被差別 芸能人。 穢多

被差別部落とは何か?その起源は歴史に隠されている。

被差別 芸能人

京都市の被差別部落と呼ばれる同和地区や崇仁地区などは、住むのにやばいと言われるのは何故でしょうか? 同和地区というのは、部落のことですが、エタ、非人という言葉を学生時代の教科書でも習うと思いますが、その流れをくむ被差別部落があるのが、京都市の同和地区なんですね。 今でも京都に差別は存在し、同和地区にはいくつか独特の特徴があります。 例えば、京都の同和地区は他の地域に地区に比べると、商業取引の単価が安かったり、公立の小中学校の学業成績が悪かったりなどです。 また、生活保護を受けている人が他の地区に比べると多いというのも特徴です。 同和運動(部落解放同盟)の関係者が多く、ということは左翼の方も多いと言えます。 その同和運動では、この部落を無くすことを願っているらしく、普通残すことを考えそうなものですが、不思議ですよね? 京都の同和地区出身で有名な人に、政治家の野中広務さんがいますが、彼自身も差別を受けていたそうです。 同和運動に問題があるのでは?と思う政治家も数多いそうですが、同和地区自体はやばい地区と言えるかどうかは微妙なラインですね。 京都市と言えば、観光スポットとしても有名で、国内国外問わずにぎわいを見せている地区でもありますよね? でも、その玄関口の京都駅から、歩いて数分の所に、関西でも有数の規模を持つ被差別部落があることをご存知でしょうか? そもそも被差別部落とは何か?と言いますと、これは学生時代にも習ったことがあると思いますが、いわゆる賤民 えた、非人など が住んでいた地域を言います。 ただ、被差別部落自体は、江戸の身分制度によって生まれた言葉でもあるので、現代ではおおっぴらに使われることはありません。 とは言え、未だにこの地区に住んでいる住人は差別の対象になることもあり、現代においてもまだ、被差別部落の偏見があります。 花の京都市にそんな場所があるなんて!とびっくりされるかもしれませんが、現実にはちゃんと地図上にも同和地区などの被差別部落が存在しているんですね。 現代においては、地域内の行き来が自由になったことで、地域の特色性は失われつつありますが、それでもなお現代でも被差別部落に対する偏見は残っていると言います。 江戸時代に作られた被差別部落ですが、明治時代の「解放令」により部落差別は表上はなくなったかのように見えますが、今でも部落差別というのは根強く残っていると言います。 例えば、結婚に関することでも差別がありますし、就職に関してもそうです。 京都の同和地区に住んでいる人は、危険である、もしくはやばいなどの差別が続いており、全員が悪いわけではないのに、同和の人とは働きたくないなど、暗に差別が働いていると言います。 京都には、同和地区 旧 の他にも、「崇仁地区」「醍醐辰己町」「八幡市」「伏見」「舞鶴えたひにん」「楽只地区」「元田中」「京都市伏見区醍醐辰巳町」などは被差別部落として名前が残っています。 どの地域もまた、京都の被差別部落ですが、部落差別は関西が顕著で、その地方は部落差別であるということを近隣の人達も認識しており、それゆえに同和地区なども差別の対象になっているんですね。 関西では顕著に見られる被差別部落ですが、一方関東はというと、人口増加だったり、大規模な開発事業が行われたりしたことで、被差別部落は分かりにくくなっていると言います。 では、被差別部落として有名な京都の崇仁地区を見てみますと。 京都駅の南口から数分歩くと、集合住宅街が見えますが、そこが崇仁地区です。 しばらく歩くと、レトロな青い建物が見えますが、これは「柳原銀行記念館」と言って、日本で唯一の同和地区出身者が設立したと言われる銀行なんですね。 この銀行は、明治32年に、崇仁地区の町長として働いていた明石民蔵さん他、地元の有志が集まって作った銀行になります。 現在は銀行としてではなく、一種の観光スポットとして、一般公開されているようです。 この記念館には、昭和にあった部落の様子が写真で見ることが出来ますが、当時はやはり古いせいもありますが、どことなく差別部落のような雰囲気があります。 ただ、現在では、京都市の同和対策事業により、新しいマンションも建つようになり、見かけでは被差別部落とわからないようになっているようです。 住環境は改善され、これらの住宅は改善住宅とも呼ばれ、関西の被差別部落地域でも改善住宅は多く見られます。 