監査法人 将来性。 公認会計士に就職するには|4大監査法人への就職も見据えた資格取得と就活戦略

大手監査法人への転職理由はやりがいとスキルアップ将来性で本音は?

監査法人 将来性

これから会計士資格を取ろうって思ってる人が、気を付けた方がいいポイントってあるの? ポイントは• 「監査がやりたい!」に、将来は無い• 就職浪人は避けた方が良い の3つです。 さきほど書いた通り、 監査業務そのものは、これからAIによる代替が進むお仕事だからです。 「会計の専門家を目指して会計士資格をとる」はアリだけど、「監査業務がしたいから会計士資格をとる」のはNG。 将来性があるとは言えません。 内部監査を行う、監査部• 税務調査を行う、税務署• 上場審査を行う、証券取引所・証券会社 など、別の働き先を検討した方が良いかもしれないですね。 次は、会計士資格取得後の注意点です。 最初の就職先に監査法人を選ぶのは、悪くはありません。 その後、 事業会社に転職したり、コンサルティング業務を行ったりする上で、役立つ知見を得られるからです。 けれども、 いつまでも監査業務を続けていくのは考えものです。 就職時点から、「〇年たったら転職する(異動願いを出す)」と決めておく方がよいでしょう。 はじめから転職・異動を視野にいれておくことで、監査業務への取り組み方も変わってくるはずです。 これは、あまりおすすめできない選択肢になりつつあります。 就職浪人期間が伸びた場合に、リカバリーが難しくなるからです。 何年も就職浪人したあとで会計士を取得しても• 監査法人には、求人減で入れず• 事業会社には、年齢がネックで入れない という可能性があります。 AIの利用がすすめば、監査業務にかかる人手が減り、監査法人の採用人数が減っていくのは必然です。 それ以降、 年齢の高い未経験人材は就職に苦労するハメになりかねません。

