キム 秘書 が なぜ そう か あらすじ ネタバレ。 キム秘書がなぜそうか? 感想☆(ネタバレあり)

キム秘書がなぜそうかのキャスト・あらすじ紹介【ネタバレあり】

キム 秘書 が なぜ そう か あらすじ ネタバレ

面白かったです!!! 前にも記事を書かせていただいたのですが、完走したので感想を書いていきたいと思います。 ネタバレがめちゃくちゃありますのでご注意ください。 ぜひ参考にしてみてください。 ストーリー ストーリーはとてもわかりやすかったと思います。 前半は上司と部下で退社する退社しないの駆け引き 中盤は事件に関わることが多く 終盤はとミソのラブストーリー中心。 他の韓ドラを多くみてる人にとっては事件が少ないなあと思われたのではないかと思います。 毎回毎回ハラハラ感があるわけではないのでそういうものを望まない方にはオススメかも。 そのかわり毎話見終わった後はすっきりしたような感覚がありました。 最終話での脅威のスッキリ感はないので少しそこは残念だったかな…。 それが星5つではなく4つだった理由です。 そうしなくてはこんなに素晴らしい人間がいるはずが... ハンサムな顔,完璧な割合,おとなしい頭,卓越した経営能力まで! 生まれてから今まで,常に全ての分野でずば抜けた1位だった。 自分自身をただ愛したあまり,恋愛を一度せず,ナルシストなあまり,周囲の人たちの不足に耐えることができない彼が,傍を許す唯一の人がいたことによって今までを生きてきた... パクソジュンさんの長い手足と小さい顔を見るとなんとなくこのナルシストになるのも分かる気がするw すごいナルシストな役なのに悪意がないように演じあげていてすごい魅力的な俳優さんだなあと思いました! 編集者、パクソジュンにハマり「彼女は綺麗だった」を視聴中です。 パクミニョンさんハマり役だったな〜〜〜〜〜〜! ものすごい顔が綺麗だから高貴な役とか役は多くてもこんなに愛らしいミニョンさんの演技は見ていて可愛かったです! イソンヨン(イテファン) ユミョングループの長男で,氏の兄"モルぺウス"というハンドルネームで活動している小説家だ。 韓国はもちろん,米国でもベストセラーになり,と印税を総なめしている。 優しい言い方,輝き微笑み,女性よりも繊細に女心を貫く感性まで... と実の兄弟が一緒だと思うほど,正反対の魅力を持っている。 しかし,このような優しさが,弟のさえ見れば消える。 最近みるドラマによく出てくるイテファンさん。 難しい役どころでしたが、このコメディ要素の多いドラマで暗いストーリーを違和感なく取り入れるのは難しかったと思います。 すごい上手でした! パクユシク (カンギヨン) と留学時代から知り合った友達。 有名グループの専門経営者だ。 深刻な低質体力なので,随時健康食品をつけて暮らさなければならないことだけ除けば,優れた能力を備えた人材だ。 キムミソ秘書の他に,唯一が親しい友達としてとの悩みとストレスをもっとも多く知っている。 が好きだが,いつも自分の執務室を訪れ,ストレスを解消していくのために腹が立つことが多い。 だが,オーナーと,一介のceoの間という位置を自覚し,すぐに尻尾を下げて,との悩みに耳を傾ける。 他のものはすべてに及ばなくても,恋愛においてはより一枚上だと自負する。 モム の悩み相談所になってくれるが... その度にからは"そんなによく知っているんだったら離婚をなぜしたんだ"と。。。 500万人の離婚者が決起するほどの答えが返ってくる。 だから.. 私も分からない. どうして離婚したのか カンギヨンさん最高でした笑笑 このドラマではパクユシクに共感する人や応援する人が多かったのではないかと思いました。 パクユシクの恋に関しては私も最後完全に応援してましたし。 に急に考えを変えるところもすごい面白かったです! コグィナム(チャンソン) 高貴に生まれて高貴に育ったようなビジュアルの持ち主 能力も1位,社内人気投票も1位,鉄壁も1位だ。 原則主義者に完ぺき主義者なので,周りの女性がいくら突きつけても,自分の進むべき道程だ。 名前や顔立ちとは違って,砂漠に落としても生き残りそうな不屈の意志を持つ男の中の男。 