行政書士 学習期間。 行政書士試験の合格まで何年かかり、何時間学習しましたか?

【行政書士になるには】合格者が勉強に費やした時間・期間・費用と合格率【どんな過ごし方をしてたかも書いてあります】

行政書士 学習期間

去年受験しました! 残念ながら一般教養で一問足りず足切りになりましたが、もしあと一問あれば合格だったはずです。 ちなみに27歳、去年は法律初学者でした。 (大学は経済学部です) 私の勉強時間は、仕事が定時の6時で終わる会社だったので、会社が終わった後ひたすら勉強でした。 勉強を開始したのが8月末なので、仕事の残業具合によっては充分間に合うと思いますよ。 ちなみに私は一般教養は無視してひたすら法令勉強してました。 過去問(10年分)を10回ぐらい解いて、薄めの法令解説集みたいなので赤シートを載せれば重要文言が消える本を買って重要語句を覚え、模試の本(3回分で1500円ぐらいかな)を9,10月にしました。 今年は一般教養をがんばろうと思います。 でも一般教養って勉強したところで点数がボンと上がるわけじゃないから勉強つらいですよね。 これから勉強するなら、7月末まで法令を集中的にマスターして一度模試をやってみてはどうでしょう?それで法令4割一般教養4割取れれば、後2ヶ月あれば法令7割、一般教養5割のラインを越せると思います。 お互いがんばりましょう! こんにちは。 3ヶ月とは慌しいですね。 私の合格は7年前ですので、勉強時間を無駄にしないために、私が取った方法を「参考になれば」で、書かせていただきます。 それから難易度も上がったと聞きますから・・ 法律の部分で、一番良いのは合格率の高い予備校などのレジュメなどを利用することだと思います。 私は費用がかけられなかったので、安めの通信講座を利用しました 安くてもそれなりに分かりやすかったです。 限りある時間を無駄にしないためには独学は避けたほうが無難だと、思いました。 一般教養は幅が広すぎて、どう対応して良いか分かりませんでしたが、私の高卒頭で大丈夫でした。 中学・高校の教科書ガイドなど手に入れば、利用されると良いかと思います。 読むだけでも結構思い出しました。 記述式は今もありますか? このつかみどころのない勉強は、新聞の投稿欄を利用して、実戦しました。 かなりシビアに見られ、掲載前には担当者から「ここはこう直していいか」等電話があり、実際に掲載されると、自分の文章の悪い所が「物書きのプロ」によって「添削」されています。 これは効きました。 記述式は時事的な問題ですから、何を問われても対応できるように準備していました。 勉強の総時間は、300時間程度、下地は宅建でした。 ある程度知識がついたら、過去問をどんどん解いて、そこで不足している知識を足していきました。 合格までの時間は人それぞれですが、問題を解くうちに「これならいける」と思ったときが「合格のメド」だと思います。 頑張ってください。 長くなりました。 以上です。 Q 表題のとおりなのですが。 私は行政書士試験合格者です。 しかし、登録はしていません。 今後、登録して開業する気もありません。 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務などの獲得を目指して動いているようですが、他士業ががっちりスクラムを組んで行政書士に新規の仕事を与えないよう共闘しているような状況だということも知りました。 2000年ぐらいを境に、それ以降の新規登録者で急成長している行政書士事務所や行政書士法人は、ほとんどが商業登記を違法に行ったり(非司行為)、法律相談や法的交渉の代理などの業務を行ったり(非弁行為)して市民の法的権利を害するようなことで大きくなったことも知りました。 新人行政書士に「仕事を教える」として研修費名目でお金を払わせたり、実務マニュアルを売ると売り込みがあったり、宣伝広告のノウハウを教えるという情報商材があったりするいわゆる「ヒヨコ食い」の話もさんざん知らされました。 挙句の果てには外国人の不法入国の手引を行うものが後を絶たないとして、警察が行政書士会を監視対象にしているという事も知りました。 資格学校の安くない受講料と、合格までに費やした2年間という時間は、自らの無知が招いた授業料と割り切ることもできます。 であればこそ、今後、資格学校の「街の法律家」「法廷に立たない弁護士」「扱える書類は10000種以上」「就・転職にも有利」などの謳い文句に踊らされてこの無駄な資格試験を受検する人が出てこないよう、思いとどまれるように折にふれて説得していくことで、自分のできる社会貢献としたいと思っています。 上記しましたように、行政書士にはならない方がいいという根拠になる事実はたくさん知っています。 しかし、ひとことで「ズバッ」と説明する訴求力には欠けていると思うんです。 「行政書士にはならない方がいい」端的に説明できる方法を、何か教えて下さい。 表題のとおりなのですが。 私は行政書士試験合格者です。 しかし、登録はしていません。 今後、登録して開業する気もありません。 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務... A ベストアンサー 行政書士は独占業務がないから。 あっても付随的な業務だから。 この一言に尽きると思います。 私は弁理士試験の受験生時代に行政書士登録をしていました。 これは2次試験の選択科目免除のためです。 登録中に県の行政書士名簿をもらっていました。 そこで分かったのは、行政書士一本でやっている人は圧倒的に少ないってことです。 大多数は司法書士か税理士がダブルライセンスとしてもっていました。 