モバイル ネットワーク が 使え ない。 ネットワーク接続設定時にモバイルブロードバンドが表示されないです

「モバイルネットワークが利用できません」と出て通話できない時は?Android

モバイル ネットワーク が 使え ない

スマホがネットに繋がらない時に考えられる主な原因は? そもそもスマホがネットに繋がらない時の原因としてはどういったものがあるのか。 まずしっかりと理解しておきたいのはここの部分です。 主な原因として考えられることは、 大きく次の3パターンに分類できます。 また、2つ目の「スマホ本体の調子がおかしい」は詳細な原因こそわからないものの一時的に動作がおかしくなってしまった状態。 そして最後の「その他」でまとめた部分は、スマホ自体の故障、あるいは回線業者側でのネットワークトラブルといったことを指し示しています。 主にはこういったことがスマホがネットに繋がらない時の原因として考えられます。 これを頭の片隅に入れた状態で、 次からそれぞれに対して自分で行なうことができる対処方法をチェックしていってみましょう。 対処方法1:スマホの設定を見なおしてみよう まずは設定項目がおかしくなっていないかをチェックしてみます。 これはスマホの再起動などをせずともできる内容ですので、おかしいと思ったらはじめに試してみる手順として理解しましょう。 モバイルデータ通信がOFFになっていないか確認する ネットに繋がらないと思ったらはじめにチェックしたいのは「モバイルデータ通信がオフになっていないか」ということ。 普段スマホを使う上であまり触ることがない設定項目かと思いますが、それだけに見落としがちにもなりやすいものです。 Androidを搭載したスマホの場合、そのほとんどは画面上端より下方向にスワイプすることで表示できるクイックアクセスパネル内に、モバイルデータ通信のオン/オフを切り替えるボタンがあるはずです。 ここがオフになっていないかを確認しましょう。 アンテナピクトや上下に向いた矢印のマークであることが多い なお、万が一クイックアクセスパネル内にボタンが見つからないという場合は、設定画面より【データ使用量】の項目を開くと、多くの機種においてはその中に【モバイルデータ】と書かれたスイッチを見つけることができるはずです。 万が一見つからない場合は設定画面から またiOSを搭載するiPhoneの場合は、設定画面より【モバイルデータ通信】の項目を開くと、こちらも【モバイルデータ通信】と書かれたスイッチを見つけることができます。 設定画面にある【モバイルデータ通信】の項目をチェック スイッチをオンにして無事ネットに繋がれば問題は解決。 一方で元々オンになっている、オンにしたけど繋がらない、といった人は次の項目に進みましょう。 機内モードのON/OFFを試してみる 2つ目にチェックするのは「機内モード(フライトモード)になっていないか」です。 機内モードをオンにするとモバイルデータ通信の他、Wi-FiやBluetoothといった無線通信機能が一括でオフになります。 気が付かないうちに機内モードになっていたというケースも(筆者の経験上)ありますので、忘れずにチェックしておきたいところ。 Androidスマホの場合は先程のモバイルデータ通信同様、クイックアクセスパネル、または設定画面より確認可能です。 機内モードは飛行機のマーク iPhoneの場合は画面下端から上方向にスワイプすることで表示できるコントロールセンターにて、オン/オフの状態を把握できます。 iPhoneでも飛行機のマークを探す なお、スマホがネットに繋がらない際、ここで併せて試しておきたいことが一度フライトモードのオン/オフを切り替えてみること。 APN設定を見直してみる 設定内容をチェックする際、最後に確認したいのは「APN情報の設定がおかしくなっていないか」ということ。 これは主にはSIMフリーのAndroidスマホ、あるいはキャリアが販売していたスマホをMVNOのSIMで使用する場合にいえることですが、AndroidスマホではAPN情報を手動で入力できる反面、 何かの拍子にAPN情報の選択が解除されてしまうといったケースがあります。 リストにAPN情報があるか、チェックが入っているかを確認 ここでまず確認すべきは、使用したいAPN情報にチェックが入っているか。 使用しているSIMカードに適していないものが選択されていればもちろん通信はできませんし、また何かの拍子にチェックが解除されてしまうというケースが(少なくとも筆者の経験上では)まれにあります。 またMVNOのSIMを使用しており、APN情報も自分で登録したという人は、APN情報の登録内容におかしい部分がないか目を通してみることも有効な手段といえます。 自分で登録したAPN情報であれば内容の確認も APN情報の登録方法を忘れてしまった、なんて人はこちらの記事を併せてチェックしてみてください。 対処方法2:より物理的なアクションを試してみよう 設定を一通り確認したけど、まだスマホはネットに繋がらない。 そんな人は次に、より物理的なアクションを3つほど試してみましょう。 スマホを再起動してみる スマホの調子がおかしい。 