抱えきれないほどの思いを。 どうにかして断る力を強化したい。仕事も抱えきれないほどの責任と質、量にな...

#バルスラ #スラレゴ 抱えきれないほどの花束

抱えきれないほどの思いを

Contents• 最初から叶わない恋。 「恋は落ちるもの」とよく言われるように、不意にそのときは訪れます。 「好きかもしれない」と思ったときはもう、その人のことをずっと考えてしまうほど恋に落ちているかもしれません。 恋愛で難しいところは自分の理性ではどうすることもできない点にあるのではないでしょうか? 好きになってはいけないと思っても、自分の気持ちに正直になれば「やっぱり好きだ」という気持ちが心を支配してしまう。 すぐ次の恋に、と思ってもそんなに心は簡単に忘れてくれません。 それではどのような報われない恋の形があるのでしょうか。 好きな人に彼(彼女)がいる場合。 せっかく好きになった人なのに、その人にはもう決まった人がいる。 そんな場合はきっと多いと思います。 心のどこかで最初から叶わない、諦めてしまおうと思っていても、 好きな気持ちは簡単に消えたりしません。 その場合、好きな相手がフリーになるになる待つこともできますが、 かなりの忍耐と精神を持たなければ難しい場合が多いと思います。 初めから叶わない恋、相手に決まった人がいる場合はあっさり諦めてしまうか、 自分の気持ちを持ち続けながら相手の気持ちが変わるのを待つしかないと思います。 相手が既婚者の場合。 好きになった人が既婚者である場合。 これもよくあることだと思います。 ただこの場合の恋はかなりリスクを伴う覚悟をしなけばいけません。 もし、この恋が走り出してしまった場合、相手の家族を壊してしまうかもしれません。 それだけの覚悟と気持ちを持ってこの恋と向き合う必要があります。 自分では叶わないと諦めていたけれど、相手から誘われてしまったから。 好きで付き合った人が実は既婚者だった。 そんなパターンはよくある話だと思います。 前にも書いたように「好きになってはいけない」と思っても恋に落ちてしまうものが恋だと思います。 ただ、この場合は誰かが必ず傷つき、苦しみを伴う恋だということも考慮しなくてはいけません。 自分の恋を否定しない。 報われない恋であっても消せない気持ちがあると思います。 諦めようと思っても、どうしても好きな人に心が向かってしまう。 そんなときは自分の気持ちを否定してしまいそうなときがあるかもしれません。 ここで大事なことは自分の恋心を認めてあげることだと思います。 たとえ報われない恋であっても人を好きでいることは自由だと思います。 またどうしても忘れられないこともあると思います。 自分の気持ちに蓋をしても、溢れてしまうことが恋ではないでしょうか。 自分の恋を否定せず、この恋とどう向き合って行くべきか。 簡単に捨てられない恋だからこそ、その恋と向き合い自分の成長につなげることもできると思います。 どんな恋も無駄な恋はないと思います。 たとえ成就しない恋であっても、自分にとって何かしら得るもの、 新しい自分を発見できることもあると思います。 納得するまで好きでいる。 叶わない恋であっても簡単に諦めきれない。 そんな人も多いと思います。 恋愛で大事なことは、その気持ちを自分で納得できるかだと思います。 たとえずっと片思いでもいい。 自分が納得するまで、その人を好きでいてもいいのではないでしょうか。 そして自分の気持ちに納得できたなら、その恋から自然と距離を置いてもいいと思います。 自分はどうしたいのか。 自分の気持ちに正直になることが恋愛には大事なことです。 ただ、ある程度の時間の区切り、気持ちの折り合いをつける期間を決めることも必要だと思います。 ずっと留まっていては自分自身、前に進めない場合があります。 自分の心と向き合いながら、納得できる場所へ進みましょう。 好きと執着を間違えないこと。 自分の気持ちを相手に押し付けたり、 こんなに好きなのに、相手の気持ちが自分に向かないことに 腹を立てたり、相手に対して逆恨みのような感情を持つことは非常に危険だと思います。 好き、という気持ちと執着を一緒にしてはいけません。 相手を追い詰めたり、相手に嫌な気持ちを抱かせてしまっては、 その気持ちは相手への好意ではなく、執着である可能性があります。 先ほど「納得するまで好きでいたらいい」と書きましたが、 自分の気持ちが執着か否かの判断を怠ってしまうと、間違った恋愛感情になってしまい、自分と好きな相手をも傷つけてしまいます。 もし自分の気持ちが執着に変わりそうならば、 その恋をそっと手放す必要もあると思います。 手放す勇気を持つ。 自分の大事な恋を手放すことは勇気が必要です。 それでも相手の幸せを考えるとき、自分が身を引く必要もあると思います。 手放すことは苦しいと思います。 大事な恋なら尚更だと思います。 好きな相手と結ばれることはなかったけれど、 自分の中で「好きでよかった」と思える恋愛ならば、 とても素敵な恋愛なのではないでしょうか。 成就する恋だけが恋ではありません。 叶わなかったけれど、本気で人を好きになれたこと。 それこそ価値ある恋であると思います。 真剣な恋をできたこと、人を心から想えたその気持ちはきっと次の恋に繋がるはずだと思います。 好きな気持ちはそのままでも、少し身軽になって新しい恋へ進むことで、 前向きになれることもあるのではないでしょうか。 好きな気持ちを抱えたまま前に進む。 報われなかった恋、叶わなかった恋を何年も引きずってしまうこともあるかもしれません。 それは悪いことでしょうか。 決してそう思いません。 本当に好きになった人はそう簡単に忘れられないものだと思います。 だから自分の気持ちを無理に忘れる必要はないと思います。 好きな気持ちを抱えて前に進めることもある。 思い出にすぐ変える必要はありません。 たとえ他の違う人と恋をしたとしても、ずっと好きだった人を思い出すこともあると思います。 それは未練と呼ばれることもあると思います。 しかし、離れてしまって未練のない恋などあるでしょうか。 自分はそう思いません。 ずっと好きな気持ちを抱え、前を向いて歩く姿こそ尊いものだと思います。 報われなかったとしても、愛はそこにあった。 それが真実だと思います。 前に進める自分がいることを忘れないでください。 そしてまた本気で好きになる恋に進めたなら、少し強くなった自分がいると思います。 合わせ読みたい。