辺りを見回すと、空き家が多いのは、部落から去って行った人の名残とも言えますね。 危険とか言われる地域があるのは、他の地域でも同じことです。 部落差別が残っているからこそ、知らない人からは危険視されるわけですが、出身者の方は今もなお差別に苦しんでいたかも知れませんね。 京都の崇仁地区には、高瀬川という川が流れています。 昔はこの川に生活排水が流れ込み、衛生面でも度々問題になったこともあるようですが、現在は整備されていて綺麗な川になっています。 ウグイのような清流で住む魚がいることからも、水質も綺麗なのは保障されています。 ただ、空き地部分は草が生い茂ったりして、ちょっと荒廃した感じがあります。 多分、一部ではこのような荒廃した場所をおいて、やばいとか危険とか言ったのでしょうね。 昔の建物はほとんどなくなり、草むらが多く広がっているそうですが、敷地はフェンスと有刺鉄線で囲われており、これもまたやばいとか危険とか言われる理由の一つかもしれません。 被差別部落がやばいなどと言われるのは、多分に在日の人に対する偏見が多いのではないでしょうか? 日本人であろうと、在日の人であろうと、差別がされるのは今の時代にそぐわないですね。 そもそも部落と言う言葉自体は「集合」という意味で使われる言葉なのですが、何故か差別として使われることが多いですね。 では今のような使われ方をしたのは何時かと言えば、賤民 えた、ひにんなどと呼ばれました の集落や地域を、昔の行政関係者が「被差別部落民」などと呼んだことに端を発したと言えます。 被差別部落が差別用語として定着したのもこの頃からです。 特に西日本にはこの差別が顕著で、被差別部落を略して「部落」という言葉が多く使われ、2011年3月4日に開かれた第68回全国大会では、部落解放同盟綱領の中でも、部落差別をうける可能性をもつ人の総称としてこの言葉が使われました。 えたやひにんと呼ばれていた人に起源をもつとも言われる部落ですが、雑種賎民と呼ばれる人達の他にも部落民が存在していたようです。 例えば静岡県では、明治初期に陰陽師廃止令が出されたことで、陰陽師達が職を失い、その結果部落民と呼ばれるようになったということです。 部落差別を受けていたのは、えたやひにんばかりではなかったということですね。 京都市に多い部落ですが、ちゃんと地図上にも存在し、普通に住民が暮らしています。 出身地がおおっぴらに出来ないのは、江戸時代の名残だとしたら不幸なことですね。 近代になってから、部落と言う言葉が略称として用いられて来ましたが、集合と言う意味で使う場合と区別するため、「特殊部落民」と言う風に言葉が変遷してきました。 そもそも京都の部落が話題になった背景として、1951年に、在日朝鮮人を扱った本「特殊部落」を、当時の京都の職員が、雑誌『オール・ロマンス』に発表したことで、問題になったこともあります。 本の舞台にもなった京都市の被差別部落ですが、問題になったのは登場する人物が全て在日朝鮮人だったことと、余りにも現実とかけ離れた事実がそこには書かれており、オール・ロマンス事件として問題になったんですね。 その後、左翼の人達と部落解放全国委員会の京都の人達が合致し、今まで問題にすらならなかった京都市の部落のインフラ整備に乗り出し、今の被差別部落の原型が生まれました。 地図にもちゃんとある公衆浴場もまた、京都の部落の象徴の一つかも知れません。 京都に被差別部落がある理由の一つとして、在日朝鮮人が雑誌で話題になったというのが大きな理由かも知れませんね。 部落問題に関して言うと、日本では一種のタブー扱いにされてると言います。 部落=危ない地域とか、部落には行ってはいけない神社があるとか、京都の闇社会だとか色々言われていますが、実際に行ってみたら、危険な所は数少ないと言います。 ただ、マスコミでは、部落のことを「荊タブー」などと呼び、真相が語られる番組はほんの少しなんだそうです。 何しろ、部落と言う言葉自体が放送禁止用語にあるので、アナウンサーなどが「集合」という意味で「部落」としゃべってしまった時には、すぐに謝罪があるそうです。 京都での差別用語として部落が定着してしまったからかも知れませんが、集落と言い直すのも何だかおかしい話です。 壊れものに触るように扱うからこそ、差別が酷くなるのかも知れないと思うのですが、マスコミは公共放送ですし、そうもいかないのでしょうね。 京都の地図にはちゃんとあるのに、行きたくても行けない場所があるというのもおかしな話です。 