ペット マイクロ チップ 義務 化。 【ペットのマイクロチップ義務化?】犬猫飼うなら必要?費用は?

マイクロチップ装着を義務化。ペットへの影響は?

ペット マイクロ チップ 義務 化

今回は、犬や猫の飼い主に非常に関係がある話題です。 「マイクロチップ」という言葉は、皆さんも聞いたことがあると思います。 長さ12ミリメートルほどの小さなチップで、その中に15桁の識別番号が内蔵されています。 これを専用のリーダーで読み取り、登録された情報と照らし合わせることで、飼い主がわかります。 これまでは「空チップ」「古チップ」も 2019年の動物愛護法改正により、犬や猫に対するマイクロチップの装着と、あわせて所有者情報等を登録することが義務化されました。 ただし、マイクロチップの装着と最初の登録は、犬や猫の販売業者のみ(繁殖業者・ブリーダーを含みます)に課される義務であり、一般の飼い主に対しては努力義務とされています。 このため、すでにペットとして飼われている犬や猫に入れることは、特に強制されません。 マイクロチップについては、これまで法律上の後ろ盾はなく、ペットショップなどで入れてもらったものの、肝心の所有者情報がまったく登録されていなかったり(空チップ)、所有者や住所が変わったのに情報が更新されない(古チップ)など、制度として不十分で、さまざまな問題が指摘されており、普及率は決して高くはありませんでした。 注射器に似た専用の器具を使って犬猫の皮下に挿入されるマイクロチップ 今回の法改正により、最初の所有者情報の登録だけでなく、所有者が変わったときの変更登録も義務となりました。 その点で、マイクロチップの登録は、自動車登録や不動産登記の制度と似ているかもしれません。 情報を管理している運輸支局や法務局にいけば、これまでの所有者の履歴や、その物の詳しい情報を調べることができます。 マイクロチップが入った犬や猫が当たり前に また、ご存じのように、犬の所有者については、狂犬病予防法上、市町村への登録申請義務と鑑札の装着義務があり、この制度と重複しないか気になるところです。 この点についても考えられており、マイクロチップの情報登録が完了すれば、狂犬病予防法による市町村への登録があったとみなされ、マイクロチップが鑑札のかわりになります。 マイクロチップの中には識別番号が内蔵されている なお、マイクロチップに関する改正は、2022年6月ごろに施行される見込みであり、それまでの間に、社会へ周知をしたり、登録手続きを行う組織(指定登録機関)など細かい仕組みができあがったりしてくるはずです。 慌てて何かをする必要はないと思いますが、あと2年ちょっとで制度がスタートし、マイクロチップの入った犬や猫が当たり前の社会に変わります。 第1回のコラムで、「動物は法律上モノじゃない!」と言ったわりに、車や不動産と同じような制度で、マイクロチップを勝手に体内に入れられ管理されることが義務化されるなんておかしいじゃないか、と不満に思う方がいるかもしれません。 ただ一方で、法律上、人間と全く同じようにはならないことは理解しておく必要があります。 もちろん、人間と同じように取り扱えないといってもあくまでも法律の世界だけのことで、ペットが皆さんにとって、かけがえのない家族の一員であることに変わりはありません。 【関連記事】 (次回は6月15日に公開予定です).

次の

猫や犬のマイクロチップ義務化!いつから?マイクロチップは装着しないといけないの?