目標はただ昇進,恋愛は単に業務の能率を下げる障害物にすぎない。 ところで,完璧主義高貴男にも秘密はある?! どこかで感じられる。 私を見つめるまなざし 静かな僕の日常を揺るがす影,誰だ君! 会社内ではエリートイケメン社員を演じているものの実はものすごくケチという役どころ。 恋愛なんて仕事の邪魔になるって言っておきながら最後にジアさんに告白の返事をするってところがまた良かった!!!!初デートが他の人の結婚式というのはどうかと思いますが…笑 キムジア (ピョイェジン) 途方もない就職難を乗り越え,ついに最初の職場に入った新入秘書。 服司も初めて,会食も初めて,私の無能さを知ったのも初めてだ。 意欲はあふれるが,しきりに歪んで,思ったとおりになることが一つもない。 小説家"モルぺウス"のファンで小説のように運命的な愛を夢見る。 就職して胸が震える男に出会うことを期待してたのに。 手の震える業務量に恋愛は夢見ることもできない 合コンで会った男より仕事ができるほほ笑みの先輩の方がもっと素敵に見える。 なのに,彼女の目に入った一人の男... ただ仕事がお上手で素敵に見えるんじゃないかな。 まさか... 運命の男に出会ったのかな? もう1人のキム秘書。 キムミソ秘書の後任として入ってきたキムジアですが、めっちゃ可愛らしいの!!!!!エリートでどちらかというと「綺麗」というタイプのキムミソ秘書にくらべ、「天然」「かわいい」という言葉が似合いそうなキムジア秘書。 ピョイェジンさん初めて拝見しましたが、可愛い女優さんでした!!他の出演作も見たい。 チェ女史 (キムヘオク) 気品があって優雅だ。 オーラがある ミュージカルと花が好きで,家の随所にチェ女史の手が届かないところがないほど,家のインテリアに関心が高い。 そんな趣味を把握してセンスを持ってプレゼントを買って来る微笑みがとてもきれいだ。 本人が幼い時に格好も分からず政略結婚をしたので,息子だけは本気で愛する女にあって幸せな結婚生活を送ってほしい。 といった風がある。 心が弱く,2人の息子問題においては誰よりも敏感だ。 過去にその事件さえなかったら... 私たちみんな一緒に今よりもっと幸せに暮らせたのに。。。 駄目な母親のせいのようだ。 キムヘオクさん、よくお母さん役で出てくる女優さんですが、気品のある演技でいかにも財閥の奥様って感じですね〜。 旦那さんのことを尻に敷いてる感じがまた良かったです笑笑 イ会長(キムビョンオク) 先代の次にユミョングループの会長職に就いた。 能力から見ても成果から見ても,息子に比べ遅れをとっていたのは事実だ。 一時,あるグループの首長として天下を号令したのが昨日のことのようだが,一夜にして妻に肩入れをして暮らす身となった。 寂しくて優しい性格の後ろにカリスマがある。 妻にとってだけは負けることが勝つことだとよく思う。 政略結婚だったが,妻を心から愛する。 妻の目に涙流す奴は息子でも許せない! 自他共の愛妻家だが,他人に言えない秘密がある。 睦まじい家庭が乱れるのを見られないから ちょっとダメな会長役でした。 このお父さんからあのスタイルの息子2人が生まれてくるとは思えませんが…。 ドラマなのでね笑笑。 ラ (ファンボラ) 自称ゴールドミス 明るくて堂々としている。 ソウルの平凡な家で育った。 お兄ちゃんたちの過剰保護と愛で大きくなったせいか,自分がとてもきれいだと思っている。 度が過ぎた自己愛で団結しているが,その後は,資格への関心が隠れている。 趣味はショッピング,マッサージ,特技は酒を飲んでケガをする。 会社の男たちはみな"自分が好きだ"と勘違いしながら,いざ告白は一度も受けていない堂々たる年配の女だ。 ここまでコメディドラマをやりきる女優さんに会ったことがありませんでした笑笑 変顔はおろか酒に酔った時の変な踊りまでが全て面白い笑笑素晴らしいだなと。 ヤンチョル カンホンソク の全スケジュールをともにする修行秘書。 の影のように見えていないようで,を守る黙ったこの男,会社にもいるように存在感がない。 口はどうも重いのか...。 