松本人志 筋肉。 松本人志の筋肉を作った筋トレメニュー「松ザップ」とは。

松本人志は筋肉で変わってしまった!? 「あんな人じゃなかった」と主張の理由(J

松本人志 筋肉

プロテインは、ただ量を摂ればいいというものではなく、タイミングが重要だ。 絶対に逃してはいけないのが運動直後30分間のゴールデンタイム。 その時間にいち早く筋肉の材料となるたんぱく質を摂取できれば、それだけ速く、そして効率的に身体を作ることが出来る。 しかし、実態はどうか。 トレーニングが終わり、ロッカールームに戻って、シェーカーを取り出す。 粉末のプロテインと水を入れてシェーク。 シェーカーが邪魔で、家に帰ってからプロテインを摂取しているアスリートも多いはず。 でもプロテインを摂取するまでの時間を引き延ばしてはいけない。 シェーカーも手間も不要なPro-Xさえあれば、ゴールデンタイムを逃さない。 キャップを開けて、飲み干すだけだ。 そしてPro-Xは利便性だけでなく内容も追求。 さらに1本でホエイプロテインを約30gも摂れる本格派だ。 そして、おそらくですが、プロテイン以外に HMBのサプリを別に摂取しているんじゃないかとの噂。 ここは放送では触れられなかったのですが、 ネット上では有名です。 <HMBの新鋭 検索件数 約 337,000 件:HMB極ボディ>• 5倍に上昇 つまり、 HMBを3,150㎎摂取した効果に匹敵するんです!! これは日本のHMB業界のスタンダードであったHMB配合量2,000mg前後の配合量争いとは別次元の成果です!! そのワケは• もちろん、EAA、クレアチンも配合• GMP認定工場で製造、検査体制も厳格• グルタミン酸配合• アミノ酸フルスコア処方!• そう、シッカリ 筋肉に刺激を与える筋トレが必要です。 2)松本人志のトレーニング 松本人志は 1回のワークアウトで2時間弱の時間を掛けて取り組むそうです。 これはAkkI的にはすごいと思います。 AkkIは1回30分以内と決めています。 その代わり、 集中して限界まで追い込み、オールアウトします。 でも、松本人志は2時間弱やるってことは、色んな部位を色んなトレーニングで追い込んでいるんでしょう。 しかも、パーソナルトレーナー付きで。 もう、普通の人じゃないですね 笑 初心者トレーニーはまず第一段階で自分の体重を目標をしますが、松本人志は2倍を目指しています 笑 そんなにトレーニング歴は長くないと思うのですが、努力もすごいですが、自分でも仰られていましたが、元々筋肉が付きやすいんでしょうね。 体重 67. 体脂肪率 16. 筋肉量 53. 筋肉率 41. 7% すごい、凄すぎます!細マッチョをもう通り越して、筋肉率の神のようです 笑 トレーニングもわかるけど、、、 「筋トレせずに痩せたい!カッコよく締まった身体を見られたい」っていう人もいますよね!! また、運動がどうしても苦手で、、、っていう人も。 少し難しい。。 5.松本人志が使用するプロテインやサプリ まとめ さて、今回は「ゴリマッチョの筋肉芸人:松本人志が使用するプロテインやサプリが判明!!」っていうことで、お届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか。 おススメはマッスルエレメンツHMB。 これでアナタも今年は松本人志になれますね!! それではこのへんで。 最後までお読みいただきありがとうございました。 なお、こちらの記事もおすすめです。 同じ成分 防風通聖散 というものを含んでいて、広告費を抑えて、コスパ良く売っているダイエットサプリが 生漢煎 しょうかんせん というものです。

