じゃっ ぷか さい タイ。 小岩 ホッピー

タイ古式マッサージの奥義ジャップカサイ体験記1

じゃっ ぷか さい タイ

タイ国発祥の、伝統医学でもあります。 日本でも、タイ本国でも「風俗」の範疇のサービスに思われますが、実際は違います。 そのようなお店もあるということです。 しかし、日本では ジャップカサイといっても、まだまだ知名度も低く、成人男性でも1割も知らないでしょうが?! ジャップカサイとは?! 睾丸マッサージ(Testicle Massage)は、睾丸を中心に施術されるマッサージのことです。 しかし、 ジャップカサイは睾丸はもちろんですが、睾丸だけでなく睾丸のリンパ節とその周囲にも適用されるマッサージです。 Japkasai Testicles Massageは、タイで行われている古代の治療法です。 特にシニア以降の男性の性的および生殖に関する健康上の利点に直接関連した効果が、 ジャップカサイを受けることで期待できます。 治療は精巣とその周辺、鼠蹊部をマッサージすることで行われます。 発祥はタイで、もともとは男性が男性に対して、施術していたらしい。 ジャップカサイとも呼ばれる、らしいことはウィキペディアにもある。 この辺り、 ジャップカサイが先か?睾丸マッサージが先かは?わからない。 ジャップカサイの効能 その効能は、インポテンス、勃起不全、頻尿、早漏、不妊の問題の解決に重点を置いたタイの癒しの施術です。 精力増強、腎機能回復、腰痛の緩和・・・、などが言われる。 さらには、睾丸周辺の血流の増加によって、勃起時の硬度の増強、精液量の増加、腰痛、血行不良、および代謝の問題を軽減するとも言われる。 ジャップカサイの施術では陰茎に触れることはないのです。 そしてセラピストは完全に服を着ています。 人生100年世代におけるシニア世代には重要な健康問題である、インポテンス、勃起不全、頻尿、早漏、不妊の問題の解決に重点を置いたタイの癒しのリラクゼーションです。 ジャップカサイの施術による、さらなる恩恵は、腰痛、血行不良、および代謝の問題を軽減すると考えられています。 加齢によるテストステロンの減少は男性更年期と呼ばれる。 最近は男性更年期という概念も、よく聞くようになりました。 女性の更年期ほどホルモン分泌の変化はないといわれる男性だが、身体や精神(うつ病の治療に投与する場合もある)に影響を与えるといわれる。 ストレスなどの影響で、減少するとも言われます。 その結果、 肉体的な影響もさることながら、生活習慣病、メタボリックシンドローム、やる気の低下、などへのリスクが高まると報告されています。 最近では泌尿器科でテストステロン投与治療も、一般的になりつつある。 やはり、30歳以降徐々に減少していくといわれる、テストステロン。 テストステロンの減少、その結果、生活習慣病に、そしてED。 それは性欲の減少だけでなく、精神的なやる気の低下などにつながります。 