かねよ 河原町。 【京都】飛び出る卵!かねよの「きんし丼」【グルメ】

京極 かねよ(四条河原町周辺/寺町 日本料理・懐石・会席)のお店までの地図

かねよ 河原町

熟練した職人が焼き上げた鰻を百年以上提供し続けてきた老舗店。 大正時代から変わらないレトロな外観と内装が見所。 「きんし丼」が名物だそうで。 大正時代ってすごいですね~ 開店前から列ができていました。 時代を感じる置き看板です。 外観がとっても素敵ですね…! 京都でもかなり街中にあるお店なんですけど、この一部分だけタイムスリップしたようでした。 「日本一の鰻」と自信満々に掲げられた看板。 これは期待できそうです。 私たちは開店時間を間違えていたので一番に並んでいて開店と同時に案内してもらえました。 いざ店内へ 店内もとっても素敵…! 窓から小さな滝が見えます。 本当にここは京都の街中なの? お品書きです。 見えにくい写真で申し訳ないです。 私たちは休日に行ってしまったんですが、平日のお昼は少しお得になるようだったのでいけるなら平日が狙い目! きんし丼と鰻丼を注文しました。 どちらも2100円です。 この蓋からはみ出るほどの大きな卵焼き…!ボリュームがとってもあります。 タレや山椒は別で机においてあります。 さらっとした甘めのタレガ美味しくてついついかけすぎになりそうなので注意! しかしきんし丼も鰻丼も同じ値段なのに鰻の数が同じなのはちょっぴり残念。 営業時間:11時30分~21時• 定休日:特になし• 電話番号:075-221-0669• 0 スポンサーリンク.