ペット マイクロ チップ 義務 化

・ 2019年6月、動物愛護法の改正によって決められた「犬・猫のマイクロチップの義務化」。 犬・猫の違法な放棄や遺棄、悪質な虐待・繁殖、脱走による行方不明、保健所に保護された後の殺処分を減らすことを目的にしています。 しかし、ここで疑問なのが「マイクロチップの義務化がいつからなのか」という点です。 また、ペットを守るためとはいえ、「本当に安全なの?」「体に埋め込んで害はないの?」などマイクロチップに対して抵抗がある方もいるでしょう。 そこで今回は、マイクロチップの義務化がいつ施行されるのかに加えて、マイクロチップの大きさや装着方法、埋め込む場所、手術費用の負担などについてご紹介します。 >> 犬・猫のマイクロチップの義務化の施行日はいつなのか 2019年6月12日(水)、犬・猫のマイクロチップの義務化を含めた、動物愛護法の改正が決定しました。 とはいえ、すぐに法律が適用されるわけではなく、以下の手順を踏まなければ本格的な施行には至りません。 法律の成立:衆議院と参議院の両方で可決 2. 法律の公布:法律の内容や適用される日を国民に発表 3. それによると、法律の公布から1年以内に政令で決めるそうですが、ざっくりとした感じだとマイクロチップの義務化は3年以内に施行される見込みです。 なお、動物愛護法の改正でもう一つ注目された「生後56日以内の犬・猫の販売禁止」も、無事に可決されたようです(2年以内に施行)。 生後間もない子犬や子猫を親・兄弟から引き離すと、病気になったり、人を噛んだりするそう。 それで捨てたり、虐待したりという人もいるわけなので、動物たちを守るにはとても良い方向に動いていると考えられるでしょう。 もらったり、拾ったりしたときと同様に、努力義務が課されるのみとなっています。 今後、法律が施行されると、マイクロチップの埋め込みはブリーダーに飼われている間になされることになります。 販売される期間が49日(生後7週間)から56日(生後8週間)に引き延ばされたので、その間にマイクロチップが装着されるというわけです。 その時点で所有者情報が環境省のデータベースに登録されるのですが、もしもペットショップなどから新しくペットを迎え入れた場合、私たちは「飼い主が変更になります」という登録義務さえ行えば問題ありません。 なお、自宅で子犬や子猫が生まれた場合で、マイクロチップを装着するなら、最初にワクチンを打つ生後50日ほどが望ましいでしょう。 マイクロチップの大きさはどれくらい?どんな機能があるの? マイクロチップは、アンテナとICを内蔵した電子タグ。 直径2mm、長さ8~12mmで、筒状の形をしています。 表面はガラスで覆われており、体内で動かないように特殊なコーティングや凹凸がつけられているみたいですね。 電子タグには飼い主のデータ(15桁の数字)などが登録でき、このデータは「リーダー」という機械を使って読み取ることが可能です。 マイクロチップは、いわばペットの身元証明のようなもの。 迷子や盗難、自然災害、交通事故などで離ればなれになっても、リーダーからの電波をマイクロチップが受信するため、犬や猫が飼い主のもとへと無事に帰れる可能性が高くなります。 ただし、GPS機能は付いていないので万能とは言えません。 マイクロチップを装着しているからと油断せず、飼い主側でしっかりと管理することが大切ですね。 なお、リーダーは、全国の動物センターや動物病院に配備されるそうです。 マイクロチップの事故の可能性は?考えられる身近なトラブル 「マイクロチップが体内で破損したらどうしよう…」と不安になる方もいるでしょう。 (公社)日本獣医師会のホームページでは、"副作用やショック症状などの事故はない"としていますが、まれに異物に過剰反応を起こして炎症することがあるそうです。 まだまだ普及が一般的ではないことから、絶対にないとは言い切れないので、埋め込んだ後も常に安全性に目を光らせておいたほうが良いでしょう。 また、事故はないとしていますが、よくあるトラブルとしてあげられるのは"マイクロチップの迷子"です。 背中に埋め込んだマイクロチップが、腕や肘などに移動してしまうことで、報告された中にはお腹に移動していた子もいたようです。 仮にマイクロチップが腕や肘にあると、犬や猫はその異物感から引っ掻いたり、噛んだり、わざとぶつけたりするそう。 加えて、マイクロチップが迷入した箇所をケガしてしまうと、破損リスクが高まります。 マイクロチップが体内で迷子にならないようにするためにも、装着後は安定するまで、しばらく激しい運動をさせないほうが賢明です。 マイクロチップの移動に気付いたら、 ・どうしたら良いのか ・マイクロチップの形に異常がないか(破損していないか) ・マイクロチップが移動していることをどう周りに知らせたら良いか これらを、獣医さんに相談してみましょう。 なお、マイクロチップはどうしてもという要望があれば、あとから取り外すことが可能だそうです。 しかし、その場合は外科手術になるので、全身麻酔などを承諾しなくてはならないでしょう。 命の危険性もあるので、獣医さんに相談しながらじっくり考えてみてください。 飼い主のデータはどこで管理される?登録手続きの流れ マイクロチップのID番号と飼い主のデータは、「AIPO(動物ID普及推進会議)」にて登録・管理されます。 登録料は1,000円で、登録手続きの流れは以下の通りです。 登録申込書を記入 登録申込書に、飼い主の氏名、住所、連絡先などを記入します。 登録申込書は、動物病院などでもらうことが可能です。 登録料を支払う 登録料1,000円を支払います。 申込書を送付する 公益社団法人 日本獣医師会に、申込書を送付します。 登録完了ハガキが届けばOK! 登録完了ハガキが届いたら、なくさないよう大事に保管していてください。 引越しで住所が変わった、飼い主が変わった、ペットが亡くなったなど、登録データの変更手続きを行う際に役立ちます。 なお、ID番号や飼い主のデータの他にも、 ・ペットの情報(名前、種類、品種、毛並み、性別、去勢・不妊手術の有無など) ・装着した日時 ・獣医師の情報(名前、獣医師会コード) ・動物病院の情報(住所、電話番号) これらを登録できます。 登録している飼い主が変更手続きを行う際は、無料で行えますよ。

