鼻 を かんだ ら 耳 が 痛い。 鼻の奥が痛い!と感じたときに試してほしい効果的な治し方

喉から耳にかけての間が痛い時!アレルギー性鼻炎の可能性は?

鼻 を かんだ ら 耳 が 痛い

私たちの耳には「外耳・中耳・内耳」の3つの働きがあり、それぞれ大切な役割を果たしています。 「外耳」には、一般的に「耳」と呼ばれるもので外から入ってきた音を内側に集める役割をしています。 耳の形が広いのは、なるべく外部の音を広く聞くことができるように平たく丸くなっており、外から受け取った音を外耳道と呼ばれる管の一番奥の鼓膜まで伝える役割をしています。 「中耳」は「鼓膜とその奥の3つの耳小骨」から成り立っています。 主に外耳から聞こえてきた音を鼓膜で振動して響かせて内耳に伝える役割と、中耳は鼻の奥まで繋がっているので定期的に空気の出し入れも行っています。 「内耳」は「蝸牛という器官を使って音に振動を与え、脳へ電気信号として音を伝える」役割を持っています。 中耳から伝わってきた音はカタツムリのような蝸牛に入ると、その中にあるリンパ液を揺らして有毛細胞が脳へ伝える電気信号へ変える工程で音が認識できます。 内耳に伝わることで初めて「音の強弱や高低」が電気信号に変わってくるのです。 耳が詰まったなと感じる大きな原因3つと対処法 耳が詰まった感覚は実は日常に原因があることも多いのです。 ぜひ日頃の行動をチェックしてみましょう。 耳垢がたまっている 耳は耳垢が外耳あたりに溜まってしまうと聞こえづらくなります。 耳垢は耳栓のようになってしまうこともあるので、耳が詰まった感じがすると思った人はまずはじめに耳垢をチェックしてみましょう。 また、外耳炎も「耳掃除をしている時にひっかいてそこから細菌が入ったり、耳を強くこすってしまうこと」によって起こる症状です。 耳は外部でもキレイに優しいケアをしてあげましょう。 ストレスや睡眠不足 実際には音はしていない時でも何か音らしきものが聴こえる「耳鳴り」やいきなり周りの音や声が遠くなって聴こえ辛くなる「難聴」の原因の多くはストレスと言われています。 何か思いつめたような悩みがあったり、いつも身体が強張っている緊張状態にあると耳にも悪影響を与えてしまいます。 また、睡眠不足も耳から来るめまいや耳鳴りの原因となっています。 不規則な時間帯で眠ることや短時間睡眠は身体のバランスも取りづらくなるので注意しましょう。 耳詰まりの時の可能性がある病気って? 耳詰まりの時は、原因によっては病気になる可能性があることをご存知でしょうか?ここでは主に、耳が詰まった時に起こる可能性のある病気をいくつかご紹介します。 耳に水が入る「耳垢栓塞」 この症状は主に水泳や入浴などで耳に水が一定量入った時に起こる症状です。 耳に水が入ってぼーっとしたり耳の聞こえが悪くなったことはありませんか?原因としては「耳垢が外耳道を塞ぐように詰まっていること」が多いと言われています。 耳垢は乾燥したり水分を多く含んだ時など変化しますが、診察を受けて定期的に耳掃除をすることをオススメします。 大きな音の衝撃で起こる「鼓膜損傷」 この病気の症状はその名の通り、鼓膜を傷つけてしまうことで耳鳴りや軟調になってしまうことを言います。 原因としては平手打ち・爆発・潜水などで発生してしまうことが多いと言われます。 また、かなり奥まで耳掃除をしている時など些細なことでも起きる場合があるので耳を触るときは注意しましょう。 症状の治療としては、風邪などウイルス病原体を減らして健康な身体にしていくようにすると徐々に改善されます。 音楽好きの人はご注意!「急性音響外傷」 これは「長時間爆音にさらされて聴力が低下し、耳鳴りや難聴になる病気」です。 例えば音楽ライブや音楽関係の仕事の人に起こりやすいと言われている病気です。 この病気では主にビタミン剤・代謝促進剤・血管拡張剤などを投与する必要があると言われていますが、日頃から音響予防などで気を付けることが長引かないコツと言われています。 突破な病気もある「突発性難聴」 これは「ある日突然聞こえが悪くなったり耳鳴りが起こる」症状です。 耳だけでなく朝起きた時にめまいがしたりするなどの症状が出ます。 原因は今のところ不明となっていますが「ウイルス感染・耳の神経障害・血行障害」が挙げられます。 突然のことが多いので、聞こえが悪い状態が長時間続くのであれば早めに院に行くことをオススメします。 長期間不調であれば「メニエール病」の可能性 メニエール病とは「めまいや吐き気が毎日・長期間に継続して起こる病気」のことです。 この病気の特徴は「耳の一番奥にある内耳にリンパ液がたまりすぎて起こること」なので、毎日や長期間でめまいが頻繁に起こるようであればメニエール病の可能性が高くなります。 早めに診察してもらうようにしましょう。 耳詰まりを感じた時にできる解消法 ここでは、耳が詰まった感覚がした時に未然に耳の病気予防ができる方法をご紹介します。 定期的な耳掃除 耳垢の詰まりは本来の耳の機能を低下させてしまう原因にもなります。 週に一度のペースから、傷つけないように掃除してあげましょう。 爆音を避けて鼓膜を守る 音楽が好きな人であればライブや音楽パーティーなどで爆音にさらされる人もおおいようです。 大切な鼓膜を守るためにも「爆音予防機能のアイテム」を身に付けて少しでも予防することをオススメします。 ストレスをためないこと ストレスは耳や身体の機能や美容にも負荷をかけてしまいます。 1日に1時間くらいは読書やアロマを香ったりお風呂に入ることなど、1日の間にリラックスした自分だけの時間を作ってみてくださいね。 耳は脳に最も影響を与える五感の1つです。 日頃から負担を減らすサポートを・・・ 身体の中でも脳はかなり大切な機能の一尾と言われますが、意外と身体のバランスを取っているのは「耳の機能」です。 耳の機能が低下すると、方向感覚や周囲の情報などをすばやくキャッチすることができないので、何か日常で違和感を感じた場合は少しずつ改善していきましょう。

