二の腕 脂肪 吸引 ブログ。 二の腕の脂肪吸引ブログ超まとめ【脂肪吸引のリアルがわかる!】

【ベイザー脂肪吸引】気になる二の腕の経過をまとめました!│ベイザー脂肪吸引ラボ

二の腕 脂肪 吸引 ブログ

脂肪吸引の体験談が書かれたブログは、これから脂肪吸引を検討している人に役立つ情報のひとつですよね。 クリニックが出している情報は都合の悪いことは書いてなかったり、書いてあっても軽く触れているだけだったりしませんか?それに引きかえ、先輩患者さんが書いたブログには本音や本当に知りたいことが書いてありそう・・・。 そう思いませんか? でも、体験談ブログならなんでもいいわけでもないんです。 その理由は、内容が医学的にまちがっていて、参考にしてマネをすると良くない経過や結果につながるものもあるからです。 ここでは、これから脂肪吸引を考えている人に役立つ体験談ブログを紹介します。 そして体験談ブログを読むときの注意点も説明していきます。 この記事を読むと、たくさんある脂肪吸引体験者ブログの中から特に役立つブログにすぐにアクセスすることができます。 そして良いブログの選び方がわかるようになり、質の良い情報に出会える確率が高くなります。 是非読んでみてください。 Contents• 1 おすすめ体験談ブログの選定基準 脂肪吸引の体験談ブログを読むことでみなさんが知りたいのは、以下のことではないでしょうか? ・具体的にどのくらいの効果があるのか? ・手術の痛みはどのくらいあるのか? ・手術後の腫れや内出血はいつなおるのか? ・どのくらいから普通の生活ができるようになるのか? ・手術をうけて満足できるものなのか? ・手術をうけた人の実際の感想はどんなものなのか? このような疑問を解消できるよう、ここではおすすめブログの選定基準を以下の通りとしました。 ・術前と術後の写真がたくさん紹介されている ・術後の経過がきちんと報告されている ・術前、術後の感想がしっかり書かれている 脂肪吸引を受けられた方がどのような感想をもたれているか医師の私も読み込んでしまうほどのサイトをピックアップしています。 ブログの中では、効果や感想を参考にするようにし、術後ケア等については必ず担当医師の指導に従うようにしてください。 2 おすすめの脂肪吸体験談ブログ10選 ここでは、美容外科医おすすめの脂肪吸引ブログを紹介していきます。 脂肪吸引を体験した人たちがどのような経験をして経過をたどっていったかを読んでみてください。 記事URL 太もも、腰、二の腕の脂肪吸引をうけた方の体験談ブログです。 脂肪吸引をうけることを検討した理由やクリニック選びをするためにカウンセリングめぐりをした時の感想も書かれています。 記事URL 太もも・お尻、お腹・腰、二の腕の脂肪吸引をうけた方の体験談ブログです。 手術前から仕上がりまでの経過がサイズの変化と一緒に細かく報告されています。 手術後約1年経過時のサイズ測定結果も報告されており、脂肪吸引の疑問点を担当医に質問したときの回答も書かれています。 記事URL お腹の脂肪吸引をうけた方の体験談ブログです。 手術を決意するまでの気持ちやカウンセリング時のクリニックの対応が書かれています。 手術をうけたものの結果に満足できず、再手術をお受けになっています。 しかし、再手術をうけても良い結果は得られず、クリニック選びがすごく重要だとわかるブログです。 記事URL 太ももの脂肪吸引を受けた方の体験談ブログです。 手術から1ヶ月までの経過がほぼ毎日報告されています。 手術後の症状がどのように良くなっていったか、手術前との比較写真もたくさん載っていますので、手術から日が浅い人が不安になった時には励みになるブログだと思います。 記事URL お腹と二の腕の脂肪吸引の体験談ブログです。 手術後3ヶ月目までの状態が写真と明るく前向きな楽しい文章でレポートされています。 記事URL 太もも・お尻の脂肪吸引をうけた方の体験談ブログです。 クリニックの対応が手術前と手術後で変わったエピソードとクリニックに対する感想のうつり変わり、手術後6週間までの経過が写真つきでレポートされており、仕上がりの状態も写真で公開されています。 記事URL 太ももと二の腕の脂肪吸引をうけた人の体験談ブログです。 カウンセリングをうけて手術を決断するまでの気持ちから手術当日の様子、手術後の経過が報告されています。 仕上がりの状態の画像と脂肪吸引をうけてみて感じた感想も最後に紹介されています。 