けれど設定に変な部分はない。 そんな時にとても有効な手段であるのが「スマホの再起動」です。 スマホに限らず電子機器においては 「困ったらまずは再起動」といってもよいほど、万能な対処方法であったりもします。 Androidスマホ、iPhoneともに電源キー(電源ボタン)を長押しすることで再起動や電源オフのメニューが表示されますので、一度電源を切って再び起動してみましょう。 主にスマホの側面に配置されている電源ボタンを長押し iPhoneでは再起動の項目がないので、一度電源を切り、再度入れる SIMカードを抜き差ししてみる 再起動したが問題は解決しない。 そんな場合に続いて試したいのが「SIMカードを抜き差ししてみる」こと。 スマホが通信をするにあたり必要な情報が保存されているのがSIMカードですので、これを抜き差しすることで問題が解消することもあります。 SIMカード自体は本体側面にスロットが設けられているもの、あるいはリアカバーを外した中にスロットが設けられているものなど様々。 これは自分が使っている機種に併せて対応してみてください。 SIMカードスロットの場所は端末によって様々 なお、特に本体側面にスロットが設けられている機種の場合、ホットスワップと呼ばれる仕組みに対応していない機種では、SIMカードの抜き差しが検知された時点でスマホが再起動されてしまいます。 プレイしていたゲームをセーブせぬまま再起動されてしまった……なんてことにならないためにも、 開いているアプリは一通り閉じてからSIMカードを抜き差しするようにしましょう。 しばらく電源OFFで置いておく 再起動をしても、SIMカードを挿しなおしてみても解決しない。 こんな状況において時間に余裕があるのであれば、「電源をオフにした状態でしばらく放置しておく」という対処方法も挙げることができます。 この際ひとつ覚えておきたいのは、もし使っている機種がバッテリーの取り外しが可能であるなら、バッテリーを外しておいておくということ。 バッテリーを外すことでスマホ内の回路への電力供給が完全にストップし、しっかりと休ませることができます。 対処方法3:キャリアショップや問い合わせ窓口に連絡する ここまで6種類の手順を説明してきました。 しかしこれらをすべて試してもダメだった。 そんな場合はスマホ自体の故障、あるいは回線業者側で一時的なネットワークトラブルが発生している、といったことも考えられます。 そのため最終手段として、「キャリアショップや問い合わせ窓口に連絡」をしてみましょう。 NTTドコモやソフトバンク、auといったキャリアで回線を契約している場合は、最寄りのショップに足を運んでも構いませんし、サポート窓口へ電話、パソコンや別のスマホからオンラインサポートへ問い合わせといった方法が利用できます。 一方でMVNOで回線を契約している場合、その多くは実店舗を構えていないことがほとんど。 そのためこちらはサポート窓口へ電話、あるいはオンラインサポートからの問い合わせといった方法がメインになるでしょう。 おまけ:ギガ切れになっていないか確認する スマホがネットに接続できなくなる原因には様々ありますが、そもそも毎月使えるデータ容量がオーバーになってしまった。 そんなこともありえます。 スマホの本体の設定もおかしいところはない、通信障害の情報もでていない。 なのに、ネットには繋がらない、すごく遅い。 といった時はデータ通信量がオーバーしギガ切れになっているのかも。 動画サービスなど、データ通信をヘビーに使うことが多くなってきたので、月末にかけてギガ切れをしてしまうことが多くなりつつあります。 データ通信量のチェックは、利用している通信事業者のマイページから行うことが出来ます。 モバイル通信が繋がりにくい場合はWi-Fi環境下でチェックしてみてください。 毎月、ギガ切れが起きてしまっている人はプランを見直すいい機会です。 今では、格安SIMだけでなくドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアからも大容量プランが提供されています。 一度でもギガ切れになってしまった人は、ぜひプランを見直してみてください。 まとめ:機種変更も検討してみるべし 上記対策を実施しても改善しないなど、機種自体が故障している可能性がある場合はいっそ新機種への機種変更を検討してみると良いでしょう。 補償サービスに加入していない場合はなおさらです。 故障内容によっては同じ機種の新品交換だけでも、3万円近い修理料金が発生する場合があります。 スマホはどんどん新作が誕生してくるので、もし故障したスマホが長らく利用してきたスマホであればなおさら、これを機に機種変更をすべきです。 また、端末の購入なら公式のオンラインショップがおすすめです。 以下がオンラインショップで手続きするメリットです。 ・24時間いつでも時間に購入できる ・分割払い時の端末頭金不要 ・オンラインショップ限定のキャンペーンがある(不定期) ・各種ポイントの利用ができる 機種変更に伴い、キャリア間ののりかえもキャンペーンでお得に行える可能性が高いので、あわせてチェックしてみてください。 販売サイトはこちら.