次の

忘れられない傷ついた過去と許せない思い「心の傷」との向き合い方

抱えきれないほどの思いを

「いちばんじゃなきゃ、ダメですか?」 というさんのがありましたが、 生活費を見直して感じたのは、 やっぱり、いちばんじゃなきゃ!ということでした。 朝起きて、ごはんを食べて、遊んで、笑って、まったりして。 苦手だと思っていた雑事も、 毎日の掃除のように溜め込まずちょこちょこ済ませられれば、気持ちも軽い。 普通の日々の営みを大事にすることは、 そのまま自分を大事にすることだなぁと、日々感じます。 繰り返される普通の日々に、特別なものは必要なく、 ごはんとお味噌汁と、 シャツとジーンズとスニーカーと、 近所の公園と川沿いの散歩道と、 友だちとのおしゃべりと 離れた家族とのなんでもない会話と、 道ばたの小さな花や玄関先に活けられた花、 小鳥の鳴く声や子どもたちの笑い声、 生まれたての赤ちゃん、 近所の人たちとの挨拶やおすそ分け、 青く澄んだ空、木の葉が揺れる音。。 何もかもが自分にいちばんで、 なんでもない一日の中に もう十分すぎるほどあふれていて、 なんと満たされていることか、とじんわり感動します。 こんなに感動屋だったっけ、というくらいに。 必要なものを買うお金は十分にあって、 お金で買えないものは、もうしっかり与えられている。 そんなことを今朝ひとり、思いました。 お日さまは、うっすら。。 こんな空も、いとおしい。 yonhonda.