次の

松本人志が筋肉をつけたのはいつから、どんな理由で?バランスが悪いわけも

松本人志 筋肉

粉だと溶かして作るの、なんだかんだでめんどくさいからな。 松本人志さんだけでなく、ダルビッシュ有選手などスポーツ選手も飲んでいるみたいなので、 人気の定番商品なのでした。 「松ザップ」オリジナルトレーニング(そのせいで筋肉バランスが悪くなったんじゃないのかっていう話w)• 無理は食事制限はなし!• 掛かる費用は無料!• ひたすら自分を追い込む! 松本人志さんは、筋トレをなんと独学でやったそうです。 それはそれですごいですよね。 あそこまで筋肉モリモリになるなんて、やっぱやってみるもんなんですかね。 自分の自己流トレーニングには 『松ザップ』という、アノ会社の名前を使っちゃって命名してますけれども(笑)掟3か条を見てみても、内容はあってないような感じww 一応、筋肉質なムキムキにはなりましたが、筋肉バランスがどう考えても上下でおかしいのは、 プロのトレーナーを付けずに自己判断でやっちゃったからなのでしょうね(笑) 松ザップのトレーニング内容• チェストプレスで、もう一度胸の筋肉を鍛える。 ラットプルダウンで背中の筋肉を鍛える。 ライトニングトライセプスエクステンションで腕の筋肉を鍛える。 ダンベルシュラッグで、僧帽筋(背中の表面にある筋肉)を鍛える。 ベントオーバーローイングと、レッグプレスを行う。 最後にもう一度ラットプルダウンを行い終了。 これを週3回もやったら、そらああいう体つきにはなるわね。 50歳過ぎてて筋トレやって、この仕上がりって普通にすごい ちなみに、2006年頃、まだ筋トレがエスカレートし始める前の松本人志さんはヒョロヒョロでガリッガリでした。 女性の若いモデルさんみたいな体つきでした(笑) あれはあれでスタイルが良くて素敵だった気がいたしますが、今とは比べ物にならないレベルで筋肉がありませんでした。 筋肉でフライデーされる始末w フライデーの車に向かって筋肉チェックのポージング「ムキムキ筋肉体操」 これは小話ですけどね(笑)家族と旅行中にマネージャーから 「フライデーに載ることになりました」と連絡を受け、「手が震えた。 」と松本人志さん。 どんな内容なのかといえば、 「筋肉ムキムキ体操」の話。 なんだそれは、って感じですが、松本人志さんはそれがフライデーの車だとは知らずに、 フライデーの車の窓や鏡に向かってポージングをしたんだそうです(笑)筋肉チェックですね。 番組冒頭で記事とともに隠し撮りされた写真が紹介されたところ、その筋肉隆々の体つきに、 いとうは「横からの胸筋すごいですよね」と感心し、 秋元アナも「厚みがすごいですよね」と驚きの声を上げた。 普段は冷静な秋元アナが、やや興奮気味であることに驚いたのか、MCを務めるお笑いタレントの東野幸治(49)も「秋元さんが自らしゃべりだしましたよ」と指摘。 秋元アナはうっとりした表情を浮かべながら、 「厚みがすごい。 腕の太さとか」と、あらためて松本の肉体を絶賛していた。 東野は松本の臨場感たっぷりなトークに聞き入っていたが、その結末を聞くと「よかった、よかった」と、ともに安堵していた。 「松本は以前、テレビ番組で 130キロのベンチプレスもいけると発言していましたが、 最近の筋肉のつきかたは、すごいことになっていますね。 ご本人は、 『リポビタンDのCMに出たかった(真顔)でも、全然オファーないねん。 』なんてお茶目なコメントもしていますが、並みの労力では、ここまでしっかり体を仕上げることはできないですよね。 それから、 過去に股関節を怪我したことがあるらしく、 50歳を過ぎたことを機に健康を真剣に考え始めたのかもしれません。