次の

公認会計士になるには・仕事内容・将来性・年収・全国の求人|スタンバイ

監査法人 将来性

公認会計士とは 公認会計士とは、企業の監査と会計を専門分野とする国家資格を持つ職種です。 企業経営者が株主に経営状況を報告する資料(財務諸表)の信頼性を確保するための、公正な専門家として誕生し、いまや資本主義の経済活動になくてはならない存在として幅広い業務範囲を遂行しています。 弁護士・弁理士・司法書士・税理士・行政書士など、ほかの国家資格と同じように「士業」とよばれ、特定分野のスペシャリストとして独立開業することも可能です。 具体的な仕事内容 公認会計士の業務は、監査業務・コンサルティング業務・税務業務に大別することができます。 監査業務とは、企業の決算書を独立した第三者の立場でチェックし、その内容について専門家としての意見を表明することです。 企業の所有者である株主は、企業運営を経営のスペシャリストである経営者(役員など)に任せるのが一般的です。 会社を任された経営者は株主に向けて、少なくとも年に1回、経営状況を報告することが法律上義務付けられています。 なかには経営が順調でないことの発覚をおそれて、虚偽の報告をする経営者もいないとは限りません。 実際アメリカでは、2001年に大手エネルギー関連企業・エンロンが赤字を隠そうと決算を粉飾した末に倒産し、株式市場に大きな打撃を与えたほか、日本でもオリンパスや東芝で会計上の不正が発覚し、上場廃止の瀬戸際まで追い込まれています。 そのため、利害関係者の多い上場会社や一定規模以上の会社などでは、経営状況の報告に嘘がないことを証明するために、法律上、公認会計士の「監査」が必要なのです。 監査は、企業の社会的信用や関係者の利害に関わるため、監査する側の責任は重大です。 したがって、監査業務は高度な専門知識を持つ公認会計士のみが行うことを許された独占業務となっています。 なお、監査が必要な企業は規模が大きいため、監査を受注するのは複数人の公認会計士組織された「監査法人」であることが一般的です。 さらに、公認会計士は別途試験を受けることなく、税理士名簿に税理士として登録し、税理士業務を行うこともできます。 わかりづらい「公認会計士」と「税理士」の違いですが、公認会計士は会計監査の専門家として比較的規模の大きい企業をクライアントとするのに対し、税理士は税の専門家として税に関する書類の作成や申告の支援、コンサルティングを行います。 税理士業務は、個人事業主や中小企業などをクライアントとすることができるため、独立開業する公認会計士が税理士としても登録するケースは多いです。 将来性 公認会計士の将来性については、明るい材料が多いようです。 後述するように、公認会計士になるには試験合格の前後に監査法人などに就職して実務経験を積む必要があるため、まずは就職先の確保ができなければ将来の展望は開けません。 数年前までは公認会計士試験の合格者が急激に増え続けたこともあり、試験合格者であっても深刻な就職難に見舞われていました。 しかし近年、状況は一変しました。 就職難を受けて試験の合格者数を絞ったこと、従来の会計基準から国際会計基準に移行する企業が増えたことなどが要因となり、公認会計士の需要が増加し、就職難は解消されています。 公認会計士になるには 公認会計士になるには、試験に2回合格する必要があります。 まず、公認会計士試験の合格が必須です。 その後、2年間の実務経験と実務補習所での単位取得を経て、最終試験(修了考査)に合格すると公認会計士の資格が与えられます。 数ある国家資格のなかでも、弁護士と並び取得に労力の必要な難関資格といえます。 公認会計士試験 公認会計士試験は金融庁の公認会計士・監査審査会が実施する国家試験です。 受験資格は特に定められておらず、広く門戸が開かれています。 試験はマークシート方式の「短答式」と「論文式」の2つで実施され、短答式試験の合格者のみ、論文式試験を受験することができます。 また、短答式試験の合格者は、その後2年間は短答式試験が免除され、論文式試験の受験資格が与えられます。 なお、会計専門職大学院(アカウンティングスクール)の修了者は、条件を満たせば短答式試験の一部科目が免除されます。 2016年の最終合格者は1,108人で、合格率は10. 8%でした。 19歳から67歳と、広い年齢層で合格者が出ており、出身校も大学に限らず、バックグラウンドはさまざまなようです。 日本公認会計士協会によると、大学出身者の場合、経済学部、商学部、経営学部出身者の合格割合が比較的高いとのことですが、最近では法学部や理数系学部といったさまざまな学部の出身者が合格しているようです。 このことから、学部や大学での専攻による有利不利はあまりないと言えるでしょう。 合格者のなかには、大学などのほかにダブルスクールで「資格の学校TAC」や「LEC東京リーガルマインド」や「資格の大原」などの資格試験予備校にも通い、合格を勝ち取る人が少なくないようです。 実務(業務補助) 実務(業務補助)については、2年間の経験が必要です。 監査法人や企業の会計部門などに就職して経験を積むのが一般的です。 実務を積むタイミングは公認会計士試験合格の前後を問いません。 つまり、受験生のうちから就職して経験を積んでおくことも可能です。 実務補習と修了考査 実務補習では、原則として3年間、実務補習所という教育機関に通って必要な単位を取得すると、修了考査の受験資格が与えられます。 修了考査に合格すると公認会計士資格が付与されます。 公認会計士の求人について 監査法人の求人では、監査業務を中心に扱う職種とアドバイザリー業務を中心に扱う職種で求人の傾向が若干異なるようです。 監査業務を中心に扱う職種は、業務未経験の公認会計士試験合格者や第二新卒者も応募できるのに対し、アドバイザリー業務やコンサルティング業務を扱う職種では、公認会計士としての勤務経験や隣接分野での実務経験を求められるケースが多いようです。 収入は、アドバイザリー業務を中心に扱う職種のほうが比較的高めの傾向があります。 事業会社の求人は、会計部門の責任者や上場準備に関するポジションなど、専門的なものが多く、公認会計士資格のほか該当分野の実務経験を応募の必須条件とするケースが多いようです。 出典: 公認会計士の年収・給与 気になる公認会計士の給料・年収は? 全国の求人の給与情報をまとめて集計、公認会計士の給与帯・年収帯を独自にグラフ化しました。 … 公認会計士経験者の口コミ 現役公認会計士、公認会計士経験者にアンケートを実施。 公認会計士の仕事の口コミ・評判を集めました。 公認会計士になるのに必要な学歴(学部)は?独学での合格は可能? N. このため、公認会計士になるために必要な最終学歴としては、高校卒業や専門学校卒業でも問題はないと思いますし、実際に公認会計士の専門学校卒業の合格者もいます。 た … Q2. 公認会計士試験に合格するために努力したことは?かかった費用は? N. わかっている(つもりになっている)ことと、実際に問題が正確に … Q3. 公認会計士のやりがいと将来性についてどう思いますか? N. この過程で、業種や会社や部門によって異なる様々な内部統制や業務の流れを見ていくことに ….

