住民 税 課税 証明 書。 税務証明交付申請書|尼崎市公式ホームページ

港区公式ホームページ/住民税の課税(非課税)・納税証明書

住民 税 課税 証明 書

課税証明書、非課税証明書、所得証明書は1月1日現在の住所地で発行されます。 平成28年度の証明書(平成27年1月1日から12月31日までの所得が載ったもの)が必要な場合は、平成28年1月1日現在の住所地の市区町村へ請求します。 スポンサーリンク 住民税は1月1日現在の住所地の市町村が課税をしますので、その後転出したのであれば転出前の市町村に請求する事になります。 「課税証明書」は、課税された税金の金額を証明するもので、所得証明書も兼ねています。 「納税証明書」は納めた税金の金額を証明するものです。 郵送料及び定額小為替の購入に要する費用は請求する方の負担となります。 書類の不備等ですぐにご返送できない場合がありますので、期日に余裕をもって請求してください。 非課税証明書は課税証明書とは逆で、住民税が課税されていないことを証明する書類で、 証明書を交付してくれる所は、課税証明書と同じになっています。 主に、年金の申請や被扶養者の申請などに使われます。 「わざわざ取りに行くのは遠くて大変だ」という方のために、多くの市区町村で郵送での証明書の請求を受け付けしていますので、該当の市区町村にお電話等でおたずねください。 スポンサーリンク おすすめ記事• スポンサーリンク.