記事URL 太ももの脂肪吸引のうけた方の体験談ブログです。 手術当日から10日目までの記録が写真で紹介されています。 脂肪吸引から2年経過後、脂肪吸引の効果を今はどう感じているかの感想も報告されています。 記事URL ふくらはぎの脂肪吸引をうけた方の体験談ブログです。 ふくらはぎの脂肪吸引から1ヵ月後までの経過が写真で紹介されています。 記事URL 太ももの脂肪吸引をうけた方の体験談ブログです。 エステのお試し体験から脂肪吸引を決意するまでの気持ちのうつり変わり、クリニック選びの感想がかかれています。 手術後3年経過した状態の写真と脂肪吸引をうけてみて今はどう感じているかの感想が紹介されています。 3 体験談ブログを読むときの注意点 ここでは、脂肪吸引のブログを読むときの注意点を説明していきます。 体験者の話はその人にとっては真実ですが、その内容が自分にも正しいとは限らない場合があります。 以下の注意点を理解したうえでブログから脂肪吸引の役立つ情報をもらってください。 3-1 記事を信用しすぎない ブログに書いてある情報を信用しすぎないようにしましょう。 その理由は、ブログは書いた人の主観で記事が書かれているので、記事の内容が客観的事実と異なる場合があるからです。 たとえば、ある人にとって良い結果が他の人には悪い結果と感じることがあります。 成功した、失敗されたの感想、痛かった、痛くなかったの感じ方など、人によって受け止め方には違いがあります。 事実はひとつですが、解釈のしかたは人によって様々です。 ブログを読む時は色々なブログの平均的な意見を参考にするのがいいでしょう。 また、仕上がりまでの状態が報告されておらず、短期間で記事の投稿がとまっているブログは参考にならないものが多いといえます。 その理由は、手術から日が浅い時期は不安な気持ちがありますから、不安な気持ちをブログに打ち明けて誰かに読んでもらうことでストレスを解消している場合があります。 そして時間がたって不安がなくなると記事を書くのが面倒になってブログの更新をやめてしまうわけです。 つまり、短期間で更新が止まっているブログはこれから脂肪吸引を検討している人のために書かれたブログではなく、体験者の不安のはけ口としてのブログですから、良い情報が少ないと判断できます。 したがって、ブログには役に立つ情報とそうでない情報があることをわかった上で読むようにしてください。 3-2 ケアの方法はクリニックからの指示を優先する 体験談ブログに書いてあるケアとクリニックから教えてもらったケアのやり方に違いがあった場合は、クリニックからの指示を守るようにして下さい。 体験談ブログでは、自己判断によるケアを紹介しているケースがあります。 しかし、そのケアが医学的に間違っていることがあります。 間違ったケアを真似すると、本来の結果が得られなくなることもあります。 ここで、ブログで紹介されていることがある間違ったケアの例をあげてみます。 その時期に絆創膏を貼るとテープの糊で皮膚が損傷をうけるリスクが高まるので貼ってはいけません。 また、縫合で閉鎖された傷口には絆創膏を貼る意味はありません• 腫れがひいてきて圧迫下着がゆるく感じたのでワンサイズ下の圧迫下着を買いなおした。 または、自分で縫い縮めてきつくした。 ちょうど良い圧迫力になるサイズをクリニックは選んでいるので自己判断でサイズを決めてはいけません• むくみが気になるので水分を控えた。 利尿剤を使ってトイレの回数を増やして早くむくみが取れるようにした。 水分制限をしてはいけません。 脱水状態になっているのに利尿剤を使うのは危険ですから絶対に使ってはいけません。 上記の中には一見正しそうに思えるケアがあったのではないでしょうか?ブログで紹介されているケアを取り入れてもし悪い結果になっても誰も責任はとってくれません。 ケアの方法はクリニックからの指示を必ず優先して下さい。 まとめ 脂肪吸引のブログは、これから脂肪吸引を検討している人や手術をうけてダウンタイムの期間を頑張っている人にとって患者さん目線の情報が得られるという点で良い情報源といえます。 しかし、ブログは匿名で発信されている情報でもありますから、良い情報とそうでない情報を自分で判断してよい情報を選ぶ必要があります。 ここで紹介したブログ以外にも良いブログはたくさんあると思います。 ブログを読むときの注意点をふまえて自分が脂肪吸引をうける時の情報源として先輩患者さんのブログを役立てて下さい。 東京美容外科の痩身メニュー• カテゴリー.

