魔界 帰り の 劣等 能力 者。 魔界帰りの劣等能力者1.忘却の魔神殺し(たすろう) : HJ文庫

【新シリーズ】魔界帰りの劣等能力者

魔界 帰り の 劣等 能力 者

高校一年生。 15歳。 人の良さそうな容貌に、よく見ると青みがかった印象的な髪をしている。 第一印象は頼りない感じが否めないが、実は大人びた顔をしている。 性格はポジティブで結構明るい。 霊剣師の家系、堂杜家に生まれ霊剣師の才能がないことから仙道の修行を受ける。 堂杜家の管理している魔來窟から魔界に行き、そこでの三年間の逗留が精神的にも能力者としても大きく成長させた。 白澤茉莉 しろさわまつり 祐人の幼馴染。 高校一年生。 15歳。 栗毛色をした髪をしていて、お淑やかで、落ち着いた印象を受ける学業、剣道で優秀な成績を誇る少女。 その容貌からは分かりづらいが、意志が強く負けず嫌い。 祐人のことになると、お淑やかさと落ち着きが消える。 袴田一悟 はかまだいちご 高校一年生。 15歳。 祐人と長い付き合いがあり、親友で悪友。 高校一年生で祐人のクラスメイト。 15歳。 イケメンの部類に入るが、軽そうな印象が否めない。 話がうまく、空気を読む能力も高い。 女性大好き。 意外に情に厚く、祐人を親友として大事に思っている。 水戸静香 みとしずか 高校一年生。 15歳。 茉莉の親友で小柄でショートカットの元気いっぱいの女の子。 人の機微をみて、その状況を推理するのが大好き。 面白い事にも目がない。 茉莉の良き理解者で相談役。 四天寺瑞穂 してんじみずほ 高校一年生。 15歳。 艶やかな黒髪をのばし、凛々しい顔立ちをした少女。 少々、男性不信。 精霊使いの名家である四天寺家の次期当主筆頭格。 既に世界の能力者たちから注目を受けているほどの天才。 わがままだが礼節は重んじる。 世界能力者機関主催の新人ランク試験で祐人と出会う。 マリオン・ミア・シュリアン 15歳。 シルクのような金髪と碧眼をしており、容貌は柔和。 少々、人見知り。 本当は裏オルレアン家の血筋だが、本人は縁を切っているつもりでいる。 エクソシストで神具[ラファエルの法衣]の所持者。 世界能力者機関主催の新人ランク試験で祐人と出会う。 黄英雄 こうひでお 15歳。 祐人と同じく世界能力者機関の新人試験を受験しにきた能力者の名家、黄家の嫡男。 黄家の特有継承能力【憑依される者】の使い手で機関からも注目されている。 性格は尊大で自己主張が強い。 顔は悪くないが目つきが少々悪い。 以前に瑞穂を見て一目惚れし、今も瑞穂に思いを寄せている。 ガストン 吸血鬼で不死者。 存在は1500年と言われている。 出身はフランス。 くすんだ銀髪と彫の深い目をしている。 身長も190センチを超える。 世界能力者機関の非戦闘系のランクSSのソフィア・サザーランドのサトリ能力をその血を吸うことで奪い、その後も 4人の能力者からその能力を奪う。 そして魔神級の力を得て新人試験に忍び寄る。 大峰日紗枝 おおみねひさえ 28歳。 世界能力者機関のランクSで日本支部の支部長の地位にある優秀な人材。 精霊使い。 今回、新人試験の主催者を務める。 大峰家は四天寺家の分家。 艶やかな黒髪なのは瑞穂と一緒で、瑞穂は日紗枝の髪をみて、自分も髪を伸ばした。 アルフレッド・アークライト 29歳。 ブラウンの髪と逞しい体をした英国人。 日紗枝とは旧知の仲。 剣聖と言われ、近接戦では無類の強さを誇る世界能力者機関のランクSS。 日紗枝に言われ、新人試験の試験官として招かれた。 色々と忙しく動いており、一時期は行方不明とも言われていた。 垣楯志摩 かきだてしま 20歳。 世界能力者機関日本支部支部長である日紗枝の秘書。 性格は真面目で日紗枝を尊敬している。 髪は肩まで伸ばしている。 ランクBの才女。 イーラとドーラ 年齢不詳。 新人試験の双子の試験官。 顔は髪の色が白と黒とで違うだけでほぼ一緒。 見た目は幼い。 堂杜纏蔵 どうもりてんぞう 年齢不詳。 祐人の祖父。 小柄だが普通にしていれば眼光鋭く、威厳のある髭を蓄えている。 説明もする必要のない不良爺さん。 好きな事しかない。 そのために周りがどうなるかも興味なし。 孫韋 そんい、スンウェイ 年齢不詳。 