骨盤矯正 ベルト 産後。 産後ガードルと骨盤ベルト、どっちを選ぶ?

【楽天市場】骨盤ベルト レディース骨盤3【祝★コルセットランキング1位獲得】 骨盤矯正ベルト 産後ケア 骨盤矯正【RCP】:アップタウン

骨盤矯正 ベルト 産後

産後の矯正におすすめの骨盤ベルト15選!産前から使える/下着タイプも! 2019年4月1日 こそだてハック 出産時に開いてしまった骨盤は、半年ほどかけて元の位置に戻りながら閉じていきます。 しかし、一度開いてしまった骨盤が自然に元の位置に戻るのは非常に困難。 そこでおすすめなのが「骨盤ベルト」です。 出産後すぐに使え、開いた骨盤を締めるサポートをしてくれますよ。 今回は、骨盤ベルトの選び方やつけ方とおすすめ商品を15点ご紹介します。 出産前に準備しておくと安心ですよ。 骨盤ベルトが産後ママに人気の理由とは? 骨盤ベルトをつけることによる一番の効果は、骨盤が安定し、出産前の正しい位置に戻りやすくなること。 おしりや下腹のぽっこり、産後の体の不調など、さまざまな悩みをサポートします。 産後すぐのママは忙しいので、頻繁に運動をしたり、整体に行ったりするのが難しくなります。 骨盤ベルトがあれば、日常生活のなかで自分の身体をケアすることができますよ。 骨盤ベルトの巻き方は? 恥骨結合と大転子の位置を把握する ポイントになる骨は、おへそからまっすぐ下に指を降ろすと当たる硬い骨盤の骨「恥骨結合」と、そこから外側に指をたどると当たる出っ張った太ももの骨「大転子(だいてんし)」。 この恥骨と大転子を結ぶラインに骨盤ベルトを巻いて使用します。 恥骨結合のあたりに手のひらがすっと入る程度の余裕を持たせるのが上手に巻くコツですよ。 上に巻きすぎる、きつく巻きすぎるのはNG 腹帯をつけるイメージで高い位置に巻いてしまうと、骨盤の上側を締める形になってしまい、かえって骨盤の開きを大きくしてしまう可能性があるので注意してください。 また、きつく巻くほど効果があるように思われがちですが、きつすぎると血流が滞り腰痛やむくみを引き起こしてしまいます。 正座をしてもつらくない程度の強さで利用しましょう。 体を動かしているとずれやすいので、家事や散歩の後などには、ずれていないかを確認してくださいね。 関連記事 骨盤ベルトの選び方は? サイズ 腰骨周囲をメジャーで計測し、自分に合ったサイズの骨盤ベルトを選びましょう。 妊娠中の体重増加が8kg以下であれば妊娠前のサイズ、8kg以上の方はひとつ大きいサイズを選ぶと産後すぐから使い始めることができますよ。 ベルト本体に伸縮性のあるものや、面ファスナーがついていてサイズ調節ができるものであれば、体型の変化に対応できるので安心です。 素材 骨盤ベルトは継続して身につけることで効果を発揮します。 つけたときに違和感のない素材や固さのものを選びましょう。 固い骨盤矯正ベルトは、サポート力が高く、骨盤をしっかりと締めてくれます。 しかしその分、動きにくさを感じる人もいるようです。 逆にやわらかい骨盤矯正ベルトの場合は、肌にフィットする、外見にひびきにくいというメリットがある反面、骨盤を締める力がソフトで矯正力が弱い場合があります。 それぞれの特徴を考えて、自分に合った骨盤ベルトを見つけてくださいね。 骨盤ベルトは産前・産後で長く使いたい 1. 青葉 産前 産後 トコちゃんベルトII 出典: トコちゃんベルト2は、産後はもちろん、思春期~老年期、妊娠中まで、幅広いライフステージで使用できる骨盤ベルトです。 骨盤を前から後ろにしっかり支え、固定します。 医学的な根拠に基づいて設計され、産後すぐからの着用を推奨している産院が多いのも信頼のポイント。 「矯正されて腰痛が緩和された」「妊娠前のジーンズがはけるようになった」と口コミでも人気の商品です。 税込価格 6,128円〜 サイズ S(ヒップ70~80cm)/M(ヒップ80~88cm)/L(ヒップ88~100cm)/LL(ヒップ100~120cm).

