中学生 男子 髪型 ツーブロック禁止。 ツーブロック禁止!!新学期前のカットはこれで決まり!?

なぜ、中学校はツーブロックがダメなのですか?理由がわかりません

中学生 男子 髪型 ツーブロック禁止

お店に来る学生さんたちで、「刈り上げやツーブロックはしないで、短くしてください。 」という注文が非常に多いです。 スタイル写真を見せてくれる学生さんもいます。 しかし、明らかに刈り上げているスタイルもありましたね。 その画像を見たときはなんでだろう?と思いました。 詳しく聞いてみると、 「校則で刈り上げやツーブロックはダメ」だということでした。 でも、坊主やソフトモヒカンはオッケーという場合があります。 ボウズもソフトモヒカンも立派な刈り上げですよ。 現にしている学生もいますしね。 何が良くて、何が悪いのかよく分かりませんよね。 まぁ、校則なので仕方がありません。 しか~し、 長い髪も印象が悪い為ダメ。 爽やかに短く刈り上げやツーブロックもダメ! いったいどうすればいいのでしょうか? 僕は刈り上げやツーブロックのほうが爽やかで印象が良いと思いますね。 そこで今回、校則で刈り上げとツーブロックが禁止について考えてみました。 ついでに、これなら大丈夫というスタイルも提案したいと思います。 コンテンツ• 中高生の髪型で刈り上げとツーブロックがなぜダメなのか? 校則で刈り上げやツーブロックがダメな理由は、一つだと思いますね。 それは、 流行りの髪型だから。 僕が学生の頃は長いスタイルの髪型が流行っていました。 特に襟足が長いウルフカットが流行っていましたね。 分かりやすく言うと、「ベッカムヘア」です。 なので、当時襟足が長いと「短くしてきなさい。 」といわれた方が多いと思います。 今は、海外でBARBERスタイルが定番スタイルとして定着し、ここ日本にも広がりつつあります。 前回のWカップでもBARBERスタイルの選手が多かったと思いますね。 流行りに敏感な学生ならやってみたいと思うでしょう。 短くて爽やか、手入れも簡単でだらしなく見えない。 なのに、流行りだからダメでは、納得いかないですよね。 では、なぜ校則でダメなのか?さらに詳しく見ていきますね。 刈り上げやツーブロックがダメなのは、 見え方に問題があります。 刈り上げがダメな理由は? BARBERスタイルは極端に短く、地肌が見える長さから段々に長くしていく刈り上げの方法になります。 よって、色味が白から黒と差が激しいグラデーションになります。 こんな感じに なので、学校側はこれをすべて刈り上げと見てしまうのです。 確かにここまで短いと差が激しいため、奇抜に見えてしまいますよね。 ツーブロックはどうでしょう。 ツーブロックがダメな理由は? まずツーブロックとは、髪を2つに分け下半分を短くして、上半分は長めに残した髪型になりますね。 基本、下半分はバリカンを入れて短くしていきます。 ということは上の髪と下の髪の長さに差があるんですね。 さらに、昔は、耳上だけにツーブロックを入れるスタイルが多かったですが、今では後ろもツーブロック入れるスタイルがあります。 こんなスタイルになりますね。 ツーブロックでは、刈り上げる幅の広さで奇抜に見えてしまうことがあります。 こちらを見てください。 左は狭くツーブロックをした髪型で、右は広くツーブロックをした髪型になります。 どうでしょう?右のほうが奇抜に見えませんか? (カラーで奇抜に見えるかもしれませんね。 ) よってツーブロックは、広い幅で刈り上げてしまうと差が激しくなり、奇抜に見えてしまいます。 と言う事は、刈り上げもツーブロックも差が激しいと、校則でダメになっているのだと思いますね。 それと、刈り上げの長さですね。 3ミリ以下のクリッパーで刈り上げてしまうと、地肌が見え色の差が大きくなってしまいます。 刈り上げが黒く見えるくらいの長さ(厚さ)に設定すると、激しく見えませんね。 よって、ツーブロックは、刈り上げの幅と刈り上げの長さ(厚さ)で奇抜かナチュラルに見られるのです。 しかし、刈り上げにもツーブロックにも良い点があります。 剛毛・直毛・くせ毛・多毛の方には、刈り上げやツーブロックをする事で、収まりが良くなり爽やかに見えるんですよ。 人によって髪質が違いますので、刈り上げなくても収まりが良い髪質には無理に刈り上げやツーブロックは提案しませんね。 私たちもプロなので、スタイルによって刈り上げやツーブロックをしたほうが、見た目が良くなるので提案させていただくこともあります。 そこで校則違反にならないような髪型を教えていきますね。 刈り上げとツーブロックにしたい学生のためのスタイルは? 髪の長さに差があると奇抜になるということは、その逆にすればいいのですよ。 刈り上げなら6ミリ以上で差が激しくないグラデーション。 こんな感じや こんな感じ 人によっては、6ミリでも差が激しく見えてしまう方もいるので、そこは、理容師や美容師に相談してくださいね。 自分で判断すると失敗しますのでね。 ツーブロックなら6ミリ以上で幅を広くとりすぎない。 これでもダメと言われてしまう学生さんには、こちらはどうでしょう。 こんな感じですね。 こちらの髪型は、刈り上げ部分を見せないようなスタイルですね。 このツーブロックに関しては、あまり幅を広くしないほうがいいと思います。 もし、校則が厳しく直しなさいと言われてしまった場合、幅が広いと直しにくい為、全体に短くするしかなくなっしまうからです。 あとは、逆に全体に短くして、少しだけツーブロックにする方法もあります。 こちらは、ほとんど刈り上げで、サイドの前の部分だけに少しツーブロックされているスタイルになりますね。 トップも短めにすることで、ツーブロックというよりただのショートスタイルに見えます。 参考にしてくださいね。 では、最後にまとめていきます。 まとめ 今回は、中高生の髪型で刈り上げやツーブロックが、なぜダメなのかについて書いてきました。 刈り上げやツーブロックが校則でダメな理由として、• 刈り上げは、BARBERスタイル拡がりつつあり、海外での刈り上げのようなスタイルをすべて刈り上げと見てしまっている。 ツーブロックは、刈り上げる幅が広いスタイルをツーブロックとして見てしまっている。 そこで、• 髪の毛の長さの差をあまり激しくないように刈り上げやツーブロックをする。 ツーブロックの部分を見せない髪型や、全体に短くしてただのショートスタイルに見えるようにツーブロックをする。 刈り上げやツーブロックをしたからと言って、すべての刈り上げ、ツーブロックをダメというわけではないと思いますよ。 頑固な先生もいて、なかなかできない学校もあると思います。 そのときは、こちらが大人になってあきらめましょう(笑) それか、意地を張ってやり続けるかの2択です。 見た目で印象が良いか悪いかで判断してもらえると助かりますね。 なので、理容師や美容師に相談しながら、髪型を決めるのが一番ですよ。 奇抜に見えないような髪型にしてみましょうね。 では、また。