司法書士は農地法の許可申請のためであり、税理士は建設業の許可申請のためですね。 会社設立を業務にしている行政書士がいますが、登記ができなければ意味がないし、記帳業務をしている行政書士がいますが、税務申告ができなければ意味がない。 Q 独学で行政書士の資格を取ろうと思っています。 専業主婦で1歳児の育児中ですが、1日4~5時間は勉強の時間を取れます。 来年11月に試験を受けたいのですが、今から始めたとして約1年2ヶ月… 自分次第と言うことは承知ですが、1年2ヶ月で資格を取る事は可能ですか? それと初心者が独学で資格を取るにあたって読んだ方が良い本や、受験する上で必ず必要な本・テキストなどありましたら教えてください。 自分でも探しているのですが、たくさんありすぎてどれがいいのか… 行政書士については全くの無知なので、こんな私でも分かりやすく書かれているのもだとありがたいです。 何個も質問して申し訳ないのですが、今発売されている本やテキストは全て2013年のものです。 私は来年受験するのに2013年のものを購入して大丈夫なのでしょうか? 独学で勉強した方がいましたら、いろいろと教えて欲しいです。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 今年試験を受ける予定の者です。 今年の3月くらいから勉強し始めまして、 会社勤めで朝8時~夜9時までは仕事(通勤にかかる時間は片道30分)。 なので、1日2時間程度しか勉強時間はありませんでした。 (でも休日平日関係なく毎日勉強はしました) で、今はどうかと言うと、「もうちょいで合格ラインが見えるレベル」にきました。 なので、来月はずっと問題解いて仕上げする段階かな、と。 勉強始めは全くの初学者でした。 なので、そもそも「判例で使ってる日本語が意味不明」という状態からのスタート…。 始めの数ヶ月は、「これ、頭に入ってるんだろうか…?」という疑問を抱えたまま、不安でしたがずるずる勉強してた感じです。 ただ、8月ごろから、だんだん「おや、この問題見たことあるわ」って問題が増えてきて、それからは理解力が格段に上がりました。 今では、見覚えのある言葉がたくさん出てきているので、あとは内容をしっかり固めることができれば良いと思ってます。 英語って、海外に留学して日常的に使ってると、3ヶ月もあればぺらぺらになるらしいですね。 それと一緒で、日常的に法律用語を浴びてれば、言葉がすんなり入ってくるようになるんだと思います。 1年2ヶ月もあれば、十分合格できるくらいのレベルになるでしょう。 (来年の試験の3ヶ月前にはもうマスターになれるかもしれません) 一日1時間でもいいから、かならず勉強するようにするルーティン化がカギのような気がしています。 blog73. fc2. html ーーーーーーーーーー まぁ、僕もそもそもまだ合格すらしてないので、何とも言いがたいですけど。 以上です。 長文回答失礼しました。 頑張ってください。 (僕も頑張ります) 今年試験を受ける予定の者です。 今年の3月くらいから勉強し始めまして、 会社勤めで朝8時~夜9時までは仕事(通勤にかかる時間は片道30分)。 なので、1日2時間程度しか勉強時間はありませんでした。 (でも休日平日関係なく毎日勉強はしました) で、今はどうかと言うと、「もうちょいで合格ラインが見えるレベル」にきました。 なので、来月はずっと問題解いて仕上げする段階かな、と。 勉強始めは全くの初学者でした。 なので、そもそも「判例で使ってる日本語が意味不明」という状態からのスタート…。 Q 士業の資格難易度を格付けしてください。 対象は下記です。 もちろん、それぞれ専門分野が違う為、全く普通の人間(理系・文系等全て平均知識) が受験する感覚で一般的なランキングを付けていただければと思います。 2位タイ、3位タイとかでもOKです!! もしよろしければその理由を付けていただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー うーん、受験者の属性や試験の形式にも因るので、単純な順位付けは 難しいですが・・・ 1 この中では「司法書士」「公認会計士」「不動産鑑定士」「弁理士」は 国家資格中、最難関グループに属します。 特に、司法書士は「科目免除」 や「科目合格」が全く無い「一発勝負」で(口述だけは1回、リトライ できますが・・)合格率が約2~3%程度になるよう、調整も事実上入 る、書式試験は実務の能力が試される、等、著しい難易度です。 他は科 目合格や一部免除が申請できるので、条件に当てはまれば、幾らかは難 易度が下がります。 とはいえ、受験生は一流の大学や大学院を出ている 人が多数なので、元々の受験者の母集団のレベルが高く、そんな中での 10%前後の合格率ですから、厳しいことには変わりありません。 反面、 司法書士には「受験要件」が無いため、誰でも受験できます。 これらは、 いわゆる「才能」と「運」が「努力」と共に必要な資格と言えると思い ます。 2 次に「土地家屋調査士」も「2次試験」が測量士などの既得資格で免除 になれば、大分ハードルは下がるものの、それでも司法書士と同じく実 務形式の「書式」試験、口述試験がありますし、免除なしで全受験する なら、 1 に匹敵する難易度になります。 3 「診断士」「社労士」「行政書士」は、 1 よりは「努力」でカバーでき る資格なので、現実、普通のサラリーマンや学生の合格者も多いですが、 それでも、時間をこなすだけの学習では合格は困難です。 情報収集して、 的確かつ効果的なやり方が求められます。 