次の

松本人志は筋肉で変わってしまった!? 「あんな人じゃなかった」と主張の理由: J

松本人志 筋肉

「芸人が筋肉ムキムキだと、客が委縮して笑いが生まれにくくなる」というのが理由だそうです。 このことについては、ラジオ番組「放送室」、著書「遺書」の中で、たびたび語られています。 そんな松本さんが筋トレを始めたのは、2010年からです。 きっかけは、2010年の6月に発症した「左股関節唇損傷」という怪我でした。 はじめはリハビリを兼ねたトレーニングだったのが、次第に本格的な筋トレになったそうです。 松本さんは自他ともに認めるストイックな性格のため、自分を追い込む作業である筋トレとの相性は、もともと良かったと推察されます。 その時に判明した、松本さんの身体データは次のとおりです。 身長:172cm 体重:67. 4kg 体脂肪率:16. 6% 筋肉量:53. 3kg ボディメイク界においては、体脂肪率15%が一つの目安とされています。 そのため、本格的な筋肉のカットを作るためには、あと少しといったところでしょう。 突出しているのは、やはり筋肉量です。 50代男性における平均的な筋肉量は、約30kgといわれていますので、 この年代においては、かなり筋肉質なことが分かります。 また、身長と体重で導き出されるBMIは「22. 78」です。 健康を維持するため、もっとも理想的な値は「22」だと言われているので、松本さんは病気になりにくい身体を持っているといえます。 しかし、松ザップは、 1日で身体全身を鍛える「トータルトレーニング」になっています。 この方法は、1回のトレーニング時間が長くなるデメリットがありますが、トレーニングの回数は少なくて済みます。 そのため、中々スケジュール通りにトレーニング時間が取れない人におすすめです。 勤務時間がイレギュラーになりがちな、芸能人の松本さんには最適なトレーニング方法といえるかもしれません。 実際に、松本さんのトレーニング頻度は、週に多くても3回程度だそうです。 トレーニングメニュー 今回の番組から判明したトレーニングメニューは、次のとおりです。 筋肉の発達状況の目安となるベンチプレスを、筋疲労がたまる前の第一種目にすることで、日々の成長を実感することができる狙いがあるのでしょう。 トレーニングのモチベーションを上げる意味もあるかもしれません。 重量と回数は、1セット目は95kgで5回、2セット目は115kgで3回、3セット目は135kgで3回と、徐々に増やす 「アセンディングセット法」で実施しています。 取扱重量と筋肉の発達の関係は、一般的に下記のように言われていますので、ベンチプレスの主目的は、筋力の向上にあるといえるでしょう。 1~4RM:筋力の向上 5? 胸の一番上だと、 鎖骨付近なので、フラットベンチでは少し高すぎます。 ただしこれは、以前別の番組で、乳首の位置が低いのがコンプレックスだと語っていたことがあるので、その影響もあるのかもしれません。 バーベルを下す高さ 松本さんのベンチプレスは、下す位置がかなり浅いという特徴があります。 通常のベンチプレスは、胸につくあたりまでバーベルを下します。 (フルレンジといいます) しかし、番組では半分程度しか下していません。 この方法はパーシャルレップ法といい、神経系を強化したい時に、多く用いられるテクニックです。 取扱重量が上がり、ケガのリスクが高まるため、 トレーニング上級者以外にはおすすめできない方法です。 初心者の方は無理にマネをせず、フルレンジで行えるまで重量を減らしてください。 ブリッジの形成 ベンチプレスには、お尻を浮かせてる「ブリッジ」というテクニックがあります。 ブリッジには、大胸筋に刺激を集中させる効果だけでなく、 怪我のリスクを減らす効果もあります。 松本さんは、脚の踏ん張りが効いたキレイなブリッジを作っているので、とても参考になります。 チェストプレス c ABC 2番目の種目はチェストプレスです。 重量と回数は、1セット目は55kgで15回、2セット目は65kgで15回、3セット目は75kgと、ベンチプレス同じ 「アセンディングセット法」で実施しています。 ベンチプレスとの違いは、回数が15回と多めに設定されている点です。 松本さんならではのこだわりが感じられます。 気になったポイント トレーニング時の呼吸 一般的には、トレーニング中は意識的に大きく呼吸をすることが重要です。 これにより、酸欠のリスクを回避し、心臓への負担を少なくすることができます。 