セキセイ インコ 口 パクパク。 セキセイインコの雛が口をパクパクしている・・・なんで?|トミエルの宝箱

セキセイインコ 新着記事

セキセイ インコ 口 パクパク

インコは色々な仕草をしますので今の状態を知ることができます。 ときどき、口をパクパクさせていることがありますが、これにはどんな心理があるのでしょうか。 体温調節 インコはどちらかというと、寒さよりも暑さを嫌います。 それで、暑い時は脇を広げるように羽を少し上げて、口をパクパクさせていることがあります。 そうして、体温を調節しています。 放鳥していて、飛ぶのが大好きなインコであれば、飛び続けて疲れたり、暑くなった時は、休憩をしているかのようにゲージや肩の上などで、その仕草をすることがあります。 そのような時は、あまり飛びすぎないようにして、室温を調整し、休ませてあげます。 ゲージの外に空気を冷やせるもの、例えばアイスノンなどを置いて冷やすこともできます。 エアコンを使うときには、直接インコに風が当たらないように設定しておきましょう。 水浴びが好きなインコなら暑いとき、自分で台所や洗面台などに飛んできて、水浴びをしたいと催促することがあります。 ただ、水浴びは寒い時は室温が低すぎると体調を崩してしまうかもしれないので要注意です。 ストレス、怯え インコはとても臆病なので、少しのことでもビックリします。 インコの近くで大きな音を立てたり、大きな動きをすることも避けましょう。 かわいいインコのためにと思って飼い主がやったことが、逆効果で驚かせてしまう原因になる事もあります。 驚いたり、恐怖を感じたりして興奮状態になると、口をパクパクさせていることがあります。 そういう時に落ち着かせようとして無理に捕まえようとしたり、逆に遊びたいからといって無理にゲージから出そうとするのは避けてください。 インコが落ち着けるように、なるべく静かにして見守ってあげます。 初めて、口をパクパクしているのを見ると飼い主の側が驚いて、どうしようと慌ててしまうかもしれませんが、落ち着いて対処します。 話そうとしている インコは小さいですが、とても賢く、人間の言葉を真似することができます。 インコに言葉を覚えさせたいと思って飼われる方も多いかもしれません。 何度も根気よく教えることで、覚えますが、人間の言葉はインコのさえずりとは違うので、その言葉を出すときに声にならない言葉のように、話そうとして口をパクパクさせていることがあります。 飼い主が、行った言葉をすぐに真似して言おうとするインコもいます。 言葉をよく覚えるのは特にオスと言われています。 メスも短い言葉なら覚えてくれるでしょう。 とても嬉しいですが、過度に反応すると驚くので気をつけなければなりません。 くちばしを削っている インコのくちばしは人間の爪のように、伸びてきます。 インコはそれを自分で削ることができます。 エサを食べているわけではないのに、くちばしをカリカリ言わせて、口をパクパク動かしている時は、くちばしを削っているということです。 たいていはそうして、くちばしが伸び過ぎるのを防ぎます。 ですから、たいていの場合は、くちばしを削るために飼い主が何かをしなければならないことはありませんが、少しくちばしの長さが気になる時は、硬い木の枝をゲージの中に入れてあげると良いです。 インコは物をかじることによってもくちばしを削れるので、木の枝を使って削り始めるでしょう。 ただ、落ちている木の枝を拾ってきた時は、虫がいる可能性があるので、煮沸消毒して、よく乾かしてから使いましょう。 今では、ホームセンターなどで、くちばしを削るのを助ける商品、例えば硬めに作ってあるインコ用のクッキーなどもありますので、それらを活用することもできます。 何かをかじることで、ストレス解消にもなるので一石二鳥です。 病気の可能性 食欲がなく、元気がない状態が続いていて口をパクパクさせているなら病気の可能性があります。 糞の状態も加えてよく観察して、鳥専門の病院で診てもらえるなら早めに診てもらうことをオススメします。 病院に行くまでは、室温が熱くなりすぎないようにしながら、ゲージの半分にくらいに布をかけたりして、静かに落ち着ける環境を作って過ごさせてあげてください。 専門の病院ではレントゲン検査や糞の検査もしてもらえる所もあるので、心配なら糞を持って行くこともお勧めします。 インコがなるべく落ち着いて、安心して過ごせる環境を作って迎えてあげましょう。 そして、日頃からよく観察して、元気な時のインコの状態をよく知っておくようにしましょう。 気になることをメモしておくと、いざという時や、少し気がかりなときに見直せます。 インコに過度のストレスを与えないようにしながら、インコとのスキンシップをとって、良い関係を築いていきましょう.