次の

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

抱えきれないほどの思いを

こんにちはmarupoです 人は生きていると、人生の中で必ずいくつかのつらい悔しい経験をします。 たとえば 一方的に酷いことをされた 信じていた人に裏切られた 親に否定ばかりされてきた とにかく許すことができない過去がある このように、自分がどうしても「つらい」「許せない」と思うような出来事にあうと、それを忘れることができなければ、その人の心には 深い傷となって残ってしまいます。 そうすると、自分にとって抱えきれず、生きること自体つらいものになってしまいます。 また、そのつらい過去がどうしても忘れることができないために、日常にふと頭にそのときの記憶と思いがよみがえり、心はそのたびに押しつぶれそうになってしまうのです。 そして、楽しそうに生きている人を見るたび、どうして自分だけがこんなつらい思いをしなくてはいけないのかと、悔しい気持ちにさえなってしまいます。 そもそも、自分をこんな気持ちにさせてしまった奴が、今でも平気でのうのうと生きていると思うと、はらわたが煮えるくらい悔しくなり、到底許すことなどできません。 また、そんな気持ちを「どうにかしたい」という思いから、いろんな本を読んではみたものの、恨んではダメだ、過去は忘れようなど書いてあるばかりで、頭ではわかっているけどできません。 なのに、どんなに復讐したくても、そんなことをすれば自分が犯罪者となってしまうため、それこそ自分の人生終わってしまいます。 このように、心に傷を負った側は苦しい日々を送っており、どんなに自分を変えたいと思っていても、周囲が思うほどそんな簡単なことではないのです。 そして、傷を負わせた相手は、そんなことすらわからないまま生きています。 また、傷を負わされた側の人間は、そんな恨んでばかりの自分を責めてしまい、毎日苦しんでいるのです。 けれど、そんなあなたを傷つけた奴なんて、恨んでも許せなくてもいいんです。 なので、その嫌な奴が脳裏に浮かび上がったら、その度に頭の中でそいつを ボッコボコに蹴り上げて殴り倒してください。 それが親であろうと誰であろうとかまいません。 あなたの大切な心に 傷をつけたのですから、恨まれて当然です。 そのかわり、ひとつ約束してほしいことがあります。 それは、自分の心や身体を、その苦しいストレスによって 病気にさせないことです。 なぜなら、自分が病気になってしまっては、その間自分の心を 守ってあげることができなくなってしまうからです。 もし、自分がこんな思いを抱えたまま病気になってしまうと、体も心も気力を奪われて、 生きようという気持ちを遠ざけてしまいます。 また、もうすでに病気を抱えているのなら、これ以上「悪化させない」という 強い気持ちをもつことが大切です。 なのでそのためには、今自分がしている心の傷に対する 扱い方を見直しながら、変えていくことが必要です。 では今回は一緒に、過去のつらい出来事で負ってしまった「心の傷」と向き合っていきましょう。 心の傷の扱い方 今、自分を守っているのは、他の誰でもなく自分自身でしかありません。 そんな自分が病気になってしまう一番の原因は、やはりつらい思いから感じてしまうストレスが原因です。 さらには、過去のつらい出来事のせいで、そんな自分を「生きる価値がない」などと間違った考えをしてしまう人もいます。 ただ、ここでどうしてもお伝えしたいのは、あなたを傷つけた奴なら、どんなに恨んでもかまいません。 けれど、自分で自らを「価値がない」など思うことは、それはいくら私でも絶対に許しません。 なぜなら、価値がないなどとは真逆で、そんな人ほど価値は 大ありだからです。 たとえば、ダイヤモンドの原石などは、最初はただ暗い土の中に埋まっていただけの石ころですが、そこに無数の傷をつけることで、信じられないくらい美しい輝きを生みだします。 そして、土の中から掘り起こされた時なんかより、あり得ないくらいの価値になり「宝石」となって世にでていくのです。 しかし、人の心もそれと同じです。 最初はみんなと同じように生まれてきたけれど、何かによって心が傷つき、そしてその傷をたくさん重ねた人ほど、その人の価値は高く、そんじょそこらの人間とは全く違って 大きな差ができるのです。 