ヤフー モバイル。 ヤフーモバイルとワイモバイルの違い

ワイモバイル(Y!mobile)のメールアドレスってどうなるの?

ヤフー モバイル

ワイモバイルでは、専用メールアドレス・ドメインが使え、Y! mobileメール、MMS、SMSの3種類のメールサービスがあります。 ワイモバイルのメールサービスは、ブラウザやタブレット、パソコン等でWebメールとしても扱えるメールアドレス「 yahoo. jp」と、キャリア用に使えるメールアドレス「 ymobile. jp」、電話番号で使えるSMSと合計3種類あります。 mobileメール( yahoo. jp) アプリ、ブラウザ、タブレット、パソコンなどマルチデバイスで利用可能な 容量無制限のメールです。 大容量のデータをやり取りできるのも魅力。 高画質の写真や音楽等のデータを送受信できてとても便利です。 JAPAN IDが必要となります。 MMS( ymobile. MVNOでは、キャリアメールがない場合が多いですが、ワイモバイルならNTTドコモ、au、ソフトバンクなどキャリア(MNO)と同じように、お申込み不要、月額無料でキャリアメールが使えるんです。 LINEやSNSでのDM(ダイレクトメッセージ)が普及していく今でも、ネットバンキングの取引や学校や会社の連絡網など重要な場面では現在でも重宝されているキャリアメール。 誰でも取得可能なフリーメールと違い、高い信頼性があることがキャリアメールの大きなメリットです。 設定方法はをご確認下さい。 SMS(電話番号) 電話番号で送受信可能なメールです。 SNSのアカウントの本人確認のためにSMSを利用する場合もありますが、ワイモバイルならお申し込み不要でしかも無料ですぐに利用できるので安心です。 他社のどの携帯事業者でも、SMSの送受信ができますか? NTTドコモ/au/沖縄セルラー/ソフトバンクとSMSの送受信ができます。 また、MVNO(格安SIM)は相手先がSMS付きプランを契約しているとSMSの送受信ができます。

次の

ワイモバイル(Y!mobile)のメールアドレスってどうなるの?

