転生 したら 悠々 自適 の 皇 妃 ライフ 原作。 転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?|ネタバレ!4話から最新話・結末までの感想も!|漫画Plus!

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?|ネタバレ!21話から最新話・結末まで!|漫画Plus!

転生 したら 悠々 自適 の 皇 妃 ライフ 原作

打ち明けて少し楽になるレアナ。 シヴァはそんなレアナを心配するが、ポールは初めて聞いたためショックを隠し切れないでいた。 「ところで、襲撃事件の犯人は捕まった?」 とレアナ。 まだ捕まっていないこと、そして皇帝が捜査に参加したことなどこれまでのことを報告するポール。 それを聞いて驚くレアナ。 皇帝が貴族の家を捜査させたことが原因で反発がすごいのだと続けて話すポール。 「陛下が神殿に直接行くとおっしゃっったそうですが、どうなるか…」 ミアも連れて行くという噂も流れていると聞いて考えるレアナ。 (ミアを連れて行くなら…) 皇帝とミアが手を繋ぎ笑顔で歩くシーンを思い浮かべるレアナ。 (もしかして原作の流れに戻すために変わっているのかな?) しかし原作と違って、レアナはミアをイジメたことがないし、これまでの皇帝の態度、言動は憎まれているような感じではない…。 と頭を悩ませるレアナ。 そんなレアナをジーっと見るシヴァ。 ニコっと笑い 「何か話したいことでも?」 と話しかける。 「ポールが神殿の話を出した後から何か気にされているようなので」 そう言いながらレアナの心を読むシヴァ。 レアナは驚きながらも否定し、 「陛下が私に気にかけるわけもない!」 と動揺しながら話すレアナ。 しかし、 「本当にそう思いますか?」 「陛下は、妃殿下を心配していますが、どう近づけばいいか分からないのではないでしょうか?」 「気持ちにない相手を気遣う人はいません。 だから、もう心を開いても良いのでは?」と言うのでした。 それを聞いて複雑な表情を見せるレアナ。 (本当に大丈夫かな?) (私が原作のミアのポジションになったということであれば… 一番頼もしい人は陛下だ) (だったら・・陛下のそばが一番安全) 少し不安な気持ちは残るレアナだったが、 その結論に至るのでした。 そこで、ポールは自分が失言したのではと気にしていたのだ。 すると、ポールの頭にの乗った葉っぱを取ってあげながら 「何かに気づくきっかけになったよ…」 と優しく微笑むシヴァ。 それに対して黙るポール。 (顔、近すぎだろ) と顔を赤らめるポールなのでした。 38話ネタバレ! 神殿にある司祭の名簿を皇帝に渡すテリア。 その名簿に目を通しながら・・ 今後の神殿への対応など真剣に話す2人。 するとそこに、 ドアがノックされ 要件を伝える使用人。 その話を聞いて目をまん丸にする皇帝。 レアナが応接室で待っているという報告だったからだ。 バッと立ち上がる皇帝。 「レアナが…?」 「レアナが!」 皇帝の顔がパァッと明るくなる。 すると乙女のようなことを言い出す皇帝。 そんな皇帝にドン引きのテリア。 「とにかく数日間まともに食べられなかったのにどうしたというのか。 今すぐ侍従たちを行かせろ」 「いや、今すぐ行くと伝えなさい」 とあたふたする皇帝。 「先に行ってレアナの状態がどうか、ごはんは食べたのか…悪夢は見なかったか、どこか不都合など…」 と言いながら、あっちへこっちへ歩く皇帝。 そんな皇帝にテリアは優しく、 レアナの元へ行ってはいかがでしょうと言うと… ダッシュでレアナの元へ行く皇帝だった。 その途端に、体を震わせ怯えてしまう。 (…もう大丈夫。 ここは陛下の・・) と自分に言い聞かせるレアナ。 するとそこで、 花束を持った皇帝が登場! 「レアナ!待たせた!」 「君より大事なことは無いから気楽に…」 と、ドアを開けると同時に話し始める皇帝。 驚くレアナ。 口をポカンと開ける皇帝 「今すぐ皆退け!」 と言って戻ろうとする陛下。 とにかく騒がしい登場だった。 皇帝はソワソワしていた。 (いざ来たものの…ぎこちない。 ) 皇帝が子犬のような顔をしているから、話を始められないレアナ。 ふいっと顔を横に向けると、 それだけで緊張する皇帝。 「ご心配おかけして申し訳ございません。 」 そして多少のズレがありながらも 本題に入るレアナ。 「ご相談したいことがあるのです。 」 「もしよろしければ…安全な場所…」 と言いかけた瞬間、 立ち上がりカップを倒してしまう皇帝。 」 レアナはぽけーっとする。 話が逸れてしまい、また来ようか…と思うレアナ。 すると皇帝から 「不安ならば、ここに留まったらどうか?」 と提案する皇帝。 そして… 「レアナ。 君を守ることを許してほしい。 」 と必死に言う皇帝なのでした。 そんな必死に言う皇帝を姿を前に、意外と冷静なレアナ。 (悩んでいたのはもったいない) と思うレアナだった。 38話終わり!.