纏蔵が連れてきた仙道の達人で祐人の師匠。 やたら小柄で背も曲がっている。 ただの酒好きの爺さんで纏蔵といつも酒盛りをしている。 高野総一郎 たかのそういちろう 年齢不詳。 祐人の入学した蓬莱院吉林高校の校長。 いつもプルプル震えている爺さんで何を考えているか分からない。 興味がわくと動く。 纏蔵の知人。 高野美麗 たかのみれい 年齢不詳。 祐人の入学した吉林高校の担任。 見目麗しいが無表情で、メガネの奥からくる視線を受けると、どの生徒も逆らえないカリスマを備える。 四天寺毅成 してんじたけなり 43歳。 威厳と風格を備えた世界能力者機関の誇る最高ランクのランクSSの能力者。 精霊使い。 実は結構、親馬鹿。 神前明良 かんざきあきら 24歳。 四天寺家の分家にあたる神前家の出自で、四天寺家の従者。 探査、索敵が得意な精霊使い。 瑞穂の理解者でもあり、瑞穂を年上としていたわっている。 ランクB。 堂杜遼一 どうもりりょういち 40歳 祐人の父。 三仙とも互角にやりあった堂杜家初代の再来とも言われる堂杜家史上でも屈指の霊剣師。 何度か機関の仕事も請け負った形跡あり。 ****** 初めて、このような登場人物を書いたのですが、意外と難しいですね。 危なく、物語では描いていない設定も書いてしまいそうになりました。 すでにちょっとネタバレのところがありますが、ご容赦ください。 小さな村で暮らしていた少年・シオンは、突如なく現れた悪魔の襲来によって幼馴染以外の全てを失う。 偶然居合わせた【戦姫】アリスによって救われたシオンは、幼馴染のサンドラと共に悪魔への復讐を誓い、王国へ引き取られる事になった。 王国最強の【戦姫】アリスの元で四年の修行を経たシオン達は、悪魔、そして魔王を倒す為の冒険へと出発する。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれのフィロソフィーを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで彼らも分からない。 * * * 【最高成績】 日間 異世界及び総合1位 週間 異世界2位 総合5位 月間 異世界7位 皆様のお陰です、誠に有難う御座います! 経験し、想像してみてください。 例えば五分間。 あなたは眼球以外の体の動きを止め、天井や壁、もしくは何も無い部屋の一角をただ見つめ続けてください。 苦痛が待っているはずです。 しかしその苦痛は本当の地獄ではありません。 なぜならあなたのその苦痛は五分後に解かれ元に戻るとわかっている五分だからです。 想像してみてください。 例えばその五分が、最期まで続く人生を。 ある国のクイナと言われる丘には小さな町があります。 その町には石畳やレンガでできた道や家が並んでいます。 これは、変わらない町の中で、変わってゆく人々の物語です。 カラキランコロン。 玄関のドアに付けられた鐘の音が響きました。 「はーい!」 今日もまた、夢の家にミロクおばあさんがやって来たのです。 朝食の支度をしていた夢は、とても嬉しそうに玄関の方へと駆けて行きました。 夢にとってこの鐘の音が、クイナの町の住人達との幸せなふれあいの始まりです。 そしてそれは、明日も明後日もいつまでも、ずっと、続くのだと夢もおばあさんも思っています。 そんなある日、夢はおばあさんと一緒に病院へ行く事になりました。 そしてその日を境に夢とおばあさんの大切な日日が始まるのです。 誰が悪いわけでもなく何が悪いわけでもなく、多くの人の人生には悲しみというものが訪れます。 夢はこの日からおばあさんとクイナの町の住人達とその悲しみの中に入って行きます。 決して美談では終わらない救急救命処置、声を失う人工呼吸器、医療の誤診、介護サービス従業員による傷害、そして別れ。 そんな悲しみを乗り越えながら主人公の夢は一つの人生を生きて行きます。 ALSは筋萎縮性側索硬化症という難病です。 全身の筋肉が弱り、最後には目蓋も閉じる事ができなくなります。 ただ、この難病が及ぼす影響もそこまでです。 つまり心は健康な時のままなのです。 これは難病になった母と共に生きた自分が「そうありたかった」そんな世界の物語です。