次の

公認会計士になるには・仕事内容・将来性・年収・全国の求人|スタンバイ

監査法人 将来性

90年代後半に第二次試験に合格し、大手監査法人に入所• 監査業務を中心にIPO支援、その他コンサルティング業務にも従事• バックオフィス系部署や地方事務所での勤務、大手監査法人間での転職も経験• ほぼ規定年数でシニアマネージャまで昇進 これまでの監査法人から得てきた評価なのですが、不得意なことはありつつも、おおむね平均を少し上回るくらいの評価は得てきたと思います。 みんなが嫌がるような仕事も率先して引き受けたりして、自分なりに精一杯働いてきたつもりです。 でも平均を少し上回る程度では、やっぱりパートナーにはなれないようです。 会計士になったからには、一度は上場会社の監査報告書にサインしてみたいとは思っていましたが、諦めるしかなさそうです。 一方でシニアマネージャの給料でも十分にやっていけるので、このまま定年まで働き続けられるなら、それはそれでよいかもと考えていました。 でも監査法人でパートナーになれない者に居場所は残されていませんでした。 私はこの事実に気付くのが遅すぎたため、今になって苦しい立場に追い詰められています。 なぜ一生懸命がんばってきたのに、定年まで監査法人で働き続けることはできないでしょうか。 これには業界がもつ構造的問題が大きく関係しています。 経済成長を大幅に超える会計士の増加 今の日本に公認会計士が何名くらいいるか知っていますか? 私が監査法人で働き始めた頃は17,000人程度だったのですが、現在では38,000人を超えています。 公認会計士の数は、たった20年の間に倍以上に増えているのです。 一方で日本経済はこの20年間デフレに喘ぎ、思うような成長を遂げられず上場会社数は伸び悩んでいます。 公認会計士の数と上場会社数がバランスよく推移すれば、定年まで監査法人で働けるのだと思います。 でも現実には経済成長をはるかに上回るペースで会計士の数を増やし、私のように監査法人で居場所を失う会計士を多数生み出してしまったのだと思います。 監査法人は会計士の職業訓練所 監査法人は試験合格者たちを一人前の会計士に育てるという社会的使命を担わされています。 監査が独占業務であり、かつ寡占化が進んでいる中では、会計士を一人前に育てられるのは監査法人だけです。 このことを考えれば、監査法人が会計士の職業訓練所として機能することが求められるのは、仕方ないのかもしれません。 試験合格者たちも昔は毎年700名程度だったものが、最近では1,300人を上回っており、倍以上に増加しています。 この増え続ける新人たちを監査法人は新陳代謝を繰り返しながら、吸収し続けなければならないのです。 リーマンショック後に大量リストラを行った年度ですら、多くの試験合格者たちを採用したのは記憶に新しいところです。 実際に金融庁や会計士協会からも定期採用に関して強い要請があるそうです。 私が苦しんでいるのは、監査の仕事はさせてもらえず、自分の食いぶちを自分で探すことが求められているからです。 もし今でも監査の仕事を続けさせてもらえるなら、こんなに苦しむことはありません。 当たり前の話ですがこれまでの経験がある分、後輩たちよりもずっと上手に監査を回すことができると思います。 でも私も先輩たちから経験の場を譲ってもらえたから、今の自分があるのだと思います。 今度は私が後輩たちに経験の場を譲らなくてはならないのだと思います。 独立開業を取り巻く環境の変化 監査法人からのイグジット先として誰もが思いつくのが独立開業だと思います。 この独立開業を取り巻く環境も、昔と今では大きく変わっています。 私が会計士になったばかりの頃は、会計士や税理士の数も今ほど多くなく、競争も激しくなかったことから、独立開業のハードルは今ほど高くありませんでした。 また監査もゆるかったので、会計や監査以外のことに多くの時間を割けた時代でもありました。 クライアントから税務の質問を受けることも多く、会計士は皆、税務の勉強に多くの時間を割いていたように思います。 今考えれば、監査法人で働く中で独立開業の下地を作ることができた時代だったのだと思います。 ところが今は監査が厳格化され、多くの時間を使って監査調書を作りこむことが求められています。 また会計基準も頻繁に改定されることから、これらのキャッチアップに多くの時間を割かなくてはならず、税務に関する知識の習得に回す時間は残されていません。 加えて会計士や税理士の数は倍増しており、独立開業しても差別化を図らないと食っていくことができない時代になっています。 これらのことが結果的に独立開業のハードルをあげているのだと思います。 昔は独立開業が当たり前だったため、そもそも監査法人に残る人が少なく、残りさえすれば誰もがパートナーになれていました。 現在は独立開業のハードルが上がり、監査法人に残りたいと考える人が増えているにも関わらず、組織構造が変わらないため、問題は深刻化しているのだと思います。 雇用維持のための仕組みを持たない監査法人 監査法人では、パートナーになることができない私に居場所は残されていません。 官僚の天下り先や金融機関の出向先のように、監査法人にも雇用を安定化させる仕組みがあれば良かったのですが、監査法人にはありません。 天下りや出向については批判もあります。 しかしながら雇用を安定化させるこれらの仕組みがなければ、出世競争に負ければ路頭に迷うことになってしまいます。 これでは優秀な人材が集まることはありませんので、優秀な人材を確保する手段として、天下りは意味があるのだと思います。 昔は独立開業すれば簡単に食えていたため、監査法人では雇用を安定化させる必要性もなかったのだと思います。 でも時代は変わり、独立開業のハードルは上がり、監査法人に残りたいと考える人は確実に増えています。 そうであるなら雇用を安定させる仕組みを監査法人でも作るべきだと思うのですが、現在はこのような仕組みはありませんし、この先も用意されるとは思えません。 結局、自分の身は自分で守るしかなさそうです。 まとめ 監査法人ではパートナーに登用されない限り、業界が持つ構造的問題のため、定年まで働くことはできません。 パートナになるのも無理ゲーなのですが、それでもパートナーを目指すというなら、試しにやってもるのも良いと思います。 でも無理ゲーに参加する気がそもそもないなら、早いうちに次のキャリアプランについて考えるべきです。 独立開業するにしても、監査法人で必要なスキルを身に付けるのは難しいため、もうワンステップが必要になることがほとんどです。 将来を見据えたキャリアが形成できるように、タイミングを逃さず、行動するようにしてください。 そうすれば、きっと私とは違った会計士人生を歩むことができると思います。

次の