ナゾーからの挑戦状 第5。 【東大王からの挑戦状】問題集.1の「Q.11~20」の攻略

シャボン玉のスゴ技でみんなをビックリさせた~い!TVレギュラー

ナゾーからの挑戦状 第5

問題は全部で3問あり、1問正解するごとに割引クーポンが1枚もらえます。 第1問の答え 第1問は、シルエットクイズです。 商品名を答える問題ですが、答えは 「塩豚丼」でした。 難易度1、超簡単問題でしたね。 これで「てんぷら1品50円引き」のクーポンをゲットです! 広告 第2問の答え 第2問は暗号問題。 ヒントが分かりやすいのでちょっと考えれば解けますね。 答えは 「セルフ」でした。 難易度2、くらい。 小学生レベルの問題ですね。 これで「天ぷら1品80円引き」のクーポンをゲットです。 広告 第3問の答え 第3問も暗号問題です。 第1問と第2問とは違い、一気にレベルが100くらい上がった感覚の難問でした。 まず、図1は深く考えずに素直に最短コースを通ってみましょう。 すると、以下の画像のように進めればいいことがわかると思います。 次に、図2はナゾーのヒントを突破口にして数字を埋めていくと、縦横斜めが全て 「34」になる魔方陣が完成することが分かります。 最後に、各色ごとに図1で通った道に書いてあるひらがなを順番に並べて図3にあてはめていきます。 それをさらに図2に重ね、図に書かれている数字の順に「9,3,6,8,5,1,14」を読んでいくと、 答えは 「うちあげはなび」となります。 これで「天ぷら1品100円引き」のクーポンゲットです。 謎解きを楽しめて、さらにクーポンもゲットできるというお得なキャンペーンはなかなかありません。 今回で第6弾ですが、ずっと続けてほしいですね。 広告 tetsutylor.

次の

[B!] はなまるうどん謎解き第6弾 答えネタバレ 解き方を解説 ナゾ―からの挑戦状 割引クーポンゲット!

ナゾーからの挑戦状 第5

また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 記念すべき第10巻はシリーズ最多の計35問! クイズ番組『今夜はナゾトレ』 フジテレビ系毎週火曜よる7時から放送中 の人気コーナーを書籍化した「東大ナゾトレ」の第10巻! AnotherVisionからの挑戦状にチャレンジしよう! 知識は不要。 頭がやわらかければ小学生でも正解するが、頭が固い大人は苦戦する。 ーー東京大学謎解き制作集団AnotherVisionの『東大ナゾトレ』第10巻が登場。 番組で好評を博した数々の謎解きに加え、書籍オリジナル問題も充実。 第10巻は問題を大増量し、解きごたえ満点の全35問! そして恒例の「最終問題」は、今回もWEB上にて展開します。 アナビメンバーがこれまでの問題からお気に入りを選ぶ「マイベスト謎解き」や、松丸くんの番組収録密着企画など、盛りだくさんの内容でお届けします。 解けるかどうかは、あなたのひらめき次第!

次の

はなまるうどんアプリの謎解き第6弾の答えと解説!ネタバレ注意!