人生100年世代に向けて、肉体的=性的、そして精神的にもいつまでも若々しくいたいものです。 タイ古式マッサージのライセンスを取りたいという人、観光がてら本場のタイ古式マッサージを受けたいという人、・・・様々でしょう。 タイ本国では従来、 ジャップカサイはポジション的には、医療に近い立ち位置といえると思います。 男性が男性に行ってきた、ということもわかるように。 タイ古式マッサージ自体も、そうです。 もちろん様々なお店があるのですが、タイ古式マッサージ自体も仏教とともに、タイ政府の後押しを受けて発展してきた歴史がありますから。 しかし、これは想像ですが ジャップカサイはタイ政府にとっては「痛し痒し」というか、負の側面でもあるのでは?!対外的には特に。 [ 2019年のコロンビアコロンビア・ボゴタで行われている第14回無形文化遺産保護条約政府間委員会で、タイ古式マッサージ「ヌアット・タイ」がユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録されました。 今やタイ古式マッサージはタイ国にとっても、海外から観光客を引きつける観光資源の一つですが、国内には「古式按摩」など、エロティックなサービスと結びついたマッサージ店も多くあるのもまた、事実。 歴史的には、タイ古式マッサージと一緒に歩んできた現実があるとはいえ、タイ政府もこれを観光ソフトとして、あまり押し出しにくいでしょうし、・・・。 しかし、マッサージというものはもともと性的な側面も併せ持つというのが本根のところでしょう。 それは個人の楽しみ方で、各自お店を選んで行くのが大人です。 今、タイでは海外から多くの成人男性を引き寄せるコンテンツの一つ、マッサージパーラー(ほとんどソープランドと考え下さい)が行政指導を受けて減少していっています。 当然、それを目当ての観光客は減っていくでしょうし。 少し脱線してしましました。 こういった事情もあり、 ジャップカサイに関してはその継承者が激減しているらしく、 ジャップカサイを学べる学校もありますが、年齢制限で若い女性には学ばせないというところもあるようです。 きっと、「変なお店への流出を防ぐため」と考えられています。 さらには、この技術はタイ政府も後押ししにくいのが実際でしょう。 ましてや、教科書のようなものも、残しにくいでしょうし。 ですから、特にチェンマイに学校がいくつかあるらしく、日本から行く場合はそこへ行く場合が大半のようです。 タイ女性の中では、以前勤めていたお店に老女がいて、その人から学んだという例も多いようです。 そうなんです、今 ジャップカサイには継承者不足という問題が横たわっています。 ユーチューブでも ジャップカサイ業界では有名なとある老女が講習動画がありますが、そういった ジャップカサイの権威である老女ももう70歳くらい?!を迎え、この先はどうなっていくのかみたいな状況なのです。 タイ通の間では、若い娘ではジャップカサイは無理で、修行を経た熟女でないと、といわれる所以です。