次の

産後におすすめの骨盤ベルト5選!口コミも併せてご紹介 [ママリ]

骨盤矯正 ベルト 産後

産後ガードルと骨盤ベルト、どちらを選ぶと良いのでしょう? 産後ガードルと骨盤ベルト 産後に必要なアイテムである「産後ガードル」と「骨盤ベルト」。 どちらも同じような使い方に思えますが、実際には異なります。 骨盤ベルトとは 骨盤ベルトとは、その名のとおり骨盤周りにまくベルトのことをいいます。 主な目的は、産後緩んでしまった骨盤を引き締め、正しい状態に戻すことにあります。 産後ガードルも、骨盤矯正のために履く人もいるので、その点では変わりありません。 しかし、ウエストやヒップをすべて覆う「ガードル」ですので、体形補正効果やダイエット効果を見込むこともできます。 産後ガードルと骨盤ベルトの違い 産後ガードルと骨盤ベルトの違いは以下の通りです。 時期の違い 産後ガードルと骨盤ベルトの違いは、着用できる時期にあります。 まず、骨盤ベルトは産後すぐ~産褥期(産後1~2か月)頃からつけることができます。 早い時期から使用できるのは、骨盤のみをしめつけるため体への負担が少ないこと、悪露が出ても下半身には影響がないことが理由です。 一方、産後ガードルの適切な使用時期は、産後2~6か月になります。 これは、体が落ち着いてからでないとウエストの締め付けが好ましくないことや、悪露の排出がスムーズにできないためです。 体形補正効果の違い また、産後ガードルと骨盤ベルトの違いは体形補正効果にもあります。 骨盤ベルトはあくまで骨盤周りに巻くものですから、スタイルへの影響はありません。 一方、産後ガードルはウエストからヒップにかけて覆ってくれるので、ボディメイクをすることができます。 また、長期的にみても、垂れてしまったお肉を正しい位置に戻してあげることができます。 下着としての機能 骨盤ベルトは下着の上につけるものですので、別途産後用の下着を用意する必要があります。 産後ガードルも下着の上からつけるものもありますが、中には1枚で着用できるタイプのガードルもあります。 わざわざ産後用の下着を用意しなくてもいいため大変便利です。 口コミも確認してみましょう! 産後ガードルと骨盤ベルトの口コミも見てみましょう。 」という意見が多く見られました。 きちんと効果を出すためには、日々継続してつけることが重要です。 程よい締め付け感があるので意識改革にもなり、お菓子に誘惑される事が減った結果、妊娠前の体重に戻りました。 このように、口コミをみても、骨盤矯正効果という点ではどちらも変わらないようです。 先輩ママたちはプラスアルファの効果、着用感の面で産後ガードルと骨盤ベルトを選択しているようですね。 時期と効果で使い分ける 以上のような違いをふまえると、産後ガードルと骨盤ベルトは時期や効果によって使い分けることが重要だといえます。 時期についていえば、産後すぐは骨盤ベルトを使い、悪露がおさまってきたら産後ガードルに切り替えます。 また、効果の面からいうと、産後のスタイルに戻したいのであれば、ダイエット効果や体形補正効果のある産後ガードルの方が適しているといえます。 しかし、体を締め付けたくない夜間や、下半身のムレが気になる生理中などは、骨盤ベルトを使用するほうが良いでしょう。 産後ガードルと骨盤ベルトを上手に使い分け、快適な産後ライフを送りましょうね。

次の

産後の骨盤矯正はいつから?効果や方法は?いつまでやるべき?