廃墟のようにやばい理由があるならまだしも、実際には危険な場所は少ないと思うのですが、何故か「行けない」もしくは「行ってはいけない」と言われるのは、実際に住んでいる方からすれば、失礼な話だと思います。 京都の被差別部落に行ってはいけないという理由の一つに、暴力団との関係があります。 というのも、押し売りや恐喝などの同和行為と呼ばれる暴力行為や、一部の関係者が暴力団化していることもまた、京都の部落問題が解決しないことの要因になっているからです。 治安が悪い地域も多数あり、部落解放同盟に入っていた詩人などは、このように部落差別のことを表現しています。 部落自体が危険なわけではなく、中にはやばい人達もいるということですね。 ある作家はこうも言ってます。 「彼らは好きでヤクザになったのではなく、就職口が見つからないだけだ。 また、この京都の部落を訪れた人の中には、部落民とヤクザの距離が近いことにも驚くと言います。 地域に溶け込んだヤクザと言えば聞こえは良いですが、もしかしたら、それだけ治安が悪化している証拠かも知れないですね。 b地区というのは、被差別部落の隠語として知られています。 例えば、インターネット上で部落を差別する時には「b地区」という言葉が多く使われます。 「あそこは、b地区だから行かない方が良いよ。 」などの差別です。 プロバイダが外国経由のことも多く、これらの差別的書き込みは現状ではどうしようもないと言います。 b地区と言えば、兵庫の神戸にもありますが、あちらの地域を指し示す言葉ではなく、部落=Bとして、被差別部落をb地区などと呼んでいるんですね。 ですので、単にb地区と言えば、京都にある被差別部落を指します。 もちろん違う場合もありますが、差別的書き込みがあった場合、b地区と言えば、京都の被差別部落を指すと言っても良いでしょう。 京都は歴史がある町ですから、北海道などからは想像もつきませんが、闇の部分も深く、b地区などが存在するのかも知れません。 もちろん!b地区などと地図上に載っているわけではありません。 一部の人がb地区などと言っているだけです。 地図にb地区が載っていたら、それはそれで差別だ!と大問題になりそうではありますが…。 京都に今も残る部落=集落。 出自を隠したくなるのはわかりますが、生まれ故郷だと堂々と言えないのは本当に悲しいことですね。

次の

自分が被差別部落出身か確かめたい。

被差別 芸能人

更新日:2015年1月5日 同和問題は、生まれた場所(被差別部落)や、そこの出身というだけで差別される、根拠も無く著しく不合理な部落差別問題をいいます。 私たちの社会にある、人種の違いによる差別、宗教の違いによる差別、性の違いによる差別、障害者差別などは世界各地で見受けられる差別です。 このような差別ももちろん許されませんが、同和問題は、日本人がとらわれやすい死や血などに関するケガレ意識のほか、家意識、世間体などが根底にある、簡単には拭いさることのできない日本固有の差別なのです。 同和問題はどうして起こったのでしょうか? 史料では、すでに鎌倉時代中期の文献に部落差別の原型が記述されています。 その後、16世紀末に豊臣秀吉は、農民が田畑から離れることを禁じるために、武士と町民・農民とを分けた身分制度を作りました。 この身分制度をさらに進めるため、徳川幕府は歴史的、社会的な経緯で差別されていた一部の人々を、著しく低い身分として固定し、職業や住むところを制限しました。 こうして被差別部落の形成が進み、その多くが生活や暮らしが低いレベルにおかれていったといわれています。 この差別されていた一部の人々は、占術など神秘的な技能を持つ職人や芸人、そして、生き物の死にかかわる職業に携わっていました。 そして、科学が未発達であった当時、多くの人が抱いていた「ケガレ意識」の対象として見られてきました。 神秘的であるが故に、畏怖の念から「ケガレ意識」の目で見られてしまったのでしょうか。 観阿弥(かんあみ)や世阿弥(ぜあみ)が完成させた能をはじめ、歌舞伎や人形浄瑠璃などの芸能、寺社の庭師、武具や馬具、太鼓などの革製品の生産、竹細工にいたるまで、現在日本の伝統文化といわれるものの多くは、当時の被差別民衆が担ってきたものです。 1871年(明治4年)の解放令によって、こうした差別の身分制度は廃止されました。 しかし、被差別部落が長年おかれてきた厳しい状況は改善されずに形式的なものであったため、周囲からの偏見や差別はそのまま放置されました。 