4 「海事代理士」は合格率的には難関とは言えませんが、受験者の多くは 関連業務で既に法知識のある「司法書士」「行政書士」開業者が、業域 の拡大を狙って受けるためです。 また、試験内容が特殊で教材が少ない 事から、二次の口述試験など、むしろ「勉強の仕方」が分らなくて苦労 します。 5 「宅建」「FP」はこの中では、受験要件も無く、最も容易な「エント リー」クラスの資格ですが、さりとて合格率は20%を切る(FPは2 級技能士以上)国家資格であり、安易な気持ちで挑戦すると、何度受け ても受かりません。 特に宅建は何度も不合格で、結局、諦めてしまう人 が意外といます。 ただ、キチンと努力出来れば、運などに左右されず、 必ず合格できる資格だと思います。 ただ、 専門性や出題の深さ、細かさでいえば、「社労士」がやや難しいという意見も多い。 うーん、受験者の属性や試験の形式にも因るので、単純な順位付けは 難しいですが・・・ 1 この中では「司法書士」「公認会計士」「不動産鑑定士」「弁理士」は 国家資格中、最難関グループに属します。 特に、司法書士は「科目免除」 や「科目合格」が全く無い「一発勝負」で(口述だけは1回、リトライ できますが・・)合格率が約2~3%程度になるよう、調整も事実上入 る、書式試験は実務の能力が試される、等、著しい難易度です。 他は科 目合格や一部免除が申請できるので、条件に当てはまれば、... Q 行政書士試験その後について教えてください。 ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。 現在、行政職員として学校に勤務しています。 将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。 試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても勉強をして資格試験に合格するのとでは知識の差が違うのではないかな?(勤務が学校ですから分野(?)が限定されてしまいますので…)と思うので、受験して合格し、資格をとりたいなと考えています。 そこで、まだ勉強を始めたばかりなのですが、心配事ができてしまい、質問をさせていただきました。 よろしくお願いします。 行政書士試験その後について教えてください。 ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。 現在、行政職員として学校に勤務しています。 将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。 試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても... Q 行政書士の資格を取りたいです 通学は無理なので通信講座のみで勉強していく予定です ユーキャンを受講しようかと思ってます 法律についてはゼロからのスタートなので通信講座のみでついていけるのか不安に思いましたが、費用時間を考えると通学は無理です 通信講座のみで合格なさった方のアドバイスを頂けたらと思い質問しました それと教材以外に何か自分で用意(購入)したものはありますか? 六法全書は毎年買うものなのでしょうか?(3年前のものなら家にあるのですが) きちんと教材を隅々まで勉強すれば法律から一般教養まで通信教育だけで合格までレベルアップできるか知りたいです 通信講座のみで受験するに当たって何かアドバイス頂けたらとても有難いです 乱文ですみませんがよろしくお願いします! A ベストアンサー おはようございます。 3です。 そうですね、ユーキャンで学んだ後は予備校等へは行っていません。 市販の問題集は不安にかられて(笑)1冊だけ購入してしまいました。 でもこれも気休めでしかなかったです(ピントのずれた問題が多かったし)。 自分はしていませんでしたが、やはり大手予備校の模試を受けておくのをお勧めします。 ユーキャンのものとはやはりレベルが違い、より本番に近い(というかそれ以上の)難易度を経験出来るかと。 私が一番力を入れたのは六法を読み込むことでした。 その条文に関する判例も含め、全部暗記してやる!位の意気込みでかかってました(の割りに頭に入らなかったけど…)。 >ちなみにユーキャンの講座では一般教養の部分はどうなんでしょうか? えー、ぶっちゃけて言うと全く役立ちません(笑)。 公務員試験の一般教養対策本とかがいいのかなあ。 自分の場合は『朝日キーワード』(という題名だったと思います)とか高校の政経の参考書を買いました。 しかも今年度から行政書士試験の内容が大きく変わり、一般教養の問題も少なくなったようですね。 ますますユーキャンのテキストは役立たないと思われ(笑)。 本屋さんで時事問題等が判り易く説明されているものを探すのがベストですね。 申し訳ないです、こんな回答で。 html おはようございます。 3です。 そうですね、ユーキャンで学んだ後は予備校等へは行っていません。 市販の問題集は不安にかられて(笑)1冊だけ購入してしまいました。 でもこれも気休めでしかなかったです(ピントのずれた問題が多かったし)。 自分はしていませんでしたが、やはり大手予備校の模試を受けておくのをお勧めします。 ユーキャンのものとはやはりレベルが違い、より本番に近い(というかそれ以上の)難易度を経験出来るかと。 私が一番力を入れたのは六法を読み込むことでした。 その条文に関す... Q 行政書士試験を4回連続で落ちました。 