次の

二の腕・肩・肩甲骨横の脂肪吸引ブログ

二の腕 脂肪 吸引 ブログ

脂肪吸引の体験談が書かれたブログは、これから脂肪吸引を検討している人に役立つ情報のひとつですよね。 クリニックが出している情報は都合の悪いことは書いてなかったり、書いてあっても軽く触れているだけだったりしませんか?それに引きかえ、先輩患者さんが書いたブログには本音や本当に知りたいことが書いてありそう・・・。 そう思いませんか? でも、体験談ブログならなんでもいいわけでもないんです。 その理由は、内容が医学的にまちがっていて、参考にしてマネをすると良くない経過や結果につながるものもあるからです。 ここでは、これから脂肪吸引を考えている人に役立つ体験談ブログを紹介します。 そして体験談ブログを読むときの注意点も説明していきます。 この記事を読むと、たくさんある脂肪吸引体験者ブログの中から特に役立つブログにすぐにアクセスすることができます。 そして良いブログの選び方がわかるようになり、質の良い情報に出会える確率が高くなります。 是非読んでみてください。 Contents• 1 おすすめ体験談ブログの選定基準 脂肪吸引の体験談ブログを読むことでみなさんが知りたいのは、以下のことではないでしょうか? ・具体的にどのくらいの効果があるのか? ・手術の痛みはどのくらいあるのか? ・手術後の腫れや内出血はいつなおるのか? ・どのくらいから普通の生活ができるようになるのか? ・手術をうけて満足できるものなのか? ・手術をうけた人の実際の感想はどんなものなのか? このような疑問を解消できるよう、ここではおすすめブログの選定基準を以下の通りとしました。 ・術前と術後の写真がたくさん紹介されている ・術後の経過がきちんと報告されている ・術前、術後の感想がしっかり書かれている 脂肪吸引を受けられた方がどのような感想をもたれているか医師の私も読み込んでしまうほどのサイトをピックアップしています。 ブログの中では、効果や感想を参考にするようにし、術後ケア等については必ず担当医師の指導に従うようにしてください。 2 おすすめの脂肪吸体験談ブログ10選 ここでは、美容外科医おすすめの脂肪吸引ブログを紹介していきます。 脂肪吸引を体験した人たちがどのような経験をして経過をたどっていったかを読んでみてください。 記事URL 太もも、腰、二の腕の脂肪吸引をうけた方の体験談ブログです。 脂肪吸引をうけることを検討した理由やクリニック選びをするためにカウンセリングめぐりをした時の感想も書かれています。 記事URL 太もも・お尻、お腹・腰、二の腕の脂肪吸引をうけた方の体験談ブログです。 手術前から仕上がりまでの経過がサイズの変化と一緒に細かく報告されています。 手術後約1年経過時のサイズ測定結果も報告されており、脂肪吸引の疑問点を担当医に質問したときの回答も書かれています。 記事URL お腹の脂肪吸引をうけた方の体験談ブログです。 手術を決意するまでの気持ちやカウンセリング時のクリニックの対応が書かれています。 手術をうけたものの結果に満足できず、再手術をお受けになっています。 しかし、再手術をうけても良い結果は得られず、クリニック選びがすごく重要だとわかるブログです。 記事URL 太ももの脂肪吸引を受けた方の体験談ブログです。 手術から1ヶ月までの経過がほぼ毎日報告されています。 手術後の症状がどのように良くなっていったか、手術前との比較写真もたくさん載っていますので、手術から日が浅い人が不安になった時には励みになるブログだと思います。 記事URL お腹と二の腕の脂肪吸引の体験談ブログです。 手術後3ヶ月目までの状態が写真と明るく前向きな楽しい文章でレポートされています。 記事URL 太もも・お尻の脂肪吸引をうけた方の体験談ブログです。 クリニックの対応が手術前と手術後で変わったエピソードとクリニックに対する感想のうつり変わり、手術後6週間までの経過が写真つきでレポートされており、仕上がりの状態も写真で公開されています。 記事URL 太ももと二の腕の脂肪吸引をうけた人の体験談ブログです。 カウンセリングをうけて手術を決断するまでの気持ちから手術当日の様子、手術後の経過が報告されています。 仕上がりの状態の画像と脂肪吸引をうけてみて感じた感想も最後に紹介されています。 記事URL 太ももの脂肪吸引のうけた方の体験談ブログです。 手術当日から10日目までの記録が写真で紹介されています。 