次の

課税証明書とは?必要になる場面と入手方法を解説|税理士検索freee

住民 税 課税 証明 書

Contents• スポンサーリンク 所得証明書・課税証明書・非課税証明書とは 所得証明書・課税証明書・非課税証明書は、いずれも個人の所得や住民税(都道府県民税・市区町村民税)の額を証明する書類です。 ローンの借入れ(金融機関)、児童手当の申請(他市区町村)、公的年金保険料の減免手続き(年金事務所)、健康保険の扶養手続き(勤め先の健康保険組合)などで必要な書類で、市区町村役場で取得することができます。 詳しくは、をご覧ください。 所得証明書・課税証明書・非課税証明書のレイアウト 所得証明書・課税証明書・非課税証明書のレイアウトは市区町村により異なります。 これは、これらの証明書が法令等で定められたものではなく、各市区町村が行政サービスの一環で交付しているためです。 一般的なレイアウトは以下のとおりです。 所得証明書・課税証明書・非課税証明書は、住民税(都道府県民税・市町村民税)の計算過程を示しています。 レイアウトは6つに分かれます。 宛名 氏名、住所、賦課期日(1月1日)の住所が記載されます。 所得の内訳 給与所得、不動産所得など、1年間の所得金額の内訳が記載されます。 所得控除の内訳 社会保険料控除、扶養控除など、住民税で適用されている所得控除の内訳が記載されます。 課税標準額 所得の合計額から所得控除の合計額を差し引いた金額が記載されます。 計算過程の最後に、市区町村民税均等割・市区町村民税所得割・都道府県民税均等割・都道府県民税所得割の4種類とそれらを合計した年税額が記載されます。 人的控除 扶養人数、障害の有無、寡婦(寡夫)などの情報が記載されます。 スポンサーリンク 所得や税額を確認するには 一般的に、所得の金額は「 合計所得金額」が該当します。 児童手当や保育料の算定など、所得に応じてサービスの可否が変わるような場合に利用されます。 税額は、課税か非課税かを判定するのが一般的です。 非課税の場合は、証明書の名称が「非課税証明書」になっているか、「市区町村民税均等割」が0円になっています。 市であれば市民税、東京都23区であれば特別区民税、町であれば町民税、村であれば村民税です。 各種サービスの可否の判定に「 所得割」が利用される場合もあります。 「市区町村民税所得割」だけの場合や「都道府県民税所得割」と合計する場合があります。 所得割とは、所得に対して課税されるもので、市町村民税と都道府県民税のそれぞれにあります。 また、均等割とは、居住の事実に対して課税されるもので、市町村民税と都道府県民税のそれぞれにあります。 なお、所得割、均等割は一定の所得以下の場合は課税されません。 市区町村民税 都道府県民税 均等割 3,500円 1,500円 所得割 6%(政令指定都市は8%) 4%(政令指定都市は2%) 所得証明書・課税証明書・非課税証明書の読み方 年度 住民税(都道府県民税・市区町村民税)昨年の1月1日から12月31日までの所得に対して課されます。 そのため、「令和2年度」と記載された証明書には、平成31年1月1日から令和元年12月31日までの所得の内容が記載されています。 宛名 現住所(住民票上の住所)、氏名、賦課期日(その年度の初日(4月1日)の属する年の1月1日)の住所が記載されます。 なお、賦課期日とは、課税される基準となる日のことで、住民税(市区町村民税、都道府県民税)は1月1日に住所地のある都道府県、市区町村で課されます。 所得の内訳 住民税(市区町村民税、都道府県民税)の基礎となる所得の内訳が記載されています。 所得は給与所得、不動産所得など、10種類の区分に応じそれぞれ算出され、それらを合計したものを「 合計所得金額」といいます(前述)。 所得とは収入(額面金額)から必要経費を差し引いた金額をいいます。 なお、給与や公的年金は必要経費が存在しないため、所得税法で定められた一定の計算方法により必要経費が計算されます。 証明書には給与と公的年金のみ収入も記載されています。 所得控除の内訳 住民税(市区町村民税、都道府県民税)には、国税である所得税と同様、社会保険料控除や配偶者控除などの所得控除が存在します。 所得控除は、税額の計算上、所得から差し引かれます。 国民年金保険料の減免手続きのように、扶養人数や社会保険料控除の金額が判定項目にある場合、この所得控除の項目が利用されます。 この項目は、家族構成や障害の有無が判明するため、省略することができる場合があります。 ただし、上記の国民年金保険料の減免手続きのように、サービスの可否の判定に所得控除を利用する場合もありますので、注意が必要です。 課税標準額 課税標準額とは、所得金額から所得控除の額を差し引いた額(1,000円未満切捨て)をいいます。 課税標準額には、課税総所得金額、上場株式等に係る課税配当所得の金額、課税短期譲渡所得金額、課税長期譲渡所得金額、株式等に係る課税譲渡所得等の金額、先物取引に係る課税雑所得等の金額、課税山林所得金額、課税退職所得金額に区分され、それぞれ適用される税率が異なります。 年税額 課税標準額を各区分ごとに税率を適用し、税額控除を差し引いた額が所得割の年税額(1年間の税額)になります。 なお、税額控除には住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)、寄附金税額控除(ふるさと納税など)があります。 人的控除• 控配(控除対象配偶者) 控除対象配偶者とは、配偶者控除の対象となる配偶者をいいます。 「有」「無」「*」等の表示がされます。 控除対象配偶者が前年12月31日(前年に死亡した場合は死亡した日)に70歳以上である場合は「老人」に「有」等の表示がされます。 配偶者控除の要件 (1)配偶者であること(内縁関係の人は非該当)。 (2)納税者と生計を一にしていること。 (3)年間の合計所得金額が38万円以下(令和3年度(令和2年分)以降は48万円以下)であること。 (4)青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。 扶養人数 扶養人数には、扶養親族の人数が記載されます。 一番左に総人数、右側に内訳が記載されます。 「特定」には19歳以上23歳未満の扶養人数の人数、「老人」には70歳以上の扶養親族の人数、「同居」には「老人」のうち同居している扶養親族の人数、「16歳未満」には16歳未満の扶養親族の人数が記載されます。 なお、「特定」「老人」「16歳未満」の人数を「一般」や「その他」と表記して記載する場合もあります。 年齢の判定は前年12月31日(前年に死亡した場合は死亡した日)時点です。 扶養親族の要件 (1)配偶者以外の親族(6親等内の血族及び3親等内の姻族をいいます。 )又は都道府県知事から養育を委託された児童や市町村長から養護を委託された老人であること。 (2)納税者と生計を一にしていること。 (3)年間の合計所得金額が38万円以下(令和3年度(令和2年分)以降は48万円以下)であること。 (4)青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。 平成24年度(平成23年分)から、「16歳未満」は、子ども手当(現在の児童手当)が創設されたことに伴い、扶養控除の対象外となりました。 また、16歳以上19歳未満は、高校授業料の無償化に伴い、「特定」から「一般」に変更されました。 区分 控除額(所得税) 控除額(住民税) 一般(下記以外) 38万円 33万円 特定(19歳以上23歳未満) 63万円 45万円 老人(70歳以上 ) 同居 58万円 45万円 別居 48万円 38万円 16歳未満 控除なし 控除なし• 障害 扶養親族に障害者が存在し、障害者控除を適用した場合は、人数が記載されます。 「特別」には特別障害者の人数、「内同居」には特別障害者のうち同居の人数、「その他」には特別障害者以外の障害者(普通障害者)の人数が記載されます。 本人 「特別障害者」には、本人が特別障害者として障害者控除を適用している場合に記載されます。 「その他」には、本人が特別障害者以外の障害者(普通障害者)として障害者控除を適用している場合に記載されます。 「寡婦(夫)」には、本人が寡婦控除または寡夫控除を適用している場合に記載されます。 「勤労学生」には、本人が勤労学生控除を適用している場合に記載されます。