時間を作るのは得意で、多忙ながらも移動時間やトイレ・風呂でも 勉強していて、1日どうにか1~2時間はとれていました。 ただ、家族の50~70代のうち誰か一人は入院したりで、若い私しか 面倒みれないので実際の勉強期間が毎年3~6か月程度です。 模擬では全体で合格点の180~200点ぐらいとれているのに毎年 本番の記述で一気に20~60点を削られてアウトです。 そして来年の1月から2~3年は、諸事情により試験勉強を集中して できない常況になってしまいました。 諦めるべきか、4年後に再開すべきか、どうにかしてでも毎年知識を忘れないよう 維持していくべきか迷っています。 自分の中で決断を出す問題ですが、いろんな方の意見やアドバイスを 聞かせていただけないでしょうか? 私に関する情報が少ないかもしれませんが、あまりネット上に書けません。 特に同じような経験がおありの方のお話を聞かせていただけるとありがたいです。 よろしくお願いします A ベストアンサー 現行政書士3年目です。 受験に関しては、勉強のやり方を変えてみてはいかがでしょう? 今年も行政書士試験監督をやりましたが、見てて思うのは全体的に3時間集中する体力が無い人が多いなって感じです。 1時間半たったころ、疲れが腰にきたのか上を向いたりぼーっとしたりしてる人が沢山います。 これでは、選択肢を読むこともツラくなるだろうな。 笑 ワタシは3度目で合格なんですけど、3回目になればそれなりに知識もたまってます。 なので、勉強の仕方は夏前からひたすら予想問題を1日1回分解くことに集中しました。 一般教養を除いた法律部分だけなら2時間あれば解ききれますよ。 とにかく受験慣れすることに重点を置きました。 予想問題を出す出版社が5社くらいかな? 1社につき2、3回分の予想問題があるので、1か月毎日で各2回同じ問題を解くことになります。 3カ月なら各6回ほどです。 計90回ほど受験のリハーサルをすることになります。 体力付きます。 忍耐力も。 笑 あとは時間的なところですけど、ワタシは今でもサラリーマン兼業行政書士なので空き時間は暗いうちしかないです。 明け方の4時~6時ですね。 解くだけ解いて、間違ったトコの確認は寝る前くらいに30分程度でした。 あと、気になったトコなんですが、資格は行政書士だけでも年間400万円超売り上げる事はそんなに難しくないです。 ただ、販売する能力、営業戦略みたいなのは必要になってきます。 業務を遂行する能力は当然ながら、業務を依頼してもらうための仕組みを作れなければ年会費12万ほど払うのもツラい状況になります。 そっちの方がかなりタイヘンで出費もかさむ、つらい修行になることは覚悟してくださいね。 ではでは、あきらめずに頑張ってください。 自営業はイイもんですよ。 ワタシ兼業ですけどね…… 現行政書士3年目です。 受験に関しては、勉強のやり方を変えてみてはいかがでしょう? 今年も行政書士試験監督をやりましたが、見てて思うのは全体的に3時間集中する体力が無い人が多いなって感じです。 1時間半たったころ、疲れが腰にきたのか上を向いたりぼーっとしたりしてる人が沢山います。 これでは、選択肢を読むこともツラくなるだろうな。 笑 ワタシは3度目で合格なんですけど、3回目になればそれなりに知識もたまってます。 なので、勉強の仕方は夏前からひたすら予想問題を1日1回分解くことに... A ベストアンサー >社内でその知識を生かせたらと いいんじゃないかと思います。 ご質問について 行政書士法は業務の独占との関係上、「作成」ということが強調されて規定されています。 しかし、作成であれば提出の代行であれ、代理であれ、その前提としての1)事実関係の特定 2)法律のあてはめ 3)必要な証明手段の選択 などの作業が必要不可欠です。 それは結局、事実としてどのようなことを選択すべきか、法律のどのような解釈に基づくべきかなどについての考慮をも含みうることになり、これらが必要な場合にはそれらは一連の流れをもった一体のものです。 そして、2)の前提となる4)法律の理解が必要不可欠です。 したがって、行政書士のサービスの本体は、作成等という弁護士法72条制限の代名詞の下で…という留保がついた1)~4)の一連の活動を行うことにほかならないと言わざるをえません。 この4)がないと、あたかも中がスカスカの骨のような状態ですので、事実上、一般的な総務事務レベルのスキルにしかなっていかないと思われます。 そこで、独立であれ社内であれいずれにしろ、最大化していくという意味で「活かす」ということであれば、4)が極めて重要であるということになります。 4)が最も機能するのは、やはり法務部あるいは法務を意識する部門であったり企業ということになると思います。 中小企業という現実的な場所では、そのような需要を満たしつつ総務にも対応していける人材ということではないかと思います。 また、もしかしたら、特に社内での活用については女性であるか男性であるかが、「いくらかは」影響してくる場合もあると思います(特にホワイトカラーで性別を意識するのは法制的には時代錯誤ではありますが、実態の話として)。 そのようなことまで考慮に入れた場合は、個人的には、人材の需要について、女性の場合は法務的な対応ができる総務、男性の場合は総務的な対応ができる法務、というイメージを持ちます。 また、賃金その他の条件について事実上の差あるいはどのようなポジションで採用されるかについて影響がありえると思います。 私の思想というよりも、実態から受けている印象に基づいて考えた一般的な傾向です。 もっとも、明確に法務部門として設けている企業がそれほど多いわけではないことを考えると、そのような傾向の違いはほとんど無視していいほどのものかもしれないとも思います。 