健康 保険 厚生 年金 保険 新規 適用 届。 健康保険・厚生年金保険新規適用届、船員保険・厚生年金保険新規適用船舶所有者届|電子政府の総合窓口e

健康保険・厚生年金保険新規適用届

健康 保険 厚生 年金 保険 新規 適用 届

日本に住む20歳~60歳未満のすべての人は何らかの公的医療保険制度と公的年金制度に加入しなければなりません(国民皆保険)。 詳細は下記をご参照頂きたいのですが、法人などの強制適用事業所であれば原則として、健康保険と厚生年金保険には同時に加入することとなっています。 当該事業所が国民健康保険組合に加入しているときは健康保険法の適用除外となりますので、特例的に厚生年金保険のみ適用する場合があります。 一方、個人事業などの任意適用事業所については従業員の2分の1以上の同意と厚生労働大臣の認可(日本年金機構に委任)により適用されるものですから、健康保険の適用事業所となることを希望するが厚生年金保険の適用は希望しない、というようなことも、またはその逆についても選択できます。 適用事業所となった場合、事業主は従業員に係わる資格関係や報酬関係の各種手続きを法令に基づき行なわなければなりません。 強制 当然 適用事業所 ・法人事業所 事業主1人しかいない場合でも、法人であれば強制加入 となる。 任意適用事業所 従業員が5人未満の個人事業所等でも、一定の要件を満たせば 厚生労働大臣の認可を受けて 認可に関する権限は日本年金機 構理事長に委任されている。 健康保険・厚生年金保険の適用 事業所となることができます。 健康保険・厚生年金保険の事業所適用は、本社、支社など事業所を単位に適用されることになっています。 しかし、本社で人事・給与等が集中的に管理されており、事業主が同一であるなど一定の基準を満たす場合には、本社について支社等も含めた一つの適用事業所とする申請を行うことができます。 申請が承認されると本社支社間の異動の際必要である資格取得・喪失届の提出が不要となり、手続きを簡素化することができます。 一括適用の承認基準は以下の通りです。 複数の事業所の人事・給与等の事務が電子計算組織により集中的に管理されており、事務が所定の期間内に適正に行われていること• 一括適用の指定を受けようとする事業所が主たる事業所であること• 8万円以上である。

次の

ひとり社長なら社会保険の新規適用手続も自分でやってみましょう

健康 保険 厚生 年金 保険 新規 適用 届

日本に住む20歳~60歳未満のすべての人は何らかの公的医療保険制度と公的年金制度に加入しなければなりません(国民皆保険)。 詳細は下記をご参照頂きたいのですが、法人などの強制適用事業所であれば原則として、健康保険と厚生年金保険には同時に加入することとなっています。 当該事業所が国民健康保険組合に加入しているときは健康保険法の適用除外となりますので、特例的に厚生年金保険のみ適用する場合があります。 一方、個人事業などの任意適用事業所については従業員の2分の1以上の同意と厚生労働大臣の認可(日本年金機構に委任)により適用されるものですから、健康保険の適用事業所となることを希望するが厚生年金保険の適用は希望しない、というようなことも、またはその逆についても選択できます。 適用事業所となった場合、事業主は従業員に係わる資格関係や報酬関係の各種手続きを法令に基づき行なわなければなりません。 強制 当然 適用事業所 ・法人事業所 事業主1人しかいない場合でも、法人であれば強制加入 となる。 任意適用事業所 従業員が5人未満の個人事業所等でも、一定の要件を満たせば 厚生労働大臣の認可を受けて 認可に関する権限は日本年金機 構理事長に委任されている。 健康保険・厚生年金保険の適用 事業所となることができます。 健康保険・厚生年金保険の事業所適用は、本社、支社など事業所を単位に適用されることになっています。 しかし、本社で人事・給与等が集中的に管理されており、事業主が同一であるなど一定の基準を満たす場合には、本社について支社等も含めた一つの適用事業所とする申請を行うことができます。 申請が承認されると本社支社間の異動の際必要である資格取得・喪失届の提出が不要となり、手続きを簡素化することができます。 一括適用の承認基準は以下の通りです。 複数の事業所の人事・給与等の事務が電子計算組織により集中的に管理されており、事務が所定の期間内に適正に行われていること• 一括適用の指定を受けようとする事業所が主たる事業所であること• 8万円以上である。