ヤフー モバイル

ワイモバイルはソフトバンクの格安ブランド インターネットで検索すると、「Yahooの格安スマホ」とか「ヤフーモバイル」などと呼ばれていたりしますが、 実はソフトバンクの格安ブランドです。 呼ばれ方は、Y! mobile ワイモバイル 、Yモバイル、ヤフーモバイルなどと様々ありますが、正式名称はY! mobile ワイモバイル となります。 当サイトでは、ワイモバイルで呼び方を統一しています。 ワイモバイルは、ソフトバンクよりもかなり安い料金でソフトバンク回線のスマホが利用できます。 格安ブランドとはいってもそこはソフトバンクです。 料金から考えると十分すぎるほどのサービスを受けることができ、 コストパフォーマンスの良さからスマホ満足度No1にも選ばれているブランドです。 ワイモバイルのプラン内容と月額料金について ワイモバイルには、「スマホベーシックプラン」というスマホ用のプランが用意されています。 スマホベーシックプランは、 国内通話10分かけ放題+高速データ通信が付いているお得なプランです。 10分かけ放題が元々付いているので、大手キャリアのように、かけ放題ライトプランやかけ放題プランに別途加入する必要はありません。 通話料金までコミコミで含めても、安く使えるプラン内容となっています。 データ通信容量は「データ増量無料キャンペーン2」で、各プランとも13ヶ月間はデータ通信容量が追加されます。 ただし、快適モードなどの設定をしない場合は、容量が追加されないので、ご注意ください。 【スマホをそのまま使える!?】SIMカードだけ契約も可能! ワイモバイルではスマホ端末を新しく購入せず、今持っているスマホで契約することもできます。 スマホの中には「SIMカード」と呼ばれるICカードが挿さっており、このSIMカードだけ契約をするとスマホで電話やモバイルデータ通信ができるようになります。 ワイモバイルでは、このSIMカードのみ契約することも可能です。 例えば、ワイモバイルでSIMカードのみ契約して、3大キャリアを解約して残ったスマホ端末を使うというようなこともできちゃいます。 SIMカードのみ契約するメリットは月額料金が安くなること! スマホ端末代金が不要なのでとても安いです。 ただし、キャリアのスマホ端末をそのまま使う場合には注意が必要です。 キャリアのスマホ端末には、SIMロックという制限がかけられていまます。 ワイモバイルでキャリアのスマホ端末を使うのであれば、ワイモバイル契約前にSIMロック解除という手続きを行って制限を解除してください。 SIMロック解除やSIMカードのみの契約の仕方について、もっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。 安いけど、通話もデータ通信もソフトバンクと同じ回線 ワイモバイルはソフトバンクと同じ回線を使っているので、データ通信速度も速くて安定 通話とデータ通信に使っている回線はソフトバンクと同じなので、安心して使えます。 通話に関して言うと、エリアは広いですし、普通に使っていて不便を感じたことはありません。 データ通信に関しても、安定して速いです。 正直に言って、料金が安くなったソフトバンクです。 ワイモバイル以外の格安スマホ MVNO は、データ通信速度が遅かったり不安定なところが多いです。 実際に格安スマホのデータ通信速度を計測したデータがあります。 私も1日のデータ通信速度を計測してみましたが、どの時間帯でも安定した速さで使い続けることができました。 店舗でアフターサポートを受けられる ワイモバイルは、3大キャリアのようにアフターサポートをしてもらえる実店舗がある格安スマホです。 実は格安スマホを出しているMVNOのほとんどが、実店舗を持っていません。 店舗を持つとコストがかかるため、そのコストを極限まで下げるために「実店舗無し」となっています。 店舗を持っているMVNOもありますが、そういった店舗は契約をするためだけの店舗であるため、故障などの対応をしてくれるわけではありません。 店舗でアフターサポートを受けられないと、メールとか電話でやり取りをしないといけなくなるので、正直不便です。 いくら料金が安くても、何かあったときは店舗でサポートを受けたいですよね。 ワイモバイルなら、全国展開している店舗でしっかりとサポートをしてくれます。 サポート面では3大キャリアより若干弱い ショップでサポートを受けられるが3大キャリアほどではない 店舗を見ていて思ったのですが、 スタッフの数が少ないです。 お店ごとに違うと思うのですが、少ないと2~3人くらいで回してます。 すると、サービスを受けるまでに時間がかかってしまいます。 人件費を削っているので、これは仕方ない点だと思います。 知識はしっかりと持っているようなので、サービスの質自体は問題ないと思います。 私もワイモバイルのスタッフ相談しにいったことはありますが、しっかりとした知識を持っていたので助かりました。 最近ではソフトバンクショップがワイモバイルショップを兼ねている店舗も増えているので、あまり気にしなくてもいい気はします。 自分でスマホの設定ができる人はインターネット申し込みがおすすめ 「スマホの設定は自分でできる」 というような場合には、インターネット オンラインストア からの申し込みがおすすめです。 我が家ではワイモバイルを契約するときには、必ずワイモバイルオンラインストアから申し込んでいます。 なぜかというと、• 頭金が余分にかからない• 好きな時間に申し込みできる• 待たないし、店舗に行く手間もない• 余計な勧誘をされない• オンラインストア限定の割引・キャンペーンでオトク といったことが理由です。 しかもオンラインストアでは、チャット形式で直接ワイモバイルのスタッフへ質問できます。 分からないことがあったら何でも気軽に質問できるので、店舗に行く前に不明点を質問したい場合にもオススメです。 チャットは、パソコン・スマホのどちらにも対応しており、• 画面右に出てくるチャット画面• ページ真ん中あたりの「おすすめ情報」のチャット のどちらのチャットでも、無料で利用できます。 オンラインストアで契約した後は、自分でスマホの設定ができるようにオンラインマニュアルなどもばっちり用意されています。 「店舗に行きたくない」、「頭金をムダに支払いたくない」 という方はオンラインストアをお試しあれ。 なお、現在はオンラインストアからの申し込みをすると、以下2つの割引を受けられるのでオトクです。 MNP4つのステップ• MNP予約番号を入手する• オンラインストアで申し込みを行う• スマホが届くのを待つ• 実店舗で申し込む場合とオンラインストアで申し込む場合を比較してみると、スマホの設定を自分でするかしないか程度の差しかないです。 けっきょく、MNP予約番号は自分で取得しなければいけないので。 電話帳の移し替えなどが自分でできるような方や新規申し込みの方などには、オンラインストアから申し込む方が安くなります。 電話帳の移行はYahoo! かんたんバックアップというアプリを利用すれば簡単に行えます。 ワイモバイルを実際に使ってみての感想 実際に使ってみると、 「料金は安くなったけど、使い勝手は変わらない!」という感じです。 通話・データ通信ともに高い品質を保ちながら、実店舗によるアフターサービスもしっかりと用意されているのに月額料金がすごく安いと思います。 そのため、ワイモバイルに乗り換えて私も妻も「いいね!」しちゃうくらい、すごく満足しています。 料金だけ見れば他に安いところもありますが、 キャリアとしての安心感と、プラン料金の安さの折り合いがすごくイイ感じです。 以下のような人には、ワイモバイルはおすすめです。 最後に~スマホ料金をもっと安くしたい方へ ワイモバイルへ乗り換えるて、我が家では1人当たり 3,000円くらい安くなりました。 実際に2年間使った時の差額を比べてみると、とても大きい差です。 [ドコモとワイモバイルを2年間使った時の料金差額] これほどの料金差があるのに乗り換えをしないのは、ものすごく損だと思います。 「でも、乗り換えするのって大変そう」 そのように感じている方も多いかもしれません。 私もそのように感じていた1人でしたが、思い切って乗り換えてみると意外に簡単でした。 実際にこのサイトからも、多くの方がワイモバイルに申しこんでいます。 「3大キャリアは高い」と感じている方は、これ以上損をし続ける前に、ぜひワイモバイルへ乗り換えてみてください。

次の

【格安スマホ】おすすめの会社はありますか?ヤフーモバイルか、楽天モバ...

