横浜 市 新型 コロナ。 【新型コロナウイルス】横浜市(神奈川)感染者数拡大はどこまで?最新情報まとめ

新型コロナウイルス感染症について

横浜 市 新型 コロナ

中国を中心として世界的に流行の兆しをみせるウイルスですが、あえて国名を伏せることで中国人への配慮をみせた形となっています。 名前の由来としては、「コロナウイルス」と「病気」の英語表記と、発症が確認された年の2019年の文字から来ているそうです。 「COVID-19」の読み方は、「コービッド・ナインティーン」となっています。 「COVID-19」と似た呼吸器症状を主とする感染症に「SARS」や「MERS」という名前のウイルスを思い浮かべる方も多いと思います。 「COVID-19」では2020年2月12日現在で感染者数4万4653人、死者数1113人(致死率2. 49%)となっています。 中国南部の広東省を起源として2003年に流行した「SARS」は、感染者数8,096人、死者数774人(致死率0. 1%)であり、すでに終息宣言されています。 サウジアラビアなど中東を中心として2012年に流行した「MERS」は、感染者数2,220人、死者数790人(致死率35. 6%)となっており、現時点では「COVID-19」「SARS」に比べ最も致死率の高い感染症といえます。 マスク・消毒液.

次の

新型コロナウィルス男性の病院の場所、神奈川県横浜市のどこ | 子育て19(子育て塾)

横浜 市 新型 コロナ

中国を中心として世界的に流行の兆しをみせるウイルスですが、あえて国名を伏せることで中国人への配慮をみせた形となっています。 名前の由来としては、「コロナウイルス」と「病気」の英語表記と、発症が確認された年の2019年の文字から来ているそうです。 「COVID-19」の読み方は、「コービッド・ナインティーン」となっています。 「COVID-19」と似た呼吸器症状を主とする感染症に「SARS」や「MERS」という名前のウイルスを思い浮かべる方も多いと思います。 「COVID-19」では2020年2月12日現在で感染者数4万4653人、死者数1113人(致死率2. 49%)となっています。 中国南部の広東省を起源として2003年に流行した「SARS」は、感染者数8,096人、死者数774人(致死率0. 1%)であり、すでに終息宣言されています。 サウジアラビアなど中東を中心として2012年に流行した「MERS」は、感染者数2,220人、死者数790人(致死率35. 6%)となっており、現時点では「COVID-19」「SARS」に比べ最も致死率の高い感染症といえます。 マスク・消毒液.

次の

新型コロナウイルス感染症について

横浜 市 新型 コロナ

新型コロナウイルス横浜(神奈川)で感染者が!クルーズ船の乗客 【厚労省発表】横浜港沖に停泊中のクルーズ船、新型コロナ感染者は約10人 — ライブドアニュース livedoornews 今まで新型コロナウイルスの感染者が続々と発表されてはいましたけど…。 今回はなんと10人もの感染者が横浜港沖に停泊中のクルーズ船から出てしまいました。 この10人は、ダイヤモンド・プリンセスというクルーズ船に乗っていた乗客。 香港で感染の発表があった80代の男性が乗っていた船ということで、横浜で船を降りる事が出来ず、検査結果が出るまで待機していた中での出来事でした。 ちなみに香港男性の行動歴はコチラ。 1月17日 東京に来日• 1月19日 咳の症状が出始める• 1月20日 横浜からクルーズ船に乗船• 1月22日 鹿児島に立ち寄りバスツアー参加• 1月25日 香港へ• 1月30日 陽性反応 ちょっと気になることは、この男性が鹿児島に立ち寄りバスツアー参加ということは、他の10人も鹿児島でバスツアーに参加していたのではないかということ。 今度は鹿児島のバスツアー関係の感染者が出てしまうかもしれませんね…。 沖縄にも新型コロナウイルスを持ち込んでしまった可能性がありますね…。 新型コロナウイルス感染が確認された乗客10人は横浜の病院に搬送されるとのことですが、どこの病院に搬送となるのでしょうか。 新型コロナウイルス横浜(神奈川)の感染者の病院はどこ?指定医療機関は横浜市立市民病院? 新型コロナウイルスに感染すると、まずは「特定感染症医療機関」か「第一種感染症医療機関」にて受診・入院となる可能性が高いです。 横浜で新型コロナウイルスに感染すると、どこの病院に入院となるのかを見ていきます。 まず「特定感染症指定医療機関」ですが、神奈川県横浜には該当医療機関がありません。 近場で「特定感染症指定医療機関」に入院となると、東京都の「国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院」になるでしょう。 しかし近いと言えども、多少距離がありますし「特定感染症指定医療機関」に運ばれる可能性は少なそうです。 次に可能性が高いのは「第一種感染症指定医療機関」です。 厚生労働省によると、神奈川県の「第一種感染症指定医療機関」は「横浜市立市民病院」の1件となっています。 横浜市立市民病院はコチラにあります。 横浜市立市民病院の場合、の第一種感染症受け入れ可能な床数は2床のみ。 今回の感染者は10人。 「第二種感染症指定医療機関」に入院となる可能性もありえると言えます。 神奈川県内で横浜近辺にある「第二種感染症指定医療機関」は以下の9施設です。 横浜市立市民病院• 川崎市立川崎病院• 横須賀市立市民病院• 厚木市立病院• 公立大学法人 横浜市立大学附属病院• 平塚市民病院• 独立行政法人国立病院機構 神奈川病院• 川崎市立井田病院• 神奈川県立循環器呼吸器病センター 第二種まで確認すると、病院数が増えてきますね。 けれど、第二種指定機関と言っても感染症用の床が無い場合もあり、新型コロナウイルス感染となると、そのような病院は省かれてしまう可能性も大いにあります。 この条件に当てはまる施設を省き、残った病院がコチラ。 横浜市立市民病院• 川崎市立川崎病院• 横須賀市立市民病院• 厚木市立病院• 平塚市民病院 横浜市立病院は「第一種感染症指定医療機関」でもあり「第二種感染症指定医療機関」でもあるんですね。 こちらの病院は第二種になると床数は24床と一気に増えます。 川崎市立川崎病院 横須賀市立市民病院 厚木市立病院 平塚市民病院 受け入れる可能性が高いと言えるのは、やはり床数が多い「横浜市立市民病院」ですね。 でも、もしかしたら他の施設になる可能性もあります。 これら施設は感染症に特化した病床が作られているので、他の方へ感染が広がる可能性は限りなく低くなり安心ですね。 スポンサーリンク 新型コロナウイルス横浜の感染者の病院はどこ?指定医療機関は横浜市立市民病院? まとめ 新型コロナウイルスの感染者が横浜で確認された場合、指定医療機関は横浜市立市民病院です。 横浜は広いので、場合によっては「第一種感染症指定医療機関の横浜市立市民病院」ではなく、「第二種感染症指定医療機関」に運ばれる可能性もありそうですね。 第二種感染症指定医療機関については、感染症用の床がある病院をまとめました。 正直、病院については感染症対策がしっかりされていると思うので、怖くはなくて…。 本当に怖いのは今のところ陰性で自宅帰宅予定の方々が本当に「陰性」なのか(また陽性に変わる可能性もありますよね) そして、那覇や熊本でツアーなどに参加していることから、そこから感染が広がらないかです。 新型コロナウイルス感染はいつまで拡大が続くのでしょうか…。 早くおさまってくれないと怖くて仕方が無いです。 スポンサーリンク.

次の