過去に受けたつらい経験は、心に傷を負わせるくらい本当にひどい事実であったことは確かですし、無理に忘れることはできません。 しかし、その傷を心にもったことで、その人には大きな価値がうまれたのです。 世の中には、似たようなつらい経験をしているのに、明るく前向きに生きている人がいます。 そんな人は、そのつらい経験や心の傷が、自分にとって どんなに 価値があるかわかっているのです。 そして、自分の人生を生きる中で、そのつらい経験をおおいに利用しているのです。 また、ここが人の 運命を変えていく、大事なポイントです。 何度もいうように、起こった過去は変えられません。 なので、ただ自分の人生を嘆いて落ち込んでしまうなら、あなたはそんな「嘆き悲しむ」人生しか歩めないというのが運命であり現実です。 また誰かを恨み続ければ、その人の生き方は単純に「恨む人生」となります。 確かに、そうなる原因をつくった憎い人物が存在することは間違いないのですが、その憎い相手を「恨む」という生き方を選んでいるのは まぎれもなく自分自身です。 しかし、もしそれが本当に嫌なら、その傷を逆に利用して、自分の 運命を変えていくのです。 経験は、良いも悪いも自分の人生にとって宝のようなものです。 いけないのは、良い経験ばかりを受け入れようとし、自分にとってのつらい経験を、心や人生の中で自ら 否定して 排除しようとすることです。 そんなことをすれば、心の奥にいる真実の自分が 絶対に許さないはずです。 なぜなら、それが自分を輝かせ、その人の価値をうーーーんと高くするため、何より人生ではどうしても必要なことだとわかっているからです。 自分という人間は、その見えない心の奥(潜在部分)に、運命を変えたいと本気で思い、またそうなった後の人生の真実を知っているもう一人の自分が必ずいます。 その真実の自分が、そこに近づけるよう味方となっていつも守っています。 なのでこれを信じることができれば、いつかそのつらい経験の意味がわかる日がくるまで、決して見放さず守り続けます。 またこれをわかりやすく言うと、自殺を考えたりなど、自分で自分を見放すようなことさえしなければ必ず大丈夫なのです。 時間はかかったとしても、その気持ちさえあればいつか必ずこれまでとは違う自分に出会うことができ、本当に生きてて良かったと思う日がきます。 そうなれば自分の心の傷を、今までとは逆に 大切に扱おうとさえ思えます。 また、自分が病に侵されてしまうと、その心の奥の自分の声が、どうしても届きにくくなってしまいます。 なので、今はまだ傷ついた心が嘆いてしまう日々を送っていても、どうにか自分を守ることを考えていきましょう。 そのためには、ダイヤモンドと同じように、自分には 素晴らしい 価値があると信じていきましょう。 まとめ 自分の心の傷を、ただ否定したりほったらかしにするのではなく、とにかく大事に大切に思いながら扱えば、自分は価値ある人間だといつか必ずわかってきます。 それは普通の人が経験しないようなことを、あなただから選ばれたということです。 言い換えると、神さまからその辺の人よりも「うんと強い」と信じてもらっているということでもあり、そのため人生の中にその経験がきたのです。 この強いというのは、その人の「心」ではなく、 魂が強いということです。 なので、心にわざわざ 繊細さを付け加えられたのです。 しかし、せっかく原石に強さをもっていても、心についてしまった傷に怯えたままでいると、そこから自分が磨こうとしないため、輝かせることができないのです。 なので過去のつらい経験をただ嘆いて悲観するのではなく、 逆に世の中のためになるように 利用する。 自分の大切な人生のために、いつかその時が来たら、自分のつらい気持ちも過去も最大限にいかしながらフルに活用していきましょう。 これは、自分があきらめさえしなければ、必ずできます。 なので今はつらくても、とにかくそれを信じること。 この心の傷は、自分の人生で真実を見抜くための重要なことだと、これまでの嘆いて怯える人生をぶち壊していく気持ちで、今はそれだけをとことん信じ貫いていくことが最も大切なことといえるでしょう。 お読みくださりありがとうございました以上marupoでした.

次の