ストリッパー と は。 ワイヤーストリッパーのおすすめ10選!自動タイプや横剥き式も

ワイヤーストリッパーのおすすめ10選!自動タイプや横剥き式も

ストリッパー と は

ケーブルストリッパーをご存知でしょうか。 ケーブルをストリップするツールのことですが、ストリップとは、衣服を脱いで裸になることを指します。 すなわち、ケーブル 配線 の被覆を剥いで芯線を露出させるための道具のことをケーブルストリッパーと言います。 一体どんな時に使うのでしょうか。 例えば、電気工作をおこなう時、配線と配線を結線する必要があります。 このとき、結線方法はいくつかの選択がありますが、いずれにせよ配線の被覆を数ミリ剥ぐ必要があります。 この時カッターナイフで地道に作業するのも悪くはありませんが、失敗のリスクもあり、危険を伴う作業でもあります。 そこで安全性と効率を両立させるツールがケーブルストリッパーです。 それではこれからケーブルストリッパーの選び方についてご説明いたしましょう。 上手な選び方とは? ケーブルストリッパーを検索いたしますと、実にさまざまな形の道具がヒットすることでしょう。 形は人によって使いやすさの感じ方が違うため、実際に握ってみることをおすすめいたします。 グリップはご自身の手になじむか。 握った感触に違和感がないか。 道具が重すぎて手首に負担がかかりすぎないか。 など、気に掛けたいポイントがいくつか浮かび上がってきます。 特に注意したいポイントとしては、剥ぎたい配線とケーブルストリッパーの対応する配線の太さのマッチングです。 ここがアンマッチであると、上手に被覆の剥ぎ取りができません。 ケーブルストリッパーの対応配線より被覆を剥ぎたい配線が細いと、何度トライしても、被覆を剥ぐことができませんし、逆に太すぎると、被覆と共に導線までも引きちぎってしまうことがあります。 このような失敗をしないためにも、加工する配線の事前確認をおすすめいたします。 これまでご紹介いたしましたケーブルストリッパーのほとんどは、道具の調整ではなく、配線を刃のどの位置に当てるか判断しながら使用するツールばかりでした。 あるいは太さを気にせず配線を通して握れば被覆が剥がせる自動タイプもありました。 ここでご紹介いたしますのは、調整ダイヤルを回して配線の太さに合わせた被覆剥がしができるツールです。 調整式の有利な点については、使ってみないとなんとも表現が難しいですが、道具にも相性がありますので、ご自身にとって使いやすい道具が見つからない場合、試す価値があるでしょう。 KKmoon TU-352 RG59はだいたい2,000円程度で入手可能です。 よろしければお試し下さい。