次の

市税の証明|鎌ケ谷市ホームページ

住民 税 課税 証明 書

ページID 1005456 更新日 令和2年5月13日 市税(固定資産税を除く)などの各種証明書が必要な方は、市民税課、市民課、尾西庁舎窓口課、木曽川庁舎総務窓口課、各出張所へ申請してください。 申請書は下記よりダウンロードすることもできます。 申請に必要なもの• 申請される方の本人確認ができるもの(運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・個人番号カード(通知カードは本人確認書類として使用できません)など) (注)本人または住民票上同一世帯の親族以外の方が申請する場合は、本人からの委任状が必要です。 なお、委任状には委任した方の押印が必要です。 (注)法人市民税の納税証明書を申請する場合は、法人の代表者印の押印が必要です。 証明書の種類• 所得課税(非課税)証明書• 納税証明書(市県民税、法人市民税、事業所税、軽自動車税(種別割))• 法人の所在地等証明書兼事業証明書• 継続検査(車検)用軽自動車税(種別割)納税証明書 など 手数料及び申請場所 主な証明書の手数料・申請場所一覧 証明の種類 証明内容 手数料 申請場所(窓口) 所得課税(非課税)証明書 ・所得金額 ・所得控除額 ・課税標準額 ・課税額 など 1件 300円 本庁舎3階 市民税課 本庁舎1階 市民課 尾西庁舎 窓口課 木曽川庁舎 総務窓口課 各出張所 納税証明書 税目ごとに ・納付額 ・未納額 など 1件 300円 法人の所在地等証明書兼事業証明書 ・事業所の名称 ・所在地 1件 300円 軽自動車税(種別割)納税証明書(継続検査用) 納税年月日など 無料 扶養証明書 扶養家族の状況 1件 300円 本庁舎3階 市民税課 尾西庁舎 窓口課 木曽川庁舎 総務窓口課 各出張所 未納のない証明書 申請日現在、市税に未納がないこと 1件 300円 本庁舎3階 市民税課 酒税法に基づく納税証明書(一般酒類小売業免許申請用) (1)過去2年以内に滞納処分を受けたことがないこと (2)現在、市税の滞納がないこと 1件 600円(2事項分の証明) 注意事項• 所得課税(非課税)証明書の「年度」と「年分」の違いについて 市県民税は前年分(1月から12月)の収入を基に課税されますので、税額証明の「年度」と対象となる収入のあった「年分」は1年ずれることになります。 (例1)「令和元 年度の所得課税(非課税)証明書」とは、「平成30年1月から平成30年12月までの1年間の所得」が記載されたものをいいます。 新年度の所得課税(非課税)証明書の発行時期について 「令和2年度(令和元年分)所得課税(非課税)証明書」は令和2年6月から交付します。 内容は、前年の令和元年分(平成31年1月から令和元年12月まで)の所得金額等が記載されたものです。 転出・転入されたかたについて 所得課税(非課税)証明書の申請は、必ずしも現在住んでいる市区町村の役所で行うわけではありません。 必要とする証明書の年度の年の1月1日現在に住んでいた市区町村の役所で行うことになります。 (注)「令和2年度所得課税(非課税)証明書」は、令和2年1月1日現在に住んでいた市区町村の役所で申請することになります。 詳しくは、該当となる市区町村の住民税担当課へお問い合わせください。 証明書の記載について 令和元年度の課税証明書等の証明書は、システムの都合上「平成31年度」と記載されておりますが、「令和元年度」と同義となります。 収入情報がない方(収入が0円の場合を含む)について 収入情報がない方(例:専業主婦、学生の方等)は、別途市民税・県民税の申告が必要になります。 また、当該年分の申告等をされていない方については、証明書の即日交付ができない場合があります。 詳細は市民税課までお尋ねください。 納付後、早急に納税証明書が必要な方について 市役所窓口などで納税証明書が発行できるのは、お支払い手続きが完了後、市役所にて納付確認ができてからとなります。 お支払い手続き後、納付確認に時間がかかる場合がありますので、領収証書(原本)や口座振替の方は記帳後の通帳(原本)を窓口にお持ちください。 証明交付に関する各種サービス• 郵送による申請方法 所得課税(非課税)証明書、納税証明書等は下記をご覧ください。 継続検査(車検)用軽自動車税(種別割)納税証明書は下記をご覧ください。 インターネットからの申請(電子申請)•

次の