次の

セキセイインコが口をパクパクしています。

セキセイ インコ 口 パクパク

タグ いつから インコ うずら オカメインコ オス おすすめ おもちゃ キュー グーグー ケージ コザクラインコ コツ ジージー ジジジジ しつけ方 しゃべる セキセイインコ パクパク ヒーター ピッ ヒナ ペット ペレット ポイント メス やけど やり方 ルチノー レインボー 一人暮らし 乾かす 予防法 代用 体 体重 保存 保温 保護 値段 出血 切り替え 卵 卵詰まり 原因 受診の目安 口 吐く 噛む 変 夏 大きさ 嫌がる 孵化 寒さ 対処 対処法 対策 寿命 平均 平均寿命 必要 必要な量 性別 性格 意味 懐く 手作り 挿し餌 換羽 文鳥 方法 旅行 時間 暴れる 水 水浴び 注意点 温めない 爪切り 特徴 理由 産卵 留守番 病気 発情 目安 相場 種類 簡単 置き場所 習性 肥満 育て方 見分け方 費用 遊ばない 選び方 野良猫 量 長い 長生き 雛 震える 頻度 飼い方 飼育 餌 鳥 鳴き声 飼い主に懐くセキセイインコはとっても可愛いですよね。 雛から育てるのはとても大変だけれど、無事に成鳥させた時の達成感はひとしお。 それに、セキセイインコの成鳥は手がかからず、飼い主と遊ぶことが大好き。 甘えたり、怒ったり、寂しかったり、嬉しかったりという感情も鳴き声で示してきます。 セイセイインコは愛好家にとってもたまらないインコの一種です。 セキセイインコの雛はよく口パクパクします。 これは異常な行動?と思う方もいるでしょう。 この不思議な口パクパクについて詳しく学んでいきましょう。 セキセイインコの雛が口パクパクする理由• ストレス• 興奮 これらは飼い始めてすぐの時によくある傾向です。 慣れているペットショップとの環境が大きな原因です。 ゆっくり慣らしてあげることで改善されます。 セキセイインコの雛の口パクパクは体温調整の場合も セキセイインコの雛を飼い始めてしばらく立ち、環境にも慣れた様子なのに、口パクパクをしているのは理由 これが原因では!? 体温調節によるもの 自然に生きるセキセイインコは親や兄弟、仲間とくっつくことによって温度を保ちます。 しかし1匹で飼育下のセキセイインコはそれが不可能なので温度調節をしてあげなければなりません。 セキセイインコの雛の適温は28~30度程度です。 ヒーターなどであたたまれる場所を作ってあげましょう。 ですが!! 実はセキセイインコは暑がりなのでは?と思えるような光景があります。 羽を広げ口パクパクして温度調節をしていたり、ゲージ内で温度が低い場所に移動していたりするのです。 このような光景が多く見られる場合は、個体差の違いなのかもしれません。 暑がりな子ではないか疑ってみてもよいでしょう。 基本的にゲージ内に適温の場所と温度が低く雛が移動できる場所があれば問題ありません。 個体差によってヒーターの温度を調節してあげても良いでしょう。 セキセイインコ雛が食事の後だけに口パクパクする場合 セキセイインコの雛の口パクパクに考えられる理由はまだありますよ。 食事を流し込んでいる 食後に口パクパクが見られるなら、食事を流し込んでいる最中でしょう。 雛はまだスムーズに餌を食べられません。 口パクパクすることで食事を喉に通していると考えられます。 セキセイインコの雛はよく口をパクパクします。 セキセイインコの雛は小さい個体ですが、大切な命の1つです。 貴方や医師の判断によって助かる可能性もあるのです。 セキセイインコを飼う時は病院のリサーチを忘れずにしておきましょう。 病気になってしまっても、どうすれば良いのかわからなかったり、セキセイインコの個体の小ささから諦めてしまう方も多いです。 ですが、せっかく迎い入れた小さな命を飼育下で飼っている以上はどうにか助けてあげたいですね。 対処法によっては病気から回復し元気に育つ個体も多くあります。 愛情注いで、できる限りの事はしてあげましょう。 セキセイインコの口パクパクはその時の状況で、原因を判断しましょう。 生理現象だったり、人間が手を加えてあげなけれいけない時、雛自身が自分で対処できる事、様々です。 それを見分ける力も雛を育てるあたって大切な知識です。 セキセイインコの雛が無事に成鳥になる事を願っています。