取引の交渉とリスク判断、契約書の作成やチェック、部分的に営業への法的な認識の教育係的な役割、行政上の手続き、行政上の対応における担当者、広告やチラシその他消費者問題にかかわる活動におけるリスク管理、などさまざまに考えられますが、従来、一般に総務が担ってきただろうレベルを超えなければ活かすというところまでは難しいと思いますので、やはり4)の部分で決まってくると思います。 また、あることがそういうものであることを社内へ説明する必要性が出る場合もあると思いますので、それをなし得るだけのIQを実質的に持っていくことが必要になると思います。 ある資格を持っていることによっておのずと特定のポジションが与えられるというイメージは持たないことが賢明と思われ、繰り返しになりますがやはり4)次第と思います。 「行政書士試験の勉強で得た知識」から何かがもたらされるというよりも、「行政書士試験をきっかけとして身に付けた法律的な考え方」があって、「結果として」その資格も持っているということで、それが一応4)を持ち得ることを表示する身分証に過ぎないと考えて臨まれた方が良いと思います。 結局のところ、独立か社内かで力の入れ具合を分けて臨むのは、社内での活用を採用と人事異動のきっかけというレベルに留めてしまう危険性があるという点と、やはり総務や法務くらいしかないのではないかと思います。 また、行政書士の資格を持っていることにより、かえって本来の職務に加えて与えられるタスクや責任が増えるだけで、実質的な給料の減額というようなことも、名ばかり管理職問題を考えると注意する必要はあるかと思います。 行政書士です。 資格を社内で生かすことについて専門家ではないので一般人として書かせていただきました。 >社内でその知識を生かせたらと いいんじゃないかと思います。 ご質問について 行政書士法は業務の独占との関係上、「作成」ということが強調されて規定されています。 しかし、作成であれば提出の代行であれ、代理であれ、その前提としての1)事実関係の特定 2)法律のあてはめ 3)必要な証明手段の選択 などの作業が必要不可欠です。 それは結局、事実としてどのようなことを選択すべきか、法律のどのような解釈に基づくべきかなどについての考慮をも含みうることになり、これらが必要な場合には... Q 私は現在50歳です。 法律事務所での勤務経験が25年ありますが、特に資格は持っていません。 昨日、大型書店に行ったら、「行政書士」の資格本が目に留まったので購入しました。 興味がもてそうな内容だったので、そのあとネットでいろいろ調べました。 私は、門前の小僧的に法律の知識を得たり、必要に迫らせて簿記の本を読んだり、 大学卒業後初めての就職がコンピュータ会社だったので程々にPCが使えたり、 (自分で言うのも変ですが)便利な事務職として雇われてきました。 そして定年まで、あと10年働くつもりでいます。 前置きが長くなりましたが、 そんな私でも、短期間に行政書士の資格を取得することは可能でしょうか? 特段焦る必要はありませんが、11月に試験が行われることを知り、 「あと6か月あるのか、もう6か月しかないのか、どちらだろう?」と思いました。 資格取得は1年半後でも2年半後でもよいのですが(取得できるかどうかも不明ですが)、 私の勉強パターンは短期集中型なので、半年は適切な長さかと思います。 勤務があるため、専門学校へ通う時間は確保できないので、 早速、通信講座を申し込みました(独学では難しそうな気がしました)。 文系の大卒かつ事務職なので、文字を読むことは苦になりませんが、 (言い訳かもしれませんが)加齢現象で記憶力や集中力は衰えています。 しかし、やると決めたら、本気で努力するつもりです。 行政書士資格で生計を立てたいとの野望はありませんが、定年後などに ぼちぼち何らかの形で役に立てられたらいいな・・・くらいに思っています。 ご意見や経験談などをお聞かせいただけましたら幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 それはそのとおりだとわかっておりますので。 私は現在50歳です。 法律事務所での勤務経験が25年ありますが、特に資格は持っていません。 昨日、大型書店に行ったら、「行政書士」の資格本が目に留まったので購入しました。 興味がもてそうな内容だったので、そのあとネットでいろいろ調べました。 私は、門前の小僧的に法律の知識を得たり、必要に迫らせて簿記の本を読んだり、 大学卒業後初めての就職がコンピュータ会社だったので程々にPCが使えたり、 (自分で言うのも変ですが)便利な事務職として雇われてきました。 そして定年まで、あと10年働くつ... A ベストアンサー まず、実務で必要とされている知識と資格に合格するための知識の方向性はまったく異なっているのを理解されていますか。 ということは、実務能力はあると思いますが、学説解釈とか知らないとも思いますが、どうでしょうか。 これが、法律事務所での勤務経験 雑務的な業務ではないという意味です。 と法律関係の資格を既に取得していれば、努力次第では合格できる可能性はあると思います。 それに、現在勤務されているということは、行政書士試験勉強に専念できないということですよね。 この状態では、個人的には6ヶ月でも足らないと思います。 lec-jp. shtml (当該予備校のデータの怪しさは毎度のことではございますが・・・) 司法書士受験業界で一番のカリスマ講師、Wセミナーの竹下先生の基礎講座(約200人)の中でさえ、 合格者が一人も出ない年があるそうです。 