ナルト 名言。 NARUTO

【ナルト】マイトガイとロック・リーの名言・名シーンから学ぶ人生の成功法則とは

ナルト 名言

naruto. jpg 長門が操っている ペイン六道を螺旋丸で倒したときのセリフ。 この言葉は自来也が執筆した 小説・ド根性忍伝の主人公のセリフで、敵と交戦中に放ったセリフである。 これのモデルとなったのがナルトの 兄弟子でもあり自来也に師事していた 長門であった。 naruto. jpg 尾獣を封印され人柱力となったナルトは、幼少のころから皆に遠ざけられ一人ぼっちで過ごしてきた。 アカデミーに入り少しずつ友との繋がりが出来始めてきたのだが、同じ 第七班となった サスケが木の葉やナルトとのつながりを断ち切ろうとしているサスケに放ったセリフ。 twimg. jpg:large 砂の木ノ葉崩しの際に、同じような境遇で人柱力として生きてきた 我愛羅に放ったセリフ。 この一言で我愛羅が変わり、戦いが終わった。 この時の我愛羅の気持ちを分かってあげられたのはナルト以外いなかっただろう。 twimg. png:large 下忍時代の任務で、 波の国の橋作り職人であった タズナの孫で、いつも泣いてばかりいた イナリに少々突き放すような言い方で叱咤激励する。 それに感銘を受けたイナリが敵にたち向かおうと自分で行動を起こし、ナルトに褒められ、嬉しくて涙が流れそうになったがこらえていた時に放ったセリフ。 7位 オレがしりてェのは楽な道のりじゃねェ 険しい道の歩き方だ。 jpg 第四時忍界大戦においてオビトに言い放ってセリフ。 これには続きがあって… オビト「その2つの道の行き着く先が同じだとしても…そう言うのか?」 ナルト「一方が険しい道だとして最初に誰が教えてくれんだよ?結局誰かが逃げずにやらなきゃならねーんだろ。 火影ってのは痛ェーのガマンして皆の前を歩いてる奴のことだ。 皆の為にどん詰まりを壊していく奴のことだ。 火影になるのに近道はねェ!そんで火影になった奴に逃げ道はねーんだ!!」 素晴らしい哲学ですよね。 見習わなくてはいけませんね。 jpg カブトとの一戦で 綱手を庇いながら防戦一方のナルトだが、倒されても倒されても何度も立ち上がり放ったセリフ。 たった一週間で螺旋丸を形にして周りを驚かせた。 5位 オレが火影になってから 日向を変えてやるよォ!! blogimg. png 中忍試験で試合をした際に ネジに向かって放ったセリフ。 日向家には確執があり、ネジが ヒナタをぼこぼこにしているのを目の当たりにしたナルト。 後にナルトとヒナタが 結婚して、いろんな意味で日向が変わっているのは伏線かどうかは定かではない。 4位 賢いっていうのがそういう事なら、俺は一生バカでいい。 jpg サスケとの激闘の末敗れ、 奪還任務に失敗したナルトが包帯ぐるぐる巻きになりながら放ったセリフ。 自来也がかつての自分と 大蛇丸に現在のナルトとサスケを投影させて、「術や力だけじゃない。 忍なら正しい判断や選択をする目を養え。 忍として生きるならもっと賢くなれ。 バカのままじゃこの世界生き辛いのが現実だ」と、サスケの事は諦めろと諭すも、ナルトは自身の強い信念を元にこう言い放った。 サスケを思うナルトの気持ちが込められたセリフですね。 twimg. jpg ミズキはナルトを騙し里の秘伝の巻物を盗んで持ち去ったナルトを殺そうとし近づいた際、イルカ先生が助けに入る。 しかし、ナルトを庇い重症を負ってしまったイルカは反撃することができず、ミズキに殺されそうになった。 それを木陰で見ていたナルトは咄嗟に助けに入りその際に放ったセリフ。 今まで誰も認めてくれなかったが、初めて自分のことを認めてくれたイルカ先生に対する敬意の言葉でもある。 yimg. ナルトが好き」と告白をしたが、すぐウソだと見破られる。 その際にナルトがサクラに放ったセリフ。 その後、同行していたメンバーを眠らせ一人で殺しに行くもトドメは刺すことができず、逆にサスケに殺されかけてしまったところをナルトが助けることとなる。 jpg これは作中何度かナルトが放ったセリフです。 (これに感銘を受けた ヒナタもよく口にします。 ) 大切な仲間を守るためには自己犠牲も厭わず、一人たりとも見捨てることなく、世界の掟に邪魔されることなく、正しいと思った忍道を貫くということです。 こうして振り返ってみると、物語前半でたくさんの名言が出ているようですね! 早くナルトという人物を形成させたいという作者の意もあるのでしょうか。 昔は「漫画ばっかり読んでないで勉強しなさい」とよく親に怒られたものですが、実際のところ人間として学ぶべきものがたくさんある気がします。