明治以降の資本主義化による制度や産業の変革により、被差別民が担ってきた皮革産業などの特権は資本家に奪われ、被差別部落の生活や実態はより厳しいものになっていきました。 1922年(大正11年)の全国水平社の結成は、被差別部落の人達が不当な差別を自らの運動によって解消しようと立ち上がった出来事でした。 現在、行政、企業、宗教団体、民間団体等、多くの人や団体が部落差別問題の解消に取り組んでいます。 しかし、今日に至っても、同和問題は結婚や就職など日々の暮らしの中で差別事件として、早急に解決が必要な現実の社会問題となって現れています。 (注意)権力の関与の程度や成立の時期は現在も研究者の間で議論が進められています。 差別は、差別する人の人間性をも損ないます どこにでもいる若い男女がめぐり合いました。 3年の交際を経て結婚を決意した二人でしたが、男性が女性の両親に被差別部落出身であることを話したところ、二人の結婚に対して猛反対を受けてしまいました。 2年の歳月をかけて二人は女性の親戚を回って理解を求め、両親に再度話しましたが、最後まで賛成を得ることはできませんでした。 結婚した二人の間には子どもも生まれ、男性の両親はそんな二人を暖かく見守ってくれました。 一方、女性の両親とは、その後まったく交際がなく、孫達も母方の祖父母に会ったことがありません。 二人の結婚を認めないまま、女性の母親は数年前に亡くなりました。 結婚を認めてもらえなかった二人、祖父母に存在すら認められない孫、実の娘や孫にも会えないで亡くなった母親・・・ 差別は、差別される人を傷つけるだけではなく、差別する人をも不幸にするのです。 結婚差別はこの事例だけでなく、現在でもさまざまなところで起こっています。 最近の東京でも差別事件があるの? 2003年(平成15年)5月、東京都中央卸売市場食肉市場で働く人々を誹謗・中傷する差別はがきを発端に、約400通の差別はがき・手紙が都内を中心に被差別部落出身者やその関係者に送りつけられる「連続大量差別はがき事件」が発生しました。 犯人は逮捕され、2005年(平成17)年7月に懲役2年の実刑判決が確定しましたが、その後も食肉市場あてに、そこで働く人を侮辱する悪質な差別はがき等が郵送される差別事件はなくなってはいません。 また、公共施設など大勢の人の目に触れやすいところに、被差別部落出身者や外国人を誹謗・中傷・脅迫する差別落書きが後を絶ちません。 さらに、不動産会社がマンション建設予定地を「買いたがらない人がいる」とか「何か問題があるといけないから一応調べておこう」といった理由で同和地区かどうか調査する事件が起きました。 これは「同和地区」そして「被差別部落出身者」を排除することを前提とした部落差別です。 このように発覚するのは、実際に起きている差別事件の氷山の一角であることはいうまでもありません。 こうした差別事件や、結婚や就職がだめになる同和問題は決して過去のことではなく、私たちの住む東京で現在でも起きている人権侵害の問題なのです。 解決のためにはどうしたらいいでしょう 部落差別は生まれによって身に覚えのないレッテルを貼られることで起こります。 そして、このレッテルは「みんながしている」とか、「昔からしている」といったかたちで、差別を受け入れている人や、無知や無関心のままで、問題を正しく理解しようとしない人がいることによって根強く温存されているのです。 また、被差別部落の人たちが差別されるようになったのは、「ケガレているから」とよくいわれますが、これに対して「ケガレなど存在しないのだから間違っている」と説明できる人がどれだけいるでしょうか。 私たちは、ふだん肉を食べ、革製品を身につけていますが、これらを作るために必要なと畜(食肉解体処理)業務をする人に対して「ケガレ」や「残酷」を感じるといった矛盾はないでしょうか。 このことは同和問題と深く関わっており、正しい認識と理解が必要です。 私たちは、ふだん何気無く受け入れている迷信や慣習などを、常に問い直す努力が必要です。 このような努力の積み重ねが、客観的な視点で物事を見極める習慣をつくりだし、ひいては差別へつながる偏見に気づくきっかけとなります。 また、客観的な視点で判断し根拠がないと気づいたことでも、「みんながしている」からといって従ってしまっては、差別とわかっていても「みんながしているから自分だけやめることはできない」といった、差別がなくならない構造を崩すことはできません。 正しくないと思ったことは、世間に惑わされることなく従わないといった、毅然とした態度をとれるようにすることが大切です。 