次の

錦糸町 レディー(3)

じゃっ ぷか さい タイ

タイ国ではタイ古式マッサージもまた、観光資源として多くの外国人観光客を引き寄せるコンテンツとして今や、有効活用されています。 そして健全なものから、性的なものまでも幅広いジャンルのマッサージ店があるのもまた、現実です。 マッサージという形態がまさに歴史を通じて、そのような形を生み出してきたのです。 個人的な意見ですが、利用する側(=お客様)が自分の利用方法(=好み)に応じた使い方ができれば問題ないのですが・・・。 いまや、SNSや口コミ情報が氾濫し、顧客側からのレヴューをとることは以前よりも簡単です。 簡単に自分の目的に合った「店選び」ができうるということを言いたい。 一度足を運べばさらに明快。 それを、安くしかも「風俗遊び」としてもハードなことをしたいという、インO人的な価値観で無理な遊びをすると、トラブルの原因にもなるのです。 さて「 ジャップカサイ」です。 もともとはけっして性的な範疇でなく、むしろタイ国では医療に近い、もともとは男性が男性に行っていたという、 タイ伝統医術。 健康増進、精力回復、等の効果が期待されるといわれます。 そして残念ながら近年は「 ジャップカサイ」を教授継承できる人材が少なくなっているといわれています。 学校もチャンマイにあるとはいわれますが・・・? いまや、個人的な継承のみが残るともいわれます。 何とか残すべき知的遺産と思うのは私だけだったりして?! 一部にいわれる、「風俗利用の防止のため」に40歳以上の年齢のみを対象にした免許制度などがあだになっていることも関係しているのかもしれません。 当店のタイ人女性スタッフに聞いても、「免許を取りに行くことさえ恥ずかしい」などといいますから、時代の変化ということもあるのかもしれません。 この教科を学校で教えること自体も、国としてはタイ政府も頭が痛いことでしょうね。 この時代。 この 「 古式按摩」店には「 ジャップカサイ」をマスターしたスタッフもいるかも?!という話です。 しかし、そんな時間も、探す労力も皆様にはないと思われますので、一応以下に紹介します。 ネットなどでは決して、評判は良くないが以下のお店は最初に「 ジャップカサイ」をシステムに取り入れた、「 エロ按摩」店としては有名( 「 古式按摩」ではありません、その区分けはスタッフの年齢層など)。 いちおう、「 ジャップカサイ」マスターから手ほどきを受けたスタッフという触れ込みではある。 参考までに。 きっと、60歳オーバーでしょうが・・・。 「 ジャップカサイ」の肝はリンパ節の刺激にあります。 睾丸を丹念にもみほぐすことで様々な効果が期待できるらしい。 熟年世代にはうれしい効果。 <「 ジャップカサイ」= 睾丸マッサージ + 鼠径部オイルリンパマッサージ>とお考えいただければ、わかりやすい。 知らない人の「 睾丸マッサージ」をするよりも、若い女性は他に仕事もあるでしょうし、なんせ教える先生も少なくなっている。 しかしながら、今後は衰退の道は避けられないと思いますが、またしっかりした「 ジャップカサイ」の技術を継承できれば生き残ることもまたできることも、反面間違いないように思われます。 当店では一名現在(平成30年. 8)、本場タイで「 ジャップカサイ」の免許獲得者が在籍中です。 「 ジャップカサイとは?」についてのご案内です。 コロンビア・ボゴタで行われていた第14回無形文化遺産保護条約政府間委員会で、 タイ古式マッサージ「ヌアット・タイ」がユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録されたことは、記憶に新しいですが・・・。 無形文化遺産は「 ジャップカサイ」こそが、それにふさわしい。 当店、タイ古式出張マッサージ イーストをご利用する場合、ご利用場所によっては「交通費別途」の 出張エリアもありますので、確認ください。 JR 山手線内の出張エリアは交通費無料です。 当店、タイ古式出張マッサージのイーストはお客様の東京都心部の滞在先のホテル、自宅などへ高い技術の出張タイ古式マッサージをお届けします。 「タイム割引き」、「カップル割引き」、「週末割引」など各種割引もご用意しています。 この機会にぜひ、皆様のご利用をお待ちしています。

次の

★ 2020年6月より、営業(施術・講習)を再開させて頂きます。お気軽にお問い合わせください!