彼曰く、「1、2年の短期合格者は、ホントにごく少数」だそうです。 (正直な方です・・・) 実際、仕事をしながらなら、10回以上受けている補助者もたくさんいらっしゃるそうですし、 20回以上受けても受からず、あきらめて補助者で人生を終える人もいらっしゃるそうです。 lec-jp. shtml (当該予備校のデータの怪しさは毎度のことではございますが・・・) 司法書士受験業界で一番のカリスマ講師、Wセミナーの竹下先生の基礎講座(約200人)の中でさえ、 合格者が一人も出ない年があるそうです。 彼曰く、「1、2年の短期合格者は、ホントにごく少数」だそうです。 (正直な方です... A ベストアンサー まあ、公表データの全てが正しいとは思えませんが、基本的には2~ 3年での合格者が一番多いのでは?これは司法書士に限らず、難関の 国家資格全般に見られる傾向だと思います。 つまり、本気で受かるつ もりのある人が私生活を犠牲にして専念できる時間(年数)はせいぜ い2~3年以内だということです。 (資金的な事も含めて)逆にそれ 以上受けても受からない人は明らかに本気度が低く、片手間で勉強し ていると断言できます。 だから、2~3年で司法書士や公認会計士に受かるのは、若くて体力 や気力、集中力が強靭で、きちんと目標を持っている人に多いのです。 この人たちは、普通の人の想像を遥かに超えた努力をしていますよ。 逆に、「資格が取れたら何が出来る?」的な着想では、たぶん受かる 大分前の段階で「自分には無理だ・・」となると思われますね。

次の

【行政書士試験】勉強時間の目安は?合格には600時間必要?半年から1年はかかる?【独学・予備校】 │ 行政書士試験 独学 178点不合格からのリベンジ!ブログ

行政書士 学習期間

令和元年の行政書士試験から一日経ちました。 今年受験された方、自己採点の結果はどうでしたか? 私も記述式の問題だけとりあえず見てみましたが、民法の片方は結構マイナーなところが出ましたね。 まさか第三者のためにする契約が出るとは 後述する民法のおすすめテキスト『スー過去』には載ってたと思いますが。 一方で、行政法の記述式は行政手続法の条文を読み込んでいれば余裕な問題だったかなと思います。 今回は、もし私が今からまた独学で行政書士試験の対策をするなら、平成29年度・平成30年度の受験経験を踏まえてどういう学習計画を立てて勉強していくかを紹介します。 来年以降の行政書士試験への勉強計画を立てるのに参考にしてみて下さい。 「行政書士試験を受けようと思ってるんだけど…」と相談された友人にも、この記事と同じ勉強計画、テキスト・問題集・過去問をおすすめしています。 行政書士試験合格に必要な勉強時間の目安 行政書士試験に安定して合格できるレベルに到達するためには、最低でも300時間、できれば500時間以上は確保したいところです。 これは「300時間やらないと絶対に合格出来ない」「500時間やれば絶対に合格出来る」というわけではありませんので、そこは誤解なきようお願いします。 そして、総勉強時間は多ければ多いほどよく、ある程度短期間で詰め込む方が有利です。 同じ300時間でも、1年かけての300時間より、3ヶ月かけての300時間の学習の方が実力がつきやすいんじゃないかなと思います。 人間なんで、ちょこちょこやる程度では忘れていきますしね。 人それぞれ、バックグラウンドや勉強に使える時間が違うと思いますので、各自調整して下さい。 人によりますが、このサイトでおすすめする参考書や問題集で揃えると、行政書士試験の受験手数料込みでだいたい25,000円切るくらいです。 関連記事: 行政書士試験 おすすめ勉強計画、参考書・問題集・過去問 【憲法・商法会社法・基礎法学など】LEC、TAC、合格革命などの行政書士試験基本テキスト 1冊本 あまり深追いする必要のない憲法、商法会社法、基礎法学、情報通信分野などは、この基本テキストに載ってるものをまずはしっかり覚えるようにします。 特に商法会社法については、あまり手を広げすぎないよう最低限の知識に絞るための最適な選択かと思います。 関連記事: 憲法は基本テキストとは別に条文素読 特に統治 もやります。 最低限の判例知識もしっかりと覚えていきたいところですね。 余裕があれば、などを読むのも良いと思います。 関連記事: 1冊本は各予備校からいくつか出てますので好きなのを選びましょう。 合格革命の基本テキストやTACのみんなが欲しかった!行政書士の教科書、LECの合格基本書が人気ですかね。 他には伊藤塾のうかる!総合テキストなどもあります。 個人的には、後で紹介する肢別過去問集と合わせて合格革命の基本テキストでいいんじゃないかなと思います。 最重要科目である行政法と民法は行政書士基本テキスト 1冊本 ではなく、これから紹介する別のテキストをメインに学習しましょう。 リンク 合格革命 行政書士 肢別過去問集 過去問はやらないと不安な人も多いと思うのでやっておきましょう。 ただ、過去問を学習のメインにするのは個人的には反対です。 一見効率が良さそうに思えますが、実は過去問で正解できる問題って本番ではそこまでたくさん出ないので効率が良くないと思います。 過去問で全範囲をまんべんなく体系的に学習出来て、全部潰せば8割以上確実に取れるという感じなら絶対にやった方がいいのですが…。 特に最重要科目の片割れである民法は、毎年の出題数が択一9問+記述2問しかないので過去問の蓄積がそもそも少ないです。 