ナゾーからの挑戦状 第5

テレビ番組「今夜はナゾトレ」の超人気コーナーを書籍化した『東大ナゾトレ AnotherVisionからの挑戦状』第2巻が、2017年8月16日(水)に発売された。 答えに出てくるものは小学生でも知っているものばかり。 だからこそ、頭がやわらかければ小学生でも正解できるが、頭が固い大人は苦戦してしまう。 この東大ナゾトレを1冊にまとめて今年5月に発売された『東大ナゾトレ AnotherVisionからの挑戦状』第1巻は、発売後たちまち10万部を突破。 親子や友だちで問題の出し合いが楽しまれ、大ブームになっている。 このたび発売された同シリーズ第2巻も、頭の固い大人は苦戦必至(?)な謎解き問題が集結。 書籍オリジナル問題も増え、驚きの最終問題まで用意されている。 ノーヒントでの小学生の正解率は28%。 頭をやわらかくして全問正解を目指そう。 東京大学謎解き制作集団AnotherVision 2012年に東京大学に設立されたサークル。 現在のメンバーは150人。 主な活動は社会現象にもなっている脱出ゲームのプロデュース。 学園祭などでの自主公演の開催やWebイベントの実施、フジテレビ系「今夜はナゾトレ」への出演など、さまざまな媒体を通して世の中に謎解きの楽しさを広めるべく、日々「こだわり抜いた面白さ」を追求している。 ちなみにメンバーは本名ではなく、ハンドルネームで活動する習慣がある。 外部リンク フジテレビオンデマンドで配信されたドラマ「ぼくは麻理のなか」が、2017年10月16日(月)から地上波で放送されることが分かった。 この発表に「地上波キタ! やったぜ!!」「これは観るしかないでしょ」と大きな反響が起こっている。 同作は2012年から2016年にかけて『漫画アクション』で連載されていた、押見修造の同名マンガが原作。 実写ドラマ化では麻理役に池田エライザ、小森役に吉沢亮を起用。 」の川谷絵音、主題歌「僕は雨のなか」をShiggy Jr. が担当したことでも話題になった。 話題作の地上波放送にファンは大興奮のようすで、「地上波で気持ち悪い吉沢亮が見られるのか!」「なかなか衝撃的な話だけど面白い作品だから楽しみ!」「池田エライザに吉沢亮ですよ? もはやアート作品です」「オンデマンドで観てたけど地上波でももちろん観る!」といった声が続出。 有料動画配信サービスから地上波での放送となり、視聴者層の幅が広がる同作。 なぜ小森の人格が麻理に入ってしまったのか。 そして麻理の人格はどこに行ってしまったのか、深まる謎をじっくりと堪能してほしい。 この発表にファンからは「アニメ化キタコレ!」「これは観るしかないんじゃないの?」と大きな反響が巻き起こっている。 作画の伊藤亰による美麗なタッチで描かれたスバル・イチノセは思春期真っ盛り。 スバルはなかなかのイケメンとして描かれており、登場するロボットも丁寧な筆致ながら第1話冒頭からギャグが炸裂。 「120秒後に射出、すぐに敵と接触だ。 死ぬなよ、スバル」という出撃直前のシリアスな場面ながら、スバルは120秒あれば串カツを「1本はいけるな」とパックから取り出す。 同作のアニメ化にファンは大興奮のようすで、「ティラミスアニメ化とか正気の沙汰じゃねえな(超誉めてる)」「原作めっちゃ面白いやつだからみんな観ようぜ!」「我が目を疑ったけど、ティラミスアニメ化マジやった…」「みんなで軽率に観て軽率にハマっちゃおうよ」と歓喜の声が続出している。 原作を担当している宮川サトシも「スバルやイスズが画面狭しと宇宙を駆け回るシーンも、串カツの衣がコックピットに散らばるシーンも、どちらも想像しただけで笑えてきます」とコメント。 番外編では美都と離婚した後の涼太のエピソードが描かれ、「いくえみさんらしいお話でよかった」「これはさらに続きが読みたくなってしまう…!」とファンは大喜びだ。 同作は、主人公・美都が涼太と結婚したあと、偶然再会した初恋相手・有島とも関係を持ってしまうというW不倫を描いた恋愛漫画。 許されない恋に溺れていく美都や嫉妬のあまり狂気的な行動に出る涼太、そして静かに夫を追いつめる有島の妻・麗華などそれぞれの思惑が複雑に絡み合うストーリーが人気を博し、2017年4月に放送されたドラマは「怖すぎるのにどんどん引き込まれてく」「登場人物の狂気に満ちた演技が迫力ある」とかなりの話題に。 中でも注目を集めたのは、涼太を演じた東出昌大の演技。 視聴者の恐怖を煽るようなキャラクターにも関わらず、このドラマで東出にハマったという人も多いようだ。 原作は『FEEL YOUNG』8月号で完結し、「最後のモノローグがなるほどね、って終わり方だった」「ドラマもよかったけどこの終わり方もしっくりくるな」と、ドラマと違う結末に絶賛の声が。 