とり むね ゆで。 ゆで方で変わる!鶏ムネ肉をやわらかく茹でる方法を検証しました。

よだれ鶏~四川風鶏肉のピリ辛ダレ~

とり むね ゆで

作り方• 鶏肉は冷蔵庫から出して室温に戻す。 鍋に水3カップと塩、酒を入れて中火にかけ、沸騰したら鶏肉、しょうが、ねぎの青い部分を加える。 再び沸騰してから1分ほどゆでて火を止め、ふたをしてそのまま30分ほど冷ます。 別の鍋に適量の湯を沸かし、もやしをサッとゆでてざるにあげて冷ます。 香菜は長さ2cmに切り、万能ねぎは小口切りにする。 落花生は、薄皮がついたままの状態で粗く砕く。 厚手のポリ袋(または2重に重ねたポリ袋)に花椒を入れ、めん棒などでたたいて細かく砕いてボウルに入れる。 他のタレの材料を加えて混ぜ、ピリ辛ダレを作る。 ゆでたもやしを器に盛り、その上に食べやすく切った鶏肉をのせる。 ピリ辛ダレをかけ、万能ねぎ、香菜、砕いた落花生を散らす。

次の

【材料3つ、鍋ひとつ】簡単すぎる鶏ハム(サラダチキン)レシピ。茹で汁まで美味しい、しっとり胸肉です!

とり むね ゆで

鶏だんごの下ごしらえ まず、ボウルに分量の鶏ひき肉と塩だけを合わせます。 写真右のように手を軽く握り込んで、ボウルの中で粘りが出るまでしっかりとかき混ぜます。 ここでしっかりと練り混ぜることで、つながりがよくなり、なめらかな食感になります。 ひき肉に粘りがでてきたら、A(調味料やねぎ、卵など)を加えてしっかり混ぜ合わせます(ここではまだ酒は加えません!)。 全体が混ざったら、最後に酒を加えます。 酒は混ぜ合わせたタネの硬さを見ながら、やわらかすぎる状態にならないよう、調整しながら加えてください。 やりやすい状態は人によって違うのですが、酒は鶏肉の臭みを除いてくれるので、できれば全部入れたいところ。 やわらかくなりすぎるのはNGですが、 「タネはゆでる前に冷蔵庫で30分ほど冷やすと少し硬くなってしぼり出しやすくなる」「やわらかくてしぼり出しにくいときは、片栗粉をさらに追加で少量加えてもよい」という対処法もあります。 もちろん昆布なしのゆで汁もスープになるのですが、その時は多少鶏のクセが出やすいので、生姜を合わせたり、みそを溶いたりした上で使うとよいと思います。 ゆでる時はスプーンにサラダ油をつけておき(必須ではないですが塗ったほうが表面の仕上がりがきれいになります)、タネを適量手に取って、 親指と人差し指の間から直径3㎝ほどの大きさにしぼり出して、鍋に落としていきます(詳しくは下の動画でぜひチェックしてみてください)。 鶏だんごの大きさにもよりますが、全部入れ終わってから 約7〜9分ほどゆでればOKです。 ゆでた鶏だんごは、バットなどにあけて冷まします。 冷蔵庫で3日ほど日持ちしますが、それ以降に使うなら冷凍保存するとよいです(冷凍なら1か月が保存の目安)。

次の

主婦必見!胸肉最強レシピ36選!つくれぽ1000越えのみ掲載|専業主婦卒業宣言!

とり むね ゆで

鶏ささみの加熱&だし取り 鶏ささみのゆで汁を美味しいスープに活用するには 『風味づけの"生姜"と"ねぎの青い部分"を一緒にゆでる』とよいです。 生姜は皮ごと薄切りに、ねぎは料理では少し使いづらい長ねぎ(白ねぎ)の青い部分を捨てずに取っておいて使用します。 はじめの水分量は、鶏ささみ2本に対して500ml。 鍋に水と生姜、ねぎを入れて火にかけ、沸いたら分量の塩とささみを投入します。 ささみを入れたら1分ほどぐつぐつと煮出し、それから火を止めます。 蓋をして余熱で7〜9分ほど蒸らして鶏ささみにふっくら火を通します。 時間がくれば鍋の中のものをすべて取り出し、粗熱が取れたら鶏ささみを粗くほぐします(このとき筋があれば取り除くとよいです)。 今回は 三つ葉とえのき茸を合わせました。 三つ葉は1〜2㎝幅に、えのきは2〜3㎝幅に切ります。 また、鍋に残ったゆで汁(出汁)はAの調味料を加えて味を調えておきます。 具材の準備ができたら、鍋を再び火にかけ、沸騰直前に鶏ささみと三つ葉、えのき茸を加えます。 具材に軽く火を通したら完成です。 椀に盛り付けてごまを振りかけます(ごまを指で軽くつぶしながら加えるとごまの香りが立ってくれます)。 具材のアレンジとしては、絹さや、セロリ、ブロッコリー、椎茸などのきのこ類、れんこん、じゃがいも、人参などでも。 火の通りづらいものは、ささみをゆでる時にいっしょに加えるか、ゆで汁だけになったときに先に火を通すか、などするとよいです。 仕上がりに加えるものとして、ごま以外に一味唐辛子や、風味づけにごま油やオリーブオイルなどの油を少量好みで加えても。 のページでは、塩の量と蒸らす時間が少し多く(長く)なっています。 これはあくまで鶏ささみにしっかり塩気をつけたかったり、ふっくら火を通したいという理由からです。 このページはあくまで 「ゆで汁をスープして美味しくする」ことを念頭にしているので、ちょっと違いがあります。

次の