関西 電気 保安 協会 cm。 関西電気保安協会CMの俳優は誰で名前は?経歴やプロフィールを調査!|AyaboのHAPPYログ♪

ある日突然関西人になってしまった男の物語|関西電気保安協会|

関西 電気 保安 協会 cm

最終更新日:2020年4月18日 関西電気保安協会のCMが話題になっています。 3月から動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開を始めた新たなCMシリーズ。 ある日突然「関西人」になってしまったことで起こるエピソードを 全12話にわたってお送りしています。 背の高いひょろ~っとした男性が 目をまん丸くして驚く表情がとても印象的。 このシリーズの主人公である、 関西とは縁もゆかりもない男、西尾学(「西を学ぶ」)役の俳優さんについて みていきましょう! ある日突然関西人になってしまった男の物語 関西外から転勤してきた男性、西尾学。 そこから関西人に染まっていく西尾学。 西尾学が毎回ふれ合う人物の中に、 関西電気保安協会の方が1人登場しているのも魅力です^^ このCMでひときわ大きな目玉をむきだしにして驚いている男性。 声は少し幼い印象なのですが、 なんていう俳優さんなのでしょうか? 目次• ロックバンド「THE TOKYO」のギタリスト こだまたいちさん 西尾学役のこの男性は ロックバンド「THE TOKYO」のギタリスト、こだまたいちさんという方でした。 紗羅マリーさん から、バトン受け取りました! 光栄です🙏 悩んだ末、CAROLの「ファンキー・モンキー・ベイビー」を替え歌してみることにしました! 謎 聴いてください、初披露「シャンプー・リンス・無え」。 プロフィールはこんな感じです• お名前:こだまたいちさん(兒玉 太智)• 出身地:愛知県• 生年月日:1991年3月13日• 身長:177cm• mensnonno. 煌めいていて、ギラギラしていて、そして、切ない。 日本のロック・フォーク・歌謡曲が放つ土着臭を継承しながらも、懐古主義にどっぷり浸るのでは無く、「現在」に昇華させる。 いつまでも錆び付くことのない、エバーグリーンな楽曲を搔き鳴らし続ける5人編成ロック・バンド。 ギターの「こだまたいち」は、フォークシンガー・俳優・モデルとしても活動している。 楽天で購入 ミュージシャンでありながら、 the shes gone 「ふたりのうた」のMVや 出演映画『貴族降臨 PRINCE OF LEGEND』などに出演するなど 俳優としても活躍されています。 彼はミュージシャンなのか。 最後までお読みいただきありがとうございます!.