沈黙は金ならこの方は最小の貴金属店の主人である。 ところが,そんな彼と視線を合わせる人ができた!? 会いたくない姿だけ見るようになるが,なんとなく会いたくなる。 序盤はそこまで目立った役どころではないのですが、だんだんキャターが出てきます。 ヤン秘書のメインテーマ ? 的なのがあるのですが、少しツボでした笑笑 チョンチイン イユジュン 同社内のすべての情報は政治家を通じて入り,政治家を通じて流れる。 私の前で誰かがささやくのは耐えられない. 会社内の全てのチラシ情報を入手しているため,皆が信任するカージュラ通信網。 業務や会議中には格式ばって努力型標準語を駆使するが,職員同士がいる時は,古い釜山方言を隠すことができない。 標準語の間に思わず飛び出す方言のため,コミュニケーションにエラーが出たりもする。 噂が大好きな上司って感じですね。 心の広そうな感じ。 ぜひ上司にしたい。 変顔も面白いし🤣 イヨンオク イジョンミン 88キロを撮り,血のにじむような努力とともに標準体重でカムバックしたこの時代のプロダイター。 誰よりも食べ物を愛しているが,私たちは叶わない"と言って,わざとそっぽを向く。 過去に食べたその味を思い出しながら生動感を持って表現するのが唯一の楽しみだ。 聞く者は皆,つばを飲み込ませる味の表現能力者。 会社の昼食メニューは,"ヨンオクによって決まるのが日常茶飯事だ。 食欲を押さえてまた押さえるが... 酒を飲めば,眠っていた食欲で暴走する。 ここまで来たら,副会長に来ても止められない。 こういうOLさんいそう!!って感じの人でした。 そこまでトや存在感はなかったかも。 パクジュンファン キムジョンウン "S大を出た男です。 だからあまり負担に思わないで 典型的な江南 カンナム の8学区にエリートコースを踏み,S大学を出たプライドが天を突く。 不足なく育ったため,他人の男性を哀歓や心配,心配に大きく共感できない。 高い自己愛と自己中心的な思考を持つ。 うまくやったのは僕がやったこと,できなかったのは君がやったこと。 自分のような人材がどうしてミスをするのか"と本人のミスを認めない傾向がある。 彼が臆する相手はただ一人。 とても偉い副会長さんだけだ。 S大というのは確実にのことでしょう。 こういう人も職場にいそうですよね〜。 でもどこか憎めないキャターです。 ソルマウム イェウォン ユシクの秘書として戻ってきてから,いつの間にか1年,失敗能力なら,すでにCEOになっても残っていくだろう。 1日に何回も行うミスに有識をサポートするどころか,ユシクのサポートを受ける時もある。 叱られるのが趣味で,後始末が得意だが,特有の明るい性格で,絶対気後れせず忠誠を誓う。 それをユシクが欲しいか分からないけど... 今日も心は有識に対する感謝の気持ちを込めてを煎じながら一日を始める。 低質体力の社長のために,心のネットの買い物かごには常に健康食品でいっぱいだ。 1日1回はミスをするソル秘書。 見てる分にはめちゃ面白いですが、友達や上司、部下にはなりたくないかも… キムピルナム ペクウネ ミソの最初の姉。 お金を稼ぐ家族の世話のため,ブランド品のカバン一つ買えない妹がもどかしい。 いつもの心配ばかりしないで本人の人生も楽しく生きればいいのに。 微笑みにいつもすまない気持ちを持っている。 微笑みが何の心配をしているのか,どんな悩みがあるのか声だけ聞いても分かる。 妹が,どこへ行ってひるんで暮らすのは容認できない。 最初の方はとミソの恋を妨げる役どころなので少し恨めしいですが、途中からは2人の恋を応援してくれます。 ミソ想いの優しいお姉さんです! キムマリ ホスンミ ミソ2番目の姉。 仰々しくふるまう。 医者でありながら生じるストレスを解消する。 勉強だけに飾ることも,男と会うこともできない。 姉と同じくミソにいつもすまなくてありがたい心を持っている。 金を貯めてミソが必要な物を買ったり,ひそかに姉と一緒にミソの結婚資金も少しずつ集めている。 食いしん坊のお姉さん。 ここの3姉妹全員キャラが違いすぎて同じ遺伝子が入ってるとは思えないけど…。 まとめ やはりコメディドラマいいよね…。