次の

『ナルト』名言集1

ナルト 名言

Contents• あらすじ 岸本斉史が描く忍者漫画です。 毎日いたずらばかりしていた落ちこぼれ忍者の主人公・ナルトが 火の国木の葉の里の頂点「火影」を目指していろんな困難に立ち向かいながら 努力をしていく物語です。 ここではそんな名言の中で 心に響いたTOP10をランキング形式でご紹介します。 我愛羅は母の命と引き換えに生まれますが、生まれたときに風の国の兵器として 与えられた 「守鶴の力」を抑えることができず、周りの人間から恐れられるなど 孤独な幼少期を過ごしてきます。 もともと冷酷タイプだっただけに、この言葉は心に染みます。。 カカシが、敵に連れ去られたリンを助けることよりも、任務の遂行を優先した時に 激高し、 「仲間を大切にしない奴はクズだ」と言って1人でリンを助けに行きます。 長いわだかまりがやっと解けたとき、二人が口にしたセリフです。 【第五位】ヒナタの名言 いつもナルト君を追いかけて……ナルト君に追いつきたくて… いつだってナルト君と一緒に歩きたくて…いつもナルト君のところへ… ナルト君が私を変えてくれた!ナルト君の笑顔が私を救ってくれた! だから ナルト君を守るためなら死ぬことなんて怖くない!! 私はナルト君がーー大好きだから... そこでナルトがヒナタに逃げるように言うのですが、 ヒナタはこの名言を口にしてペインに立ち向かっていきます。 死ぬのが怖くないほどに人を大好き・・ 救われた人間だからこそその想いの熱さは本物なんだろうなぁ。。 感動しました。 やっと長年の恨みを晴らします。 イタチが死ぬ直前に言った名言がこちらなんですね。 仲が悪かった兄弟が最後の最後に交わした言葉・・ まるで普通のお兄ちゃんのようで、このシーンに泣かされた人は少なくないはずです。 【第七位】白の名言 君には大切な人がいますか? 人は・・・ 大切な何かを守りたいと思ったときに 本当に強くなれるものなんです by白 とても共感できる言葉です。 逆に守るものがない人生って虚しいのかなと思ってしまいます。 そこで、ナルトが「余計なことするな」と言うと、サスケがこの名言を言います。 普段はナルトのことバカにしているんですが、 とっさに体が勝手に動くほど大切だってことですよね。 「英語」の名言 「ナルト」は世界各国で放送されていて、 世界中の子供から 人気のアニメなんですよね。 英語の名言を何個かご紹介します。 俺が諦めるのを諦めろ! byナルト こちらはナルトの有名な名言です。 忍者の世界でルールや掟を破る奴はクズ呼ばわりされるけどな、 仲間を大切にしない奴はそれ以上のクズだ byカカシ さきほどランキングでも紹介したカカシの名言の英語バージョンです。

