年賀状いつまで出していい。 年賀状っていつ書く?正直いつまでに届けば失礼がない?

年賀状はいつまでなら出しても良いの?寒中見舞いはいつから?

年賀状いつまで出していい

スポンサードリンク 年賀状はいつ書く? 世間のみなさんが年賀状を書くのはいつなのか?調べてみると、面白い事が分かりました。 【男性の場合】 ・年末ギリギリ 44% ・11月から12月中頃 27% ・書かない 29% 【女性の場合】 ・年末ギリギリ 48% ・11月から12月中頃 36% ・書かない 16% へぇ~結構な数の方が年末ギリギリに書いているんですね!! おそらく、忙しくて、仕事納めが終わってから書いたり、または面倒くさくて・・・ついつい年末まで引きずってしまっていたり?? でも、予想通り、きちんと1月1日の元旦に届くように推奨されている期間内に書いている方もいますね。 女性が多いのも納得。 男性よりは女性の方がマメな方が多いですからね。 でも、結局いつまでに書けば、相手に失礼のないタイミングに届くのか気になります。 あなたなら、新年のいつまでに自分あてに届いた年賀状を気持ちよく受け取れますか?? もちろん、個人的な印象は変わるのでしょうが、一主婦の私にとっては正月の三が日までにポストに入っていると、 ・『忙しくても何とか年末までに書いてくれたんだな』 ・『初めから私に年賀状を出す予定で出してくれたんだな』 といった印象を受けます。 (笑) そして、その後、1月4日や5日、6日と過ぎるにつれ、 ・『お正月休みに書いてくれたのかな?』 ・『私の年賀状を受け取ってから書いてくれたのかな?』 ・『出す予定はなかったけど、私が送ってしまったから(仕方なく)返してきたのかな?』 と、少しずつ受け取る際の喜びが薄らいでくるんです(笑) なんともシビアですね・・・。 もちろん、本来は新年を迎えて年賀状を書くのが本来である事は承知の上なのですが、やはり、せっかく受け取るならば元日や三が日のうちに受け取るほうが気分が盛り上がるものです。 では、具体的にいつまでに相手に届けばいいのかを次に記事にまとめますね。 年賀状いつまでに届けば失礼がないの? 年賀状はいつまでに相手に届けば失礼がないのでしょうか? 上の記事にも書きましたように、個人的にはやはり正月三が日までに届いた年賀状の方が、嬉しいと感じるのですが、実際には様々な理由で、三が日までに相手に届かない場合があります。 一般的には、年賀状というのは1月7日の松の内までに届けるのが慣例となっています。 事実、郵便局でも1月7日までを年賀取扱期間中として、年賀状に消印を押しません。 ですので、相手に消印が押されていない、年賀状をお届けしたいと考えるのであれば 遅くても1月7日に相手に届くように投函しましょう。 年賀状を投函するタイムリミットは、送り先が市内なのか、遠方なのかによっても差がありますので、 余裕をみて、1月4日、5日までに郵便局の窓口などで確認しましょうね。 参考までに、全国のポストの集配時間が分かる便利なサイトもあります。 ただし、リアルタイムで正確である保証はありませんので、時間に余裕がない場合は、窓口に確実に投函しましょう! ちなみに、1月7日を過ぎて相手に届いてしまうようであれば、年賀状としてハガキを出すのではなく、 『寒中見舞い』として1月8日から1月中を目安に相手に届くように出しましょう。 その際は、年賀状を受け取っているならば年賀状のお礼を忘れないようにしましょうね。 まとめ 年賀状はやはりなんといっても元日に届いたものが一番嬉しいものです。 年賀状を出す意思があるのであれば、出来るだけ、いえ、今からでも準備をして少しずつ書いて、確実に元日に届けられるように準備をしましょうね!!.

次の

年賀状はいつまで年明けに送れる?出し忘れた場合、2月まで寒中で!