脂肪吸引から2年経過後、脂肪吸引の効果を今はどう感じているかの感想も報告されています。 記事URL ふくらはぎの脂肪吸引をうけた方の体験談ブログです。 ふくらはぎの脂肪吸引から1ヵ月後までの経過が写真で紹介されています。 記事URL 太ももの脂肪吸引をうけた方の体験談ブログです。 エステのお試し体験から脂肪吸引を決意するまでの気持ちのうつり変わり、クリニック選びの感想がかかれています。 手術後3年経過した状態の写真と脂肪吸引をうけてみて今はどう感じているかの感想が紹介されています。 3 体験談ブログを読むときの注意点 ここでは、脂肪吸引のブログを読むときの注意点を説明していきます。 体験者の話はその人にとっては真実ですが、その内容が自分にも正しいとは限らない場合があります。 以下の注意点を理解したうえでブログから脂肪吸引の役立つ情報をもらってください。 3-1 記事を信用しすぎない ブログに書いてある情報を信用しすぎないようにしましょう。 その理由は、ブログは書いた人の主観で記事が書かれているので、記事の内容が客観的事実と異なる場合があるからです。 たとえば、ある人にとって良い結果が他の人には悪い結果と感じることがあります。 成功した、失敗されたの感想、痛かった、痛くなかったの感じ方など、人によって受け止め方には違いがあります。 事実はひとつですが、解釈のしかたは人によって様々です。 ブログを読む時は色々なブログの平均的な意見を参考にするのがいいでしょう。 また、仕上がりまでの状態が報告されておらず、短期間で記事の投稿がとまっているブログは参考にならないものが多いといえます。 その理由は、手術から日が浅い時期は不安な気持ちがありますから、不安な気持ちをブログに打ち明けて誰かに読んでもらうことでストレスを解消している場合があります。 そして時間がたって不安がなくなると記事を書くのが面倒になってブログの更新をやめてしまうわけです。 つまり、短期間で更新が止まっているブログはこれから脂肪吸引を検討している人のために書かれたブログではなく、体験者の不安のはけ口としてのブログですから、良い情報が少ないと判断できます。 したがって、ブログには役に立つ情報とそうでない情報があることをわかった上で読むようにしてください。 3-2 ケアの方法はクリニックからの指示を優先する 体験談ブログに書いてあるケアとクリニックから教えてもらったケアのやり方に違いがあった場合は、クリニックからの指示を守るようにして下さい。 体験談ブログでは、自己判断によるケアを紹介しているケースがあります。 しかし、そのケアが医学的に間違っていることがあります。 間違ったケアを真似すると、本来の結果が得られなくなることもあります。 ここで、ブログで紹介されていることがある間違ったケアの例をあげてみます。 その時期に絆創膏を貼るとテープの糊で皮膚が損傷をうけるリスクが高まるので貼ってはいけません。 また、縫合で閉鎖された傷口には絆創膏を貼る意味はありません• 腫れがひいてきて圧迫下着がゆるく感じたのでワンサイズ下の圧迫下着を買いなおした。 または、自分で縫い縮めてきつくした。 ちょうど良い圧迫力になるサイズをクリニックは選んでいるので自己判断でサイズを決めてはいけません• むくみが気になるので水分を控えた。 利尿剤を使ってトイレの回数を増やして早くむくみが取れるようにした。 水分制限をしてはいけません。 脱水状態になっているのに利尿剤を使うのは危険ですから絶対に使ってはいけません。 上記の中には一見正しそうに思えるケアがあったのではないでしょうか?ブログで紹介されているケアを取り入れてもし悪い結果になっても誰も責任はとってくれません。 ケアの方法はクリニックからの指示を必ず優先して下さい。 まとめ 脂肪吸引のブログは、これから脂肪吸引を検討している人や手術をうけてダウンタイムの期間を頑張っている人にとって患者さん目線の情報が得られるという点で良い情報源といえます。 しかし、ブログは匿名で発信されている情報でもありますから、良い情報とそうでない情報を自分で判断してよい情報を選ぶ必要があります。 ここで紹介したブログ以外にも良いブログはたくさんあると思います。 ブログを読むときの注意点をふまえて自分が脂肪吸引をうける時の情報源として先輩患者さんのブログを役立てて下さい。 東京美容外科の痩身メニュー• カテゴリー.