次の

ツーブロックが中学、高校の校則で禁止になる理由がついに判明。そして抜け道も…

中学生 男子 髪型 ツーブロック禁止

まずは基準となる画像を持ってオーダーしてみる。 担当の美容師が、男性なのか女性なのか喋り易い人なのか無口な人なのか・・。 初めての美容室デビュー前はアレコレと不安に感じる事が多いかもしれません。 美容室で髪型をオーダーする時は基準となる画像を持っていき、「こういう髪型にしてほしい」と伝える事が最も簡単で確実にオーダーできる方法です。 そこで、中学生に人気がある髪型をいくつか紹介しますので、参考に役立ててみて下さい。 中学生に人気の髪型 No. biglobe. サイドや襟足は中学生らしくスッキリと仕上げ大人にも好印象を与える爽やかな髪型です。 biglobe. 短髪には抵抗がある、という方でも安心してチャレンジできる髪型ですよね。 中学生に人気の髪型 No. biglobe. 部活動などの関係で、長髪はNGという男子にオススメです。 スポーツマンらしい爽やかさとオシャレを両立した人気のスタイルですよ。 画像を持参して美容室へ行くと基本的には、美容師さんは画像を参考にしながら髪型を整えてくれます。 しかし、モデルと比較した時に髪質や顔の形など違いがあるのは当然です。 髪を切っている途中で、美容師から• 「前髪はどうする?」• 「サイドどうしよっか?」 などと、聞かれる事もあります。 部位ごとに質問された時はどのようにオーダーすれば良いのかを次項で詳しく解説しますので参考にして下さい。 中学生 男子の髪型の頼み方は部位ごとに言おう! 初めて美容室へ通う時、前述の通り「事前に参考となる画像」が準備出来れば良いですが必ずしも準備出来るとは限りません。 美容室では、画像を持っていかなくとも備え付けのファッション雑誌や髪型雑誌がありそこから「こんな感じにしてほしい」と告げる事も出来ます。 しかし、 ベースが決まっていても部位ごとに細かい指定を求められることもあるため以下で紹介する方法を参考にして各部位について聞かれても自分の意見をしっかりと美容師に伝えてあげましょう。 中学生 男子の髪型を頼むには、前髪から頼む! 髪を切る場合、最も大きく印象を決定づける部位が 「前髪部分」です。 美容師も、特に慎重になる部位でベース画像の有無に関わらず、聞かれる事が多い部位です。 前髪のカットで基本的なポイントは• 前髪を降ろすのか上げるのか?• 長さはどれくらいが良いのか? この2点が最も重要で基本的なポイントとなります。 中学生の場合、ほとんどの場合が整髪料などを使用して登校する事は校則で禁止されているはずです。 biglobe. 長さをどうしたいか伝えたい時は、• 眉よりも1cmくらい上• 目と眉の間ぐらい• 左側が軽い状態で、右側は前髪が重い状態の画像で、毛量によって印象も変わるので、軽くしてほしい。 重くしてほしいというようにオーダーをするとよりわかりやすいかと思いますよ! ただ、髪には髪質や「生えグセ」というものがあります。 髪質は硬さや毛量に加えていわゆる「天然パーマ」や「くせっ毛」などを指します。 生えグセは、その名の通り髪が生える方向のクセです。 また、髪の毛を降ろすスタイルの場合は長さの面でも「校則」を意識する必要があります。 校則ギリギリの長さにカットしてしまうとすぐに髪の毛が伸びて校則に引っ掛かる可能性があります。 