ディープ フェイク 芸能人。 ディープフェイクづくりに必要なものまとめ【PCスペック】

deepfakeはスマホアプリで簡単に作成できる?作り方や注意点は?

ディープ フェイク 芸能人

この記事の目次• ディープフェイクとは ディープフェイクとはAIの技術を応用して作られた、偽の動画や音声のことです。 政治家や芸能人が実際には行っていない行動や発言を、あたかも真実であるかのような動画や音声がインターネット上で公開されて話題となったことがあります。 特に動画はディープフェイクビデオ(フェイクビデオ)とも呼ばれ、特定の人物の顔の形やしわ、目や鼻などの動きをAIの技術を応用して、別の人物にかぶせ、異なる部分を精巧に修正して再現されています。 これはフェイススワップ(顔交換)と呼ばれ、自然な動画を合成する技術として使われています。 これにより顔つきや表情などの見た目だけでなく、発声などの音声もコンピューターにより細かく制御されます。 その結果、実際には発言していない内容を、あたかも本人が発言したかのような動画(フェイクビデオ)が作られてしまうのです。 ディープフェイクが登場した背景 動画や音声を加工した偽のコンテンツは、ディープフェイクが広まる以前からインターネット上で普及していました。 従来の技術では、動画の加工や偽造には専門的な技術と膨大な作業時間が必要とされてきました。 中でもアイドルのコラージュ画像を専門に制作していた人たちのことは、アイコラ職人などと呼ばれ、作られた画像により、名誉棄損や著作権侵害の問題に発展したケースもあります。 ところが近年の機械学習の発達により、精巧な動画や画像の加工のプロセスが簡略化され、さらにSNSやYoutubeなどの普及は、ディープフェイクが急速に拡散させる要素となっています。 ディープフェイクの発端は、ソーシャルブックマークサイト「Reddit」において「deepfakes」というユーザーが2017年11月ごろに投稿した動画であると言われています。 その後、一般のユーザーでもフェイク動画を作成できるアプリ「FakeApp(フェイクアップ)」が開発されたことで、ディープフェイクは一気に広まり大きな問題に発展しました。 現在、Youtubeにはディープフェイクを専門に扱うチャンネルも存在しています。 ディープフェイクで何が起こるか ディープフェイクにより重大な事実が操作される可能性があります。 ディープフェイクはインターネットで拡散されることで、世界中に発信され、政治家や芸能人、セレブなどの影響力のある人たちの信用を傷つけるだけでなく、政策や株価などの社会情勢にも影響を与える可能性も考えられます。 ディープフェイクはインターネット上で急速に拡散されます。 動画によるコンテンツは視覚と聴覚に対して強力に訴えかけ、見たものを欺くのに十分な力を持ちます。 専門家の中には、国家間の戦争に発展する可能性もあり、さらに戦局を左右する要因としてディープフェイクが使われることもあり得ると指摘する者もいます。 ディープフェイクが用いられた事例 海外ではディープフェイクによる事例がいくつか確認されています。 オバマ元大統領の演説動画(2018年4月) アメリカのオバマ元大統領の演説動画のフェイクビデオが2018年4月に公開されました。 youtube. このフェイクビデオはアメリカのオンラインメディア「バズフィード」と映画監督のジョーダン・ヒールによるもので、ディープフェイクの脅威を世界に知らしめるために製作されたものです。 Facebook CEO ザッカーバーグ氏の偽動画(2019年6月 Facebook CEOのザッカーバーグ氏のフェイクビデオが2019年6月8日にinstagram上にアップロードされて話題になりました。 動画は14日までに7万5000回以上も再生され、facebook上でもシェアされています。 動画の内容は「大量の個人データを手に入れた者が未来も手に入れると『スペクター』に教えてもらった」と発言しているもので、再生時間は約16秒間で自動的にリピートされます。 ザッカーガーグ氏の顔とfacebook本社で撮影された演説中の体を結合し、俳優の声を合わせて作られました。 