次の

フォーリンデブはっしー 公式ブログ

かねよ 河原町

京都を代表するグルメ「西京焼き」も忘れてはならない存在。 西京味噌発祥の地、京都で誕生した伝統料理であり、今や全国区にファンを増やしている人気メニューでもある。 そもそも「西京焼き」とは、米糀を多く配合した白色の甘口味噌に、魚の切り身などを漬け込んでつくる「 西京漬け」を焼いた料理のこと。 魚を味噌に漬け込むことで長持ちさせた先人の知恵が生んだ逸品でもある。 その「西京焼き」を懐石で楽しめるお店が『 京都一の傳 本店』。 1階に買物フロア、2階に飲食フロアを設置。 11時から16時(L. 14時半)まで食事を楽しむことができる。 日本で最初に誕生した中央市場『京都中央卸売市場』と同じ1927年創業というから、その歴史は長い。 おすすめグルメは、月替わりのコースメニュー「今月のおもてなし料理」。 メインとなる「西京焼き」は、ひと切れずつ 遠火の中火でじっくり焼き上げたひと品。 つやつやした飴色と、西京漬特有の香りが食欲をそそる。 さらにご飯は、 京丹後のA5ランクの米を毎日精米して、一席ごとに土釜を用意。 着席後に火入れをして、炊きたてを提供している。 また出汁は、稀少な利尻天然昆布「島物」と、枕崎産の鰹節「本枯節」を贅沢に使用。 旨味たっぷりの「一番出汁」のみで調理する。 なお食事は昼間に限定されているが、コースメニュー11種に合わせた「京の蔵元の地酒11種の日本酒ペアリングセット」(980円)なども用意。 グルメなランチを堪能できる。 「京都で美味しい神戸ビーフを食べたい!」と思ったら、おすすめは『 伊藤ダイニング 京都 (ITOH DINING)』。 グルメな人や食通の間でも、一目置かれる鉄板焼きの有名店だ。 アメリカN. を始め、世界中でレストランを展開する『NOBU』の松久オーナーシェフとコラボした『伊藤ダイニング by NOBU』は、「外国人が選ぶ日本のレストラン」で全国6位になったほど。 その『京都店』といえば実力は想像つくはず。 ここでは独自ルートで仕入れる 最高ランクの神戸ビーフやA5黒毛和牛を筆頭に、京野菜、瀬戸内の魚など、その日に仕入れる最高の食材を調理。 素材の美味しさを最大限に活かした料理を楽しむことができる。 町屋風情が残る花街・祇園で、華やかな京料理を、比較的リーズナブルに楽しみたいときは『 祇園 京料理 花咲』がおすすめ。 こだわりの京料理には、賀茂茄子、万願寺唐辛子、丹波しめじ、伏見とうがらしといった 京都産の旬野菜を中心に、毎日市場で仕入れる新鮮な魚介も用意。 職人が真心を込めて調理していく。 中でも評判の炭火焼き料理は、ぜひ味わいたい逸品。 旬の魚介や京野菜を、職人が席まで伺い焼き上げていく様子は、見ているだけでもお酒がすすむ。 また好評の ブランド和牛「京都牛」も、グルメな人なら味わいたい逸品。 京都の美味しい水と美しい自然の中で育まれてきた「京都牛」は、丹波牛の流れを組む繊細で上品な味わいが特長だ。 提供するメニューは、地元・京都の食材をたっぷり用いた本格京料理。 しかも「京料理の素晴らしさをより多くの方に知ってもらいたい」と、メニューは、どれもお手ごろ価格。 京料理の敷居の高さを感じさせない、お財布にやさしい心遣いが、とってもうれしい。 とはいえ、メニューはすべて手の込んだ本格派。 京野菜、京生麩、湯葉など、京の味を使用した自慢の逸品がそろう。 素材の持ち味を最大限に活かしながら、職人が手間をかけてつくる料理は、グルメな逸品ばかり。 また、京都の旬食材たっぷりの 贅を尽くしたコース料理も必見。 昔ながらの京都の味を大切にする本格京料理は、彩りも美しく華やか。 鴨川を眺めながら、美味しい贅沢な時間を満喫しよう。 そもそもこちらは、料亭や料理旅館にも卸している京の生湯葉専門店 『上田湯葉店』がプロデュースしたお店。 できたての湯葉が食べられるのはもちろん、味はお墨付き。 さらに大豆だけではなく、黒豆や緑豆でつくった湯葉もラインアップ。 とっても珍しい彩り豊かな湯葉を楽しむことができる。 湯葉のメニューも、お造りからサラダ、焼き物、揚げ物、蒸し物、ごはん物…と、種類も豊富。 「豆乳のババロア風杏仁豆腐」(480円)といった、ちょっと気になるデザートもそそられる。 また、ランチの「御膳」を始め、おからや豆乳を使用したドリンクも用意。 ここでしか食べられない湯葉メニューも取りそろえているので、 一度は行く価値ありだ。 看板メニューは言うまでもなく「湯豆腐」。 豆腐の甘味を引き立てつつ、後から心地よい大豆の香りがふんわり口の中に広がる逸品。 さらに特製の専用だれが、奥深い味を引き出してくれる。 コースメニューも豊富に取りそろえているので、ランチやディナーなど、時間帯に合わせて選んでみては。 なお、もうひとつのおすすめは「おてまえ豆腐」。 こちらは自家製豆乳に、 自身で「にがり」を加えて、熱々の豆腐をつくるというもの。 できたての手づくり豆腐を食べられるところも面白い。 そのほかにも、 鹿児島産黒毛和牛の「すき焼き」を始め、ハラール認証を取得した「すき焼き」と「湯豆腐」も用意。 ヘルシーで身体にやさしい「湯豆腐」で、ほっこり和もう。

次の

京極かねよ(京都・河原町六角)