次の

『ナルト』名言集1

ナルト 名言

Contents• あらすじ 岸本斉史が描く忍者漫画です。 毎日いたずらばかりしていた落ちこぼれだった忍者の主人公・ナルトが 火の国木の葉の里の頂点「火影」を目指していろんな困難に立ち向かいながら 努力をしていく物語です。 このページでは登場人物である カカシ・我愛羅・サスケの名言をご紹介します。 幼少期からマスクをしているようですが、その理由は謎のまま・・ 何度もナルトらがその素顔を見ようとしますが、いつも失敗に終わります。 マイペースな性格で、遅刻常習犯ですが、仲間を大切にして、 人望は厚い人物です。 チームワークも大切にしています。 しかし、サクラとサスケがナルトにお弁当を食べさせてしまいます。 ルール以上に仲間を大切にする。 というこの行動が認められ、ナルトたちはテストに合格します。 このときにカカシが呟いたセリフがこちらです。 もともとこの 「仲間を大切にしない奴はそれ以上のクズだ」という言葉は オビトが言っていたセリフ・・・ これがカカシに大きな影響を与え、オビトが亡くなったあとも ずっと彼の心の中に残っているんですよね。 その後ナルトたちにも伝わる有名な言葉です。 ・最初はバカにしていても人は人一倍がんばる奴を見ると・・・ おのずと手を差しのべたくなる 心の穴は互いに埋めあうことを人はいずれ知ることになるからだよ そしてその仲間で満ちた心を持つ者は強い ・ハッキリとは分からないが「眼」をこらして見ようとはしたんだ お前がくれた写輪眼と言葉があれば見える気がしたんだよ 普段は額当てで覆っていますが、左目には傷があって 写輪眼になっています。 この写輪眼は相手の技をコピーする力があり、 カカシは周りから「コピー忍者」だと恐れられているんです。 カカシの父親は「木ノ葉の白い牙」と言って恐れられた天才忍者なんですが、 彼がまだ子供の時に人命を優先した命令違反で任務を失敗し、中傷され自殺しています。 これがカカシの性格に大きな影響を与えています。 父が中傷されたのは命令を違反したせいだという風に考えていて、 仲間の命よりも規則を守ることに固執した性格になったんですよね。。 そんな過去を持ったカカシだから、オビトとの出会いは大切なものを感じたことでしょう。 ・他人の自慢話ほど退屈なものわないな… そろそろいかせてもらおう! ・サスケ…オレは同じ事を何度も言うのはあまり好きじゃない……。 だが、もう一度だけ言っておく…復讐に取りつかれるな!! ・お前の覚悟の重さはオレが受け取るよ。 ま、これはオレの役目だ オビトによって仲間がいかに大切かを気づかされ、 そしてそんな親友が死んだことで成長したカカシ。。。 「ナルト」って、単なる忍者の戦い物語なんじゃなくって、 人間の裏切りや復讐を描きつつ、 友情や仲間・師弟の絆を感じさせられるところが魅力的だよなぁ。 母親である加琉羅の命と引き換える形で生まれ、生まれたときから人柱力になります。 「守鶴の力」を抑えきれないことから周りに恐れられ、実の父からも何度も 刺客を差し向けられたり、とても孤独な幼少期を過ごしています。 そして、同じように人柱力として育ち、同じように心に闇を持ったナルトと出会い、 少しずつ心を開いていきます。 ・ オレはオレ以外全ての人間を殺すために存在している 自分の存在をこういう風に思うほど、幼少期からの心の傷が大きいのですね。。 心が痛くなる名言です。 ・血は出ないけど…ここんとこがすごく痛いんだ ・じゃあオレは…血の雨を降らせてやる ・うずまきナルト いつかおれも あいつのように…。 ・ 本当に心を痛めるのは……別れではなく想い出だ。 なんだか深いなぁ。。 付き合いが長ければ長いほど別れが辛いのは想い出の量が多いからって 考えると、この名言のいってる意味も分かる気がします。 別れてからも楽しい想い出ってずっと心に残りますもんね。 ・ただ己にとって大切なものが、必ずしも善であるとは限らない いや、例えそれが悪だとわかっていても、人は孤独には勝てない ・一つ問う あんたたちはいつ己を捨てた? ・俺もいつか、誰からも必要とされる存在になりたい。 恐るべき兵器としてではなく、砂隠れの風影として。 ・オレは生まれながらのバケモノだ!! ・サスケ、お前はオレと似ている…この世の闇を歩いてきた者…。 だからこそ、小さな光明ですら目に届くはずだ。 昔も…そして今も… ・オレも風影となった今里を守るために里への脅威を排除するのも・・・ 長の役目だ ・ああ…最初の友だ… ・待っているだけでは もっと 大きな苦しみにまた襲われる 努力し自ら切り拓くしかないんだ ほんと何でも待ってるだけじゃなくて、自分から動かないとね! こういう前向きな名言には刺激されます。 その隊長として就任した我愛羅・・・ しかし、もともと憎しみあっていた里の人たちはなかなか協力することが できないのです。 そこで 我愛羅がみんなを説得するために言った言葉がこれです。 この後、里の人たちは互いの憎しみを忘れ、一致団結していくのです。 隊長だからと「何をしてるんだ!」って上から叱りつけるのではなく、 自分には力が足りないから助けて欲しい・・そう言った我愛羅は素敵ですね。 こういうリーダーは実社会でも人望厚いんじゃないかなー。 カカシが率いる班に所属してナルトやサクラと一緒に修行に励んできました。 幼いときに兄のイタチによって一族を全員殺されてしまい、 兄への復讐のために生きていました。 ・ つながりを全て断ち切る事こそが浄化! それこそが本当のうちは再興だ! ・俺の木ノ葉崩しは俺だけのものだ ・今ならイタチのことを思い出せる…。 自分の心の奥にしまい込んでたかすかな記憶が蘇って来るんだ ・初めから独りっきりだったてめーに!! オレの何が分かるんだってんだ!!!アァ!!? つながりがあるこそ苦しいんだ!! それを失うことがどんなもんかお前なんかに・・!! ・俺は、1度全てを失った・・・ もう俺の目の前で・・・大切な仲間が死ぬのは、みたくない・・・ サスケの叫びが痛々しい>< 最初から1人っていうのも寂しいけれど、 大切な仲間を目の前で失う苦しさは計り知れないものだろうなぁ。 全てを失ってから再びできた仲間・・・・ 守りたい気持ちが人一倍高まるのも分かりますね。 ここでワクワクした読者も多いはず!? このサスケ、めちゃくちゃかっこいい・・やっぱりいい男だ~!! と思わず呟きたくなるシーンでした。

次の