次の

電気守る使命を軽快に描く関西電気保安協会のウェブ動画に広告賞

関西 電気 保安 協会 cm

庶務部は、職員の方の服務・人事・給与から、建物の管理など業務が多岐にわたりますが、職員一人ひとりが生き生きと働けるよう職場環境を整え、業務がスムーズに運営されるよう、日々サポートをしています。 まさに、協会を「陰で支える重要な役割」を担う部署だと思います。 仕事のやりがいを感じるのは、職員の方の声を聞きながら、予算と向き合って建物修繕を行った結果、職員の方から「こうしてくれたからとてもよくなった」「ありがとう」と声をかけられ、それまでの苦労が一瞬で消え、喜びに変わる瞬間です。 また、職場全体の雰囲気も良くなり、働きやすい職場環境が形として未来へ引き継いでいけるところに大きなやりがいを感じ、私自身も次へのステップへと気持ちを繋げることができています。 休日は家族や友人と、映画・お芝居・コンサートなどに出かけ、至福の時間を過ごすことで、心のリフレッシュ充電を行っています。 協会との出会いは、電設工業展。 展示ブースを訪れたところ、協会の方に通電火災防止ツールを紹介いただいたことがきっかけで、電気安全を守る仕事に興味が湧き、3年前に入社しました。 現在は、営業部の予算編成や営業業務関係会議の運営を担当しています。 優しい上司や同僚に恵まれた部署で、業務上に生じた疑問はその場ですぐに相談し、前向きに改善する事を心掛けています。 現職場での経験と、入社2年目に窓口担当としてお客さまを定期訪問した経験を活かして、お客さまが喜ぶサービスを提供することが、私の目標です。 休日は、同僚とスノーボードに出かけたり、バンドのライブを鑑賞したり、趣味のテレビゲームに没頭したりして、気分転換をしています。 現在のマイブームは、会社帰りにスパイスカレー屋を巡ること!一緒に巡ってくれる仲間を募集中です(笑)。 私は、労務・安全グループで、職員給与の支払業務を担当しています。 働く職員の重要な原動力である給与という分野で、職員を支える仕事に携われることは、大変光栄です。 私が仕事をするにあたっては、職員の生活の基盤である給与の支払業務を通じて、協会職員が安心して仕事ができるようサポートをするという意識で臨んでいます。 新人職員なので、様々な事柄について勉強中の身ですが、周りの先輩職員からも丁寧に教えていただいています。 日々習得する知識が増えていくことが、頑張って働く職員へのサポート力につながると思うと、とても楽しく感じています。 私の最近の息抜きは、一人カラオケとスイーツを食べることです。 毎週末2時間のカラオケ帰りにパティスリーに立ち寄り、ずらりと並んだ宝石のような見目麗しいスイーツの中から、気に入ったものを選んで、家に帰ってゆっくり頂くことが、毎週末の楽しみです。 私の支店が担当する和歌山県は、海と山に恵まれ、温泉・観光・グルメと旅が満喫できる魅力がいっぱいです。 歴史ロマンを感じさせる熊野古道、高野山、日本一の生産量を誇る、ミカン、柿、梅、他では味わえないマグロやカツオ、タチウオなど、みなさん、ぜひ一度和歌山を体験しにいらして下さい。 職場には地元の出身の職員も多く、みんなが和歌山を愛し、明るく前向きに、生き生きと働いています。 私自身、出身地であるこの和歌山で責任ある役職に就く機会に恵まれ、和歌山支店のみんなと一緒に、お客さまから信頼される保安協会であり続けられるよう、日々努力しています。 これからも、和歌山県に密接した企業として、企業・県民のみなさまにとってなくてはならない存在になることが、私たちの目標です。 調査グループで、ご家庭などの低圧の電気設備の安全調査をしています。 電気を安全・安心に使っていただくために、4年に1度、宅内調査にお伺いし、お客さまが日頃気になることや、お困りごとなどをお聞きするとともに、ブレーカーの状態など、火災事故に繋がるような危険な要因はないかと、お客さまの安全を守るために、常に目を光らせています。 日常の生活で切っても切れない「電気」が、安全な設備で正しく使用されるよう、「この街の安全は自分が守っている」という強い気持ちで、日々の業務に臨んでいます。 異常が無いのが一番ですが、絶縁不良(漏電)を見つけ、引込み配線から順番に測定し、原因箇所を特定できた時には、「事故にならなくて良かった」と安心すると同時に、大きなやりがいを感じます。 そんな時は、心の中でガッツポーズです。 お客さまの手前もありますので(笑) 私は、現在、経営計画の立案や組織改正といった企画業務と、テレビCMやWEB動画といった広報業務を担当しています。 関西の経済環境は、時々刻々と変化していきます。 その時流を読み取り、どのような資源配分を行ない、経営の舵を切っていくのか。 非常に責任の重い仕事ですが、ダイナミズムのある楽しい仕事でもあります。 会社生活も長くなりましたが、今でも日々勉強できる環境にいることを、とても嬉しく感じています。 広報業務では、皆さんにお馴染みのテレビCMの制作。 これも時流を見ながら、少しずつ変化させています。 そして、このWEB動画も、私が制作を担当しています。 「関西人のそばにいます」をテーマにしましたが、理屈抜きで楽しんでいただければと思います。 ただ、この年齢でパンダ役というのは…。 翌日から全身筋肉痛に悩まされました(泣)。 オフタイムには、もう少し身体を鍛えなければいけませんね。 工事部で、高圧で受電する比較的大きな建物の電気設備改修工事や、省エネに関する工事など、お客さまの安全確保やニーズにお応えする工事の受注・施工管理が主な仕事です。 お客さまとの事前の打ち合わせにおいては、信頼を得られることを念頭に置き、丁寧に、わかりやすく説明することを心がけています。 「工事をお願いしたい。 」との依頼を受けて、計画調整を経て施工が無事に完了すると、安堵感に包まれると共に、大きな達成感を感じます。 それは、工事当日までの工事のスケジュール調整や、部材の確保に苦労した時ほど、感慨深いものになります。 電気は、社会インフラの中でも最も重要な構成要素とされています。 