寂しい 淋しい 使い分け。 寂しい(さびしい)と淋しい(さみしい)の違いってなんですか?

寂しいと淋しいの違いは?正しい使い分けとそれぞれの意味を紹介

寂しい 淋しい 使い分け

Contents• 寂しいは常用漢字だけど淋しいも間違いではない!併用活用されてる! 常用漢字としては「寂しい」が正解です。 ただし、一般的には淋しいも活用されているので間違っている漢字ということではありません。 常用漢字では「寂しい」を使う。 その為、教科書やニュースや新聞では意図していない限り淋しいが使われることはありません。 寂しい方の漢字を使うことになっています。 寂しいと淋しいの使い分けには状況や情景に大きな違いが! 寂しいの漢字の方がより公の場で使う常用漢字であるようなのですが、淋しいを使うベストな状況があるというのです。 寂しいと淋しいを使い分ける状況や情景とは次の通りです。 常用漢字の寂しいの読み方は「さびしい」となっている為、あえて「さみしい」ことを表現したい場合には漢字ではなくひらがなで「さみしい」と書くことをすすめる となっています。 常用漢字という面でいくと「寂しい」の漢字で「さびしい」と読むのが正しいと言えそうです。 寂しいと淋しいの具体的な使い分け方! 寂しいと淋しいの状況や情景的な違いが分かりました。 では、具体的にどのように使った文章が良いのでしょうか?例文です。 恐らく無意識にほとんどの場合は「寂しい」と「淋しい」を使い分けているのではないでしょうか? まとめ 寂しいと淋しいは常用漢字では「寂しい」そして読み方は「さびしい」がより良いということは分かりましたが、状況によっては「淋しい」の方が合っていることがあることも分かりました。 漢字の違いは状況や情景で使い分けできそうですが、読み方については迷うでしょう。 常用漢字上や由来からいくと「さびしい」がどのような状況でも使うことができる為、迷ったら「さびしい」を使うと良いです。 日本人でさえも迷う使い方ですが、情景を判断して使ってみましょう。

次の

寂しいと淋しいの意味の違い!使い分けを分かりやすく解説!

寂しい 淋しい 使い分け

【侘しいの意味】• ひどくもの静かでさびしい。 心が慰められないさま。 心細い。 貧しくてあわれなさま。 みすぼらしい。 つらく悲しい。 やるせない。 当惑するさま。 やりきれない。 人の有りける所をと思ふに」〈今昔・二七・一五〉 興ざめである。 おもしろくない。• 人間の感情の状態を指した言葉ではないのです。 侘とは、貧相で不足した状態から喜びや充足感を得ようとすることで、 寂とは、静かな佇まいの中に豊かさや奥深さを感じようとすることです。 この場合の侘も寂も、空間や環境の状態を表す意味合いが強いのです。 そして、これは寂しいという言葉でも同じです。 その場の空間や環境の影響で、心が満たされなかったり、物足りない気持ちになるのが、寂しいなのです。 ここから淋しいの場合は、 涙が絶え間なく滴り落ちるような感情の方をより強く表しているのです。 以上が寂しいと淋しいの意味の違いです。 これらを踏まえた上で、今度はそれぞれの使い分けを見ていきましょう。 スポンサーリンク 使い方の例 寂しいも寂しいも最終的には、人間の感情を表しています。 しかし、それが空間や環境のことが中心なのか、感情そのものなのかによって、使い方が微妙に違ってくるのです。 例えばそれぞれの例文はこんな感じです。 【寂しいの例文】• 引っ越したばかりの家は、家具が少なくて寂しい感じがした。 神社の境内は誰もいなくて、寂しい雰囲気だ。 これは背景を何も書いてない、寂しい絵だ。 【淋しいの例文】• 一人ぼっちで遊ぶのは、とても淋しい。 妻に先立たれ、淋しい毎日を過ごしている。 家族から離れて、一人淋しく生活している。 例文にするとこんな感じになります。 そして、これらをもっと分かりやすく表にして区別してみました。 スポンサーリンク まとめ 寂しいと淋しいは、やっぱりちゃんと意味の違いがありました! ポイントは物事の状態を表すのか、人間の感情を表すのかです。 簡単にまとめておきますね• 寂しい その場所や空間、環境などが物足りなかったり、つまらない様子を表す言葉。• 淋しい 悲しさや孤独などの感情そのものを表現する言葉。 このような違いを意識すると、上手に使い分けることができるはずです。 日本語は日本人でも使いこなすのが、難しいと思うことがよくありますが、せっかくなんで、上手に使いこなしたいものです。 是非、この違いを意識して、寂しいと淋しいを上手に使い分けてみてください。

次の

「寂しい」と「淋しい」の違いは?意味・読み方・使い方・使い分けをご紹介!