次の

【新シリーズ】魔界帰りの劣等能力者

魔界 帰り の 劣等 能力 者

堂杜祐人(どうもりひろと)は異能を受け継ぐ最強の霊剣師の家系、堂杜家に生まれた。 しかし、父と母から霊力、魔力と相反する力を引き継いでしまい、魔力側だけを封印されると霊力がただ漏れ出るだけで、どちらも全く行使できないという特異体質になってしまい、力の継承ができなかった。 そのため、祖父である纏蔵 てんぞう の知人の孫韋 そんい から仙道能力の修行を受ける。 祐人は、その仙道習得に天賦の才をみせ、その過程で仙氣が霊力にも魔力にも反発をしないという特性を知り、霊力、魔力の同時行使という強力無比な力を振るうことが出来るようになったが……、 その力にはある重大な代償が伴うものだった。 高校入学時に超自由人の祖父纏蔵に生活費を使い込まれると、生活苦になったからと無茶な理由で家を追い出され、学費は出世払いで構わないとしてくれた蓬莱院吉林高校に入学する。 そこで過去に祐人を振った幼馴染の茉莉や友人の一悟、静香と高校生活をスタートさせるが、様々な不運で家計は火の車。 良いバイトも見つからず、金銭面での不安が拭えない祐人は、生活のために堂杜家のタブーでもある世界能力者機関のランク認定試験を受験することを決意する。 ポジティブな主人公です。 それに伴いまして書籍化する予定です。 努力の末、1年目にして3級から2級傭兵に昇格した彼女だったが周囲は彼女を認めない。 それでも諦めなかった彼女を親切な老傭兵が後押ししたことで、ついに小隊の隊長職が任される事になった。 そんなルストに与えられた任務は国境地帯の哨戒偵察。 ルストたちは見事に敵国軍の動きを掴むと言う成果を帰還する。 すべてがうまく収まると思った矢先、一人の不良傭兵の奸計が彼女の善意と誠意を踏みにじる。 「あたしの誠意とメンツを傷つけたなら、あなたの傭兵としてのメンツを叩き潰してあげる!」 壮烈な果し合いに勝利し、ルストは二つ名『旋風のルスト』を得て傭兵として名を挙げる。 そんなルストに〝西方の辺境ワルアイユ領でのミスリル鉱石の横流し疑惑の極秘内偵任務〟と言う任務が舞い込んだ。 領主の不慮の死、対立領主の執拗な妨害、生活に困窮する人々、 塗炭《とたん》の苦しみの領民たちを救うためルストは戦い始める。 姿なき襲撃者、燃える村、正体不明な巨大な権力の影、疑心暗鬼が広がる中、事態を切り開いたのはルストの強い意志だった。 それを目にした仲間達もルストを信じ力を合わせていく。 そしてついにルストは、人々の命とワルアイユ領再建への道を掴むため立ち上がった。 「みなさん! これは困難ではありません! 千載一遇のチャンスです!」 西の彼方と、東の背後から敵が迫る中、ルストは乾坤一擲の秘策を胸に人々を率いて決戦の地へと向かう。 それはまさに人々を勝利へと導く偉大なる英雄の少女が誕生する時でもあった。

次の

live.t4g.org: 魔界帰りの劣等能力者1.忘却の魔神殺し (HJ文庫) eBook: たすろう, かる: Kindleストア

魔界 帰り の 劣等 能力 者

剣聖の姿が見えなくなると日紗枝は目を伏せ、踵を返すと改めて自室に向うと携帯に着信が入った。 発信者は秘書の垣楯志摩だ。 彼女はこの試験の直前にロンドン支部に日紗枝の代行でシスター・ソフィア・サザーランド殺害についての会議に出席している。 内容は随時、報告を受けていたが会議終了後も日紗枝の判断で引き続き調査をさせていた。 犯人について重要なことが分かってきました。 高い確率で犯人の吸血鬼は血を吸った能力者の能力も吸い取るようです。 一般的に知れ渡っている太陽の光、十字架、大蒜、純度の高い水等々に弱いというのは、はるか昔に人間社会を脅かしたある一固体での情報に過ぎない。 また、彼らは別に血を吸わなくても生きていける。 彼らはそれぞれに多種多様な個性と弱点、能力を持っている種族であり、ある情報が全ての吸血鬼に同じことが言えるとは限らない。 だが、ただ一つだけ……一つだけ全ての固体に言えることがある。 それは彼らが 不死者 ( ノスフェラク )と呼ばれ……人智を超えた強力な人外である、という事だけである。 ただコミュニティも責任を感じているらしく、捜索部隊を出しているとのことで何か分かれば、すぐにでも機関に報告するとのことです。 ……准魔神クラスじゃない。 しかも能力者の能力を吸い取っているとなると事実上、魔神クラスと考えて……。 主に潜入、情報入手を主目的に活動していた無所属の能力者エドモンド・スタンの能力です。 一週間前にデュッセルドルフのホテルでやられました。 この能力はどこにいてもそこにいるのが自然、というように感じるので、どのような組織に侵入しても疑われません。 この能力のせいで吸血鬼側も捜索に相当苦労しているようです。 引き続き調査をしてくれる? こちらもあとは認定証の手続きと懇親パーティーで終わるから。 実は私に心当たりがあって、これから、ある者と会う予定です。 常に携帯を持っているから、そちらに連絡お願いね」 日紗枝は早速、職員達に指示を出しながら懇親パーティーの準備をすべく歩き出した。 その同時刻……新人試験事務局のある会議室。 そこにあるノートPCに保存された新人達の試験結果のファイルが開かれていた。 「ククク、ご丁寧に能力の特性、有用性とリスクまで記載されているのか。 やはり能力者の解析は能力者の方が良く分かっている……」.

次の