ふだん当たり前のように受け入れている言葉や迷信、慣習、世間体といったものすべてが差別につながるわけではありません。 しかし、見つめ直す努力をすることが、私たちの社会から差別をなくしていく道のりにはなくてはならないものです。 このように、私たち一人ひとりが同和問題の解決を目指し努力することは、偏見を見ぬく力を身につけ、世間体に負けず差別を許さない行動をとることであり、あらゆる差別を解決するための努力でもあるのです。 食肉・と場問題 食肉は、私たちが生きていくうえで欠かせないものですが、ケガレ意識や食肉・と畜に関しての長い歴史から、食肉市場やそこで働く人に対する強い偏見や差別が残されています。 日本は、仏教の伝来による殺生戒と時の支配者の政策的な食肉禁制によって、長い間、肉食はケガレると考えさせられてきました。 誰もが公然と肉を食べられるようになったのは明治に入ってからです。 しかし、食肉禁制・殺生禁断の時代でも動物の皮は、馬具や武具の生産には欠かせない重要なものでした。 そこで、江戸幕府は農耕用や運搬用の牛や馬が死んだときに、その処理を「ケガレた仕事」として被差別部落の人達にしか従事できないものとして担わせ、貴重な皮を独占することができたといわれています。 明治になって食肉禁制がなくなり、だんだんと食肉文化が普及し、と場が全国各地に増えていきました。 このような中、被差別部落の人達が中心となって伝統的な技術を伝え、部落産業の一つとして食肉産業を支えてきたのです。 被差別部落がと畜業務・食肉産業と深くかかわってきたことから、現在もさまざまな問題が起こっていますが、単なる職業に対する差別という次元の問題ではなく、根本に同和問題の存在があるため、解決が遅れているといえます。 と場で働いている、働いていた、あるいは親せきが働いているというだけで被差別部落出身として就職を拒否されたり、結婚に反対される人権侵害も起きています。 私たちの社会では、ふだん肉を食べ革製品を身につけています。 その生産過程で働く人を差別したりと場を忌み嫌うことは、矛盾した許されない行為です。 この「許されない行為」にも同和問題との関わりの中で「うなずいてしまう」人が決して少なくないことは、残念なことです。 と畜業務は、私たちが生活するために必要な生き物の命を、高度な技術で活かしてくれている仕事です。 こうした偏見や差別の実態をなくしていくためにも、同和問題の解決が必要なのです。 これでいいのですか(今日も一日) PDFファイルデータ PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。 お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。 この情報はお役に立ちましたか? お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。 このページの情報は役に立ちましたか?.

次の

穢多

被差別 芸能人

この記事にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2012年4月) 穢多(えた)とは、において中世以前から見られるの身分のひとつである。 日本仏教、における「穢れ」観念からきた「穢れが多い仕事」や「穢れ多い者(罪人)が行なう生業」の呼称、身分の俗称とする説もあるが、それより古く、古代の被征服民族にして賤業を課せられたを起源と見る立場もある。 穢多の明確な基点は明らかになっていない。 逃亡農民に由来するという推測、皮革加工などに従事するという説、中世のに由来するという説、古代の被征服民族とする意見などがあるが、穢多などの被差別民の起源は一様ではなく、雑多な起源をもつ集団であったのかもしれないが、非人と違って、穢多は、職業に関わりなく親子代々承継されたとされる。 、東京人類学会の会員であった箕作源八が「穢多ノ風俗」について各地の報告を求め、各地からの被差別部落民にかんする伝承や関係文献が集まったが、その多くは、被差別部落民を日本人とは異なる「人種」として捉え、その起源について論じるものであった。 解釈 [ ] 穢多差別はまでには始まったとされ、に確立され、呼称は時代に廃止された。 までにはとに「穢多」差別があったことが明らかになっている。 