Facebook社はinstagram上にアップロードされたこのフェイクビデオを削除しないと発表しています。 幼いころのイーロン・マスク(2019年5月) こちらはちょっと面白いディープフェイクです。 アメリカの実業家、イーロン・マスクを現在の年齢で子供にしたようなフェイクビデオです。 フェイクビデオを見分ける方法 フェイクビデオは極めて精巧に作られていますが、いくつかの方法により見分けられる方法があります。 情報収集を行う インターネットで公開されている動画がフェイクビデオだと感じたら、まずはその動画に関する情報を徹底的に収集しましょう。 人間にとって視覚で得られた情報は強力ですが、まずは先入観を無くし、動画に関する情報をGoogleなどの検索エンジンでチェックするところからスタートです。 特に過去に公開されたフェイクビデオはすでに話題になったことがあるかもしれないので、要注意です。 インターネット上において動画が最初に公開された日時を調べ、それが最近公開されたものなのか、それとも過去に話題となりニュースサイトなどでも取り上げられたものなのか、信頼できる情報源を使って徹底的に調べましょう。 映像に違和感がないか確認する インターネットで情報を集めても、その動画がフェイクビデオであるかどうかわからない場合は、まずはその動画を自分の目でしっかりと確認しましょう。 動画に映されている被写体だけでなく、その影や光の反射、そして何か操るようなワイヤーをデジタル加工で消去したような痕跡など、少しでも不自然に感じられるところがあるかチェックしましょう。 フェイクビデオを見分けるAIを活用する ニューヨーク州立大学の呂思偉(ルー・シウェイ)率いる研究チームが、フェイクビデオの欠陥を発見しました。 フェイクビデオに使われているDeepFakeアルゴリズムは画像から動画を作りだす技術ですが、このアルゴリズムにより作られた動画は、人間の生理学的信号全てを完璧には再現できないことを見つけたのです。 そこで研究チームはフェイクビデオの登場人物の「まばたき」に注目し、フェイクビデオの中でまばたきをしない箇所を検出するAIアルゴリズムを開発しました。 このAIを学習させることで、フェイクビデオの特定が可能となりました。 まだ完璧とは言えない技術ですが、今後の動向に要注目です。 まとめ AIの進歩はこれまでにない数々の技術を生み出しましたが、その中にはディープフェイクのように社会にとって有益とは言えないものも含まれています。 ひとたびインターネット上で拡散されてしまったコンテンツを、完全に削除したり対策を取ったりすることは困難です。 ディープフェイクに対する技術的解決策が困難であれば、現状では動画を見た人々の意識を高めることでしか解決ができないように感じられます。 ディープフェイクはまだ歴史の浅い技術です。 これからどのような問題が発生するのかは未知数であり、脅威の拡大がどの程度まで広がり、人々に影響を与えるのか予想がつきません。 メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント 1. はじめに 2. 近年の個人情報漏洩の状況 3. 内部要因による情報漏洩 3-1. 内部犯行による被害統計情報 3-3. 内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因 3-4. 内部犯行を減らすための対策 4. サイバー攻撃の統計情報 4-4. サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因 4-5. 急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策 4-6. サイバー攻撃の種類を把握しよう 4-7. 日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後 4-8. 外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策 無料でここまでわかります! ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?.