年賀状いつまで出していい

スポンサードリンク 年賀状はいつまでに出せばいい? 年賀状は松の内に届くように・・・ 新年の挨拶である年賀状は、松の内である元旦から1月7日までに届くように出すのがマナーです。 それよりも遅れるなら年賀状ではなく、寒中見舞いを出しましょう。 寒中見舞いは、松の内があけてから(1月7日以降)、暦の「大寒(1月20日ごろ)」の前後1週間をめどに届くように出すものですが、この場合は年賀状の返信として出すのですから、あまり遅くならないように1月中旬までには出すようにするといいですよ。 かといって、寒中見舞いは、一年のうちで一番寒い時期に、相手の健康を気遣う季節の挨拶状であって、決して年賀状の返事の代わりではありませんので、1月7日を待ってたかのように早々に出すのも考えものです。 寒中見舞いは年賀はがきで出せる? 年賀はがきは、新年の挨拶に使うものです。 ですので、 寒中見舞いを年賀はがきで出すことは、礼儀やマナーのうえでNGです。 「余った年賀はがき」を使って書いた、このように思われる可能性がありますし、「嫌がる人がいるかもしれない」と考えられることはしないほうが賢明です。 寒中見舞いを年賀はがきで出すことは無作法です。 きちんと官製はがきや私製はがきで出しましょう。 余った年賀ハガキは、郵便局で1枚5円の手数料で通常のはがきに取り換えてもらえますよ。 寒中お見舞い申し上げます 新春のご祝詞を頂きながらご挨拶が遅れてしまいました 誠に申し訳ございません 厳寒の折 風邪などお召しになられませんようご自愛ください 今年も宜しくお願い申し上げます ポイントは、年賀状を出しそびれたお詫びを必ず書くこと。 そのほかご無沙汰している人へは、家族の近況を報告、また相手の健康をいたわることばを書き、最後に無事を祈ることばで結ぶといいですね。 まとめ 年賀状ってもらうとうれしいものですね。 でも、出していない人から年賀状がくると、どうしたら失礼にならないのかと、焦りで頭がグルグルしてきます。 そんなことのないように、マナーや礼儀をわきまえた対応ができるようにしておくと安心ですね。

次の

年賀状はいつまで出せる?出していいのはこの日まで!

年賀状いつまで出していい

Contents• 年賀状のポストの投函はいつから 年賀状の 受付開始は 毎年12月15日になります。 2017年も12月15日からとなりますが、 12月15日が日曜日であった年も受付開始日だったので 曜日に関係なく、毎年12月15日が受付開始日になると思います。 いつまでに出せば元旦に届くのか 郵便局によると目安として 12月25日までに出せば 全国どこでも簡単にはつくと言われています。 また、出す場所が ・ 市内であれば12月30日まで ・ 郵便番号上2桁が一緒であれば12月29日まで ・ 県内であれば12月28日まで ・ 隣接都道府県内であれば12月27日まで ・ 隣接都道府県以上離れている場合12月25日まで に出せば元旦には間に合う目安となるようです。 なので、たとえ出す宛先が市内であったとしても 12月30日までには出さないと元旦に届くのは難しくなってきます。 スポンサードリンク 年賀状の出し方やマナーとは 年賀状は基本的に 1月1日から1月7日の間に届くようにするのがマナーです。 なので、できるだけ早く投函できる準備をし 投函開始日の12月15日には出せる準備をしておきましょう。 最低でも、元旦に届く目安である 12月25日までには出せるようにしておくのが確実です。 もし届く日が1月7日を過ぎてしまう場合は「寒中見舞い」として出すのがマナーのようです。 年賀状は基本的には 『新年の挨拶』で始まり ・これからのおつきあいをお願いすること ・「ご自愛ください」などを添えて相手の体を気遣う ご無沙汰している場合は ・近況報告 などを書いていきますが あまりいろいろ書かずにシンプルな内容にするのが普通です。 あまり、プライベートでのことや具体的なことを書きすぎると 年賀状なので、他の人に見られる可能性が高く、出した相手によっては迷惑となる場合もあるので 基本的には個人的な内容は書かないほうが無難です。 でも結婚や出産、引越しなど大きな変化があった場合は そのことについてメインで書くのもいいでしょう。 年賀状はまとめて出す場合輪ゴムを使うとメリットになるのか もし、年賀状を出すときに多くの枚数になってしまうことがあった場合 そのまんま出すと年賀状が一般郵便物に混じってしまうこともあるかもしれません。 そんな時に輪ゴムで『ひとまとめ』にしておくと、混じる心配がないだけでなく 出す際にバラバラになってしまったり、出し忘れてしまうという心配もなくなるので 一旦輪ゴムでまとめておくのがお勧めです。 ただ、あまりきつくまとめてしまうと、年賀状が 傷んでしまう可能性があるので まとめる際には ゴムの圧力に気を配るようにしましょう。 あとは、年賀状出す人には関係ないのですが はがきの向きをそろえたり 『市内のものと市外のものに分ける』だけで 郵便局の人はかなり作業が楽になるようです。 なので、もしかしたらそれらのことも気を配ると 作業効率が上がり元旦に届く確率が上がるかもしれません。 スポンサードリンク•

次の