次の

[6/27最新]アニメの新作・続編・映画劇場版・OVAの制作が決定している放送時期未定作品まとめ

転生 したら 悠々 自適 の 皇 妃 ライフ 原作

・悪女の定義 転生系のお話です。 皇后候補になった主人公ですが、皇后候補は主人公含め2人居て、もう一人の子はすごい皇太子に優遇されててみたいなかんじのやつです。 ・冷血公爵の心変わり 殺されそうになった時に魔法が発動してそれにかかった公爵が、主人公を溺愛し、結婚したのですが、その魔法がどんどんと解けそうになってきててみたいな感じのお話です。 地位の奪い合いとかでは無いですが、とても面白いのでおすすめです 内容条件には当てはまらないけど、フランス系 ? の雰囲気やドレスの感じのやつがあるやつでおすすめ漫画 ・よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る セザールめちゃめちゃかっこいいんで見てみてください。 かっこいいです。 ・あなたに捧げる赤い薔薇 愛してる夫は、妻である自分ではなく従姉妹である女の子を可愛がっていて、、みたいな感じです。 ・転生悪女の黒歴史 転生前に書いていたお話の中に転生してしまうってお話で、しかも転生先が、死亡フラグが立っている悪女で。 っておはなしです。 説明力なくて面白くなさそうに見えるかもですが、どれも面白いのでオススメです。 また、「悪女の定義」と「冷血公爵の心変わり」、「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」はピッコマで見れます。 興味が湧いたら見てみてください!.

次の

comicoで連載している復讐の皇后という漫画がとても好きで、はまっ...