次の

格安SIMやスマホがネット/4G・LTEに繋がらない・データ通信が出来ない時の対処法

モバイル ネットワーク が 使え ない

繋がらないのは色々と原因がある 格安SIMをスマートフォンに挿しても、「音声通話は出来るのにLTEに繋がらない」、「LTEにならない」、「LTEを掴まない」、「データ通信が出来ない」といった問題には様々な原因がありますが、今回はその中でも代表的なものをいくつかピックアップしていきたいと思います。 今まで通信できていたのに突然繋がらなくなった・遅くなった場合 回線側で通信障害が発生している可能性あり 今まで普通に使えていなのに急にデータ通信が出来なくなったら、自分ではなく回線 格安SIM側 の方で障害が発生している可能性があります。 この場合はスマートフォンを再起動しようが何しようが全く意味ないので、復旧するのを待つだけです。 で使っている格安SIMの名前を検索するといいでしょう。 たとえば、「mineo」「OCNモバイルONE」「IIJmio」「DTI SIM」「DMM mobile」「楽天モバイル」「U-mobile」「NifMo」など。 Twitterで他にも自分と同じ状況の人が複数いたら障害が発生しているのかもしれませんよ。 NTT docomo 工事情報・障害情報• 本体を再起動してみましょう 急にデータ通信が出来なくなった、LTEを掴まないという場合は本体を再起動してみるといいでしょう。 複数回再起動しても改善しない場合は障害が発生している可能性や設定ミスの可能性があります。 格安SIM側でシステムメンテナンスの可能性 これは 結構稀なことですが、サービス提供側でシステムメンテナンスが実施されているかもしれません。 メンテナンス中は一定期間データ通信が利用できなくなるということがあります。 そもそもシステムメンテナンスを実施するのは夜中なので影響は大して無いかと思いますが…。 そのSIMカードで大丈夫ですか? 新しいスマホに変えた途端にデータ通信や音声通話ができなくなった場合は、SIMカードを「au VoLTE対応SIMカード」に交換しないといけないかもしれません。 APN設定をしていない、APN設定プロファイルがインストールされていない、設定が間違っているかもしれません 格安SIMでよく見る「APN設定」とは 格安SIMで「APN設定」という単語を目にするかと思いますが、APN設定について大雑把に説明すると「 格安SIMを挿したスマートフォンでデータ通信が出来るようにするために必要になる設定 APN・ユーザー名・パスワードなど 」と思ってください。 iPhoneやiPadの場合は、APN設定をまとめて1つのファイルにした「APN設定プロファイル」というものがあります。 詳しくは次項で。 APN設定プロファイルをインストールしていないから繋がらない iPhoneやiPadの場合は、MVNO各社が用意しているAPN設定プロファイルをインストールすることによりデータ通信が出来るようになります。 「APN設定プロファイル」とは、格安SIMを挿したiPhoneやiPadをdocomo回線・au回線に繋げるために必要になる設定を1つのファイルにまとめたものです。 APN設定プロファイルをiPhoneやiPadにインストールすると、自動でユーザー名やパスワードの設定を行ってくれるという便利なものです。 詳しく説明するとごちゃごちゃして非常に面倒なので、「APN設定プロファイルをインストールすればデータ通信が出来るようになるんだ」くらいの認識でOKです。 APN設定の際に文字を間違って入力している iPhoneやiPadはMVNOによってAPN設定プロファイルが用意されているため、APN設定はAPN設定プロファイルをインストールするだけで完了します。 しかし、docomoなどのキャリアが販売したAndroidスマートフォンの場合は、そのようなAPN設定プロファイルが用意されていないため、自分でAPN設定を手打ちで入力することになります。 MVNOが格安SIMとセットで販売しているSIMフリースマートフォンの場合は、あらかじめ複数のMVNOのAPN設定プロファイルがインストールされているので、自分の使っている格安SIMのものを選べばAPN設定が完了します。 APNがインストールされていない場合 APN設定プロファイルがインストールされていない場合は、このように、MVNOによって指定されているAPN、ユーザー名、パスワードなどを手打ちで入力する必要があります。 