次の

鼻の奥が痛い!と感じたときに試してほしい効果的な治し方

鼻 を かんだ ら 耳 が 痛い

この記事の目次• 鼻のかみすぎによる症状 鼻をかみ過ぎてしまうと、どのような症状を発生させてしまうのでしょうか。 耳が痛くなる 鼻をかみすぎると、耳が痛くなります。 そういった症状が出ているのに、強いかみ方を続けていると、頭痛の原因にもなります。 耳だれ 鼻をかみすぎると、中耳炎を引き起こすことがあります。 中耳炎が発症すると、耳に違和感が現れ、それでも医者にかからないと耳から体液や膿が出てきます。 これが「耳だれ」です。 この状態は、体液や膿が大量に発生し、鼓膜が破れて耳の外に浸み出しているのです。 早急に手当てする必要があります。 の記事を読んでおきましょう。 発熱、腫れ、聞こえの悪化 中耳炎はときに、発熱を引き起こします。 風邪でもなく発熱していて、しかも耳の周辺が腫れていたり痛みが走っていたりするときは、中耳炎の疑いがあります。 聞こえが悪くなることもあります。 鼻と口の違和感 鼻のかみすぎは、副鼻腔炎を引き起こすことがあります。 副鼻腔炎の症状は、軽症では鼻づまりやいびきとして現れます。 重症化すると嗅覚が低下し臭いが分からなくなります。 また副鼻腔炎になると鼻が使いにくくなるので、口で呼吸をするようになります。 寝ているときも口呼吸をするので、朝目覚めたときに喉が痛くなったり、声がかれたりといった症状が起きます。 心にも影響 副鼻腔炎によって鼻と口の調子が悪くなると、良質な睡眠が取れなくなり日中の集中力が落ちます。 その結果、イライラが募ったり、頭痛が起きたりします。 心の変調の原因が「鼻」であるとはなかなか気付きません。 ましてや、それが鼻のかみすぎから始まっているとは夢にも思わないでしょう。 それくらい、鼻のかみすぎは危険なのです。 鼻のかみすぎによる病気の原因 鼻のかみすぎは、中耳炎と副鼻腔炎を引き起こします。 そのメカニズムをみてみましょう。 中耳炎を起こすメカニズム 鼻をかみすぎると、中耳が傷つきます。 またその勢いで鼻水が中耳に入ってしまい、それが膿を作ります。 これが中耳炎です。 「中耳」は「耳」ですが、普段は見ることができません。 中耳は、耳の穴の奥にあります。 鼓膜の奥の「空間」が中耳です。 「中耳の空間」は、鼻の穴とつながっているので、鼻をかむ行為で中耳が傷つくのです。 中耳炎については、を参考にしてください。 副鼻腔炎を起こすメカニズム 副鼻腔炎の解説をする前に「鼻水」についてみてみます。 鼻水は、実は体を守ってくれているのです。 鼻の中に侵入してきた細菌やウイルスを、ねばねばの体液で絡め捕り、体外に排出する仕事をしています。 ところが、間違った方法で鼻をかむと、鼻水は体外に排出されずに、鼻の奥へと「逆流」してしまうのです。 鼻の奥には「空間」があり、その空間のことを「副鼻腔」といいます。 逆流した鼻水は、副鼻腔内にとどまり、炎症を起こし、膿を作ります。 これが副鼻腔炎です。 鼻水の池? 副鼻腔炎と中耳炎は、発症のメカニズムが似ています。 いずれの病気も、体に良くないものが含まれている鼻水が、速やかに体の外に出ないため、体にとって良くないことが起きるのです。 そして中耳も副鼻腔も、そんな鼻水を貯めやすい構造になっているのです。 いわば「鼻水の池」です。 そんなありがたくない「池」を作ってしまうのは、間違った鼻のかみ方なのです。 それでは次に、正しい鼻のかみ方をみてみましょう。 正しい鼻のかみ方 鼻を無駄に多くかんでしまわないように、正しいかみ方を知っておきましょう。 片方ずつかむ 鼻は片方ずつかむようにしてください。 そのとき、反対側の鼻の穴は指で押さえつけてふさいでください。 鼻のかみ方は、子供のころに癖になってしまいますので、小さな子供がいる方は、子供にしっかり教えてあげてください。 