かねよ 河原町

京都を代表するグルメ「西京焼き」も忘れてはならない存在。 西京味噌発祥の地、京都で誕生した伝統料理であり、今や全国区にファンを増やしている人気メニューでもある。 そもそも「西京焼き」とは、米糀を多く配合した白色の甘口味噌に、魚の切り身などを漬け込んでつくる「 西京漬け」を焼いた料理のこと。 魚を味噌に漬け込むことで長持ちさせた先人の知恵が生んだ逸品でもある。 その「西京焼き」を懐石で楽しめるお店が『 京都一の傳 本店』。 1階に買物フロア、2階に飲食フロアを設置。 11時から16時(L. 14時半)まで食事を楽しむことができる。 日本で最初に誕生した中央市場『京都中央卸売市場』と同じ1927年創業というから、その歴史は長い。 おすすめグルメは、月替わりのコースメニュー「今月のおもてなし料理」。 メインとなる「西京焼き」は、ひと切れずつ 遠火の中火でじっくり焼き上げたひと品。 つやつやした飴色と、西京漬特有の香りが食欲をそそる。 さらにご飯は、 京丹後のA5ランクの米を毎日精米して、一席ごとに土釜を用意。 着席後に火入れをして、炊きたてを提供している。 また出汁は、稀少な利尻天然昆布「島物」と、枕崎産の鰹節「本枯節」を贅沢に使用。 旨味たっぷりの「一番出汁」のみで調理する。 なお食事は昼間に限定されているが、コースメニュー11種に合わせた「京の蔵元の地酒11種の日本酒ペアリングセット」(980円)なども用意。 グルメなランチを堪能できる。 「京都で美味しい神戸ビーフを食べたい!」と思ったら、おすすめは『 伊藤ダイニング 京都 (ITOH DINING)』。 グルメな人や食通の間でも、一目置かれる鉄板焼きの有名店だ。 アメリカN. を始め、世界中でレストランを展開する『NOBU』の松久オーナーシェフとコラボした『伊藤ダイニング by NOBU』は、「外国人が選ぶ日本のレストラン」で全国6位になったほど。 その『京都店』といえば実力は想像つくはず。 ここでは独自ルートで仕入れる 最高ランクの神戸ビーフやA5黒毛和牛を筆頭に、京野菜、瀬戸内の魚など、その日に仕入れる最高の食材を調理。 素材の美味しさを最大限に活かした料理を楽しむことができる。 町屋風情が残る花街・祇園で、華やかな京料理を、比較的リーズナブルに楽しみたいときは『 祇園 京料理 花咲』がおすすめ。 こだわりの京料理には、賀茂茄子、万願寺唐辛子、丹波しめじ、伏見とうがらしといった 京都産の旬野菜を中心に、毎日市場で仕入れる新鮮な魚介も用意。 職人が真心を込めて調理していく。 中でも評判の炭火焼き料理は、ぜひ味わいたい逸品。 旬の魚介や京野菜を、職人が席まで伺い焼き上げていく様子は、見ているだけでもお酒がすすむ。 また好評の ブランド和牛「京都牛」も、グルメな人なら味わいたい逸品。 京都の美味しい水と美しい自然の中で育まれてきた「京都牛」は、丹波牛の流れを組む繊細で上品な味わいが特長だ。 提供するメニューは、地元・京都の食材をたっぷり用いた本格京料理。 しかも「京料理の素晴らしさをより多くの方に知ってもらいたい」と、メニューは、どれもお手ごろ価格。 京料理の敷居の高さを感じさせない、お財布にやさしい心遣いが、とってもうれしい。 とはいえ、メニューはすべて手の込んだ本格派。 京野菜、京生麩、湯葉など、京の味を使用した自慢の逸品がそろう。 素材の持ち味を最大限に活かしながら、職人が手間をかけてつくる料理は、グルメな逸品ばかり。 また、京都の旬食材たっぷりの 贅を尽くしたコース料理も必見。 昔ながらの京都の味を大切にする本格京料理は、彩りも美しく華やか。 鴨川を眺めながら、美味しい贅沢な時間を満喫しよう。 そもそもこちらは、料亭や料理旅館にも卸している京の生湯葉専門店 『上田湯葉店』がプロデュースしたお店。 できたての湯葉が食べられるのはもちろん、味はお墨付き。 さらに大豆だけではなく、黒豆や緑豆でつくった湯葉もラインアップ。 とっても珍しい彩り豊かな湯葉を楽しむことができる。 湯葉のメニューも、お造りからサラダ、焼き物、揚げ物、蒸し物、ごはん物…と、種類も豊富。 「豆乳のババロア風杏仁豆腐」(480円)といった、ちょっと気になるデザートもそそられる。 また、ランチの「御膳」を始め、おからや豆乳を使用したドリンクも用意。 ここでしか食べられない湯葉メニューも取りそろえているので、 一度は行く価値ありだ。 看板メニューは言うまでもなく「湯豆腐」。 豆腐の甘味を引き立てつつ、後から心地よい大豆の香りがふんわり口の中に広がる逸品。 さらに特製の専用だれが、奥深い味を引き出してくれる。 コースメニューも豊富に取りそろえているので、ランチやディナーなど、時間帯に合わせて選んでみては。 なお、もうひとつのおすすめは「おてまえ豆腐」。 こちらは自家製豆乳に、 自身で「にがり」を加えて、熱々の豆腐をつくるというもの。 できたての手づくり豆腐を食べられるところも面白い。 そのほかにも、 鹿児島産黒毛和牛の「すき焼き」を始め、ハラール認証を取得した「すき焼き」と「湯豆腐」も用意。 ヘルシーで身体にやさしい「湯豆腐」で、ほっこり和もう。

次の