じゃっ ぷか さい タイ

タイ国発祥の、伝統医学でもあります。 日本でも、タイ本国でも「風俗」の範疇のサービスに思われますが、実際は違います。 そのようなお店もあるということです。 しかし、日本では ジャップカサイといっても、まだまだ知名度も低く、成人男性でも1割も知らないでしょうが?! ジャップカサイとは?! 睾丸マッサージ(Testicle Massage)は、睾丸を中心に施術されるマッサージのことです。 しかし、 ジャップカサイは睾丸はもちろんですが、睾丸だけでなく睾丸のリンパ節とその周囲にも適用されるマッサージです。 Japkasai Testicles Massageは、タイで行われている古代の治療法です。 特にシニア以降の男性の性的および生殖に関する健康上の利点に直接関連した効果が、 ジャップカサイを受けることで期待できます。 治療は精巣とその周辺、鼠蹊部をマッサージすることで行われます。 発祥はタイで、もともとは男性が男性に対して、施術していたらしい。 ジャップカサイとも呼ばれる、らしいことはウィキペディアにもある。 この辺り、 ジャップカサイが先か?睾丸マッサージが先かは?わからない。 ジャップカサイの効能 その効能は、インポテンス、勃起不全、頻尿、早漏、不妊の問題の解決に重点を置いたタイの癒しの施術です。 精力増強、腎機能回復、腰痛の緩和・・・、などが言われる。 さらには、睾丸周辺の血流の増加によって、勃起時の硬度の増強、精液量の増加、腰痛、血行不良、および代謝の問題を軽減するとも言われる。 ジャップカサイの施術では陰茎に触れることはないのです。 そしてセラピストは完全に服を着ています。 人生100年世代におけるシニア世代には重要な健康問題である、インポテンス、勃起不全、頻尿、早漏、不妊の問題の解決に重点を置いたタイの癒しのリラクゼーションです。 ジャップカサイの施術による、さらなる恩恵は、腰痛、血行不良、および代謝の問題を軽減すると考えられています。 加齢によるテストステロンの減少は男性更年期と呼ばれる。 最近は男性更年期という概念も、よく聞くようになりました。 女性の更年期ほどホルモン分泌の変化はないといわれる男性だが、身体や精神(うつ病の治療に投与する場合もある)に影響を与えるといわれる。 ストレスなどの影響で、減少するとも言われます。 その結果、 肉体的な影響もさることながら、生活習慣病、メタボリックシンドローム、やる気の低下、などへのリスクが高まると報告されています。 最近では泌尿器科でテストステロン投与治療も、一般的になりつつある。 やはり、30歳以降徐々に減少していくといわれる、テストステロン。 テストステロンの減少、その結果、生活習慣病に、そしてED。 それは性欲の減少だけでなく、精神的なやる気の低下などにつながります。 人生100年世代に向けて、肉体的=性的、そして精神的にもいつまでも若々しくいたいものです。 タイ古式マッサージのライセンスを取りたいという人、観光がてら本場のタイ古式マッサージを受けたいという人、・・・様々でしょう。 タイ本国では従来、 ジャップカサイはポジション的には、医療に近い立ち位置といえると思います。 男性が男性に行ってきた、ということもわかるように。 タイ古式マッサージ自体も、そうです。 もちろん様々なお店があるのですが、タイ古式マッサージ自体も仏教とともに、タイ政府の後押しを受けて発展してきた歴史がありますから。 しかし、これは想像ですが ジャップカサイはタイ政府にとっては「痛し痒し」というか、負の側面でもあるのでは?!対外的には特に。 [ 2019年のコロンビアコロンビア・ボゴタで行われている第14回無形文化遺産保護条約政府間委員会で、タイ古式マッサージ「ヌアット・タイ」がユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録されました。 今やタイ古式マッサージはタイ国にとっても、海外から観光客を引きつける観光資源の一つですが、国内には「古式按摩」など、エロティックなサービスと結びついたマッサージ店も多くあるのもまた、事実。 歴史的には、タイ古式マッサージと一緒に歩んできた現実があるとはいえ、タイ政府もこれを観光ソフトとして、あまり押し出しにくいでしょうし、・・・。 しかし、マッサージというものはもともと性的な側面も併せ持つというのが本根のところでしょう。 それは個人の楽しみ方で、各自お店を選んで行くのが大人です。 今、タイでは海外から多くの成人男性を引き寄せるコンテンツの一つ、マッサージパーラー(ほとんどソープランドと考え下さい)が行政指導を受けて減少していっています。 当然、それを目当ての観光客は減っていくでしょうし。 少し脱線してしましました。 こういった事情もあり、 ジャップカサイに関してはその継承者が激減しているらしく、 ジャップカサイを学べる学校もありますが、年齢制限で若い女性には学ばせないというところもあるようです。 きっと、「変なお店への流出を防ぐため」と考えられています。 さらには、この技術はタイ政府も後押ししにくいのが実際でしょう。 ましてや、教科書のようなものも、残しにくいでしょうし。 ですから、特にチェンマイに学校がいくつかあるらしく、日本から行く場合はそこへ行く場合が大半のようです。 タイ女性の中では、以前勤めていたお店に老女がいて、その人から学んだという例も多いようです。 そうなんです、今 ジャップカサイには継承者不足という問題が横たわっています。 ユーチューブでも ジャップカサイ業界では有名なとある老女が講習動画がありますが、そういった ジャップカサイの権威である老女ももう70歳くらい?!を迎え、この先はどうなっていくのかみたいな状況なのです。 タイ通の間では、若い娘ではジャップカサイは無理で、修行を経た熟女でないと、といわれる所以です。

次の