玉ねぎ チャーハン。 「チャーハン」「ピラフ」「焼き飯」

チャーハンがパラパラになるコツ!簡単!パラパラならない理由も紹介!

玉ねぎ チャーハン

豚肉は2cm幅に切り、塩、こしょう各少々をふる。 キムチは粗く刻んで汁もとりおく。 キムチを切るときに出た汁も使う。 「この汁はうまみのもと。 野菜の栄養も溶け込んでるので、買うときに入れてもらってぜひ料理に使って」。 フライパンにごま油大さじ1を熱し、豚肉、キムチを汁ごと加えて炒める。 豚肉にこんがりがついたらご飯をほぐしながら加えて炒める。 ねぎを加えてさっと炒め、しょうゆ大さじ1をから回し入れて全体にからめる。 にら、いりごまを加えて混ぜ、塩、こしょうで。 切り方 小口切り 端から1〜2cm幅に切ります。 実だくさんの汁ものの具などに。 みじん切り 1 切り離してしまわないよう、斜めに細かく切り込みを入れます。 裏返して同様に切り込みを入れます。 みじん切り 2 端から細かく刻みます。 みじん切り 1 包丁の刃先で、縦に4〜6本切り込みを入れます。 みじん切り 2 広がらないよう一方の手でまとめて押さえ、端から細かく刻んで。 しらがねぎ 煮ものや汁ものの飾り、薬味として使います。 水けをきるときに、ざるなどに上げればパリッと(画像右)、ふきんなどに包んで流水の下でもみ洗いし、水分を絞ればくしゅっと(画像左)させることができます。 しらがねぎ(1) 長ねぎの白い部分を長さ5〜6cmに切り、中心まで縦に切り目を入れて開き、芯を除きます。 しらがねぎ(2) 開いたものを重ねて、繊維に沿って端からごく細く切ります。 しらがねぎ(3) 冷水にしばらくさらし、水けをきります。 斜め切り 根元を切り落として端から1〜2cm幅に斜めに切り分けます。 斜め薄切り 根元を切り落とし、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなって、口当たりがよくなります。 縦半分斜め薄切り(1) 根元を切り落として縦半分に切り込みを入れ、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなるので、縦せん切りより食べやすくなります。

次の

「チャーハン」「ピラフ」「焼き飯」

玉ねぎ チャーハン

チャーハン(炒飯)は、中国料理が日本に伝わった料理。 熱した鍋に油をひき、溶き卵、炊いた白米(ご飯)、ハムや焼き豚などの肉類、ネギなどの野菜、エビやカニなどの魚介類を入れて炒める。 ピラフは、中近東発祥の料理で、トルコ料理が有名。 生米、玉ねぎのみじん切りをバターで炒め、肉や野菜、スープを入れて弱火でじっくり炊く、炊き込みご飯の一種である。 チャーハンとピラフの主な違いは、炊いた米を炒めるか、生米を炒めるか。 仕上げまで炒めるのか、仕上げは炊くかの違いである。 焼き飯は、お好み焼きや焼きそばなど、鉄板を使う料理が多い関西ならではの料理で、お店で作られる焼き飯は鉄板が使われる。 チャーハンは漢字で「炒飯」と書くように「飯を炒める料理」だが、焼き飯は「焼」の文字が入っているように「飯を焼く料理」である。 また、卵を入れてからご飯を入れて炒めるチャーハンに対し、焼き飯は卵を後から入れる。 ただし、上記は平均的な焼き飯をいったもので、明確な違いではない。 作る過程は同じで塩味のものを「チャーハン」、醤油味を「焼き飯」と区別しているお店もあれば、「チャーハン」を「焼き飯」と呼び、全く同じものとして扱っているお店もある。

次の

玉ねぎを使ったチャーハン人気レシピ!パラパラのコツやアレンジも!

玉ねぎ チャーハン

豚肉は2cm幅に切り、塩、こしょう各少々をふる。 キムチは粗く刻んで汁もとりおく。 キムチを切るときに出た汁も使う。 「この汁はうまみのもと。 野菜の栄養も溶け込んでるので、買うときに入れてもらってぜひ料理に使って」。 フライパンにごま油大さじ1を熱し、豚肉、キムチを汁ごと加えて炒める。 豚肉にこんがりがついたらご飯をほぐしながら加えて炒める。 ねぎを加えてさっと炒め、しょうゆ大さじ1をから回し入れて全体にからめる。 にら、いりごまを加えて混ぜ、塩、こしょうで。 切り方 小口切り 端から1〜2cm幅に切ります。 実だくさんの汁ものの具などに。 みじん切り 1 切り離してしまわないよう、斜めに細かく切り込みを入れます。 裏返して同様に切り込みを入れます。 みじん切り 2 端から細かく刻みます。 みじん切り 1 包丁の刃先で、縦に4〜6本切り込みを入れます。 みじん切り 2 広がらないよう一方の手でまとめて押さえ、端から細かく刻んで。 しらがねぎ 煮ものや汁ものの飾り、薬味として使います。 水けをきるときに、ざるなどに上げればパリッと(画像右)、ふきんなどに包んで流水の下でもみ洗いし、水分を絞ればくしゅっと(画像左)させることができます。 しらがねぎ(1) 長ねぎの白い部分を長さ5〜6cmに切り、中心まで縦に切り目を入れて開き、芯を除きます。 しらがねぎ(2) 開いたものを重ねて、繊維に沿って端からごく細く切ります。 しらがねぎ(3) 冷水にしばらくさらし、水けをきります。 斜め切り 根元を切り落として端から1〜2cm幅に斜めに切り分けます。 斜め薄切り 根元を切り落とし、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなって、口当たりがよくなります。 縦半分斜め薄切り(1) 根元を切り落として縦半分に切り込みを入れ、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなるので、縦せん切りより食べやすくなります。

次の