前髪をオーダーする時は 自分の生えグセが判っていて「こういう風にカットして欲しい」という具体的な要望がある場合はしっかり伝えましょう。 もし、 生えグセは判っているが対処法が判らない場合は、自分の生え癖をそのまま美容師に伝えてみましょう。 生えグセの悩みを美容師に伝える事で逆に美容師から「こうすると良いよ」とアドバイスをもらえたり、対処法を提案してもらえます。 顔の印象に大きく関わる部位だけに前髪のオーダーでは、自分の髪に関する悩みも含めてしっかりと美容師に自分の意思を伝えてあげましょう。 中学生 男子の髪型の頼み方!サイドのオーダーの仕方 自分自身では両眼で見る事が出来ないサイド。 しかし、耳に髪がかかるか出ているかでも与える印象はかなり違います。 biglobe. biglobe. 校則との兼ね合いなどもあるため、例えば校則の頭髪に関する項目で「男子の頭髪は耳がしっかり出ていなければならない」などの記載があれば、おのずと耳はしっかりと出す事になります。 ただ、耳を出してくださいと言っても、 耳の形に沿って切るのと(画像左)、そうでないのと(画像右)では幼くなるのか、大人っぽくなるのか印象が一気に変わります。 耳に完全にかからないようにする• 耳にOOセンチかかるぐらいの長さにする• 耳が完全に隠れるように維持したい などというように美容師さんに伝えると良いですね! 校則と、自分がしたい髪型を踏まえた上で美容師にサイドはどのようにしたいのかを具体的に伝えてあげましょう。 中学生 男子の髪型の頼み方!後ろ髪のオーダーの仕方 中学生男子の場合、ショートヘアであってもミディアムヘアであっても、基本的には襟足はあまり長くは出来ないと思います。 校則がある以上、あまりに長い襟足にしてしまうと生徒指導の先生から注意を受けてしまいかねません。 中学生男子の髪型で襟足部分は大きく分けると• 刈り上げるスタイル• 自然に短く整えるスタイル の2パターンになります。 刈り上げる場合は襟足がかなりスッキリします。 chiebukuro. yahoo. blog. html 長くなり過ぎない程度に、自然な仕上がりにも出来ます。 希望の襟足などがある場合も 美容師にしっかりと伝えてあげましょうね。 中学生 男子の髪型の頼み方!トップオーダーの仕方 髪の毛の頭頂部を「トップ」と言います。 トップ部分についてオーダーする際は 長さと毛量のコントロールが中心となります。 どうしても気になる髪型がない時はどうする? 雑誌を見ても、ネットで画像を探しても「自分には似合わないかも」と思うと髪型が決まらない事もありますよね? どうしても参考画像や気になる髪型が決まらない時は顔の形や骨格が似ているモデルを探してみましょう。 顔の形は、丸顔や四角顔にホームベース型など様々な表現がされます。 自分の顔に似た骨格のモデルで、似合っていると感じる髪型は近い骨格のあなたにもきっと似合いますよ。 また、髪型に強いこだわりが無い場合は要点だけを伝えて、美容師に「お任せ」するのも一つの手です。 美容師に「お任せ」する場合は必ず、これだけは守ってほしい!というポイントは事前に伝える事を忘れずに。 例えば• 「短くしすぎない程度に」• 「整髪料無しでも決まる髪型で」• 「校則に違反しない範囲で爽やかに」 など、具体的な意見とふわっとしたイメージを伝えると 美容師が似合う髪型をチョイスしてくれますよ。 中学生 男子の髪型の頼み方はどうすれば良い? 初めて美容室で髪を切ってもらう時は誰でも緊張するものです。