次の

韓国ドラマ「キム秘書がなぜそうか?」感想 いったい、なぜ?

キム 秘書 が なぜ そう か あらすじ ネタバレ

韓国大人気ドラマ、キム秘書はいったいなぜ?第11話です。 前回は…作家のモルぺウス ソンヨン/イ・テファン がアートセンターの開館イベントに出演してくれることになり喜ぶミソ パク・ミニョン だったが、ヨンジュン パク・ソジュン から猛反対され口論に発展する。 ユシク カン・ギヨン からミソに謝罪をするよう忠告されたヨンジュンは、言葉に詰まりながらもミソに謝罪をする。 モルぺウスがヨンジュンの実兄であることを知ったミソも謝り、2人は仲直りをする。 わだかまりが解けた2人は穏やかな雰囲気で残業をしていると、ヨンジュンがミソにキスを迫る。 驚きつつも目を瞑ったミソだったがヨンジュンから突き飛ばされてしまう。 」と言い残して副会長室を去っていく。 翌日、アートセンターの開館イベントの打ち合わせで会社を訪れたソンヨンをヨンジュンは冷たくあしらうが、モルぺウスの来社に騒ぐ秘書室メンバーたちはサインや握手を求めて盛り上がる。 有給中のミソは退屈な1日を過ごしていた。 公園で楽しそうに遊ぶ親子を見つめながら1人アイスを食べ、友人たちに連絡するも忙しいと断られ「休みの日に遊び相手がいないのは副会長のせいよ」とぼやきながら近所をブラブラする。 「副会長め」と悪態をつきながら家路に向かうミソの前に「呼んだか?」とヨンジュンが登場する。 新居を探しているジア ピョ・イェジン は、眺めがいいというマンションの屋上を見せてもらう。 屋上部屋の青年はそこで野菜を育てており、家賃も値切ったという倹約家らしい。 そんな話を聞きつつ屋上に行くと…そこには着古したジャージ姿でスーツのボタンを縫うグィナム ファン・チャンソン がいた。 狼狽したグィナムは「スーツは1着です。 それが知りたくて尾行を?」と逆切れするが、部屋を見に来ただけだというジアに社内の人気者である自分の地位を汚したら許さない、と脅迫する。 バスでソウルの街を巡る2人。 つり革の存在を知らなかったり、バスの揺れに対応できずにミソの膝に座って他の女性客に笑われたりと散々なヨンジュンだがその横でミソは楽しそう。 2人は街外れにあるミソの常連の飲食店『コプテギ 豚皮 は立ち去れ』で食事をする。 家族の思い出の店だと語るミソ。 トングとハサミを奪い「貸せ。 今日は君に合わせる日だから俺がやろう」とミソのために真剣にコプテギを切り分けるヨンジュンだった。 ミソに合わせることを楽しむヨンジュン 第10話でミソに迫っておきながら突き飛ばしてしまったヨンジュン。 第11話は焦るヨンジュンとショックと怒りで震えるミソで幕開けです。 「俺は君を惑わせたい」とミソに近づいていうヨンジュンは目を瞑ると、悪夢に見る廃墟の部屋が映る。 「お願いだからやめて」という幼いヨンジュンに赤い唇の女が「あなたが私の最後を見届けて」と言い手を伸ばす。 恐怖に歪むヨンジュンは思わずイスごとミソを突き飛ばしてしまう。 部屋の隅まで飛ばされたミソにヨンジュンは「説明させてくれ」と弁解を図るもミソは「明日は顔を見る自信がないので会社を休みます」と言い去っていく。 まさかのまさか。 ヨンジュンは目を瞑れなかったんですね~。 悪夢を見るどころか目を瞑っただけでフラッシュバックしてしまうとは…。 確かにこの廃墟の映像、めちゃくちゃ怖いので実際に起きたら本当にトラウマになるレベルです。 この気持ちちょっとわかるw友達とも疎遠で、ジアに電話して仕事状況を確認したりと結局仕事をしてしまうミソなのでした。 アートセンターの開館イベントの打ち合わせのついでに副会長室を訪れたソンヨンは「企画の趣旨は悪くない」と話しだしますが「業務の1つにすぎない。 」とヨンジュンは冷遇する。 「有能なお前にはそうかもしれないが、両親は俺たちが一緒に働くことを喜んでいる。 」と、和解したと思っているからいたずらに揉めたくないと話すソンヨンに「原因は俺じゃない」とヨンジュンは突き放す。 個人的にはソンヨンの歩み寄りの気持ちを買いたい気もするのですが…ソンヨンはいじめた件を忘れているのかな?いじめた方は大して記憶に残っていないというアレでしょうか?この兄弟の確執を握る幼少期に起きた事件。 これを解決しない限りはわだかまりの解消は難しそうです。 ヨンジュンのアドバイスは実は結構名言である 2人は街外れにある、ミソの常連の飲食店『コプテギ 豚皮 は立ち去れ』で食事をする。 幼少期は貧乏で外食といえば安上がりのこの店だったため家族の思い出の店だと語るミソは、父が詐欺に遭い借金返済のために高卒で働きに出たこと、優秀な姉たちの学費をミソが大黒柱となり稼いだことを話す。 「家族が恨めしくないのか」と尋ねるヨンジュンにミソは「いいえ、わざとじゃないですから。 」と答えるが、ヨンジュンは「人は犠牲を厭わない人生に価値があるというが、実際は違う。 犠牲になることで自分を失っていく。 」と言い、続けて、 「どんなときも大事なのは自分自身だ。 自分が一番大切だと決して忘れてはならない。 」と語る。 そんなヨンジュンにミソは笑って、「9年も一緒にいるせいか、自己愛の塊みたいな言葉が慰めになります。 」と言う。 まず、コプテギが美味しそうすぎる…。 余談ですがコプテギはゼラチン製造の原料となる部位で半透明のそれはお餅のような弾力があり、独特の触感と風味でディープな庶民料理として人気だそうです。 話を戻して、ヨンジュン様の名言でました。 ヨンジュンって結構いいこと言うよね。 「自己愛の塊みたいな言葉」とミソは言うんですけど、「人の犠牲になるな、自分を一番に考えていい」と言うヨンジュンの言葉には賛同します。 共依存は楽ですから。

