条件付き countif。 エクセル上級者直伝!COUNTIF関数の基本と知っていると便利な応用術

スプレッドシートで条件に一致するセルを数えるCOUNTIF関数|Excelの使い方

条件付き countif

COUNTIF関数はそんなときに使える「指定した条件のデータを数える関数」です。 データの個数を数えるCOUNT関数と条件を指定して結果を返すIF関数の両機能を併せ持つ関数で、表計算ではよく使われる関数です。 この関数を使いこなせば、面倒なカウント作業もすぐに終わりますよ! まずは関数の書き方から覚えていってくださいね。 1-1. COUNTIF関数の基本 COUNTIF関数は「指定された範囲に含まれるセルのうち、検索条件に一致するセルの個数を返す」機能を持ちます。 COUNTIF関数は以下のように書きます。 下図を見てください。 C5に数式バーに表示されている式が入っており、その結果が「3」として表示されています。 A1:A6の中で3より大きいのは、A4、A5、A6ですので該当するセルは3個です。 したがって関数の結果は「3」となっています。 ちなみに表にはありませんが、結合したセルはどれだけ複数のセルを結合していても1つのデータとしてカウントします。 データ個数は結合されたセルの個数ではありませんので注意してください。 関数を使う手順は以下の通りです。 参照先をドラッグで範囲指定します。 「,(カンマ)」を入力し、検索条件を入力します。 最後に「 」で関数を閉じて、Enterキーを押すと結果が返ります。 囲んでいない場合は参照や数値、結合などの記号とみなされてしまい、エラーとなります。 検索条件に使用できる演算子はエクセルを使用しているなら普段使用するものですので、特別に覚えるものはないかと思います。 これが数値を検索条件にした場合の書き方です。 次は検索条件に文字列を指定した場合をみていきましょう。 1-2. 文字列の指定方法 データ個数をカウントしたいセルに、数値ばかりが入っているわけではありませんよね。 検索する対象が文字列の場合も、数値と同じく検索条件をダブルクォーテーションで囲みます。 参照範囲の「エクセル」という文字列は2つあるため、結果は「2」が返っていますね。 1-2-1. ワイルドカードの使い方 文字列の場合、あいまいな検索をしたいときがあるはずです。 たとえば下図の名簿の中で、下の名前に関わらず「鈴木さんだけを数えたい」ときにあいまい検索をしなければなりません。 このようなときに使うのが「ワイルドカード」です。 ワイルドカードとはあいまい検索をするための記号のことで、「? どちらも検索したい文字にくっつけて検索条件に入力します。 」は検索したい文字列の文字数が分かっている場合に使用します。 もちろん「? 」が4つの場合は、「鈴木五右衛門」だけがカウントされます。 使い方は「? ワイルドカードを使うとき、注意したいのは検索条件に参照を入れる場合です。 たとえば検索したい文字の「郎」をC1に入力しており、それを検索条件にしたい場合です。 なぜならこれだと、最後が「C1」で終わる文字列を検索していることになるからです。 ダブルクォーテーションで囲んだ参照(C1)は文字列としてエクセルは認識してしまうので、検索条件にセル番号を入れる場合は、セル番号にダブルクォーテーションはつけずに書きます。 ワイルドカードにはダブルクォーテーションが必要ですので、こう書きます。 検索条件にセル番号を入れる場合は、セル番号にダブルクォーテーションはつけず書くこと。 この2点はワイルドカードをCOUNTIF関数以外の関数で使うときも同じため、覚えておくようにしましょう。 1-3. 空白や空白以外を検索条件にしたい場合、ダブルクォーテーションと演算子を入力します。 たとえば空白を検索したいときは下図のようになります。 (空白のため検索範囲はオレンジ色にしています。 ) 空白以外の時は「(等しくない)」を使用します。 複数条件を指定する 先に明かしてしまうと、COUNTIF関数で条件を複数指定することはできません。 この関数はあくまで「1つの条件に1つの結果」を返します。 でもそれでは不便なときが必ずあります。 そんなときのためにエクセルでは、COUNTIF関数の「複数条件指定バージョンの関数」がちゃんと用意されています。 COUNTIF関数を覚えたら、次の関数は応用です。 絶対に役立つので、ここでCOUNTIF関数と一緒に覚えておきましょう。 2-1. COUNTIFS関数の使い方 COUNTIFS関数は、「指定された範囲に含まれるセルのうち、複数の検索条件にすべて一致するセルの個数を返す」関数です。 複数条件が指定できるCOUNTIFだから、COUNTIF「S」関数です。 COUNTIFS関数は以下のように書きます。 ではまず下図を見てください。 表の下のB列に隣のC列に表示されている式が入力されています。 「50点以下」の点数はオレンジ色、「51点以上80点以下」の点数は青色にしています。 「50点以下」の場合、条件が1つのためCOUNTIF関数でも同じ結果を求めることができます。 しかし「51点以上80点以下」の場合、「51点以上」と「80点以下」とうい条件が2つあるため、COUNTIFS関数を使う必要があります。 COUNTIFS関数は条件のすべてが一致しているデータをカウントするため、「51点以上80点以下」の場合、51点以上でも81点以上、80点以下でも50点以下はカウントされていません。 ご覧の通り、COUNTIF関数を理解できれば、COUNTIFS関数も難しくないでしょう。 COUNTIFS関数は条件が1つからでも使用できるので、条件が増えるかもしれない場合は最初からCOUNTIFS関数を使用してもいいですね。 2-2. 複雑な条件ならばIF関数と組み合わせる COUNTIFS関数は分かったけれど、「全ての条件が一致しなければならない」のではなく、「いずれかの条件が一致すれば、その結果を返す」ことがしたい。 そんなときはIF関数を加えましょう。 IF関数は言わずと知れた「もしAならB、AでないならC」ということができる便利な関数です。 では下図を見てください。 表の下のB~D列に「合格」「不合格」が表示されています。 1段目から順に確認して行きましょう。 1段目は「各科目で50点以上が4人以上で合格」です。 カウント条件は1つのためCOUNTIF関数を使用しています。 カウント条件は2つのためCOUNTIFS関数を使用しています。