江戸時代におけるについて京都大学名誉教授によれば「士と農工商の間に大きな身分的格差があるのであって、農工商の三つについてはほぼ同列だと考えられている。 これをあるいは平人として一括する意見もある。 その下にいわゆる「 穢多・」と呼ばれた階層があった。 大きな線、区別は士と農工商、農工商とその下の「 穢多・」との間にあった、ということが明らかになってきている。 」という。 名称 [ ] 「穢多」ということばの文献上の初出はにおいてであり、『』((永仁4年))などに見られる。 の公文書には(正保元年)以降に現れる。 (承平5年)に編纂された『』は「屠児」の訓を「恵止利(えとり)」とした上で「牛馬を屠り肉を取り鷹雞の餌とするの義なり」と解説している。 また、(建治元年)にに献上されたとされる『』には「河原の辺に住して牛馬を食する人をゑたとなつく、如何」「ゑたは餌取也。 ゑとりをゑたといへる也」と記されており、また同時期の『』には「根本は餌取と云ふへき歟。 餌と云ふは、ししむら鷹の餌を云ふなるへし」とある。 つまり、元々は鷹などを飼うための餌を取る職業を意味しており、それが転じて殺生を業とする者全般が穢多と呼ばれるようになった。 つまり、「穢多」は、元々「えとり」であり、塵袋にあるように、旃陀羅、すなわち狩猟文化と密接な関係を持つ異文化の人々を指したが、それが「えた」と呼ばれるようになったというのである。 そして、穢れが多い仕事をするとして「穢多」という字をあてたとされる。 時に「エッタ」などとなまって呼ばれることもあり、地域によっては「エッタボシ」などの呼称もある。 2011年1月5日には、柏原「水平社博物館」にて韓国をテーマとする展示に関わり「エッタ」を連呼する活動が行われ、これら一連の活動はとなった。 江戸職人歌合. 石原正明著 片野東四郎, 1900 職業と発生史 [ ] 穢多の生業は以降徐々に形成されたもので、制度としてはのもとで確立した。 タカを使って鳥を捕らえることはの代からあり、また、官制に主鷹司の規定があり、これに付随する餌取の由来もまた古く、屠る者がこれに従事した。 一方、『』には猪鹿の肉を天皇に供する規定があったが、仏教の殺生禁止の決まりから肉食を穢れたものと見なす風が広まり、屠者を蔑視する風も広まった。 彼らは京都鴨川河原に小屋住まいをし、都の民のために賤業に従事した。 いわゆる河原者である。 が河原の近くにあったので、その穢れのおよぶことを避けるために『延喜式』には付近に濫僧屠者の居住することを禁じた。 濫僧とは、非人法師で、国司の厳しい誅求に耐えかね、地方民が出家して公民籍から離脱したものである。 は「今天下の民三分の二は禿首の徒なり」と述べた(意見封事)ほどで、その一部が京都に来て、屠者とともに河原者になった。 当時は両者の区別があったが、のちに同一視され、餌取法師、エタと呼ばれた。 その職業には都市清掃もあり、浄人(きよめ)とも呼ばれた。 『塵袋』には、キヨメをエタといい、もとは餌取で濫僧とも呼ばれ、のことであるとあり、『』には、河原者をエッタというとある。 彼らはまたその居住地から、坂の者、散所の者とも呼ばれた。 中でも京都の清水坂の坂の者が有名であった。 清水坂の坂の者は祇園感受院に属して犬神人と呼ばれ、延喜寺僧兵出兵の際などその先手を務めた。 各部落には長がいて、その村落の警護にあたり住民から報酬を受けた。 これを長吏法師といった。 長吏には縄張りがあり、年間、清水坂の長吏と奈良坂の長吏とがいさかいを起こしたことがある。 江戸時代には、斃牛馬(「」は禁止されていた)の処理と獣皮の加工やまた革製品の製造販売などの関係の仕事(これらは武士の直属職人という位置づけもあった)、刑吏・捕吏・番太・山番・水番などの下級官僚的な仕事、祭礼などでの「清め」役や各種芸能ものの支配(芸人・芸能人を含む)、・雪駄作りとその販売、灯心などの製造販売、筬(高度な専門的技術を要する織機の部品)の製造販売・竹細工の製造販売など、多様な職業をとして独占していた。 また関東ではのもとで非人身分を支配していた。 一口に穢多といっても日本の東西で違いは大きいので注意が必要である。 七十一番職人歌合36番「穢多」より。 「この皮は大まいかな」 穢多の原形はにはすでに存在していたようで、『』(713〜715年(和銅6年〜霊亀元年))に「恵多」の記載が見られる。 「穢多」表記の初見は鎌倉時代の『』((永仁4年))であり,に出て肉食しようとしたを穢多童子が捕らえて首をねじり殺したと書かれ、川原で肉を扱い鳥を捕る童形の人物として描かれている。 