王国 に 続く 道。 年齢確認

年齢確認

王国 に 続く 道

7127• 103• 1604• 1253• 1275• 1189• 1703• 11125• 1297• 1076• 1361• 1551• 1390• 1006• 1320• 1340• 571• 213.

次の

王国へ続く道 奴隷剣士の成り上がり英雄譚 1巻(最新刊) |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

王国 に 続く 道

奴隷の主人公は脱獄し、盗賊となるがあるバンパイアを襲う。 返り討ちにされるが自分だけは気に入られ一緒に過ごし、何年後、王国への旅に出て行きいつかバンパイアをもう一度迎えにくる約束をする。 目的がしっかりしていなくて剣のみで異世界感はなく、僕 はあまり面白いと思いませんでした。 今から英雄になって行くのですが、序盤で盗賊やって一般人襲いまくってますからね。 英雄になっても恥ずかしい思いをすると思います。 僕も恥ずかしい思いをしたことがあります。 突然ですが、僕は会社までは車で通勤しています。 今の会社は家から車で50分くらいかかる場所にあります。 渋滞があったりすると倍近く掛かることもあり、遅刻することになってしまいます。 今では「渋滞なので遅れるでござる」と簡単に言えるのですが、入社当時はそうではなかった。 母親に昔から「遅刻するくらいなら死ぬか休め」と究極の二択を迫られたものです。 なので僕の中では遅刻は死を意味するものだったんです。 入社当時僕が考えたのは電車で行くこと。 電車ならば時間通りに着くからイレギュラーは無いはず。 しかしある日、会社近くの駅に着いたら土砂降り。 乗る前は降ってなかったんですが。 この雨の中、傘なしで行こうものなら「来る途中、風呂はいったの?」と嫌味を言われるに決まってる。 もうおっさんでもいいから相合傘してくれないかしら…。 困った僕は駅を見渡すと「傘貸します」と書いてあった。 どうやら忘れていった傘を貸し出しているらしい。 ナイスだ忘れていった人たち。 早速駅員に聞くと「どちらがいいですか?」と2本持って来たんです。 片方は骨がバキバキに折れている、事故が遭った現場からパクって来たんかと思う傘と、少女が使っていたかと思われるセーラームーンの傘。 この2つから選べと?まさに死ぬか休むかと同じ究極の二択。 事故傘の方は開かない。 完全にゴミだ。 しかしセーラームーンの方は小さいが完璧に開いたので、今日1日だけだから…と思って使うことにした。 スーツ着た大人の男がセーラームーンの子供傘。 控えめに見ても変質者。 そういう日に限って女子高生とたくさんすれ違った。 月に変わって通報よ!とか言われないかな…と地獄のような時間でした。 帰りも女子高生らの帰宅時間と被り、地獄の地獄パート2を味わったんです。 それ以来車通勤にし、遅刻に対して何も思わなくなった。 遅刻かセーラームーンか。

次の

王国へ続く道 終了のご報告|湯水 快の活動報告

王国 に 続く 道

奴隷の主人公は脱獄し、盗賊となるがあるバンパイアを襲う。 返り討ちにされるが自分だけは気に入られ一緒に過ごし、何年後、王国への旅に出て行きいつかバンパイアをもう一度迎えにくる約束をする。 目的がしっかりしていなくて剣のみで異世界感はなく、僕 はあまり面白いと思いませんでした。 今から英雄になって行くのですが、序盤で盗賊やって一般人襲いまくってますからね。 英雄になっても恥ずかしい思いをすると思います。 僕も恥ずかしい思いをしたことがあります。 突然ですが、僕は会社までは車で通勤しています。 今の会社は家から車で50分くらいかかる場所にあります。 渋滞があったりすると倍近く掛かることもあり、遅刻することになってしまいます。 今では「渋滞なので遅れるでござる」と簡単に言えるのですが、入社当時はそうではなかった。 母親に昔から「遅刻するくらいなら死ぬか休め」と究極の二択を迫られたものです。 なので僕の中では遅刻は死を意味するものだったんです。 入社当時僕が考えたのは電車で行くこと。 電車ならば時間通りに着くからイレギュラーは無いはず。 しかしある日、会社近くの駅に着いたら土砂降り。 乗る前は降ってなかったんですが。 この雨の中、傘なしで行こうものなら「来る途中、風呂はいったの?」と嫌味を言われるに決まってる。 もうおっさんでもいいから相合傘してくれないかしら…。 困った僕は駅を見渡すと「傘貸します」と書いてあった。 どうやら忘れていった傘を貸し出しているらしい。 ナイスだ忘れていった人たち。 早速駅員に聞くと「どちらがいいですか?」と2本持って来たんです。 片方は骨がバキバキに折れている、事故が遭った現場からパクって来たんかと思う傘と、少女が使っていたかと思われるセーラームーンの傘。 この2つから選べと?まさに死ぬか休むかと同じ究極の二択。 事故傘の方は開かない。 完全にゴミだ。 しかしセーラームーンの方は小さいが完璧に開いたので、今日1日だけだから…と思って使うことにした。 スーツ着た大人の男がセーラームーンの子供傘。 控えめに見ても変質者。 そういう日に限って女子高生とたくさんすれ違った。 月に変わって通報よ!とか言われないかな…と地獄のような時間でした。 帰りも女子高生らの帰宅時間と被り、地獄の地獄パート2を味わったんです。 それ以来車通勤にし、遅刻に対して何も思わなくなった。 遅刻かセーラームーンか。

次の