコースでは例外として、総走行距離がから約260km(約78周。 それまでは約318km(約100周))に減らされている。 この約260kmという距離は、このコースをF1マシンで走行し続けるとこれぐらいの距離で2時間以内に収まるから、という理由で決められている。 コースの設営準備には6週間、レース後の撤去作業には2週間を要する。 コース幅が非常に狭いためレース中の追い抜きは困難であり、他のコースに増して予選結果が重要視される。 レース中はペースの遅いマシンの後方に数台が数珠繋ぎとなり、無理な追い抜きで接触する場面がよく見られる。 を獲得したドライバーがそのまま優勝することが多く、2019年現在で29回が達成されている。 本グランプリ開始数年後の1933年にの決め方がくじ引きから現在の方式である予選タイムの早い順に変更されているが、これもこのコースが追い抜き困難で不公平であるからという理由による。 伝統と華やかさに加え、高い技量と集中力を要する難コースであることから、「 モナコGPの優勝は3勝分の価値がある 」といわれる。 ここで際立って強いドライバーは「」と賞賛されることがある。 過去3勝以上を挙げたドライバーには、(3勝)、(5勝)、(3勝)、(4勝)、(6勝)、(5勝)、(3勝)、(3勝)といった名手が名を連ねている(後述のも参照)。 は出走4戦中2勝をあげ、4戦全てでとを記録している。 一方、は出走6戦中4回ポールポジションを獲得しながら、4位が最高で1勝もできなかった。 事故の起きやすい環境や、マシンにも過酷でメカニカルトラブルが発生しやすいことから、優勝候補がリタイアするなど波乱の展開が繰り広げられることもあり、意外なチームやドライバーが優勝することもある。 過去9名のドライバーがこのコースでF1初優勝を遂げており、初優勝が出やすいコースでもある。 起源 [ ] 1931年のモナコGPで優勝した モナコGPの主催者であるモナコ自動車クラブ Automobile Club de Monaco, ACM は、にモナコ自転車クラブとして発足した。 1925年に自動車クラブに改名し、 FIA の前身である国際自動車公認クラブ協会 AIACR に登録申請を行った。 よりを開催していたため、問題なく加盟できると考えていたが、ラリーで使用しているコースのほとんどは隣国のフランス国内で行われており、レース開催経験の無さを理由に申請を却下された。 ACM会長アレクサンドル・ノゲの息子アントニー・ノゲ は、モナコの街路を使用してレースを開催する計画を立てた。 当時の公道レースはもっぱら郊外の田舎道で行われており、市街地でのレース運営は無謀に思われた。 しかし、や、高級・を経営するソシエテ・デ・バン・ド・メール社 , SBM の理解を得ての第1回開催にこぎつけ、モナコ自動車クラブはAIACRに加盟を認められた。 功労者であるノゲの名は、英語読みの「アントニー・ノウズ」として最終コーナーの名称に残されている。 コースデザインにはモナコ出身のドライバーが協力した。 シロンは出場を優先したため第1回大会は不参加だったが、第3回大会で優勝している。 シロンの名もプールサイドベントの入口のコーナーに残されている。 チェッカーフラッグに見られる現在の白黒市松模様は細かく指定されているが、1970年代以前のかつては今より荒い模様が使われていたことが過去のVTR映像で確認できる。 シグナルも、現在はブラックアウト方式に改定された。 権威 [ ] 上流階級の世界 [ ] 通例では、各国のGP主催者はF1の商業管理団体である FOM に莫大な開催権料を支払い、コースサイドの看板広告の収入もFOMに納めねばならない。 モナコGPの主催者であるACMは、特例として開催権料を免除されている上に、看板広告収入も手にしている。 モナコGPはまで、で唯一規制のないレースであった。 高級という土地柄、富裕層の人々は高級ホテルや自宅アパートのバルコニーや、港に停泊する豪華なの甲板、「」といった特等席からレースを観戦している。 期間中、ホテルの宿泊料金は軒並み跳ね上がるが、予約の時点で満室になる上に、高級ホテルの多くは最低5日から7日以上の連続宿泊を条件とする。 一般観戦者は近隣のやイタリア方面の街に宿をとり、自家用車や SNCF に乗ってモナコ入りする。 一番安い観戦ポイントは、最終コーナーを見下ろす断崖の立見席である。 モナコ公国は非課税のとして知られる。 