また、天狗の恐れるものの一つとして「穢多のきもきり(肝切? )」を挙げており、天狗に恐れられる存在であった。 この集団はあたりからの対象になっていたのだが、その差別は緩やかであり、しかもには上納が軍需産業(皮革はや馬具の主材料)であった事から保護もされた。 東日本の大名の中には領国に穢多に相当する生業をする者がおらず、軍需生産のために西国から穢多に従事する者を呼び寄せ、領国に定住させ皮革生産に当たらせた例もみられる。 (明応9年)頃に成立したとされる『』には三十六番でとともに詠まれ、諸肌脱ぎ、束髪、裸足で皮をなめしている姿が描かれている。 江戸時代になり鎖国体制が確立すると、からの皮製品の輸入が途絶え、深刻な皮不足が生じた。 このため皮革原料としての斃牛馬は一段と重要になり、斃牛馬処理は厳しく統制されるとともに、各農村に穢多が配置されて皮革原料の獲得に当たることになった。 居住していたのは村外れや川の側など、農業に適さない場所であったことが多い。 皮なめしなどの仕事が主であったため、当初は「」とも呼ばれていたが 、やがて「えた」という卑称が定着化していく。 皮なめしなどの仕事はかなりの臭いを発生させるため、その臭いを嫌い、離れた場所に住まわせられる傾向があった。 この傾向は中世ヨーロッパにおいても見られる。 穢多 (『』(2年()成立)より) 日本では殺生を嫌うと、血を穢れとして嫌うの両方の影響から、動物の死体を扱う事を忌む思想があった(従って日本独自である。 ただし、『刑吏の社会史』によると、中世ヨーロッパでは動物の解体に携わる職業の者はの構成員とはされなかったとされている)。 関東に関しては幕府は(穢多頭矢野弾左衛門)にその支配権を与え、制度を整備し、穢多および非人身分を間接支配した。 皮革の製造加工の権利を独占(実行は非人が独占)していたため、頭の矢野弾左衛門にもなるとかなりの富を得ており、並みの格式と10万石の並みの財力と称され、武士や商人への金貸し業にも手を染めた。 は『』の中で「人しらねばとて、えたむらへ腰をかがめ」と皮肉を込めて記している。 町人(商人や職人)は、の売買などによって身分を変える事が出来たが、穢多の多くが非人身分であったためそのような行為は出来なかった。 非人身分とそれ以外では火の貸し借りができない、非人は下駄を履いてはならないなど、社会的な差別も多々あった。 穢多は居住地が地図に表示されないなどの差別を受けたとされているが、豊かな穢多村(枝村)では田畑を農民(農奴)同様に耕しも納めている例があるなど一概には語れない。 を通じて穢多に限定された職種が保証されていたため、経済的には相当程度安定していた。 寺請制度による人別帳による人口動態を見ると江戸期を通じてほぼ順調に人口を増加させていることが多い。 明治時代になって身分解放令により、穢多の公称、非人身分(刑罰:非人手下)が廃止されたが、同時に、職業の独占も失ったため経済的困窮に陥った例が多い。 なお、解放令は地租改正、徴兵令、学制とともにが廃止され、当時の民衆からの強い反発を受けた。 当時各地で発生した明治政府反対一揆の中で、(枝村)の打ち壊しを伴うものをと呼ばせている。 日本国外 [ ] 「穢多」と同じように皮革や死体の処理をさせられる身分として、のアウト・カースト()が挙げられる。 こちらは業種がもっと多岐にわたっている上、法の上では差別が禁止されている現在でも差別が続いており、アウト・カースト集落の襲撃なども起きている。 のも知られるが、こちらはによる身分制度の廃止やの混乱の影響による大規模な人口移動と戸籍等の記録の消滅により、階級を問わず大部分の人々の元の身分階級が不明となったため現在では白丁出身と公開している人物はおらず、結果的に白丁出身だからという差別行為は存在しないが差別意識は今だ存在し侮辱用語としても残っている。 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• [ ]• 原田信男『歴史の中の米と肉』平凡社〈平凡社選書〉、1996年。 [ ]• Mognet. 2019年5月30日閲覧。 523-524. 、、、校注 『七十一番職人歌合・新撰狂歌集・古今夷曲集』、新 日本古典文学大系 61、(1993年3月)、p. 74-75. 永原慶二、青木和夫、佐々木潤之介『日本の歴史 : ジュニア版』3、読売新聞社、1987年5月、187頁。 参考文献 [ ].

次の