この手打ちで入力する際に、「iijmio」を「ijjmio」と入力したり、「biglobe」を「biglove」と入力したりと文字の打ち間違いをするとデータ通信が出来ません。 ごくごく当たり前のことですね。 APNがインストールされている場合 この場合はチェックボックスにチェックを入れるだけでAPN設定は終了します。 Android 5. 0だとAPNサーチ問題があります Android 5. 0やAndroid 5. 1のスマートフォンの場合は「APNサーチ問題」があり、LTEへの接続が不安定になったり、3Gにしか繋がらなくなるといった問題が発生します。 発生しないスマートフォンもあります。 APNサーチ問題の対策としては、APN設定を現在契約しているMVNO以外は全て削除する、3Gにしか繋がらなくなった場合は一度機内モードにして解除する、などが挙げられます。 機内モードがオンになっていないか、モバイルデータ通信がオンになっているか、そのアプリだけモバイルデータ通信がオフになっていないか確認 機内モードがオンになっているとデータ通信ができなくなります スマートフォンの機内モードがオンになっているとデータ通信が出来ません。 何かの拍子に機内モードがオンになってしまっているということもあります。 上部のステータスバーに飛行機マークが表示されていたら機内モードがオンになっています。 機内モードがオンになってしまっていたらオフにしましょう。 モバイルデータ通信がオフになっているとデータ通信ができなくなります スマートフォンのモバイルデータ通信がオフになっていませんか?オフになっているとデータ通信ができなくなります。 刺さっているSIMカードを入れ替えたなど、何かの拍子にデータ通信がオフになる可能性もあります。 心当たりがあれば、設定を確認してモバイルデータ通信がオフになっていないか確認しましょう。 モバイルデータ通信がオフになっていたらオンにしましょう。 「LINEはWiFi環境下だと問題なく使える」• スマホのSIMスロット周りでよくあること SIMカードを挿入した直後はLTEをうまく掴んでくれない SIMカードを挿入した直後はLTEをうまく掴んでくれず、3Gになってしまうことがあります。 その場合はデータ通信のオン・オフや機内モードのオン・オフをすることによりLTEを掴むようになります。 LTEを掴むまでには時間がかかる可能性があります。 SIMカードを挿し直せばつながるかもしれません スマートフォンにSIMカードがきちんと挿せていない可能性があります。 SIMカードがSIMスロットの奥まできちんと挿せているか確認しましょう。 挿しなおしてみるのもいいでしょう。 LTEに対応しているスロットにSIMカードを挿しましょう SIMスロットを2つ搭載しているいわゆる「デュアルSIMデュアルスタンバイ DSDS 」に対応しているSIMフリースマートフォンは、大体以下のような仕様になっています• 2のスマートフォンの場合はどちらのSIMスロットに入れても大丈夫です。 SIMスロット2にSIMカードを入れた場合は、「SIMスロット2でデータ通信をする」「SIMスロット2で音声通話する」という設定をきちんと行いましょう。 スマホが古すぎるとLTE回線非対応の可能性も スマートフォンが古すぎると、スマートフォン自体がLTE回線に対応していない場合があり、その場合はどう頑張ってもLTE回線でデータ通信することは出来ません。 docomoの場合は大体2011年~2012年頃に発売されたスマートフォンはLTE回線に対応していません。 安いSIMフリースマートフォンだとLTEに対応していないものも また、Amazonなどで売られている安いSIMフリースマートフォンには、そもそもLTEに対応していないというものがあります。 たとえばFREETEL「」がそうです。 安いにはそれなりの理由があります。 また、格安SIMの中には「3Gの通信は対応していない」というところもあるので組み合わせには注意しましょう。 LTE非対応のスマートフォンを使っているのならもういっそ買い替えてはいかがですか。 モバイルルーター側に格安SIMを挿してAPN設定を行って下さい。 APN設定に必要な情報については契約している格安SIMの解説を参照してください。 MR05LNなどの最近のモバイルルーターであれば、あらかじめ複数の格安SIMのAPN設定がプリインされているはずなので、APN設定の画面でチェックボックスにチェックを入れるだけでAPN設定が終了します。 