寂しい 淋しい 使い分け

寂しいと淋しいの違い 寂しいと淋しいの違いを分かりやすく言うと、 心細い状況や気持ちを肯定的に捉えているか、物足りなさを悲観的に捉えているかの違いです。 寂しいという言葉は日本の美意識のひとつとされている「侘び寂び」(わびさび)という言葉にあるように、物静かで心細い状態の中に奥深さや豊かさを見るような、どちらかと言えば肯定的な意味で使われる言葉です。 他にも「寂びる」(さびる)という言葉があります。 これは古くなって新鮮でなくなり、色褪せたものに対して趣きや渋みを感じるという意味があります。 「静寂」などの熟語を思い起こしても、意味がわかりやすくなります。 このように、寂しいという言葉は、物事の状態や様子に心を動かされていることを表す時に使うことが多いです。 また、寂という漢字は屋内や家を表す「ウかんむり」がついています。 本来は、家の中がひっそりとしていて物音もせず静かだ、というような意味で使われていた言葉だからです。 そこから転じて、現代では、美意識的な使い方の他にも、心細い様子や孤独な様子を表現するのにも使用します。 それに対して「淋しい」という言葉に使われている「淋」という漢字は、水を表す「サンズイ」がついています。 これは水がポトリポトリと落ちていく様子を表す漢字です。 淋しいは、落ちていくもの、なくなっていくものに対しての切なさや物足りなさを悲観的に捉えていることを意味しています。 手持ちの金銭が少ないことを指す「懐が淋しい」や、食べ物やタバコなどを欲している状態である「口が淋しい」など、物足りないことを意味する際には淋しいという字を使います。 他にも、 常用漢字表に載っているか、常用漢字表に載っていないかの違いがあります。 寂しいは文化庁が定める常用漢字表に記載されているため法令や新聞などで使用できますが、淋しいは常用漢字表に記載されていないため法令や新聞などで使用できません。 また、漢字の読み方としては「さびしい」という読み方が常用漢字表に記載されています。 「さみしい」という読み方は記載されていません。 放送用語などでも、現在は「さびしい」という読み方が標準として採用されています。 もし、「寂しい」を使うか「淋しい」を使うか迷った場合は、「淋しい」は常用外の漢字ですので「寂しい」またはひらがなで「さびしい」と記述しておけば間違いはありません。 寂しいも淋しいも英語にすると「lonely」となり、例えば「私は寂しい」を英語にすると「I am lonely」となります。 寂しいの意味 寂しいとは、 静かで心細いというような状況を肯定的に楽しんでいるような状態を意味します。 寂しいを使った分かりやすい例としては、「一人で寂しい時はテレビで気分転換」「一人暮らしは寂しいよ」「なんか寂しい気持ちが溢れてくる」「ふと寂しさが襲ってきた」「卒業間近になり急に寂しくなってきた」「恋愛中なのになぜか寂しい」「寂しくて耐えきれない」などがあります。 他にも「寂しさを紛らわす方法を教えて」「寂しさが募る季節になってきた」「一人寂しく食事をする」「みんなに会えなくて寂しい」「一人が寂しいからゲームで友達を探すことにした」「独り身はやっぱり寂しい」「寂しいという感情は幻想だ」などがあります。 「寂しい」の「寂」という字は、「侘び寂び(わびさび)を感じる」という言葉にあるように、なにかが足りないような、心が満たされていない状態を、あえて積極的に美として捉えているという感覚が本来の意味となります。 現代では、それらの本来の意味に加えて、満たされない気持ち、心細い気持ちを悲観的に捉える際にも使用します。 寂しいの「寂」という漢字は常用漢字であり、正しい読み方は「さびしい」です。 常用漢字表には「さみしい」の読み方は記載されていません。 寂しいの「寂」が用いられた言葉には、静かでひっそりしていることを意味する「静寂」、もの静かで趣のあることを意味する「閑寂」、安らかで、静かな光を意味する「寂光」、心が静かであるさまを意味する「寂然」などがあります。 寂しいの類語・類義語としては、静かで淋しいことを意味する「侘びしい」(読み方:わびしい)、1人取り残されることを意味する「孤独」「一人ぼっち」、誰かそばにいて欲しいことを意味する「人肌が恋しい」などがあります。 寂しいの対義語・反対語としては、盛り上がっていることを意味する「賑やか」があります。 淋しいの意味 淋しいとは、 物足りなさや何かを失っていくような状況を悲観的に捉えているような状態を意味します。 「淋しい」の「淋」という字は、水を表す「サンズイ」が付いており、サンズイが付いた他の漢字には「涙」や「泣」という字があります。 涙が出るほど悲しい、泣けてしまうほどに切ない、などの意味を含める際には淋しいという字を使うと良いでしょう。 また、「淋」という字は、水が滴り落ちていって足りなくなる様子も表します。 そこから転じて、物足りないという意味を含みます。 「懐が淋しい」「口が淋しい」などの場合には、淋しいという字を使います。 ただし、淋しいの「淋」という漢字は常用漢字ではなく、表外漢字です。 表外漢字とは、公的な場では使われない漢字を指します。 そのため、淋しいという字は、公用文、教科書、新聞などでは使われず、代わりに「寂しい」または「さびしい」という表記が使われます。 淋しいの「淋」が用いられた言葉には、なんとなく切ないことを意味する「物淋しい」、心に隙間ができたようなぼんやりした悲しみを意味する「心淋しい」、汗がぽたぽたしたたり落ちることを意味する「流汗淋漓」などがあります。 寂しいの例文と使い方.

次の