過去に択一で出た論点が記述に出たりもしますので、全くの無駄とは言いませんが、高い配点かつ膨大な学習範囲の民法の勉強を過去問頼りにするのはかなり危険だと思います。 行政法は一番過去問演習が活きる科目ですので、『よくわかる行政法』の勉強成果を試す意味でも積極的にやっておいて損はないでしょう。 別の記事でLECの過去問集との比較で紹介しています。 関連記事: リンク 憲法・行政法・個人情報保護法の条文素読 これも絶対にやって下さい。 単純な条文問題は即答出来るようにしたいですね。 個人情報保護の問題でしっかり正解出来ると一般知識の足切り回避がグッと近づきます。 日本国憲法• 行政手続法• 行政代執行法• 行政不服審査法• 行政事件訴訟法• 個人情報の保護に関する法律• 行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律 上記の条文を読み込みましょう。 から印刷出来ます。 個人的にはe-govから印刷したもので十分だと思いますが、自分でダウンロード、印刷するのが面倒なら行政書士試験六法を利用するのも良いでしょう。 行政書士試験用の六法はカッコ書きなどが読みやすくなるような工夫がされてたりします。 Advertisement 行政書士試験 行政法・民法の記述式問題対策 行政書士試験の記述式ですが、基本的には先ほど紹介した行政法・民法のテキストをしっかりと仕上げれば問題ありません。 しかし、 「実際にどんな問われ方をするか、どんなふうに解答を書けば良いのか」ということには慣れておいた方がいいでしょう。 本屋さんで過去問や市販の直前予想模試に載っているの記述式の問題をパラパラと見て、不安であれば1冊でいいので記述式の対策本をやりましょう。 LECか合格革命のどちらかを選べばいいと思います。 私は1年目の受験で合格革命の記述対策本を買いました。 多肢選択式の問題や、重要判例や条文知識のまとめも載ってるので結構良かったです。 LECの記述対策本は記述問題がたくさん載ってるので、量をこなしたい人はこちらを選べばいいかと思います。 これも市販の直前予想模試と同じで、記述式の出題のヤマを張るためではなく記述式を解くことに慣れるために使用して下さい。 私も他の記事に『よくわかる行政法』を1年目、2年目ともに7周以上は読み込んだと書いています。 ここで注意してほしいのは、「何周したか」自体にほぼ意味はないということです。 実際に自分の頭の中にどれだけ頭の中に入れられたかが重要です。 そして、自分が完全に覚えてしまった部分を何度も何度もやる必要はありません。 その分他のことをやった方がいいです。 例えば、5周目くらいでほぼ内容が完璧に頭に入ってる人が、そのまま何周もそのテキストをやり続ける意味はほとんどありません。 過去問集のような体系的・網羅的な学習にならないものは特にそうです。 覚えていないものをピックアップして集中して暗記していく作業にシフトした方が時間対効果は高いでしょう。 もちろん、記憶の定着のために定期的に全範囲を読み返したり解き直したりすることは有益ですが。 Advertisement 弱点(覚えていない条文・判例知識や、ミスした問題)は必ずピックアップして暗記する 勉強がある程度進んだら、「自分の苦手なもの」「何度やっても覚えられない知識」「何度もミスする問題」が出てくると思います。 そういうものは必ず• ノートに書き出してまとめる• スマホやパソコンで打ち込んでまとめる• 表や図の場合は写真に撮る• テキストに付箋を貼る こんな感じで、各自好きな方法で良いので個別に弱点ピックアップしておき、いつでも見れるようにした上で何度も読み込んで完全に覚えてしまいましょう。 この勉強はかなり効果的です。 私はこのサイトの暗記用まとめ記事にするという方法をとりました。 行政書士試験基本テキスト 1冊本 、過去問のみは危険 行政書士試験の基本テキストは1冊で全ての科目が学習できるので便利ではあるのですが、少し内容が薄いという欠点があります。 特に最重要科目の行政法と民法は、絶対に独立したテキストを使ってある程度網羅的に学習した方が良いでしょう。 この2科目で記述式を含めて得点をしっかりと稼げれば、後は一般知識の足切りにさえ注意すれば行政書士試験はどうにでもなると言っても大げさではないと思います。 また、テキスト類を使わず行政書士試験の過去問だけを使って勉強する人もいますが、私はおすすめしません。 理由は自分の知識が穴だらけになるからです。 出題運やマーク運などがよければ受かるということも十分ありますが、安定して合格する実力を過去問だけでつけるのは少し厳しいと思います。 関連記事: 2年目以降の学習の場合は敗因分析を必ずする 学習2年目以降の人は、「なぜ自分が行政書士試験に不合格になったのか」を考えて下さい。 私の1年目の敗因分析は「」の記事でしていますが、• 記述に可能な限り時間を使うため、択一をかなり急いで解いてしまい、見直しもほとんどしなかったためケアレスミス連発。 記述も書けるよう基礎知識をしっかり。 記述が書けそうになくても焦らない。 学者の書いた本など、使用テキストの選択を間違えた オーバーワークになるテキストを選んでしまった よくわかる行政法・スー過去民法・条文素読などを軸に。 絞りすぎてもダメ。 私の場合はこんな感じでした。 反省点は人それぞれ違うと思うので、同じ間違いを繰り返さないように勉強開始時に全部ピックアップし、どう改善するかをよく考えましょう。 