APN設定の画面にAPN設定が無い場合は、手打ちでAPN設定を入力することになります。 スマホを新しくしたらデータ通信などができなくなった人へ スマホを新しくしたらデータ通信ができなくなったという人で、APN設定はしっかりやっていてミスもない!という人は、SIMカードの交換が必要になるかもしれません。 たとえば、• mineo Aプラン nanoSIMをiPhone 6sに入れて利用していた人が、• SIMフリー版iPhone XSを購入して、• mineo Aプラン nanoSIMをiPhone XSに挿したら、• 急にデータ通信や音声通話ができなくなった というパターンは間違いなくSIMカードの交換が必要です。 「au VoLTE対応SIM」に交換してください。 iPhoneだと間違いなくこれです。 iPhone 7までは「nanoSIM」と「au VoLTE対応SIM」の両方が使えましたが、iPhone 8以降のiPhoneは、「au VoLTE対応SIM」しか使えなくなっています。 あなたが使おうとしているそのスマホがmineoで動作確認されているか、動作確認のときに使用しているSIMカードの種別は何か、を確認しましょう。 また、au VoLTEに対応しているスマホを使っている人が、なぜかau VoLTEに対応していないスマホに買い替えた ゲオなどで中古スマホを買った ときもこの問題が発生する傾向にあります。 そもそもそのスマホは利用したい格安SIMで動作確認されていますか? そのスマホは動作確認されていますか? そもそも、あなたが格安SIMを挿して利用したいそのスマホは、格安SIMで動作確認されていますか?動作確認されていないスマホを利用していませんか? よくあるのが、アマゾンなどで販売されている安い中華スマホで、「au VoLTE対応」とか「au回線対応」とか書かれていても、実際にau回線のSIMを挿してみると利用できなかった、というパターンです。 日本で技適を通過していないスマホは、格安SIM側では動作確認をしていません。 動作確認されていないスマホを利用するのは完全に自己責任です。 「使えないぞ!どうなってるんだ!」などと怒り狂って格安SIM側に問い合わせるのは筋違いです。 あなたが悪いです。 どこの格安SIMでも海外版スマホは動作確認していませんよ。 ネットワーク周波数帯を見ると確かにドコモ回線やau回線に対応しているけど、データ通信ができない、音声通話がVoLTEでできない、などの問題が発生する可能性があります。 「使えないぞ!どうなってるんだ!」などと怒り狂って格安SIM側に問い合わせるのは筋違いです。 あなたが悪いです。 参考になれば幸いです。 docomoのBand19に対応ということでメイン機で使用する事を考えていましたがどうしても3Gしか掴みません。 色々設定を見直したり、再起動させたり、あらゆることを試しましたがダメでした。 ちなみにumidigi A1 proも持っておりそちらはすぐに4GVolteを掴みました。 設定は同じでBand19対応も一緒で何が違って繫がらないのかわかりません。 simはマイネオのdocomo回線を使っています。 同じsimでA1 proとOne proで掴みが違うのは本体の異常も考えなければいけないでしょうか?誰か知恵を貸して頂けないでしょうか?よろしくお願いします。 中古で購入したSO-02Jにvmobile 時代のdmmのSIMカードを差して使用していましたが、先週、突如、「SIMカードが挿入されていません」「通信サービスがありません」双方の警告が出るようになりました。 SIMカード抜き差し、電源オフ、APN 設定リセット、機内モードオンオフ、モバイルデータ通信オンオフ、やってみましたが、「通信サービスがありません」は消えません。 0と表示されており、電話番号は認識されていますが、ネットワークは不明、モバイルネットワークの種類は不明、サービスの状態は無線通信OFFとなっていて、全滅です。 どうやら端末リセット以外にやることがつきてしまったようなのですが、なにか、もう一手ないでしょうか。 よろしくお願いします。 長文すいません。 以下の環境で本日 2016. 21 急にモバイルネットワークが切断状態になりネットワークに繋がらなくなりました。 勝手に切り替わった原因は特定できていません。 もしも同様の症状でお困りの場合はアクセスポイント名をご確認ください。