次の

韓国ドラマ キム秘書はいったい なぜ あらすじ全話 感想ネタバレ

キム 秘書 が なぜ そう か あらすじ ネタバレ

この記事を通してたくさんの人が「キム秘書」ワールドにハマっていただけたら幸いです。 「キム秘書がなぜそうか?」第1話内容 きらびやかなパーティー会場にさっそうと現れたのはユミョングループの副会長の イ・ヨンジュン パクソジュン。 就任後業績を二倍に伸ばし、有能な若きCEOランキング1位に選ばれたと噂されています。 しかも仕事だけでなく、イケメンで、スタイルも良いという申し分のなさ…。 しかし女性に身体を触らせないという変わり者な一面も。 なんと恋人の オ・ジラン ホンジユン にまでも触らせないという…。 そんなヨンジュンに唯一触れられるのが超有能な美人秘書 キム秘書 パクミニョン なんです。 キム秘書の一日は副会長であるヨンジュンのネクタイとスーツ選びからスタート。 そしてスケジュールチェックに、人事サポート、代行運転までこなします。 無能を嫌う完璧な副会長のサポートは多忙を極めます。 更にやっかいなことに超が付くナルシスト!鏡に映る自分に酔ったり、「まぶしくないか?この俺が!!」なんて言葉は日常茶飯事です。 そんな副会長の近くにいられるのは、キム秘書と友人で社長の パク社長 カンギヨン くらい。 ある日のパーティーの帰り、キム秘書は 「一身上の都合で辞めたいので、新しい秘書を雇って下さい」と副会長に申し出ます。 最高の環境で働かせていると自負している副会長は「好きにしろ」と答えるも、理由が分からず眠れなくなります。 早くも会社で話題になるキム秘書の引退説。 副会長とのコンビネーションも良く、待遇も良いキム秘書が辞めることをみんなは信じられません。 本気で考えてもキム秘書が辞める理由が分からない副会長は、友人のパク社長に相談に行きます。 キム秘書が勤続9年ということに気付いたパク社長は「3・6・9年に起きる倦怠期じゃないか!?もしそうなら取り返しがつかなくなる前に突破口を見つけるんだ!」とアドバイスします 笑 キム秘書を手放したくない副会長は、キム秘書を実家に呼び出し ・理事に昇進させる ・補助の秘書を付けて社用車を提供する ・社宅を用意する ・借金があるならそれも肩代わりする という特例を出します。 キム秘書は拒否しようとしますが、しっかり断るキム秘書。 副会長は信じられないという顔 笑 キム秘書は副会長だけでなく、両親の会長夫婦からも気に入られているようで、結婚を勧められます。 どうやらキム秘書は姉2人が頼りにならず、更に父親が自由奔放に借金を作るため家族の大黒柱をしていたようです。 つい最近も父親が借金を3000万ウォンほど作り、副会長からもらった車を売り払って借金を返済していたことが分かりました。 一方副会長はパク社長に再度相談。 「待遇に不満がないなら、辞めると言ってきた日に何かあったんじゃないか?」と言われ、副会長はパーティーの日を思い返し「キム秘書は…俺のことが好きなんだ!」という結論に至りました。 「9年間も一緒にいて、俺に惚れないなんて人間じゃないもんな!」 実はキム秘書パーティーに恋人が来ていて、恋人の誕生日の為に花束を買いに行っていたのです。 重度の花粉症を持つキム秘書は花束を持ったせいで涙ぐんでいたのですが、その涙を嫉妬による涙だと副会長は誤解した模様。 しかし姉たちに「副会長と恋愛関係にならないのか?」と聞かれたキム秘書は「ありえない!なんであんな奴!!そして副会長は自己愛のひどい人だから誰かを好きになることも絶対にない!」と断言します。 