次の

製品情報

ストリッパー と は

手動、横剥きとも違い、自動タイプは被膜を「引きちぎる」機構を持っています。 電線の左右を掴み、それを広げることで中心の被膜を剥くという仕組みになっているため、電線の中間の被膜だけをストリップするという特殊な使い方も可能です。 ただし挟んで引き延ばすため、手動や横剥きと比べてより精度が重要になってきます。 挟む力自体が強すぎると引き延ばしたときに芯線も一緒に切れてしまう可能性があり、また挟む力が弱すぎると被膜を破ることができない、あるいは被膜が伸びてしまうことになり仕上げが美しくありません。 このように手動タイプと比べてやや使用場所が限られるタイプではありますが、しかし適応した規格の電線であれば非常に優秀な働きをしてくれるタイプであることも確かです。 電線にはUL規格であるAWG表記のものと、JIS規格であるSQ表記のものとがあります。 AWG表記のものは基本的に12~34で表され、数が大きいほど扱う線が細いことを示しています。 SQ表記は断面積を表していて、0. 02~3. 24mm2といった形で表記されます。 またこのほか単純な直径(mm)表記のものなどがありますが、これらはそれぞれ対応する規格があり、対応表などに照らし合わせることで異なる規格のものを取り扱うことも可能です。 しかし対応表を作業の都度確認することは大変面倒なため、良く使用する電線に合わせた規格のものを購入する、あるいは簡易的な対応表や換算表がグリップなどに表記されたものを選ぶようにすると良いでしょう。 またグリップ内側のグリップはこれまでの型から形状を変更しており、故障の心配も少なくなりました。 このワイヤーストリッパーが対応している規格は、特に電子工作などで用いられるジャンパー線などによく噛み合っているため、趣味の工作用に購入するには十分でしょう。 ただしあくまでも1芯用の製品であるため、電工試験対策として購入するには不向きです。 また本体のスケール表記もAWG規格のみなので、初心者が初めての1本として買うにはややハードルが高いかもしれません。 53mm2 JIS(単線) 0. 02mm 手動タイプならではの、AWG34という極細線対応のワイヤーストリッパーです。 高炭素鋼を使用した本体は耐摩耗性に優れており、耐久性も十分。 独自のセットピンによりゆるみの調節も簡単にできます。 本体スケール表記もAWGとmm表記となっているため確認の手間がありません。 しかしながら、極細線用とある通り太い電線の被膜剥きには不向きです。 従来のワイヤーストリッパーを持っている方が極細線用として購入する、あるいはこれと合わせて太線用のワイヤーストリッパーをもう1本用意するなど、対策が必要になるでしょう。 64mm ダイヤモンド研磨の高精度ブレードは切れ味が良く、収納時に刃先を守るストッパー付きの機構は安全性も確保しています。 このワイヤーストリッパーの魅力は、低価格でありながら必要十分な機能を備えていること。 またグリップ部にはAWG、mm、mm2対応の簡易換算表が表記されているため、初心者が初めて購入する1本として最適でしょう。 電子工作、車両の配線作業など、日常的に配線作業を行う方ならば購入して損はない一品です。 8mm2 JIS(単線) 0. 8mm2 - 0. 53mm2 JIS(単線) 0. 02mm 0. 64mm 0. 02mm 商品リンク• 横剥きタイプながら、0. 08mm2(AWG28)の細線まで対応できる優秀なストリッパーです。 それでいて自動調整機能も高クオリティで搭載しており、ストリップ長さの調節こそできないものの、グリップ内部のストッパーによって中間ストリップも可能となっています。 グリップカバーの着脱により、手が小さい方でも使えるようになるというのも地味にありがたい仕様です。 初めてワイヤーストリッパーを購入するという場合にはやや値が張りますが、ストリッパーの使用頻度が高い方には迷わずおすすめできる一品です。 重量 177g AWG(より線) - AWG(単線) 28~7 JIS(より線) 0. 08~6mm2 JIS(単線) - 上記2商品よりもさらに細い電線にも対応しており、複数芯でも問題なく被膜を剥くことができます。 自動調節機能があるため規格を選ばず、これ1本あるだけでかなり幅広く対応してくれることでしょう。 難点は若干グリップが固いところで、女性など握力が弱い方にはやや使いづらいようです。 グリップ内側のスプリングを取り外すなどで対処も可能ですが、本来の機構としての使い方とは異なるためあまりおすすめはできません。 しかし1作業当たりの使用回数がそう多くなければ問題にはなりにくい点ですので、いずれにせよ一度試してみてはいかがでしょう。 重量 340g AWG(より線) - AWG(単線) - JIS(より線) 0. 13~6. 0mm2 JIS(単線) -.

次の

ケーブルストリッパーおすすめ商品|選び方・口コミ

ストリッパー と は

注文コード 品番 内容量 色 柄 種別 線芯直径および公称断面積 販売価格 出荷目安 数量 3000A 1個 緑 単線用 0. 5、1. 2、1. 6、2. 0mm 単線用 ¥2,790 3000C 1個 黒 より線用 0. 9、1. 25、2. 0、3. 5、5. 5mm2 より線用 ¥2,790 3000B 1個 赤 単線用 1. 0、1. 6、2. 0、2. 6、3. 2mm 単線用 ¥2,790 3000D 1個 オレンジ 平行ビニール線用 0. 26〜10AWG 0. 13〜6mm 2 まで、ハンドルを握るだけで簡単にストリップできますので手を止めること無く連続して作業できます。 微調整用ノブを使用すれば30AWG 0. 05mm 2または8AWG 8mm 2 まで使用できます。 【用途】機械・自動車の整備等の配線作業に【全長 mm 】210【質量 g 】370【切断能力 mm 】電線:0. 05〜6 30-10AWG 【適合端子】絶縁端子:22〜10AWG 0. 5〜6mm 2 、裸端子:22〜10AWG 0. ストリップした被覆を電線の先端に残す中間ストリップも可能です。 グリップ・カバーを取り外すとハンドル部が小さくなり、手の小さな方にも快適な作業を提供します。 08〜6 10 mm 2 AWG28-7 【切断能力】0. 被覆のカットから剥ぎ取りまでハンドルを握るワンアクションで行えます。 刃が切り込む深さを5段階で調節できます。 数字が大きくなるにつれて刃の食い込みが深くなります。

次の