しかし松本さんは、 高重量の時に呼吸を止めているように見えます。 これはあまり見習わない方がいいでしょう。 腹圧を高めるために、あえて呼吸を止める「バルサルバ法」というテクニックもありますが、この方法は、上級者のみが使える高等技術です。 筋トレ初心者の方は、呼吸を意識して大きく行いましょう。 ラットプルダウン c ABC 3番目の種目はラットプルダウンです。 重量と回数は、85kgで15回を3セットで実施しています。 ただ、1セット目を見た感じだと、2セット目以降は15回は出来ないような気がします。 おそらく、重量を段階的に下げる 「ディセンディングセット法」に切り替えるのだと思います。 気になったポイント 肘の引きが甘い 7回目までは肘が十分に引けており、肩甲骨が引き寄せられているキレイなフォームです。 しかし、8回目以降、肩甲骨があまり寄っておらず、肘の引きが甘い印象です。 ベンチプレスはパーシャルレップでもそれなりに効果がありますが、 ラットプルダウンの場合、引きが甘いと背中ではなく、二頭筋に負荷が逃げてしまいます。 そのため、15回の設定であれば、もう少し重量を軽くし、1回の引き戻しに時間をかけると。 より効果的に背中に負荷がかかるでしょう。 ゆっくりウェイトを戻す 最後の15回目が終わった後、4秒ほど粘ってから、ゆっくりウェイトを戻しています。 たむらけんじさんには、ターミネーターみたいといじられていますが、 これは筋肉を追い込む上ではかなり効果的なテクニックです。 限界まで行った後、さらに追い込むことは、精神的にもかなりきついのですが、松本さんは、毎セットこれを行っているようです。 松本人志オリジナルの追い込みテクニックについては、後ほど詳しく紹介します。 ライイングトライセプスエクステンション c ABC 4番目の種目は上腕三頭筋を鍛えるライイングトライセプスエクステンションです。 大きい筋肉が終わった後に小さい筋肉を鍛える、 大筋群優先の法則をしっかりと守っています。 重量と回数は、20kgで25回を3セットで実施しています。 気になったポイント 肘の位置が固定されてない 最も気になったのは、肘の位置がほとんど固定されていない点です。 そのため、高い位置でベンチプレスをしているようなフォームになっています。 これでは、 上腕三頭筋に十分負荷がかからない上、肩を痛める危険性があります。 今回番組で紹介された松本さんのトレーニングの中でも、最もフォームが崩れていたメニューです。 ダンベルシュラッグ c ABC 5番目の種目は僧帽筋を鍛えるダンベルシュラッグです。 重量と回数は、22kgで50回を2セットを実施したあと、22kgで限界まで行います。 50回というのは、あまり聞いたことがない、かなりの高回数です。 気になったポイント 回数が多すぎる やはり気になるのは回数が多すぎる点です。 最終セットに至っては、60回以上やることもあるそうです。 ダンベルシュラッグの場合、あまりにも重い重量だと、僧帽筋よりも先に握力が続かなくなるので、もしかすると、それを嫌ったのかもしれません。 そういう場合は、 リストストラップを使用することで、握力を補助することができます。 さらに負荷を強めたい時は、肩をすくめたトップポジションで数秒間停止するのも効果的です。 高重量のダンベルがない自宅などでも使えるので、覚えておきたいテクニックです。 デクラインシットアップ c ABC 6番目の種目はデクラインシットアップです。 手を頭の後ろで組むのが松本流のようです。 気になったポイント 身体を戻す位置 松本さんのシットアップは、きちんと背中が丸まっており、腰に負担がかからない非常に理想的なフォームです。 気になるのは、ベンチに背中がつくまで身体を戻すよう、宮迫さん達に指導していた点です。 松本さんの指摘のとおり、身体の戻しが甘いと、負荷がかからないため、腹筋を深く追い込むことができません。 しかし、 背中がつくまで身体を戻してしまうと、逆に負荷が途中で抜けてしまいます。 そのため、シットアップは背中が付くかつかないかのギリギリのラインまで戻すのが、理想のフォームです。 オールアウトとは、自分の持てる力を、全部出し切った状態のことで、成長ホルモンの分泌が最大化され、筋肥大に絶大な効果があるとされています。 しかし、オールアウトするのは簡単なことではありません。 