次の

社会保険・厚生年金への加入手続き(法人設立後)

健康 保険 厚生 年金 保険 新規 適用 届

強制適用となる場合(健康保険・厚生年金保険)・ 法人の場合=強制適用になってから(法人設立から)5日以内• 強制適用です。 社長1人だけしかいない会社でも入らねばなりません。 原則5日以内ですが、年金事務所(社会保険事務所)によっては1週間に1回しか受付ない事務所もありますので、実際には5日以内でなくてもOKです。 必要書類は以下の通りです。 =強制適用になってから5日以内• 保険料預金口座振替依頼書(上記の健康保険・厚生年金保険新規適用届についてきます。 建物賃貸借契約書(建物を賃借している場合)• 開業開始等申告書(税務署に提出した書類のコピー)又は源泉所得税領収書(直近1年分)と地方税領収書・直近1年分(特別徴収)• 事業所周辺の地図(住宅地図のコピーでOK)• 労働者名簿• 出勤簿• 賃金台帳又は雇用契約書、取締役会議事録(役員報酬が書かれてあるもの) 法人のままで今まで健康保険・厚生年金保険に加入していなかった場合には、原則、2年間遡って保険料を払わねばなりませんが、実際には遡らずに申し出た月からの保険料を払うようになっています。 但し、会計検査院の調査で加入もれが発覚すると、過去2間分の保険料を請求されます。 会計検査院の調査は非常に厳しいようです。 個人事業所の場合(健康保険・厚生年金保険) =事実発生日から5日以内 個人事業所で5人以上=原則、強制適用(強制加入)• 農林水産業・理美容業・飲食店・旅館・料理店・映画の製作・演劇・法務業(弁護士・税理士・社会保険労務士・行政書士・公認会計士)・宗教業(神社・寺・教会)等以外の業種は、従業員が5人以上いる事業所でも、任意適用(任意加入)になります。 個人事業所で従業員5人以上の強制適用の場合の提出書類• 事業主世帯全員の住民票のコピー• =強制適用になってから5日以内• 保険料預金口座振替依頼書(上記の健康保険・厚生年金保険新規適用届についてきます。 建物賃貸借契約書(建物を賃借している場合)• 開業開始等申告書(税務署に提出した書類のコピー)又は源泉所得税領収書(直近1年分)と地方税領収書・直近1年分(特別徴収)• 事業所周辺の地図(住宅地図のコピーでOK)• 労働者名簿• 出勤簿• 賃金台帳又は雇用契約書 任意適用となる場合(健康保険・厚生年金保険)・ 個人事業所で従業員4人以下の場合• 個人事業所で従業員4人以下の場合は任意適用(任意加入)です。 従業員の半分以上の人が健康保険に加入することに同意して、年金事務所(社会保険事務所)にと「任意適用同意書」を事業所を管轄する年金事務所(社会保険事務所)に提出します。 これによって、その事業所で働いている人は加入に反対した人も含めて全員健康保険に加入します。 「俺は反対したのだから入らないよ!!」は通用しません。 ただし、事業主は加入できません。 事業主は国民健康保険・国民年金です。 ただし、従業員の半分以上が加入を希望しても事業主が反対して、「加入はダメだよ」と決定すればそれまでです。 最終的には事業主が決定してから年金事務所(社会保険事務所)に書類を提出します。 厚生年金保険にも同時に加入する場合は、健康保険と厚生年金のダブル加入となります。 この場合には、「健康保険・厚生年金保険 任意適用申請書」の 健康保険と厚生年金保険の両方の項目に〇をつければOKです。

次の