というのも最も間違った鼻のかみ方は、左右の鼻を同時にかむ方法だからです。 同時にかむと、鼻の中の圧力が高くなりすぎてしまうのです。 その圧力は、耳にも伝わります。 口で深呼吸しながらかむ 力任せに思いっ切り鼻をかむこともNGです。 この方法も、鼻の中と耳の奥の圧力を過剰に高めてしまうのです。 良い方法は、口で深呼吸しながら鼻をかむことです。 鼻をかむ前に、口で3回くらい深呼吸をしてください。 その流れでスムーズに鼻をかんでください。 そうすることで、ちょうど良い強さで鼻をかむことができるのです。 ゆっくり、かつ、しっかり 「鼻を強くかみすぎないで」と言われると、慎重に弱くかむ人が現れると思いますが、弱いかみ方もダメです。 弱いかみ方だと、鼻水が鼻の中に残ってしまうからです。 鼻水が残るということは、鼻水に絡め捕られた状態の細菌やウイルスが体内に残っているということだからです。 鼻をかむときは「ゆっくり、かつ、しっかり」を心掛けてください。 「かみすぎでもなく、ゆっくり・しっかり」のコツが分からない場合は、数回に分けてかむようにしてみてください。 「一発勝負!」と気負わずに、「ふんっ、ふんっ、ふんっ」といった感じでかんでみてください。 下を向いて鼻をかむ 鼻水が多いときは、顔面を下に向けた姿勢でかんでください。 こうすることで、鼻水の「逆流」を防止できます。 中耳炎も副鼻腔炎も、鼻水が貯まることで生じることがあるからです。 鼻のかみすぎによる病気の治療 鼻のかみすぎで耳が痛くなったり、頭痛が起きたりしたら、耳鼻科にかかってください。 医療機関で行われる治療を紹介します。 中耳炎の治療 中耳炎の膿が完全に抜けるには、1カ月は必要です。 3カ月かかることもあります。 根気が必要です。 ただ、症状が軽い場合は、特に治療は行いません。 鼻の通りを良くするために、正しい鼻のかみ方を指導されたり、痛みを取り除く薬が処方される程度です。 「耳だれ」と聞くと「耳の奥がとんでもない状態になっている」と想像してしまうと思いますが、これは膿が外に出始めている状態ですので、回復に向かっている印です。 ですので医者も「耳の外に出てきた膿は拭き取ってください」と言うだけです。 中耳炎の治療:薬 痛みが出ている場合は、痛み止めが処方されます。 抗生剤は腫れが大きいときや、熱が出ているときに処方されます。 中耳炎の治療:チューブで吸い取る 中耳炎の症状は、長くても3カ月で軽減することが多いので、3カ月を超えても症状が治まらないときは、耳の奥にチューブを入れて、膿を吸いだします。 中耳炎の治療:鼓膜切開 チューブで吸い取っても治らないときは、手術で鼓膜を切り、鼓膜の奥の膿を強制的に除去します。 しかし中耳炎で手術を行うことは、極めてまれです。 副鼻腔炎の治療 副鼻腔炎の治療では、薬が効果的です。 「マクロライド系抗生物質」という抗生剤を使います。 この抗生剤の特徴は、最近を殺すだけでなく、鼻の粘膜の抵抗力を向上させる効果が期待できることです。 副鼻腔炎の治療:水で鼻をかむ 副鼻腔炎は「鼻のかみすぎ」だけでなく、「鼻をすする」ことが原因になることもあります。 細菌などが含まれる鼻水を体外に排出するのではなく、体の奥に入れる「鼻をすする」行為が、体に良いはずがありません。 そこで医師は、副鼻腔炎の患者に鼻をすする癖がある場合、それをあらためるよう指導します。 また、生理食塩水を使った「鼻かみ」を指導されることもあります。 副鼻腔炎の治療:手術 重症の副鼻腔炎の場合、CTで鼻の中の様子を観察することがあります。 それは「鼻のポリープ」を見つけるためです。 鼻のポリープは「茸(きのこ)」のように生えていることから「鼻茸(はなたけ)」と呼ばれています。 鼻茸が大きくなって空間を埋めてしまっているときは、手術で除去します。 手術は局所麻酔で行います。 日帰り手術を行っている病院もあります。