ヤフー モバイル

ワイモバイルとヤフーモバイルの違いを簡単に言うと、ソフトバンクが運営するモバイルサービスがワイモバイル(Y! mobile)で、ソフトバンクの子会社のYahoo! JAPANが運営するのがヤフーモバイル(Yahoo! モバイル)です。 ワイモバイルはY! mobileオンラインストア()のほか、全国に1,000店舗以上のショップを展開しています。 一方、ヤフーモバイルはYahoo! JAPAN内でY! mobileオンラインストア()を運営していますが、実店舗はありません。 両者ともに「Y! mobileオンラインストア」という同じ名称でオンラインストアを運営しているため、「何が違うの?」と多くの方が疑問に思うことでしょう。 結論から言えば、どちらから申し込んでも、商品や料金プラン、通信サービスに違いはありません。 購入窓口が異なるだけです。 では、どちらから申し込んでも何も変わらないのかと言うと、実はそうではありません。 ワイモバイル公式サイトの「企業情報」を見ればわかる通り、ワイモバイルはソフトバンクが運営しています。 ソフトバンクの関連会社でもなければ子会社でもありません。 ワイモバイルはソフトバンクそのものです。 ワイモバイルの元の元を辿ると、1994年に設立されたDDIポケットまで遡ります。 のちにウィルコムに名称を変更するDDIポケットは、実はKDDIの子会社でした。 その後、紆余曲折を経て「ワイモバイル」の名称が初めて世に登場したのは2014年、ヤフーが買収を発表した際(のちに中止)のことです。 ワイモバイルのロゴがヤフーにそっくりなのは、こうした経緯に由来します。 ちなみに、現在のYahoo! JAPANはソフトバンクグループ株式会社の子会社です。 参照: ヤフーモバイルの販売業者はソフトバンク ヤフーモバイルは、親会社であるソフトバンクがYahoo! JAPANブランドで運営するオンラインストアです。 ヤフーモバイルの「特定商取引法の表示」を見てみると、販売業者はソフトバンク株式会社となっています。 つまり、ヤフーモバイルのサイト自体はヤフーが運営主体となるものの、実際に販売しているのはソフトバンクということです。 ソフトバンクがヤフーにY! mobileオンラインストアを出店しているイメージです。 ヤフーモバイルが取り扱う商品やサービスはワイモバイルと同じです。 どっちから申し込んでも端末やSIMカード、料金プラン、通信サービスはワイモバイルです。 iPhoneの販売価格は異なる場合がある ワイモバイルとヤフーモバイルは、iPhone 7とiPhone 6sを販売していますが、販売価格は時期により頻繁に変動します。 以下の販売価格は2020年5月6日現在のものです。 一見すると、本家ワイモバイルの方が安いものが多いように見えますし、本家ワイモバイルで契約すると、事務手数料の3,300円は無料になります。 しかし、ヤフーモバイルの方は別途「」によるPayPayボーナスライトの還元があるので、それらを合わせて考えないと、どちらが安く契約できるかはわかりません。 ワイモバイル ヤフーモバイル iPhone 7 32GB MNP・新規:21,600円~ 機種変更:32,400円~ MNP・新規:23,760円~ 機種変更:32,400円 iPhone 7 128GB MNP・新規:32,400円~ 機種変更:43,200円~ MNP・新規:34,560円~ 機種変更:43,200円~ iPhone 6s 32GB 在庫なし iPhone 6s 128GB MNP・新規:30,600円 機種変更:37,800円 最大の違いはキャンペーンにあり! ワイモバイルとヤフーモバイルは、両オンラインストア共通のキャンペーンを展開する一方で、それぞれ独自のキャンペーンも実施しています。 2020年5月6日現在の両者のキャンペーンは以下の通り。 モバイル Y! mobile SIM契約・ スマホ契約 :3,000円還元 :最大13カ月間、毎月1,000円割引 :2回線目以降500円割引 :iPhone Xが19,200円など :スマホベーシックプラン毎月500円割引 :最大3GB増量 :かけ放題無料。 - :3,300円が無料 :3ヶ月無料 SIM契約 :6,600円還元 :6,000円還元 スマホ契約 :5,555円還元 -.

次の