クモ恐怖症のようです。 そして居ても立っても居られない副会長はキム秘書を呼び出し、花束をプレゼントします。 またもアレルギー反応で泣いてしまったキム秘書を「感動したな…」と嬉しそうに見る副会長でした。 が…「オジランとは別れる」と言っても「当分誰とも付き合わない」と言っても「オジランとは寝ていない」と言っても全く無反応のキム秘書に焦り始めます。 辞める理由も「誰かの秘書でも、家族の大黒柱でもない、キムミソ キム秘書の本名 として生きていきたいんです」と答えるのみ。 またも眠れない副会長はおでこに吹き出物ができてしまうのでした。 そしてキム秘書の後任秘書の面接で、2人は言い合いになります。 辞めていくキム秘書に対して、会社に骨を埋めます!と答えたキムジア ピョイェジン が合格になります。 副会長は自分の時間を持って、恋愛や結婚をしたいというキム秘書の考えが理解出来ません。 キム秘書は早退し、友人とカフェへ。 そこで一般的な友人たち 結婚して子育てに追われる専業主婦、結婚と仕事をかけ持っている主婦 と自分の違いに気付きます。 自分のことを後回しにして、全て副会長に捧げてきたキム秘書は銀行でもキムミソ 김미소 と書くべきところをキム秘書 김비서キムピソ と書いてしまいます。 そんなキム秘書の自宅に、副会長が突然訪問します。 副「結婚や恋愛の為に仕事を辞めるのか?」 キム「まぁ…はい」 副「恋人はいるのか?」 キム「そんな時間は今までありましたか?早朝から深夜まで仕事して…このまま老いて首になったら困ります」 副「じゃあ終身雇用を約束しよう」 キム「副会長に仕えたまま年を取れというのですか?」 副「だから結婚の為に仕事を辞めるのか…よし、仕事は続けろ。 このイヨンジュンがお前と結婚してやる。 」 えぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!! という展開で第1話終了。 「キム秘書がなぜそうか?」キャストと相関図 1話に出てくる主要メンバーを図にまとめてみました! ・キムミソ キム秘書 :パクミニョン 超ナルシストな副会長を支える敏腕秘書。 ・イヨンジュン 副会長 :パクソジュン ユミョングループ副会長 ・イ会長:キムビョンオク ヨンジュンの父親 ・会長夫人:キムヘオク ヨンジュンの母親 ・キムピルナム:ぺクウネ ミソの姉 長女 ・キムマレ:ホスンミ ミソの姉 次女 ・チョンチイン:イユジュン 副会長室部長 38歳 ・ボンセラ:ファンボラ 副会長室課長 35歳 ・パクジュンファン:キムジョンウン 副会長室代理 30歳 ・ヤンチョル:カンホンソク 副会長秘書見習い 30歳 ・イヨンオク:イジョンミン 副会長室社員 26歳 ・キムジア:ピョイェジン キム秘書後任の新キム秘書 ・パクユソク:カンギヨン ユミョングループ会社の社長 兼 副会長の幼馴染 ・ソルマウム:イェウォン パク社長の秘書、ドジ。 1話目の見どころと感想 第1話を見た視聴者さんの感想をいくつかご紹介します。 1話 キム秘書が辞める理由として「私もそろそろ人生を探さなきゃいけないですから」と その言葉を気にしてる姿が. めちゃくちゃ美人なキム秘書 パクミニョン が花粉症で顔がぐちゃぐちゃになるシーンなんて演技力に脱帽ですw おもしろシーンばかりと思いきやパーティーシーンでめちゃくちゃかっこいい完璧な副会長とキャリアウーマンな秘書にもほれぼれ。 笑ったり、考えたり、ほれぼれしたり…と感情の変化が忙しくて、とっても楽しい1話でした。 ぜひ動画での視聴をオススメします。

次の