次の

ディープフェイク(フェイクビデオ攻撃)とは?仕組みや事例、対策について徹底解説

ディープ フェイク 芸能人

この連載でも「ディープフェイク」。 AI技術の一種である「ディープラーニング」と「フェイク」を組み合わせた言葉で、ディープラーニングを使って真実ではないコンテンツ(映像や音声など)を制作する行為を指します。 ただ最近は、ディープラーニングが使われているかどうかよりも、単に「本当かどうか見分けがつかないほど精巧に加工されたコンテンツ」という意味で使われることが多くなっているようです。 規制が始まったディープフェイク このディープフェイク、あえて「フェイク」という言葉が使われていることからも分かるように、あまり好ましくない行為というニュアンスが含まれています。 でも紹介したように、サイバーセキュリティ会社のDeeptraceによれば、ディープフェイク・ビデオの実に96%がアダルトコンテンツだそうです。 またそのほぼ全てが、女性の出演者を加工したもの。 つまりアダルトコンテンツに登場する女性の顔を、セレブや芸能人、極端な場合は一般人にすげ替えるという行為が横行しているわけです。 そして残る4%のディープフェイクも、政治的な意図をもって作成されたものが多かったと報告されています(ちなみに非アダルト系ディープフェイクで加工される人物の61%は男性だそうです)。 例えば敵対する勢力の政治指導者の「スキャンダル映像」を捏造して、その人物の評判を落とすというわけですね。 さらには実在のCEOそっくりの音声をディープフェイクでつくり出して、その部下に送金を命じるという詐欺まで起きていて、そうなると「好ましくない行為」どころか犯罪行為ということになります。 そんな背景があることから、ディープフェイクを規制しようという動きも起きていて、例えば米カリフォルニア州では昨年、ディープフェイク規制に関連する2つの法案が可決されました。 その1つは、選挙が行われる場合、その前の一定期間(60日間)に政治家を対象としたディープフェイク・コンテンツの制作・配布を違法とするというもの。 そしてもう1つは、同意なしに自分の画像がアダルト系のディープフェイク・コンテンツで使用された場合、被害者が訴訟を起こせるというもの。 どちらもニューサム知事によって署名が行われ、規制として施行されることになりました。 また中国もディープフェイク対策に乗り出していて、今年1月から施行された規制では、映像や音声に関するサービスのプロバイダーおよびユーザーに対し、ディープラーニングを含む新技術を使ってフェイクニュースを制作・配布することを禁じています。 カリフォルニア州の法律と異なるのは、コンテンツが政治系に限定されていないこと(あらゆるフェイクニュースが対象)、またVRなど他の先端技術も対象になっていることです。 そのため取り締まりの対象となるコンテンツや人物が広範囲になると予想され、新たな人権侵害を招くことが懸念されています。 カリフォルニア州の規制に対してすら、米国自由人権協会(ACLU)と電子フロンティア財団から、対象が広過ぎて政治的な言論の自由が失われるとして反対の姿勢が表明されています。 とはいえ前述の通り、ディープフェイクが実害をもたらすリスクが高まっている以上、何らかの規制をかけることは避けられません。 インドの選挙で利用されたディープフェイク カリフォルニア州の規制のように、本人の同意なしに映像を加工することを禁じるというのは、比較的取り締まりやすいでしょう。 被害者は誰なのか、どのような害を被ったのかがある程度明確になるからです。 しかしそれほど単純ではないディープフェイク利用、しかも政治分野での活用事例が、インドで実際に登場しています。 今年2月、インドの政権与党であるインド人民党(BJP)でデリー準州の支部長を務めるマノジ・ティワリ氏が、2本の動画をネットで公開しました。 デリー準州での選挙を前に、対立勢力を批判する内容で、いずれもメッセージアプリのWhatsApp上で広く拡散されたそうです。 まずは1本目、ティワリ氏が英語でスピーチしています。 そして2本目、今度は英語ではない言語でスピーチしているのですが、実は話している内容は全く同じものです。 非英語でのスピーチ 後者の動画でティワリ氏が使っていたのはヒンディー語。 そしてこちらの動画の方がオリジナルで、これをディープフェイク技術で加工することで、ティワリ氏が流ちょうな英語でスピーチしているかのような前者の動画が作られたというわけです。 そしてこのティワリ氏のスピーチ映像には、もう一つ別のバージョンが存在します。 こちらで使われている言語は、ヒンディー語の方言の一つであるハリヤーナー語。 ハリヤーナー語はインド北部のハリヤーナー州で使われている言葉で、ティワリ氏は話すことができないと伝えられています。 ではなぜハリヤーナー語版も作ったのか。 その理由はこの言葉がデリーの出稼ぎ労働者の一部で使われているため。 彼らの票を取り込むために、彼らの母語を使ってメッセージを伝わりやすくしたわけですね。 しかしメッセージを伝えたいだけなら、オリジナルの映像に字幕を付ければ済む話です、それをあえて、本人が話しているかのように加工したのは、ターゲットとする出稼ぎ労働者に親近感を与えたかったのでしょう。 それならば本人が頑張って勉強して、ハリヤーナー語を覚えれば済む話ではあるのですが、インドでは憲法で「公的に認定されている言語」だけで22言語が存在し、一説には800を超える言葉があるといわれています。 そんな環境で、任意の言語を話しているかのように簡単に加工してくれる技術は、インドの政治家にとって大きな武器となるはずです。 日本でも「地元に帰った議員先生たちが、お国言葉で支援者と交流」などというニュースを見ることができます。 それだけ「自分と同じ言葉を話している」ことがポジティブなイメージを作り出すということでしょう。 しかし誰かの評判をおとしめるような内容ではなく、翻訳されているとはいえ、メッセージの内容自体もオリジナルから変更されていません。 それでも政治状況や世論に影響を与える可能性のある技術、もしくは使い方であれば、それを規制すべきでしょうか?.