次の

二の腕の脂肪吸引してきた!3か月後の完成まで大公開!@品川美容外科

二の腕 脂肪 吸引 ブログ

こんにちは、RIOです。 今二の腕の脂肪吸引後の経過を追った記事を執筆中です。 ダウンタイムをいかに軽くするかは、クリニック選びと術後の過ごし方で大きく変わってきます。 特に内出血は、術後すぐは赤黒いあざのような状態だったとしても、この頃には黄色く変色し、治りかかっている状態になります。 黄色い内出血の跡ならコンシーラーなどを使えば目立たなくさせることができます。 術後1ヶ月の経過写真 1ヶ月が経過すると、ダウンタイムに起こる症状(むくみ・腫れ・内出血・拘縮)の拘縮以外は収まってきます。 術後2ヶ月の経過写真 術後1ヶ月でも大きな変化を遂げることのできる二の腕の脂肪吸引ですが、術後2ヶ月ではさらに効果を増しているのでしょうか? 【脂肪吸引ブログ【大阪雅公式】二の腕の脂肪吸引【Sさん】2ヶ月後】 出典元: 【東京に住むアラサーOLの現実〜目指すは2020婚〜】 出典元: 2ヶ月が経つ頃にはダウンタイムに起こる症状は拘縮以外はなくなっているのが通常です。 拘縮も収まってくる頃です。 脂肪吸引から3ヶ月が経過した二の腕は理想的なデザインになっているでしょうか? 【脂肪吸引ブログ【大阪雅公式】二の腕の脂肪吸引【Nさん】術後3ヶ月】 出典元: 【脂肪吸引します!】 出典元: 3ヶ月経つと内出血もむくみもなくなり、綺麗なラインを形成しています。 拘縮も術後3ヶ月経過すると落ち着いてきます。 拘縮が完璧になくなるのは術後半年が経過してからが一般的です。 二の腕のベイザー脂肪吸引後に現れる症状 二の腕の症例写真をたくさん紹介しました。 上記で紹介した症例写真ではあまり内出血が目立たないものが多かったですが、それは個人差によって異なります。 内出血が少ないように見えても一般的には術後に起こる症状はみんな一緒です。 二の腕のベイザー脂肪吸引後に表れる症状はどういったものがあるのでしょうか?👀 内出血 内出血が起こる原因は、脂肪吸引によって多かれ少なかれ細胞にある血管に損傷を与えてしまうからです。 吸引する脂肪の量が多くなるほど出血量も比例して多くなります。 脂肪吸引をすると必ず内出血します。 内出血は早ければ2週間ほどで落ち着いてきます。 遅くても大抵の人は1ヶ月が経過する頃にはほとんど目立たなくなっています。 痛み 術後麻酔が切れると、強い筋肉痛に似た痛みが起こります。 痛みのピークは術後3日間です。 3日目を過ぎると徐々に痛みが和らいでいきます。 痛みが激しい時は、クリニックで処方された痛み止めを飲みましょう。 我慢して飲まないでいるというのは、精神面に良い影響を与えません。 痛みを完全に感じなくなるのは、個人差はありますが2週間~1ヶ月かかります。 むくみ むくみは吸引箇所の腫れが治まったころに表れることが多く、術後3日を過ぎるとむくみ出します。 むくみの原因は、炎症により分泌されたリンパ液が原因です。 