「社会のインフラを支える」このような価値ある仕事に従事している事に、私は大きな誇りを持っています。 入社して25年、所属する技術員の指導・監督が主な業務ですが、自らも電気主任技術者として、お客さまの担当もしています。 技術員の現場指導においては、協会が目標とする「電気保安のベストパートナーとしての揺るぎない地位を確立する」ためにも、電気設備点検内容の品質向上と安全作業の確認は最も重要であり、厳しくチェックし、丁寧に指導しています。 お客さまの電気設備の試験では、安全監督者として、作業全体の安全確保の監視役として現場に入ります。 多数の作業員が作業する現場で、安全に配慮し、事故を起こさないよう現場全体に目配り・気配りするのはとても神経を使いますが、確かな品質で、安全作業を積み重ねることが、お客さまへ安心と安全をお届けすることにつながります。 これこそが、お客さまからベストパートナーとして選んで頂ける基本であると、私は信じています。 電気主任技術者として、大きな工場から小さな工場、テナントビルや事務所ビル、学校やマンションまで、お客さまが電気設備を安全に活用していただくためのサポートをしています。 当たり前にある電気を、安全に使い続けていただけるようにするのが私の仕事です。 電気は便利ですが、一歩間違えば危険なものでもあります。 お客さまが困った時に、急いで駆けつけてトラブルの原因を取り除き、電気がまたいつも通り使えるようになった時や、停電を伴う点検が終わった後などに「電気の危険性や大切さを感じた」とお客さまから言って頂けると、心からホッとします。 しかし、それ以上に「何もなかった」と言ってもらえることが一番だと思っています。 停電を伴う点検では、休日に出勤することもありますが、代わりに平日の休みが取れるので、趣味の舞台鑑賞やコンサートは、平日を狙い目に。 それが私のオフの楽しみです。 協会の経営理念は「最高の技術とサービスで、安全の質を高め、最大の安心を生み出す」というものです。 私たちは、電気使用の安全を確保することを通じて、社会のインフラと、皆さんの変わらない毎日を守るという責務を果たしていることに、大きな使命感と誇りを抱いています。 安全を守るためには「不易流行」の姿勢が大切であると考えています。 残すべきものは次世代に継承しつつ、その上に新しいものを常に加えていく。 言い換えれば「ALWAYS UPDATE」。 これが、お客さまに信頼していただくための源泉だと思います。 と、少し硬い話をしましたが、普段は、部下たちと、和気あいあいと楽しく仕事をしています。 部下たちは、私からの指示を待つのではなく、積極的に意見を言ってくれます。 こんな楽しい職場で、これからも、みなさんの安全を守るべく、頑張っていきたいと思います。 営業部でお客さまとの契約に関する業務や、電気設備の改修提案、改修工事に協力いただく電気工事会社との連携活動などを担当しています。 お客さまを訪問した際に、必要に応じ、設備の劣化等による事故を未然に防ぐための改修提案を行うのですが、当初は改修に消極的だったお客さまが、「安全のために取換える」と、最後は納得されて笑顔で提案を受け入れてもらった時には、提案して良かったと、仕事の大きなやりがいを感じます。 また、電気工事会社との連携活動では、今後のお互いの業務拡大に繋げていくため、時間を作って、できるだけじっくりと協議を行うことを心がけています。 プライベートでは、子育てをしながら、週3回バレーボールをしています。 特に夏場は、いっぱい汗をかいて、心身ともにリフレッシュしています! 守口営業所には、20歳から71歳までの職員が私を含めて総勢25名所属しています。 年齢幅は広いですが、みな和気あいあいと楽しく仕事をしています。 私以外の24名は、毎日のようにお客さまを訪問し、点検作業に従事しています。 したがって、私の一番重要な業務は、24名の職員全員の安全を守ることであり、そのための教育を徹底しています。 営業所に戻ってきたら、「お帰り」「ご苦労さま」と声を掛け、その日の出来事を聞く。 こういう日常が、とても大切だと考えています。 また、どの企業も同じですが、協会にも様々な目標があります。 目標に向かって、営業所員全員が意識を共有することが「組織力」の向上につながります。 その先頭に立つことが、私の重要な責務だと考えています。 私は2018年に、入社し、もうすぐ丸2年となります。 現在は、日々、先輩に同行し、高圧電気設備の保安管理業務の経験を積んでいます。 入社した年の4月から、毎日1時間の勉強を欠かさず行い、入社1年目で電験3種の試験に合格することができました。 合格できたときは達成感と安心感に満たされました。 まだまだ経験が浅く、保安業務の技術的な作業や書類の作成等、学ぶ事は沢山ありますが、実務経験を重ねて、早く一人前の保安技術員になれるよう頑張っています。 休日は週に2日、趣味であるバスケットボールで汗を流し、リフレッシュしています。 私たちの仕事である保安管理業務は、まさに「縁の下の力持ち」で、一般的にはあまり知られていませんが、定期的な電気設備の点検により、電気事故を未然に防ぎ、お客さまが安全で安心して電気を使用していただけることに、誇りを持っています。 人事グループで採用の仕事をしています。 「売り手市場」と言われる採用氷河期に採用の仕事をさせてもらえる事は、ある意味いろんなことに挑戦できるチャンスを与えてもらっているのだと、ポジティブに明るく考え、取り組んでいます。 仕事の一番のやりがいは、もちろん協会が望む人財を採用することですが、それ以前のインターンシップや企業説明会等で学生の皆さんと直接話が出来る事がとても楽しく、協会の業務内容や働くメリット、アットホームな会社の雰囲気を私の言葉で直接伝え、協会で一緒に働けたら最高に嬉しいと想像しながら話をし、やりがいを感じます。 また私が採用した職員が、色んな経験を積み数年を経て立派な社会人に成長した姿を見ると、とても感慨深い気持ちになります。 さて、明日は働き方改革で導入された時間休暇を有効に使って、友人と日本酒バーへ繰りだすぞ! LINKS•