次の

ディープフェイクづくりに必要なものまとめ【PCスペック】

ディープ フェイク 芸能人

ここではディープフェイク アイコラ動画 の作り方が簡単で怖すぎる件についてわたしの感想をご紹介します。 AI 人工知能 でフェイク動画がこんなにも簡単に作れるとは、、、日本ではイジメやフェイクポルノ リベンジポルノ に使われる危険性が大です。 警戒レベルがマックスな ディープフェイク DeepFake が怖すぎます。 あなたは ディープフェイク アイコラ動画 が気になっているんですね。 わたしもです。 AI の進化によりフェイク動画が、あなたにもわたしにも簡単に作れる世の中になってしまいました。 この記事を読むと以下の疑問が解決します。 ディープフェイク アイコラ動画 とは?• ディープフェイク アイコラ動画 の作り方• ディープフェイク アイコラ動画 の使い方• フェイク動画は犯罪になる?• それでは見ていきましょう。 ディープフェイク アイコラ動画 とは? ディープフェイクとは、ディープラーニング 機械学習 とフェイクを組み合わせた造語ですが、簡単に説明すると、 首のすげ替えをしているアイコラ画像の動画バージョンです。 正確に言うと、顔のすげ替えなので、髪型や顔の輪郭まではすげ替えしません。 そのため、輪郭や髪型や肌の色が合わないと、上手く合成できません。 今のところ、AI が偽物であるフェイク動画を見分けることができるのですが、最近のフェイク動画は人間の目では見分けがつかなくなってきているようです。 faceswap は Python 製のツールであり、tensorflow などパッケージをインストールする必要があります。 中国の顔交換iOSアプリ「Zao」 日本ではダウンロードできません。 iPhoneで作るディープフェイク動画アプリ「Xpression」 日本企業が開発した、iPhone(iOS)スマホで簡単にディープフェイク動画が作れるアプリです。 普通にダウンロードができます。 ディープフェイク アイコラ動画 の使い方 よく結婚式に出てくる 2人の生い立ちや、 記念の日をまとめた動画があります。 愛を語り合う映画に出てくる有名人たちの動画に、新郎新婦を当てはめて笑いを誘うなんていいと思います。 友人、知人や家族、親戚の笑いを誘うこと間違いなしです。 自分の顔を動画に当てはめて 身内で楽しむ分には誰も文句は言わないでしょう。 フェイク動画は犯罪になる? アメリカのバージニア州は合意に反したディープフェイクの画像や映像の配布に対して刑事罰を科します。 犯罪です。 違反者には最高12カ月の懲役と2500ドルの罰金が科せられます。 マツコ・デラックスを当てはめたフェイク動画がありました。 本人が見たら、気分悪くなるでしょうね。 もし自分がされてたらと思うと、かなり嫌な気分です。 それも自分の知らないところで、勝手に作られてるんです。 ホント最悪です。 Twitter にはフェイク動画に収まらず、フェイクポルノを作っているひともいました。 アンケート機能を使ってみます。 しかし、もし自分の身に起こったと思うと身の毛がよだちます。 決して、イジメやリベンジポルノなどに悪用しないでください。 その悪事、 相手も簡単にできるんですから、いつか ブーメランみたいにあなたにも返って来ますよ? コラ動画やフェイク動画は怖いから、31日間無料で映画もドラマも、何なら雑誌まで見放題、 ムフフな動画も 31日間無料視聴可能な にしておきましょう。 ムフフ動画のために登録が面倒な人はこちらをどうぞ。 SEOアクセス解析• 無料 順位チェックツール• 無料・有料 キーワード考案• 無料・有料• 無料 被リンク分析• 7日間無料・有料• 無料 順位変動チェック• 無料 ページ速度調査• 無料 モバイルフレンドリー調査• 無料 サイト状態調査• 無料 リダイレクト検証• 無料 ヒートマップ• ABテストツール• インハウスSEO• 有料 インバウンドマーケティング・マーケティングオートメーション• 有料 ツールの評判調査•

次の