外国人が居住するためには審査が必要となるが、F1ドライバーは名士として優遇されている。 税金対策の他、治安が良い、プライバシーが守られる(有名人でも特別視されない)などの理由から、と並んで居住地として人気があり、モナコGP期間中はドライバー達がマンションから「自宅通勤」する光景が見られる。 とのウィナーであるは、最高級ホテル「コロンバス・モンテカルロ」の共同経営者という副業を持っていた。 レースウィークの休息日となる金曜日には主催のパーティが開かれ、ドライバーやチーム関係者をはじめ、世界中のが参加する。 また、シーズンの終了後には、FIA傘下の各カテゴリのチャンピオンを集めての表彰式がモナコで行われる(2011年はインドで開催)。 表彰式 [ ] モナコGPはモナコ王室が観覧する御前レースであり、かつては大公と大公妃がでパレード走行を行っていた。 レース後の表彰式もロイヤルファミリーが出席するため、他のグランプリとは手順が大きく異なる。 ホームストレートのスタート地点付近に2階建てのロイヤルボックスがあり、階下に表彰ステージが設けられている。 レース終了後、4位以下はピットの車両保管所にマシンを止めるが、1~3位の3台はロイヤルボックスの前にマシンを停める。 ドライバー3名はコースから階段を上って表彰ステージに立つ。 ロイヤルファミリーの前に3名が並び、プレゼンターである大公(現在は)からトロフィーを受け取る。 は表彰ステージ上で開封してはいけない。 はステージからコースに下りてから行い、ステージ方向へシャンパンを向けることは厳禁。 表彰台に関しては、大公よりも高い位置にドライバーが立つことが失礼であるとして、特別な台は設けず表彰ステージの最前列に、通常の表彰台と同じ配置でドライバーと優勝コンストラクター代表者が整列する。 シャンパンに関しては、大公夫妻にシャンパンがかからないようにするため、大公の目の前での乱痴気騒ぎは失礼にあたるため、である。 一国の元首から栄誉を称えられるというところも、このレースの優勝が価値あるものと見做されている理由の一つである。 の優勝者は、事前にから上記の注意をされていたが、モナコ初優勝の喜びにそのことを忘れ、トロフィー授与終了直後にステージ上でシャンパンを開封した。 さらに、背後にいたらロイヤルファミリーに向かってシャンパンをかけてしまい、式典終了後に各方面からお叱りを受けた。 の優勝者は手順を知らず、ウィニングラップ後ピットに戻ってしまった(後にマーシャルの誘導ミスと判明)。 バトンは車両保管所でそのことを知らされ、ホームストレートを駆け足で表彰ステージに向かった。 過去のおもな出来事 [ ]• - 初開催。 に乗るが優勝し、のちにサン・デボーテ(第1コーナー)に彼の銅像が立てられた。 - F1世界選手権開幕2戦目として開催。 1周目にブラインドコーナーで多重事故が発生したが、優勝したはコースサイドの群集の動きから危険を察知し、接触を回避した。 - スポーツカーレースとして開催。 トンネルでの事故で負傷したが入院中に死亡。 - この年以降はF1の選手権として開催される。 のマシンがシケイン付近で海中に転落したが、無事救助される。 - がの2台を振り切り、モナコ通算3勝目を達成。 モスのレースキャリアにおいてベストレースのひとつにあげられる。 - がモナコ初優勝。 以後1964年、1965年、1968年、1969年と5勝を獲得し、「ミスターモナコ」と呼ばれる。 - のマシンがアスカリと同様にシケインから海に転落、その後無事救助された。 - エンジンの最大排気量が3リッターに変更された最初のレースとして開催。 完走と認められたのはわずか4台で、現在でもF1最少完走台数の記録を保持している。 - のマシンがシケインで炎上。 バンディーニは火傷により3日後に死亡。 - 最終ラップの最終コーナーでが痛恨のスピンを喫し、が大逆転優勝。 - 終盤に上位が次々脱落し、がF1初優勝。 - 大雨により赤旗終了。 ルーキーとの追走が注目される。 またこのレースでセナは初のファステストラップを記録している。 - トップ独走中のセナがポルティエ(第8コーナー)で単独クラッシュ。 - が1位、セナが2位を走行していたが、レース終盤にマンセルがタイヤ交換で2位に後退してセナが1位に。 ピットアウトしたマンセルがセナを猛追するモナコGP史に残るデッドヒートを展開したが、セナが抑え切って優勝。 