次の

鼻の奥が痛い!と感じたときに試してほしい効果的な治し方

鼻 を かんだ ら 耳 が 痛い

上咽頭炎 改めて上咽頭炎に関して詳しくご説明します。 喉は 上咽頭、 中咽頭、 下咽頭の3つの部分に分けられます。 その内、鼻の奥に最も近いのが上咽頭です。 鼻の粘膜が乾燥する乾燥性鼻炎などで鼻の粘膜に炎症が起こると体外から体内へ異物が侵入しやすくなってしまいます。 そして、体内に侵入してきたウイルスや細菌などの異物が最も感染しやすいのが上咽頭なのです。 上咽頭に炎症が起きてしまうと鼻の奥と喉の中間辺りに痛みを感じるようになります。 また、その他の症状では鼻水が喉に流れていく 後鼻漏れ、 発熱、 倦怠感なども現れます。 鼻の奥の痛みに加えて上記の様な症状があれば上咽頭炎の可能性が高いです。 発熱の症状もあれば 急性上咽頭炎の可能性があります。 急性上咽頭炎の症状は1~2週間程度で治まります。 しかし、症状を長引かせてしまうと慢性化し、慢性上咽頭炎になってしまいます。 慢性上咽頭炎になると発熱の症状は出ないのですが、それ以外の症状がなかなか改善しなくなってしまいます。 乾燥で鼻の奥が痛い時の対処法。 インフルエンザや副鼻腔炎予防は保湿から。 では最後に鼻の奥が痛くなったときの対処法をご紹介します。 一番大事なことは 保湿する事です。 鼻の奥が乾燥するということは鼻の奥の粘膜が乾燥するということです。 鼻の奥の粘膜が乾燥すると痛みに敏感になり、 ちょっとした刺激でも痛みを感じるようになってしまいます。 特に旅行などでの宿泊先のホテルなどでは乾燥しやすいです。 フロントで加湿器を借りたり、加湿器がない場合は濡れたタオルを部屋につるしておくと乾燥を和らげる効果があります。 また、冬のご自宅でもエアコンやストーブなどを使用し続けると乾燥しやすくなります。 加湿器を設置したり、 観葉植物を設置するのも乾燥対策に効果的です。 また、前記の通り、鼻の奥が乾燥すると痛みを発するだけではなくウイルスや細菌にも感染しやすくなります。 結果、風邪を引くだけではなくインフルエンザや副鼻腔炎を発症しやすくなってしまうのです。 まとめ.

次の