次の

中学生男子校則に引っかからないツーブロックセットなしスタイル詳細はこちらです♪【セブンカタログ82】

中学生 男子 髪型 ツーブロック禁止

春4月。 多くの子どもたちが新たな学校生活をスタートさせる中、福岡市の高校2年の男子生徒(16)から気になる声が特命取材班に届いた。 「なぜ、ツーブロックの髪形がだめなのでしょうか」。 ツーブロックは頭頂部を長く残し、サイドや後頭部を短く刈り上げた若者に人気の髪形だ。 取材班が福岡県立の高校・中等教育学校全95校の校則を調べたところ、少なくとも約3割の27校が禁止項目に明記していた。 男子生徒は中学1年だった2015年4月、服装検査で教員の指導を受けた。 「君の髪はツーブロック。 校則違反だからすぐに直してくるように」。 中高生の散髪も手掛ける美容師には、ツーブロックが校則違反と伝えてカットしてもらっていた。 それでも教員に指摘されて素直に従い登校するも「まだだめだ」。 もう一度、美容室で髪を切り、ほぼ丸刈りにしたがなおも認めてもらえず、憤った保護者が学校に抗議。 違反の基準や根拠を示すよう求めた。 しかし学校側は「見た目で判断しており、明確な基準はない」と回答しただけだったという。 ツーブロックはスポーツ選手や高級ホテルの従業員にもよく見かけ、清潔感が漂う。 ただ、男子生徒は流行を追ったわけではなく、あくまで「さっぱりしたかっただけ」。 その後も説明がないまま卒業し「なぜ違反なのか、いまだに分からない」と、もやもやした思いを抱き続ける。 「あなたの特命取材班」とは? 西日本新聞「あなたの特命取材班」は、記者が読者と直接つながり、双方向のやりとりと新聞社の取材力を生かした調査報道で、地域や社会の課題解決を目指します。 あなたの「知りたい」にこたえ、深く正確に報じる「オンデマンド調査報道」(ジャーナリズム・オン・デマンド=JOD)に挑んでいます。 暮らしの疑問から地域の困り事、行政や企業の不正まで、調査依頼や情報をお寄せください。 全国各地のローカル・メディアとも連携し、情報や記事を共有したり、協働調査報道に取り組んだりしています。 ツイッターやフェイスブックの文中に「#あなたの特命取材班 」を入れて発信してください。 で取材班と直接やりとりもできます。

次の