Advertisement もし独学では行政書士試験の合格は無理だと感じたら 私は行政書士試験は独学で十分合格出来る試験だと思っていますが、• 自分で勉強を進めていく自信がない• 自分の勉強方針が正しいのか不安• 受験仲間がほしい• 実際に授業を受けて勉強したい• 模試・答練で試験慣れをしたい このような理由で、資格予備校の講座の受講や模試・答練の利用を考えている人もいるかと思います。 予備校時代の仲間と合格後も繋がっているという人も多くいますね。 基本的にどの資格予備校でも、しっかりと与えられたことをこなせば合格出来るようなカリキュラムにはなっていると思います。 受講料や講師、テキストなどを公式ページで見た上で受講するかどうかをよく考えましょう。 ちなみに、もし私が予備校の講座を利用するなら、伊藤塾の平林講師かLECの横溝講師の授業が受けられる講座を選びます。 理由は平林講師の本が分かりやすくて良かったことと、平林講師は伊藤塾の行政書士試験講座の講師をしながら司法書士試験にも合格し、現在予備試験にも挑戦中という向上心のある人かつ、講師経験・受験経験・法律の学習経験豊富な講師だからです。 関連記事: 行政書士試験の有名予備校講師といえばLECの横溝講師なので、そちらが候補に入る人もいるかと思います。 また、予備校の講座は不要と考えている人でも、試験慣れをしたいという人は模試や答練のみ利用するのも良いでしょう。

次の

一般財団法人 行政書士試験研究センター

行政書士 学習期間

行政書士試験の難易度について 行政書士試験は一般的に、難関国家資格の1つに数えられています。 一方で、法律系国家資格の入門のように言われることも多いのも事実。 実際の難易度はどのぐらいなのでしょうか? 本気度が試される難易度の高さ 行政書士試験に合格すると行政書士になる資格が得られます。 行政書士といえば法律の専門家として人々の生活に大きな影響を及ぼす職業。 ですから試験が難しいのは当然でしょう。 ときどき「行政書士試験は テキストを1冊覚えれば受かる」とか「 過去問を数年分解けば受かる」というコメントを目にしますが、 そんなに易しい試験ではありません。 私は理系学部の出身で法律初学者でしたが、勉強の仕方にはそれなりに自信がありました。 それでも、 半年間の受験生活のあいだは 毎日必死で勉強しなければなりませんでした。 仕事は週3日に減らし、仕事以外の時間のほとんどを試験勉強に費やしたのです。 (もちろん息抜きはしましたが。 ) しかも勉強は必ずしも順調ではなく、わからないことだらけで 大きなストレスを感じながらの半年間でした。 本試験を迎えたときも、決して合格できる 自信があったわけではありません。 まだまだわからないことが多いと思っていました。 幸いなことに本試験では、相性の良い問題が出たために合格できましたが、 出題内容によっては不合格だったかもしれません。 個人差はあると思いますが、行政書士試験はそれぐらい 本気で取り組まなければ合格できない難易度だと思います。 問われる法律は幅広く、一般知識科目もあるこの試験。 勉強するべき内容は膨大です。 独学合格が不可能なほどではない 難易度の高い行政書士試験ですが、 独学合格が不可能なほど難易度が高いわけでもないとも言えます。 難関資格ではありますが、弁護士や司法書士、税理士などに比べれば難易度が低い資格です。 そのため行政書士試験は他資格に比べて独学合格者が多いです。 もちろん独学、通信、通学のどれが良いかは人によって異なりますが、独学で挑戦してみる価値がある資格だと言えるでしょう。 独学合格に必要な勉強時間(期間)はどれぐらい? 行政書士試験の準備に必要な勉強時間については、さまざまな意見が見られます。 もっとも多いのは、「600時間ほどの勉強で合格できる」というものです。 実際のところはどうなのでしょうか? 必要な勉強時間(期間)は人による まず前提として、合格に必要な勉強時間を一律に定めることは不可能です。 能力も環境も人によってさまざまだからです。 さらに、同じ能力・環境の人でも、選ぶ教材や勉強方法によって必要時間数は大きく変わってくるでしょう。 合格できるかどうかは、その年の出題内容によっても変わってきます。 ですから「合格に必要な勉強時間」は あくまで目安であることを、まず押さえておきましょう。 初学者の場合、600時間では厳しいかも 資格予備校などによると、行政書士試験の学習は500~800時間が目安とされているようです。 宅建などの 他資格経験者であれば500時間、 初学者であれば800時間が必要というわけです。 一般的に600時間と言われるのも、予備校の情報がもとになっているのでしょう。 私は勉強時間を正確に記録したわけではないのですが、だいたい800時間ぐらいだったと思います。 500~800時間という目安は あながち間違っていないのかもしれません。 ただやはり、法律初学者の場合には600時間は少ないと感じます。 (一般論として)1年間は本気で取り組む姿勢が必要 以上をふまえて、あえて一般論として述べるとすれば、 1年間は本気で取り組む必要があると思います。 行政書士試験に挑戦するかたの多くは社会人で、仕事をしながらの学習になるでしょう。 そうであっても1年間は毎日時間を確保して勉強し、休日にはまとまった時間を勉強にあてる覚悟が必要だと思います。 もちろん、そうすれば必ず合格できるというわけではありませんが、 それぐらいの意気込みが必要な試験だということを知っていただければと思います。 逆にその覚悟があれば、初学・独学でも合格の可能性はあるでしょう。 準備期間が1年未満であっても、工夫して勉強時間を確保すれば 可能性はゼロではありません。 私の場合は前述のとおり、仕事を大幅に減らすことによって勉強時間を確保できました。

次の