術後の身体は血のめぐりが悪く、身体が水分を溜めやすくなっているため、むくみやすくなります。 拘縮 脂肪吸引によって、元々脂肪があった箇所に空洞ができてしまうことで、身体がその空洞を埋めようとしてコラーゲンが増加することで起こります。 症状としては、肌がボコボコになったり皮膚が硬くなるなどが挙げられます。 拘縮は、吸引した脂肪量によって異なりますが早ければ1ヶ月、遅くても3ヶ月経てば自然と完治します。 しばらくは腕を思うように動かせなかったり、腕を上げることが難しいといった感想をよく目にします。 後は吸引した脂肪の量が多ければ多い程、痛みも比例して大きくなります。 また元々痩せていた人が少量の脂肪を吸引した場合も痛みがひどくなると言います。 痛みは個人差によって感じ方が大きく異なりますが、共通して言えることは、 「無理をせずに痛み止めを飲んでね!」 ということです。 普段薬をあまり服用しない人は、何度も薬を飲むことに抵抗があるかもしれませんが、痛みをこらえながら生活するのは単純に辛いですし、精神的にストレスを抱えてしまいます ・・; ですので、抵抗がある人も、痛み止めを服用することをオススメします。 術後に普段通りの生活に戻れるまでの期間は? 二の腕の脂肪吸引は、術後2週間が経過する頃にダウンタイムの症状が落ち着いてきます。 手術をする際は長期の休みに行うことがベストです。 二の腕の脂肪吸引は、顔の脂肪吸引とは違って、服を着込んでしまえばバレることはないので翌日から外出することはできます。 しかし、腕の上げ下げや単純に腕を動かすだけで鈍痛があるといった状態がしばらく続くので普段通りの生活に戻るには1週間ほどはかかってしまうと思います。 クリニック次第では翌日からの復帰が可能に クリニックによっては翌日から学校や仕事に行けるところがあるんです! それはどういったクリニックかというと、脂肪吸引を専門にしているクリニックです。 脂肪吸引に特化しているクリニックというのは、それを専門に毎日のように脂肪吸引施術を行っている為、必然的に技術が向上していきます。 さらに、術後に起こる症状をなるべく短く・軽くするための工夫を数多く行っている為、ダウンタイムを楽に過ごすことができます。 【モッズクリニック院長 長野寛史オフィシャルブログ 二の腕・肩 脂肪吸引 半年経過】 出典元: 術後半年が経過した方の症例写真です。 二の腕が全体的に引き締まり、細くなっていることが分かります。 肩から二の腕へかけてのラインも滑らかでとても自然な仕上がりになっています。 二の腕の脂肪吸引は、広範囲の脂肪を吸引していくため、術後痛みが気になるという方もいるでしょう。 ですが、腕のラインを気にして、着たい服も着れない、自分に自信が持てないという場合は、思い切って脂肪吸引をすることをオススメします。 なぜかというと、ダウンタイムは必ず終わりが来ますし、自分に合ったクリニックで施術を行えばリスクも大きく回避できて、術後の生活が良い方向にがらりと変わるからです。

次の