番外編は1人暮らしを始めた涼太が、水漏れトラブルを機に上の階の住人と出会うところからスタート。 部屋が水浸しになっても「失くして困る物などありません」と冷めた態度をとる涼太の、現在の心情が明かされる。 番外編の冒頭は、『FEEL YOUNG』公式サイトにて公開中。 同展では原稿や挿絵、アニメ版セル画などの貴重な資料が展示されており、「じっくり見てたらまたアニメを見返したくなってきた…!」と大好評となっている。 1982年から5年間にわたって本伝全10巻が刊行。 外伝や劇場作品、オリジナルビデオアニメーションも多数制作され、絶大な人気に。 その後コミカライズやゲーム、舞台など様々なメディアに展開し、現在も熱狂的なファンが絶えない作品だ。 同展では、奇跡的に発見されたという田中の手書き原稿コピーや、加藤直之によるトクマ・ノベルズ版『銀河英雄伝説』の表紙絵、挿絵の原画を本邦初公開。 さらにセル画・デザイン画等のアニメーション制作資料など、35年の歴史の一部となった貴重な資料が多数展示される。 資料だけでなく、今回のために描き下ろされた新作イラストや戦艦模型を480隻並べた圧巻の艦隊決戦再現コーナー、司令官の椅子に座ってキャラクターと写真が撮れるフォトスポットなども用意。 「コメント付のデザイン画やセル画をじっくり観賞。 いい時間を過ごせた」「フォトスポットも工夫が凝らされてて感激!」と、訪れた人も大満足の展示会となっている。 新潟会場での開催は10月15日(日)まで。 その後10月21日(土)から東京会場での展示がスタートするので、時を超えても色あせない銀河の伝説を堪能しに行こう。 (ステディ. 2017年9月7日(木)発売の『steady. 』10月号では、働くアラサー女子1,000人を対象とした「アラサー女性の肌悩み」調査が実施された。 まず今回の調査で「あなたの肌悩みはなんですか?」と質問したところ、76. 4%の人が「シミ・そばかす・くすみ」に悩んでいると回答して1位に。 2位は「毛穴」の67. 3%、3位は「たるみ」の21. 8%で、アラサー女性の肌悩みが「シミ・そばかす」や「毛穴」に集中していることが明らかになった。 また「肌悩みを解決するための特別なケアをしているか?」という質問には、59%の人が「いいえ」と回答。 「この夏のスキンケアの失敗は?」という質問には48%の人が「日焼け」と回答し、46%が「保湿不足」と答えている。 著者の稲垣えみ子は、著書『魂の退社』やテレビ番組「情熱大陸」出演で脚光を浴びた、アフロで無職で独身の52歳。 朝日新聞退社後、激変した食生活。 メシ、汁、漬物を基本に作る毎日のごはんは、なんと1食200円。 冷蔵庫なし、ガスコンロは一口、それでもできる献立とは? 何にしようか悩む必要すらない、ワンパターンごはんのバリエーションは無限で自由。 目からうろこのアイデアが満載の一冊となっている。 ・ごはんはどんな鍋でも炊ける ・味噌を湯で溶く、究極の1分味噌汁 ・最強の出汁が出る、干しエノキ ・旬の野菜の食べ尽くし ・ぬか床は最高のお抱え料理人 ・塩味グループの調味料で万全 ・アフロ式10分クッキング… 料理は、自由への扉だ! だから自分で自分の人生を歩みたければ、誰もが料理をすべきなのである。 男も、女も、子供も。 自分で料理をする力を失ってはいけない。 それは自らの自由を投げ捨てる行為である。 あとがきより 稲垣えみ子 1965年、愛知県生まれ。 一橋大学社会学部卒。 朝日新聞社入社。 大阪本社社会部、週刊朝日編集部などを経て論説委員、編集委員をつとめ、2016年1月退社。 夫なし、子なし、冷蔵庫なし。 仕事したりしなかったりのフリーランスな日々を送る。 その生活ぶりを紹介したテレビ番組「情熱大陸」が話題に。 日本酒好き。 著書に『魂の退社』『寂しい生活』ほか。 外部リンク 往復48キロメートルの山道を1日16時間かけて歩き、それを1000日間、雪で山が閉ざされる期間を除いて足かけ9年にわたり続ける「大峯千日回峰行」を達成した超人・塩沼亮潤氏が、その荒行で得た真実を語ります。 私たちは、「いいこと」と「悪いこと」の波の狭間で生きているのです。 心のなかに、針があると思ってください。 メトロノームのように、針は心の動きにしたがって振れています。 イラッとしたり、ムッとしたりした瞬間、心の針はマイナスのほうに振れますが、イラッとしたり、ムッとしたりする時間が長く続くと、針はマイナスの方向が定位置になってしまうでしょう。 こうなると、ネガティブな自分が常態化するわけです。 この状態は心身の健康にもよくありませんし、ときに心の針が勢い余って振り切れ、最悪の場合は犯罪などの事態に至ることもあります。 慣用句として用いられる「四苦八苦」という言葉は、もともとは仏教の用語で、人間が生きるうえで思いどおりにならないことを指します。 