アクティブサスペンションによる圧倒的な競争力を誇ったウィリアムズのマシンを制した大金星。 - セナがモナコGP5連覇、並びにヒルの記録を塗り替えるモナコ通算6勝目を達成。 - 前戦で事故死したセナとへの哀悼の意を表して1・2番グリッドを空席とし、路面に両ドライバーの母国の国旗をペイントした。 予選中、がシケインのバリアに激突。 一時意識不明となる。 が自身初のからモナコGP初制覇。 フリー走行でマシンがストップしたために、が乗車しながらロープで牽引されている最中、突然飛び出してきたオフィシャルカー(が運転していた)に衝突されマシンが横転した。 その様子をモニターで見ていたシューマッハは大笑いした。 また、そのシューマッハのドライブによりエンジンが念願のモナコGP初制覇を達成。 - 雨中の乱戦でがF1初優勝。 に搭載されたエンジンにとってもF1初優勝。 チェッカーを受けたのはわずか3台で、完走扱いを含めても7台のサバイバルレースとなった。 - ルノーのが自身初のポールポジションからF1初優勝。 ルノーエンジン9年ぶりのモナコ制覇。 またこのトゥルーリ以降モナコGPで初優勝を達成したドライバーは2019年モナコGP終了時点では出ていない。 - 予選中、シューマッハがラスカス(第17コーナー)に故意にマシンを停め、後続のアタックを妨害したとして予選記録を無効とされる。 (俗に言う「ラスカス・ゲート」)• - ワン・ツー・フィニッシュしたに疑惑発生。 (チームオーダーはまで禁止だった)• - 雨の決勝レース、フロントロウを独占したフェラーリの2台は奮わず、3番手スタートのが序盤のタイヤをパンクさせるミスを挽回しモナコGP初制覇。 一時、非力なで表彰台目前の4位まで浮上する活躍を見せただったが、に追突されてリタイヤし男泣き。 - この年台風の目となったがこのGPでも危なげなくワン・ツー・フィニッシュを決めるが、優勝したバトンはモナコのしきたりを知らず前述の珍事を起こす。 - レース終了直前に2台のマシンの衝突によりセーフティカーが入り、セーフティカー先導でレースが終了することに。 しかしこの年セーフティカー退出時のルールが変更され、セーフティカーがピット入口のラインを越えた時点から追い抜きが可能となっていた。 この年から復帰したシューマッハはこれを利用し、最終ラップでセーフティカーが退出するや否やコントロールラインまでのわずかな間に前のをオーバーテイク。 しかしこれは明らかなルール違反で20秒加算のペナルティを受けた。 この一件がセーフティカー退出時のルールが再考されるきっかけとなった。 また、決勝レースで単独クラッシュしたが苛立ちのあまり、マシンから出る際にステアリングホイールをコース上に投げ捨て、危険行為と高価な代物を粗末に扱ったことで非難された。 - 予選Q3でのがトンネル出口でバランスを失いヌーベルシケイン入口のバリアに高速で衝突。 マシンは大破、ペレスは脳震盪を起こして決勝レースと次戦を欠場し、カナダGPではが代役を務めた。 がモナコGP初制覇。 - メルセデスのが優勝し、父が1983年に優勝してから30年越しで親子2代でのモナコGP優勝を達成。 - 予選Q3の終盤にロズベルグがミラボー(第5コーナー)でオーバーランしてエスケープロードにマシンを止め、イエローフラッグが振られる。 これによりアタック中だったハミルトンはアタックを断念、ロズベルグがポールポジションを獲得し、決勝でロズベルグがポール・トゥ・ウィンを飾り2連覇するも物議を醸す。 - レース終盤に2台のマシンの衝突によりセーフティカーが入る。 ポール・トゥ・ウィンを目指していたハミルトンは、後続のロズベルグやベッテルもこのタイミングでピットに入ると考えタイヤ交換のためピットインしたが2台はステイアウト、なんと戻った場所は彼らに続く3番手の位置だった。 ハミルトンはこの自滅によって3位でレースを終え、ロズベルグは図らずもF1史上4人目のモナコGP3連覇を達成した。 - このGPで改良型のルノーを積んだのがチーム久々かつ自身初のポールポジションを獲得、雨の中スタートした決勝もこのまま優勝かと思われた。 しかし雨が上がってきた終盤、2位のハミルトンのタイヤ交換(ウェットからウルトラソフト)を見たレッドブル陣営はリカルドの交換タイヤを直前で「ソフト」から「スーパーソフト」に変更、しかしガレージに適切に情報伝達されず、リカルドがピットインした時にタイヤが用意されていなかった。 