次の

Excel2010

条件付き countif

COUNTIF関数の基本 1つの検索条件に一致するセルの個数を返します。 構文 COUNTIF 範囲, 検索条件 範囲:数えるセルのグループ。 数値、配列、名前付き範囲、 数値を含む 参照を入れることができます。 検索条件:個数の計算対象となるセルを決定する条件。 文字列の場合は、大文字小文字を区別しません。 255文字より長い文字列は照合できません。 基本的な使い方 都道府県別の人口を表す表を例にします。 COUNTIFS関数の基本 複数の範囲のセルに条件を適用して、 すべての条件が満たされた回数をカウントします。 構文 COUNTIFS 条件範囲1, 検索条件1, [条件範囲 2, 検索条件 2],… 条件範囲1:対象となる最初の範囲 条件1:計算の対象となるセルを定義する条件 条件範囲 2, 条件 2…:追加の範囲と対応する条件。 指定できる数は最大127組です。 各追加範囲は、条件範囲1と同じ数の行および列が設定されている必要があります。 範囲はお互いに隣接している必要はありません。 比較演算子は、下記の記号を使います。 特に以上・以下とより大きい・より小さい(未満)の違いに注意しましょう。 疑問符? COUNTIF、COUNTIFS関数でOR条件 COUNTIFSはすべての条件を満たす(AND条件)には適していますが、いずれかの条件を満たす(OR条件)については、少々工夫が必要になります。 条件に重複がない場合、2つのCOUNTIF関数(またはCOUNTIFS関数)を合算します。 2つの関数を単純に合算すると、両方の条件に合致するセルが重複してカウントされます。 重複を防ぐためには複数のCOUNTIF関数(またはCOUNTIFS関数)を合算し、2つの条件をどちらも満たしているセルを除外する必要があります。 条件が複雑になるほど重複を考慮しなければならないので、条件が多くなりすぎないようにしましょう。 余談ですが、複雑なOR条件のカウントを実現したい場合には、SUMPRODUCT関数も参考にしてみてください。 CodeCamp提供のWebマスターコース 当メディアを運営しているCodeCampではWebマスターコースを現役エンジニアのマンツーマンレッスンという形で提供しています。 このコースの特徴は• バックからフロントまでエンジニアとしての基礎スキルを着実に獲得できる• プログラミング未経験から転職・フリーランスへ挑戦• 実際にWebサービスをを開発するのでポートフォリオとしても使用できる 無料レッスン受講後の申し込みで 10,000円クーポンをプレゼントしています!ぜひお試しください。

次の

COUNTIFの複数条件!COUNTIFS関数で複数の条件に合うデータを数える【Excel・エクセル】

条件付き countif

条件に一致するセルをカウントする COUNTIF関数,COUNTIFS関数 :Excel関数• 条件に一致するセルをカウントする COUNTIF関数,COUNTIFS関数• エクセルで条件付きでセル数を求める関数 COUNTIF関数 、複数の条件でのセル数を求める関数 COUNTIFS関数 の説明をしています。 COUNTIF関数やCOUNTIF関数の使い方をExcel関数の技 でも具体例を示して説明しています。 も併せてご覧ください。 ここでは、COUNTIF関数で文字列が完全に一致するセルの個数を数えます。 【問題1】 下表の名簿から男性の数をカウントしなさい。 【解答1例】 COUNTIF関数を使って求めます。 なお、検索条件は文字列ですのでダブルクォーテーションでくくります。 関数の引数を利用される場合は、範囲にE3:E22、検索条件に"男" と入力します。 関数の引数ダイアログ内では文字列を入力すると「"」が補完されますので、入力しなくても大丈夫です。 【問題2】 上記の名簿で氏名が 高 で始まる人の数を数えなさい。 【問題3】 上記の名簿で氏名が 子 で終わる人の数を数えなさい。 【問題4】 上記の名簿で氏名が 3文字の人をカウントしなさい。 【問題5】 上記の名簿で氏名の 2文字目に 田 を含む人をカウントしなさい。 【問題2の解答例】• 関数の引数ダイアログ内では文字列を入力すると「"」が補完されますので、入力しなくても大丈夫です。 【解答3例】• 【解答4例】• ワイルドカードの? クエスチョンマーク を使って、 検索条件を "??? " とすると、氏名が3文字のセルの数をカウントするここができます。 " とします。 ワイルドカード文字の? は半角文字で入力します• 関数の引数を利用される場合は、範囲に C3:C22、検索条件に "??? " と入力します。 は半角文字で入力します• 【解答5例】• ワイルドカードの? ワイルドカード文字の? 関数の引数を利用される場合は、範囲に C3:C22、検索条件に "? ワイルドカード文字の? COUNTIFS関数がExcel2007以降で使えるようになりましたので、COUNTIFでこのような使い方はしなくてもよくなりました。 考え方の一例として挙げておきます。 【問題6】 上記の名簿で年齢が30歳代の人の数を数えなさい。 年齢はリストに表示されている年齢とします。• 【解答6例】• 30歳代ということは30以上から40最以上の数を差し引けばよいと考えることができます。 イメージは下図のような感じです。 オレンジ色の部分をそれぞれが計算しています。

次の