次の

[mixi]口をぱくぱくしています

セキセイ インコ 口 パクパク

この子はちょっと呼吸も粗め。 メガバクテリアによる胃炎だったそうです。 ここではインコがくちばしを パクパクさせる原因を 5つ紹介していきます。 もちろん5つ以上ありますが、起きる可能性が 高いものをピックアップしてます。 おうちのインコに当てはまらないか 観察してみましょう。 体温を調整している 体温を調節している可能性があります。 インコは熱帯の鳥ですが、あまりにも暑いと 体温をどうにかして逃がさないといけません。 そこで、犬のように口を開けて 体温を逃がすことがあるんです。 この動作をしているということは 室内温度が暑いということが疑われるので、 エアコンの温度を調節してあげましょう。 くちばしを削る習性 インコのくちばしは伸びます。 実は、ウサギやハムスターのように 削る必要があるんです。 健康なインコだと、自分でくちばしを こすり合わせて削っていることもあります。 この削っている動きが、口を パクつかせているように見えることもしばしば。 元気なんだけどくちばしを こすっている場合には、このくちばしが 伸びているかもという可能性を 疑ってみましょう。 削るのが下手な子は固い木などを与えてみると、 それでくちばしを削ることができます。 喋りたい インコは頭が良く、喋るのが得意ということが 有名です。 でも、元から人間の言葉を喋ることが できるわけではありません。 私たちが外国語を覚えるときと同じように、 舌の動きの反復練習が必要なんです。 この喋りの練習をしているときに、 舌を動かしているはずみに 口をパクパクさせていることがあります。 飼い主さんが大好きであるほど、 言葉に興味を持って喋ろうとします。 インコにとっては遊びなので うまくなるかどうかとは別問題ですが、 もごもご喋ろうとしていたら 落ち着いた声で気長に相手をしてあげましょう。 ストレス 怖がっていたりイライラしていたり、 ストレスを感じているときに インコは口をパクパクさせることがあります。 これは人間も同じで、落ち着かないときって なんだかあくびがしたくなったりしませんか? 自分を 落ち着かせようとしている行動なので、 何か驚いた直後にインコがやっているようなら そっとしておいてあげてください。 何らかの病気 病気じゃないことが多いけど、 病気のこともあるのがこわいところ。 インコに限らず鳥は呼吸器系の病気に なりやすいんですが、開口呼吸と言って 口を開けながらの呼吸はあまり良くありません。 よほど苦しいときにしかやらない仕草なので、 インコがもし元気がなく 開口呼吸しているようならすぐに 病院へ連れて行きましょう! 呼吸器系の病気じゃなくても 貧血や腫瘍などで 開口呼吸をすることがあるため、 よく様子を見てあげてください。 風邪を引いていた場合は肺炎になってしまう こともあるので、早めに治療しましょう。 インコがくちばしをパクパクしたら?5つの対策まとめ インコがくちばしをパクパクしているときに とりあえずやってみたい対策を紹介します。 病院に連れてくの大変だなあ・・・と 思っているときは、試してみてください。 室内温度が適正かを確認する 暑すぎるときに口をパクパクさせているときが あるので、そんなときには 部屋が暑くないか確かめてみましょう。 熱帯の鳥とはいえ暑すぎは生物にとって 大敵です。 体温が上がりすぎると熱中症に なってしまうので、部屋が暑いときに くちばしをパクパクさせていたら 部屋の温度を少し下げてみましょう。 下げすぎると今度は風邪をひくので、 それぞれのインコの最適温度にしてください。 くちばしに出血がないか確認する くちばしには血管が通っている ところがあります。 あまりに くちばしを削りすぎると 血が出てくることがあり、 そうなるとインコは気にします。 血を舐めとるためにパクパクと口を 動かしているかもしれないので、 くちばしやその周りから 出血していないかを見てみましょう。 また、何かの拍子に口の中に 傷を作ってしまっても同じような動きをします。 話し相手になってあげる 喋る練習をしていてくちばしを パクパク動かしている場合には、 飼い主さんが話相手になってあげましょう。 インコは飼い主さんが大好きだから 真似をしようとしているので、 おしゃべりをしようとしているというよりは 遊んでいるだけ。 そのため会話を成立させようとはせず、 インコが真似しやすい言葉を 喋ってあげてください。 頭が良いので、繰り返しているうちに 「これを言われたらこう返す」と 勝手に覚えることもあります。 インコにとって理想の環境かどうかを今一度見直す ストレスでくちばしをパクパクさせている ときには、今の生活環境に 不満があるのかもしれません。 一時的なストレス要因(来客や嵐など)であれば 以後同じことがあったときに 安心できるよう注意すれば良いですが、 今生活している場所だと少し分かり辛いことが あります。 飼い主さんにとっては快適な環境でも インコにとっては何かが ストレスになっているかもしれないので、 インコがパクパクしている条件を 観察してみましょう。 新しく買ってきたマルチカバーの柄がこわい、 なんてこともあるかもしれません。 病院に連れて行く 元気・食欲もなくくちばしを パクパクさせているとき、 病気の可能性が高くなります。 暑かったりストレスを感じているわけでもなく、 呼吸がし辛いのでくちばしを 開け閉めしているんです。 呼吸状態の悪化にまで症状が 進行しているときは鳥が 体調不良を隠し切れていないときなので、 早急に病院へ行きましょう。 命の危険があることも多いです。 まとめ インコがくちばしをパクパクさせているときに どんなことが考えられるか、 整理できましたか?.

次の