人間の脳は、ある程度苦しくなると、身体に制限をかける自己防衛機能があるので、さらに筋肉を追い込むためには、そのストッパーを外す必要があるからです。 パーソナルトレーナーがいる場合、外部からのサポートによって強制的にオールアウトに追い込めますが、 一人で追い込む場合は、自我を凌駕した、強靭な精神力が求められます。 ここでは、松本さんが考案した2つの追い込みテクニックを紹介します。 いずれも、身体に大きな負担を強いる方法なので、安易にマネすることは避けましょう。 最悪の状況からの100連打 c ABC 限界がきてから、更に100回トライする方法です。 番組内では、チェストプレスマシンを使って、実際にその方法を実演していました。 まずは普通にチェストプレスを限界までやります。 通常では、ここでセット終了ですが、この「最悪の状況」から更に100回持ち上げようとします。 もちろん、もうすでに筋肉の限界がきているので、実際には1回も上がりません。 それでも、 まるで何かに憑りつかれたかの如く、一心不乱に持ち上げようと持ち上げようと試みるのが「最悪の状況からの100連打」です。 可動域を制限して高強度トレーニングを行う、パーシャルレップ法を取り入れた追い込みテクニックといえるでしょう。 私もトライしてみましたが、30連打が限界で心が折れました。 100連打には尋常ではない精神力が求められます。 追い込みをかけた、最終セットにだけ取り入れるといいでしょう。 3セット目のウソよね~ c ABC 架空のパーソナルトレーナーを想像し、自分で決めた回数から、更に数回トライするよう、自分にウソをついて激励する方法です。 番組内では、ラットプルダウンで、実際にその方法を実演していました。 まずは通常のラットプルダウンを、自分で決めた回数までやります。 そこから更に、 「ウソよね~!」と叫びながら、反動を使って引き、引いたまま5秒ほど揺らします。 文字ではわかりづらいですが、これが「3セット目のウソよね~」です。 反動をつけて追い込む 「チーティング」とトップポジションで静止する 「ピークコントラクション法」を組み合わせたような追い込みテクニックのように見えました。 また、「ウソよね~!」と叫ぶことも効果的です。 声を出すことにより最大筋力が5%以上伸びるという科学的データもあります。 もちろん、松本さんもプライベートではここまで叫ぶことはないとは思いますが、声を出すことの有効性は理解している様子でした。 いずれの追い込みテクニックも、絶対に筋肉を限界まで追い込むという、気迫によって考案されたものだと想像できます。 ストイックな筋トレへの取り組み姿勢は、見習うべき部分が多いです。 松本人志のサプリメント 「松本家の休日」では、松本さんのトレーニング内容が明らかになりました。 一方、松本さんの筋肉サプリ事情については、2016年12月31日に放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 」で、筋肉芸人なかやまきんに君が暴露しています。 ここでは、そこで紹介されていた松本人志愛用プロテインを紹介します。 DNS PRO-X 容量:350ml 定価:388円 味:アップル、マンゴー、ミックスベリー エネルギー:124kcal たんぱく質:28. 8g 脂質:0g 炭水化物:1. 6g ナトリウム:5. 1mg 筋トレでは、10回以内が限界になるよう、負荷を調整し、筋肥大や筋力アップを狙うのが一般的です。 しかし、松本さんのトレーニングは、10回以上のセットがほとんどです。 そのため、筋持久力の向上を目指している向きがあります。 もしかすると、実は筋肉を大きくすることには、さほど興味がないのかもしれません。 松ザップの最大の特徴は、なんといっても2パターンの追い込みでしょう。 松本さん自身が、ジムに行くことを「地獄へ行く」と表現しているとおり、ストイックに追い込んでいる姿は、常軌を逸しています。 私はその姿に、ジムを「戦場」と呼び、ヘビーデューティートレーニング(HDT)という、世界一ハードなトレーニングを考案したボディビルダー、マイク・メンツァー氏の姿が重なって見えました。 以前、松本さんがラジオ番組で、芸人で成功した人は、どんな分野でも成功すると語っていましたが、その理由が垣間見えた気がします。 筋トレフォームなど、細かい部分にはツッコミたくなる部分もあります。 しかし、全体的に見ると、強い精神力が求められる、かなりレベルの高いトレーニングといえるでしょう。 関連記事 - ,.

次の