このピットでのタイムロスによりリカルドはハミルトンに順位を明け渡す形となって2位でレースを終え、怒りと失意を口にした。 - 予選でライコネンが自身以来のポールポジションを獲得し、フェラーリがフロントロウを独占。 決勝ではベッテルがライコネンを逆転して優勝。 これは自身にとって6年ぶりのモナコGP優勝、チームとしては2001年以来16年ぶりのモナコGP優勝、及び以来のワン・ツー・フィニッシュとなった。 - コースレコードを塗り替える走りで自身2度目のポールポジションを獲得したリカルドだったが、決勝では19周目での故障により180馬力を失い、回生ブレーキが効かなくなったことに伴うリアブレーキの加熱、その上柔らかいウルトラソフトタイヤでロングランを強いられるという苦境に立たされた。 しかし手負いのマシンで逃げ切って優勝し2016年の雪辱を果たした。 - メルセデスの重役を務めていた元F1世界王者で5月20日に亡くなったをF1全体で追悼。 決勝スタート前にドライバー達は彼のトレードマークだった赤いキャップを着けて黙祷し、メルセデスは特別に1戦限りの赤いを2台のマシンに着けて臨んだ。 決勝はポールからスタートしたハミルトンがチームの選択ミスにより終盤タイヤを使い果たしていたが、の猛追を辛くも抑え切り優勝(フェルスタッペンは5秒加算ペナルティで4位に降格)。 自身をメルセデスに引き入れてくれたラウダの死去に人一倍ショックを受けたハミルトンにとっては、ラウダに捧げる特別な勝利となった。 2020年 - 1月下旬よりの感染が世界に拡大し、各国で多くのスポーツ大会が中止する決断が行われた。 F1も例外でなく、当初は計画上の第4戦に開催予定であった中国GPの開催延期のみにとどまっていたが、開幕戦オーストラリアGPの中止をきっかけに5月までに開催されるレースはすべて延期が決定した。 そして3月19日 UTC 、当初は延期にとどまっていたモナコGPだったが、主催者は今年のレースを中止にすると発表。 そのため、1955年にF1レースとして始まって以来66年ぶりの開催中止となった。 年 決勝日 勝者 所属チーム 4月21日 4月20日 ブガッティ 4月19日 ブガッティ 4月17日 4月23日 ブガッティ 4月 02日 アルファロメオ 4月22日 4月13日 メルセデス・ベンツ 8月 08日 メルセデス・ベンツ 5月16日 1952 6月 02日 複数回優勝したドライバー [ ] が最多の6勝を挙げている。 回数 ドライバー 優勝年 6 , , , , , 5 , , , , , , , , 4 , , , 3 , , , , , , , , 2 , , , , , , , ,• 太字はに参戦中のドライバー。 太字はに参戦中のコンストラクター。 ピンク地はF1世界選手権以外で開催された年。 クリーム地は前に行われていた の一戦として開催された年。 太字はに参戦中のメーカー。 ピンク地はF1世界選手権以外で開催された年。 クリーム地は前に行われていた の一戦として開催された年。 過去のコースレイアウト [ ]• 1951・1953・1954年は開催せず。 1952年はF1ではなくスポーツカーレースとして開催。 ESPN F1. 2012年1月13日閲覧。 尾張正博 "". Number Web. (2013年5月31日)2013年6月29日閲覧。 現在の競技規則では規定周回数に達するか、2時間を超えた最初の周でレースが成立する。 辻野ヒロシ 2008年11月18日. All About. 2012年1月13日閲覧。 しかし、この4日後にでスポーツカーのテスト走行中に事故死。 ESPN F1 2010年5月17日. 2016年8月28日閲覧。 F1 Fanatic 2015年5月25日. 2015年5月28日閲覧。 オートスポーツweb 2016年6月2日. 2016年6月8日閲覧。 オートスポーツweb 2016年5月30日. 2016年6月17日時点のよりアーカイブ。 2016年6月8日閲覧。 オートスポーツweb 2018年5月29日. 2019年5月28日閲覧。 現在のF1世界選手権の前身にあたる。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 開幕戦。 1月開催。 - 「東洋のモナコGP」と呼ばれる。 外部リンク [ ]• (フランス語・英語)• (フランス語).

次の