四苦とは「生・老・病・死」。 人間としてこの世に生まれてくること、年老いていくこと、病に冒されること、そして死ぬことは、どうあがいても決して逃れることはできません。 さらに、人間であるがために味わう苦しみが4つあります。 ・ほしいものが手に入らない「求不得苦(ぐふとくく)」 ・愛する者と別れなければならない「愛別離苦(あいべつりく)」 ・嫌な人と出会ってしまう「怨憎会苦(おんぞうえく)」 ・世の中はままならないものだという「五蘊盛苦(ごうんじょうく)」 これらを合わせて「四苦八苦」と呼ぶのですが、後半の4つは、避けようがない前半の4つと違い、自分の心をうまくコントロールすることによって解決できます。 コントロールとは、思いどおりにいかずイライラしたり、気持ちが滅入ったりした瞬間に、「心の針をマイナスからプラスのほうへ引き戻そう」とする意識と実践です。 現代は忙しく、世の中はどんどん複雑になり、心の潤いを失いがちな時代です。 一日のなかで、心の針がマイナスのほうに振れる瞬間はたくさんあるでしょう。 電車内で見知らぬ人と肩がぶつかった。 上司に嫌味を言われた。 人から失礼な対応をされた。 家族は文句ばかりを言う。 仕事が嫌だ。 お金が足りない。 毎日がつまらない。 なに一つ、自分の思うとおりにいかない……。 嫌なことがあまりに多いと、日常生活でも不安や心配事で頭がいっぱいになってしまいとてもつらいと思います。 外的環境は、自分ではコントロールすることができません。 そんな人生の「どうにもならなさ」を、どうにかしようと思わないことが実は意外と重要です。 自分の思いどおりにならないことに対して、どうにかしたいと思う心のとらわれを今すぐ手放しましょう。 そのためには、目の前の出来事に一喜一憂しないことが肝心です。 困った事態も、苦しい状況も「しょうがない」と、自然体でフラットに受け止めましょう。 そう、心の針がマイナスに振れないようにするのです。 そして、悩む時間を減らすことにフォーカスしてください。 一番ダメなのは、怒りにまかせて誰かを責めたり、他人を妬んだりすること。 これらは自分から不幸の海に飛び込むような行為です。 不平不満にとらわれるのではなく、明るい要素や感謝すべきことに目を向ける努力をすることが、人生の幸せへの第一歩です。 「ものごとは心に導かれ、心に仕え、心によって作り出される。 もし人が汚れた心で話し、行動するなら、その人には苦しみが付き従う。 もし人が清らかな心で話し、行動するなら、その人には楽が付き従う。 あたかも身体から離れることのない影のように」 このように、人生の「幸せ」や「不幸」というのはすべて自分の心の持ち方次第なのです。 人間は、自分の心の向いた方向に人生のエネルギー、すなわち運気が運ばれます。 その結果を私たちは「運がよい」とか、「運が悪い」とか呼んでいるだけなのです。 これが荒行を通して得た悟りの一つです。 タイトルとあわせて、恋に盲目的な二人の駆け引き的なラブコメかと思いきや、第一話から血みどろの殺人事件を発端とする本作。 母に殺人者の汚名をきせた椿のもとへ、素性を隠したまま輿入れする主人公・七桜の、謎に満ちた因縁の恋物語だ。 和菓子職人の母とともに、老舗の和菓子屋・光月庵に住み込んでいた幼き日の七桜。 彼女を「さくら」と呼ぶ、光月庵の一人息子・椿とは、立場は違えど心を寄せ合う仲だった。 母と椿、ふたりの勧めで和菓子づくりの喜びに目覚めた七桜だったが、幸せな日々は、椿の父が何者かに殺されたことで崩れ去る。 犯人として椿が告発したのは、七桜の母親だったからだ。 無実の主張もむなしく、裁判中に命を落とした母。 以来、血の色と同じ赤が苦手となってしまった七桜は、和菓子職人として致命的なハンデを背負いながら、豊かで繊細な発想とセンスで腕を磨き、ついに光月庵の跡継ぎ・椿と和菓子対決をするレベルにまでたどりつく。 そこで互角の腕を見せた彼女は、七桜=さくらと気づかない椿に、打算的な結婚を申し込まれるのである。 七桜は決して、復讐のために生きてきたわけではない。 母の無念を思いながら、それでも前を向いて歩いてきた。 だが、今になって届いた母からの「何もやっていない」という手紙。 椿との再会。 これを運命といわずしてなんというだろう。 真実を知るため、結婚を利用して敵陣に乗り込む彼女の決意と想いの強さ、そして冷え切った光月庵に隠されたさまざまなお家事情、幼き日の笑顔を失ってしまった椿の苦悩が美しいイラストとともにミステリー仕立てで描かれ、あっというまに引き込まれる。 ただ復讐心に燃えるだけでなく、和菓子職人として誇りをもち努力し続ける七桜が、凛とした魅力にあふれているからこそ、救いを願って読者もページをめくる。 彼女の強さが、家と事件に縛られている椿を解放してくれることも。

次の