次の

関西電気保安協会CMの関西人になった俳優は誰?

関西 電気 保安 協会 cm

出典:関西電気保安協会様公式YouTube 関西に転勤してきた男、西尾学。 西尾はある日、見知らぬ女性からCDを手渡される。 CDを聴いた西尾が翌朝目を覚ますと、なぜか関西弁のツッコミを操る関西人へと変わっていた。 動揺する西尾を見守る、黄色いヘルメットをかぶった謎の職員。 西尾は検査を受け、急性の関西人と診断される。 (第0話~第2話) 第3話以降、関西に馴染みのない彼女とのギャップや、後輩の登場など、さまざまなドラマが繰り広げられ、物語は意外な結末へと向かいます。 1話15秒のスピードコメディながら、毎話ベタなネタが満載。 見応えはたっぷりです。 協会のCMらしく、黄色いヘルメットをかぶった人物たちがさまざまなところに出没するなど、ユーモアあふれるCMです! 関西人以外の方に説明すると… 関西電気保安協会のCMは、 独特の温かみが特徴的で関西人ならだれもが記憶に残っている、いわゆるローカルCMとして親しまれています。 ウェブ動画は2017年から始まり以降毎年公開。 昨年には、音楽アーティストの石野卓球氏とコラボした『関西電気保安グルーヴ』を公開し、「無駄にカッコいい」とSNSで大きな話題となり、YouTubeでの再生回数は約180万回に達しました。 今回の動画は、SNSでは主流となりつつあるショート動画の手法を取り入れ、より多くの人に、手軽に楽しんでいただけるようなムービーに仕上げたとのこと。 これを観れば、あなたも関西人…?! 特徴的なCMは自社PRの参考にも! 印象的なCMと耳に残るサウンドロゴで関西人の心に根差し、「保安点検といえば関西電気保安協会さん」というブランドを築き上げた同社のCMは、自社のプロモーション活動のヒントになることもたくさんです。

次の