次の

知ってます? マイクロチップの役割や費用、助成金の出る自治体などについて

ペット マイクロ チップ 義務 化

JAVA(NPO法人動物実験の廃止を求める会)は、マイクロチップ義務化を反対しています。 「」 JAVA NPO法人動物実験の廃止を求める会 ペットの犬猫へのマイクロチップの装着の義務付けの動きは、前回の動物愛護法改正(2013年)でも議論されており、見送りとなっていた課題です。 今回の動物愛護法改正(2019年)では、マイクロチップの装着を義務付ける骨子案をまとめ、義務化に向けて進んでいます。 この骨子案では、 「 迷うなどして保護された犬や猫の殺処分を減らすため、飼い主を特定する」 個体識別用マイクロチップの装着の義務化を動物愛護法に盛り込もうというものです。 「保護された犬や猫の殺処分を減らすため」には一理あり 犬に比べて猫は保健所に引き取られた後、飼い主に返還された数が圧倒的に少ない。 環境省が公表されている「」で 返還数を見てみると 犬は、12,286匹が飼い主など所有者に返還されていますが、 猫については、316匹。 犬を飼う場合、自治体で犬の登録を行い、鑑札の交付を受ける必要があり、鑑札を犬の首輪などにつけておくことが義務付けられています。 (狂犬病予防法)このため鑑札をつけている犬は、逸走などで迷子になったとしても飼い主が特定でき返還がしやすい。 一方、猫の場合はこういった義務的なものがないため、飼い猫であっても首輪を付けていなかったりすることが多い。 首輪が付いていない猫を逃がしてしまうと飼い猫か迷い猫か放し飼い猫か野良猫か見分けることが困難になります。 保健所で保護された場合でも飼い主を特定することは困難で、殺処分につながってしまっているのが数字からも見てとれます。 この返還に関しては、マイクロチップの装着でそれなりに改善が見込めるところだと思います。 マイクロチップを装着していると災害時の動物救護に役立つ 災害時、犬猫が置き去りにされてしまうと放浪犬・猫になってしまいます。 こうした場合、動物の救護所や預り所のようなものが一時的に設けられます。 その後、飼い主が引取りにくれば返還され、引取りに来ない・来れない場合でも連絡先がわかれば飼い主を特定することができます。 よって、マイクロチップの装着はこのような災害時にとても効果があると考えられています。 これは、備えあれば憂いなしで、マイクロチップでなくても飼い主がわかる情報を首輪などに持たしておくことも良いでしょう。 一方、鑑札や首輪などに飼い主を特定できる情報が何もなかった場合、一時的に保護された犬猫達はどうなるでしょうか? 面倒を見る自治体の職員やボランティアの方も見ていられる期間というものは限られています。 面倒を見ていられる期間が過ぎたら、その後出来る事と言えば、地域への呼びかけ、里親探し、最終的には・・・殺処分というのが現実です。 保健所・警察署・動物病院の全てがマイクロチップの読み取り装置を持っているわけではない。 犬猫が暴れたり、マイクロチップの装着位置が分からず読み取りできない場合がある。 マイクロチップの規格によっては読み取れない場合がある。 チップが故障している場合がある。 自治体の怠慢で確認しない場合がある。 チップに情報が登録されていないケースがある。 チップを装着しているからと飼い主が安心して待っている間に殺処分されるかもしれない。 マイクロチップが義務化となれば、読み取り装置の配備は各所へされるものでしょう。 その他は、全て憶測ですね。 Q3 犬猫を捨てたらチップによって犯人がわかるので、遺棄防止になるのでは?• 保健所・警察署・動物病院の全てがマイクロチップの読み取り装置を持っているわけではない。 チップの装着をきちんとする飼い主は、そもそも犬猫を捨てる確率が低いと言える。 無責任でどうしようもない飼い主は、義務付けをしてもチップを入れないと思われる。 