転生 したら 悠々 自適 の 皇 妃 ライフ 原作

漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「捨てられた皇妃」 漫画 iNA氏、 原作 Yuna 氏の韓国漫画です。 16歳で皇妃でありながら反逆罪に問われ、愛する皇帝のルブリスに処刑されたものの、また同じ人生を9歳の子供の時点から転生しやり直すという、転生がベースの恋愛ファンタジー作品。 毎週土曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、ルブリスは皇帝の庭園でであったときのアリスティアの態度を生意気だと受け取る。 そのアリスティアは温かい騎士団の面々と打ち解け、さらにアレンディスも加わり賑やかになる。 帝国を守る第二騎士団のモニーク家。 彼女は父のケイルアンに、剣術を教えて欲しいと頼むだった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「捨てられた皇妃」16話のネタバレ 剣術を教えてほしいというアリスティアの頼みを、かけっこすらできない身体の弱い彼女には無理だと、父は却下する。 しかし彼女は諦めず、体力をつけるためにも、一生懸命頑張るからとすがる。 必死な彼女を見てケイルアンは、習いたい本当の理由は関わりたくないと言っていた皇太子ルブリスのせいではないかと突っ込む。 確かにその通りなのだが、具体的に未来でどうであったかなど説明できない。 すると父が、ひょっとして何か思い出したのかと聞いてくる。 思い出したとはどういうことなのだろう、彼女はびっくりする。 もしかしたら時間が巻き戻ったのは自分だけじゃないかもしれない。 しかしそれなら未来の悲劇をどうすればいいのだろうと彼女は考える。 ケイルアンは、アリスティアがとても幼かったときのことだと付け加えた。 別のことかとホッとする彼女。 幼い頃のことと言われても、ルブリスとはこの前初めて会ったと答えるアリスティア。 それならいいと、今の話は忘れるように言うケイルアン。 ではなぜ皇太子と関わり合いになりたくないのか、との問に、彼女はパパと一緒に暮らしたいから結婚なんてしたくないと答えた。 父は呆気にとられる。 彼女自身は、身体が子供に戻ったから考えまで子供っぽくなってしまったと、何を言ってしまったのかと焦る。 ケイルアンは微笑み、手を差し出すとアリスティアに近くに来るように言う。 そして彼女を抱きしめ、そう望むならそうしようと頭を撫でる。 その代り剣術となると厳しいと言い、アリスティアは元気に返事するのだった。 翌朝、動きやすい衣装で練習場にやってくるアリスティア。 自分も剣術を習うことにしたとアレンディスに伝えると、最高だと彼は彼女を抱きしめた。 殺気立つ騎士団。 毎日会えるんだねと喜ぶアレンディスを、心細かったのかと背中に手を添えるアリスティア。 騎士団が口パクでダメダメアピールをする。 そうケイルアンが来ており、アレンディスを引き剥がした。 アレンディスを睨み、ウォーミングアップに練習場30周を言いつける。 アリスティアは10周だ。 ケイルアンはじめ騎士団からほとばしる火花。 アレンディスは目をつけられたのだった。 その頃ラス公爵邸では、主のラス公爵が戻り、妻が出迎える。 妻は皇帝の妹であった。 皇帝の残り1人の兄妹なので、たまには皇宮に行ってはどうかと彼は勧める。 そこへ、母上と元気な声で呼びかける少年が現れた。 漫画「捨てられた皇妃」16話の登場人物 アリスティア・フィオニア・ラ・モニーク・・・主人公。 神が予言した子だと思われ、帝国の皇后になるべく教育されてきたが、突然現れた美優という少女がお告げの子だと判明し、次位の皇妃に落とされる。 そして愛する皇帝ルブリスに異様に虐げられ、流産させられ、父も殺され、最後には自身も処刑される。 その後、神ビタの手によって9歳に自分に転生させられ、今度は自分自身で運命を切り拓き、悲劇を回避しようとしている。 まずはルブリスとの婚約を避けるために、騎士として跡継ぎになろうとしている。 転生した際、皇位継承権の意味を持つ2つ目の名フィオニアを授かる。 アレンディス・デ・ベリータ・・・帝国の宰相ベリータ公爵の次男。 後に天才と呼ばれるほど頭が切れる。 アリスティアと仲が良く、結婚を申し込むほど彼女を好き。 彼女の父に認めてもらうために、運動音痴ながらも剣術を始めた。 アルキント・デ・ラス公爵 ・・・帝国の第一騎士団長。 真っ赤な髪を持つ。 妻は現皇帝の妹。 漫画「捨てられた皇妃」16話の感想 転生系の話は、「小説家になろう」というサイトから数多くでていまして、アニメ化やコミカライズと大人気なのですが、日本だけでなく韓国も人気のようですね。 この 捨てられた皇妃も、転生なのでなろう系なのでしょうか。 強くてニューゲームのような設定が好まれているようですね。 アリスティアは強くはなってないですが、過去の知識がある分有利です。 そんな彼女がルブリスとの結婚を避けるために選んだ道が、剣術です。 家を継ぎ、騎士として生きていくつもりなのでしょう。 実際、彼女しか子供がいないモニーク家なので、彼女が嫁に行ってしまうと断絶の危機ですよね。 そのあたりを上手く利用して、婚約を取り消しにするのでしょう。 身体が弱いので、鍛錬についていけるか怪しいところですが、未来であんな思いをするくらいなら耐えられそうですね。 さて新キャラクターがでました。 皇帝の妹の、水色の髪を持つラス公爵婦人です。 出てきたからには何かをしてくれそうです。 次回が楽しみですね。 それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の