次の

モバイルデータ通信をオフにするとどうなるのか?

モバイル ネットワーク が 使え ない

スマホの電波状況を確認する 最近のスマホ(iPhone)は、通話とデータ通信の2種類の電波マークがあります。 そのため、電波があるのにネットが使えない、Wi-FiでしかメールやLINEが届かない、どんな場所でも通話しかできない。 そんな事象が発生しています。 まずは、自分のスマホやiPhoneの電波状況を確認してみましょう。 参考までに、これから解説する画像は、Androidのスマートフォンと使っています。 この状態では、データ通信(Wi-Fi)と通話(4本のアンテナ)が使用できる状態です。 よくある事象は以下の通りです。 通話=〇• インターネット=〇• LINE=〇• また、Wi-Fiも繋がっているので、ギガを気にせず、無制限でインターネットやLINEが使えます。 しかし、ドコモのサービスを使用する場合には、dアカウントの設定をしていないと使えないことがあります。 この状態では、データ通信(モバイルデータ)と通話(4本のアンテナ)が使用できる状態です。 通話もインターネットもドコモサービスも設定不要で使えます。 しかし、ギガ(パケット)を使い過ぎれば、契約している料金プランのデータ容量が上限に達してしまい、料金が高くなったり、速度制限がかかることがあります。 ちなみに機種や電波状況によっては「4G」ではなく、「3G」と表示されていることがあります。 通話=〇• インターネット=〇• LINE=〇• ドコモメール=〇• dTVやdヒッツなど=〇 通話の電波(4本のアンテナ)は表示されているので、通話は全く問題ありません。 また、4Gも繋がっているので、インターネットもLINE使えます。 また、ドコモのサービスを使用する場合でも、dアカウントの設定は不要です。 これが、今回の相談にあった「通話ができるけどネットやメールが使えない事象」の原因です。 これでは、Wi-Fiもモバイルデータも使えません。 通話のみ使用できる状態です。 設定方法(Android)• 設定方法(iPhone)• 上記の設定でモバイルデータがONにすることで、通話もインターネットも使えるようになります。 ただし、機種やOSのバージョンによって文言が異なります。 よくある事例としては、画面の明るさ調整やマナーモードの切り替え時にモバイルデータのアイコンに触れてしまいOFFになってしまうケースです。 iPhoneの場合、コントロールパネルにモバイルデータのアイコン(緑色のアンテナマーク)があるため、間違ってタップしてしまうケースもあります。 通話と通信の電波が表示されているとき iPhoneやスマホの不具合で、通話だけでなく通信の電波マークも表示されているのに、電話もネットも使えないことがあります。 この不具合は、故障を疑う前に試しておく対処法があります。 電源を再起動する• モバイルデータを再設定する• APNを確認する• SIMカードを抜き差しする 電波があるのに通話も通信もできない場合、一時的な不具合の可能性が高いです。 まずは、電源を再起動することで改善することがあります。 それでも改善しない場合、モバイルデータの再設定しましょう。 仮にモバイルデータが「ON」になっていても、一度「OFF」にしてから再び「ON」に切り替えます。 次に「APN」や「アクセスポイント名」の確認してみましょう。 通常であれば「SPモード」にチェックされていれば問題ありません。 法人契約の場合、契約内容によっては「mopera」に変更する必要があります。 最近では「格安SIM」が普及しているため、過去に「SPモード」以外のAPN設定していることがありますので注意してください。 それでもダメなら「SIMカード」の抜き差しを試してみましょう。 この方法で、ほとんど通話と通信トラブルは解決できるでしょう。 ぜひ覚えておきましょう。

次の