無責任な飼い主は、チップに情報の登録や変更・更新の手続きをしなかったりすると思われる。 ほとんどが憶測ですね。 それに無責任な飼い主が義務化してもチップを装着しないと考えるなら義務化してもいいですよね? Q4 少なくとも、迷子になった時に見つかりやすいという メリットはあるのだから、飼い犬猫へのチップの装着を義務付けたらいいのでは? 「 法律や条令等で「義務付け」とすることには大きな問題があります。 それは野良猫の命を脅かすことになるからです。 」 ここが本丸のようです。 Q5 なぜ、チップの装着を義務付けにすると野良猫の命を脅かすことになるのか? 主旨は、 「 猫の苦情対応で殺処分している自治体がある。 チップが義務化されたら飼い猫と野良猫の判断がしやすくなるので殺処分されやすくなる」 といったところです。 ペットの飼い主達のマイクロチップの賛否 少し別の観点から見てみましょう。 ペットの飼い主達の考えです。 犬猫のマイクロチップの義務化に関して、平成23年度に環境省が一般の犬猫飼育者に対し調査をしています。 一般のペットの飼い主達はどのように考えているのでしょうか。 この時の調査では、 58%の飼い主達がマイクロチップに賛成しています。 また、 平成22年時点で、犬:58%、猫:43% がマイクロチップを装着していました。 それから一般の犬猫飼育者の賛成と反対理由も参考になります。 (以下資料抜粋) 「」 環境省 鹿児島県奄美市では飼い猫の登録が義務化 すでに飼い猫の登録が条例で義務付けられているところもあります。 (マイクロチップ装着も義務化されています) 「」 鹿児島県奄美市 鹿児島県の奄美市の条例の経緯として、ノネコによるアマミノクロウサギの捕食の問題があります。 アマミノクロウサギは、名前の通り「奄美の黒うさぎ」奄美大島(と徳之島)に生息する固有種です。 この固有種であり生息数の少ないアマミノクロウサギがノネコによって捕食されてしまっていることが問題となっています。 ノネコの発生源とも言える飼い猫の放し飼いや野良猫の野生化の防止などを目的として、条例が制定されています。 条例化されている一例としてあげています。 なお、この条例は、平成23年7月20日に施行されたものです。 参考までに鹿児島県の殺処分数の推移を紹介しておきます。 出典元:鹿児島県「」 チップの義務付けで野良猫の命は危険にさらされる? さて、マイクロチップの義務付けが行われた場合、動物愛護団体が危惧するように野良猫の命は危険にさらされるのでしょうか? 犬猫の殺処分数はかなり以前から問題になっており、全国の保健所では殺処分を減らす努力を長い期間に渡って続けてきています。 以下のように環境省が公表している全国の犬・猫の殺処分数の推移を見ても殺処分数の減少は見てとれます。 出典元:環境省「」 また、2013年の動物愛護法改正に伴い、保健所では引取りの事由次第では引取りを拒否できるようになっています。 そして、今回のマイクロチップ装着義務化も骨子案にあるように 「 保護された犬や猫の殺処分を減らすため」 殺処分を減らすための義務化です。 動物愛護団体が考える 「 チップが義務化されたら飼い猫と野良猫の判断がしやすくなるので殺処分されやすくなる」 行政で殺処分を減らす取り組みを進めている中、果たしてチップの義務化で殺処分が増えたりするものでしょうか? マイクロチップの義務化で、保健所の殺処分数が増加してしまった場合、批判を受けるのは行政では・・・これも憶測になってしまうのでこのくらいにしておきます。 殺処分をなくそうと努力している最中、野良猫の命を脅かすことになる、殺処分されやすくなる。 憶測を理由に義務化に反対する姿勢はどうなんでしょうか。 本当に野良猫の命の危険性だけを考えての反対なのでしょうか。 何か裏があるように思えてしまうのは私だけでしょうか。 (管理人).

次の