骨盤矯正 ベルト 産後

もくじ• 産後に骨盤ベルトを使う必要性はある? 産後の骨盤ベルトは「必ず使用しなくてはならない」というものではありませんが、 「した方が良い」としている専門家はとても多いです。 実際、産婦人科で「産後すぐに骨盤ベルトをした方が良い」と言われたママも多いでしょう。 産院の中には、分娩直後から骨盤ベルトを巻くところもあります。 その一番の理由として考えられるのは、の記事で解説したように、「リラキシン」というホルモンの影響で骨盤が不安定になるからです。 妊娠中は「リラキシン」というホルモンが分泌されて、分娩時に赤ちゃんが産道を通りやすくするために、骨盤の靭帯・関節を緩める働きをします。 特に、出産後すぐは靭帯が大きく伸びきったあとで、骨盤が緩み、グラグラで不安定な状態になります。 出典: 骨盤が緩むということは、骨盤が身体を支える力が弱まるということで、骨盤周辺の腰や股関節の筋肉に大きな負担がかかるようになります。 その結果、腰痛や股関節痛、恥骨痛などを引き起こしやすくなるのです。 そのため、 産後は骨盤ベルトを巻いて、緩んでグラグラになった骨盤をしっかり安定させることが大切とされています。 最近の女性は骨盤が緩みやすい!? 特に近年は、洋式の生活スタイルが定着したため、和式スタイルならではの立つ・しゃがむなどの動きが日常生活に少なく、骨盤の靭帯・筋肉が自然には鍛えられにくいです。 他にも、ダイエットのし過ぎだったり、運動不足だったりの影響もあり、骨盤の靭帯・筋肉が弱い女性が多いようです。 ただ、先輩ママの口コミを見ると、普通分娩であれば「分娩着から着替える時に着用した」「分娩室から戻って翌朝には着用した」など、 産後早い段階で使用しているケースが多かったです。 具体的にいつから使用したら良いのかについては、産院の先生と相談して決めていくと良いでしょう。 巻き方のアドバイスももらえるはずです。 産後に骨盤ベルトを使うデメリットも知っておこう! 産後は骨盤ベルトを巻いてグラグラになった骨盤を安定させることが大事、とお話しました。 骨盤が緩むと周辺の筋肉に大きな負担がかかり、腰痛・股関節痛・恥骨痛などを引き起こすので「骨盤ベルトでサポートしましょう」ということでしたね。 ただ、産後に骨盤ベルトを使うことで 「骨盤の筋肉が鍛えられなくなってしまう」というデメリットもあるんです。 骨盤ベルトは筋肉の代わりに骨格を保持してくれるものなので、骨盤ベルトをずーーっと使っていると、骨格を保持するための筋力を養えなくなってしまうのです。 骨盤ベルトはあくまで補助的なもので、グラグラで不安定な骨盤をサポートするために使用するものです。 ママの身体が回復してきたら、骨盤ベルトになるべく頼らないようにして、筋肉を鍛えて産前の状態に戻していくことが大切です。 骨盤や骨盤周りの筋肉が鍛えられることで、「ぽっこりお腹」「下半身太り」「垂れたお尻」など、産後のプロポーションの悩みも解決されるでしょう。 では骨盤ベルトは産後いつまで使ったら良いの? 骨盤ベルトをいつまで使うのかについては様々な意見がありますが、今まで解説してきたことから ・使用目的は産後グラグラになった骨盤を安定させること ・ママの身体が回復し骨盤が安定してきたらはずす と考えた場合には 「骨盤ベルトは産後2ヵ月くらいまで」という使用期間がオススメです。 産褥期 産後6週間~8週間 が過ぎたら、というのが大まかな目安と考えて良いでしょう。 ちなみに産褥期は「とにかく安静第一」です。 産褥期の過ごし方について、良かったら次の記事をご参照下さい。 それは前述した通り、骨盤を安定させる筋力が養えなくなってしまうからです。 骨盤ベルトに頼らない身体を作っていくことが大切です。 産後の骨盤ベルト、付ける位置がかなり重要って!? 産後の骨盤ベルトは、付ける位置によってはママの身体に悪影響があるので注意が必要です。 基本的な骨盤ベルトを付ける位置は… ・恥骨 へその真っすぐ下、股の上あたりにある硬い骨 ・大転子 恥骨から左右にある出っ張りのある太ももの付け根にある骨 のラインで、次の図が参考になるでしょう。 出典: 左側のように、骨盤の下側を締める形になります。 お腹に巻くというよりは、お尻に巻くという感覚です。 右側のように、腹帯をつけるイメージで付けてしまうと、骨盤の上側を締める形になってしまい、骨盤の開きを拡大するように力が働いてしまうので要注意です。 もし骨盤ベルトを付ける位置に不安があるなら、産院の先生や助産師さんに質問してみると良いでしょう。 骨盤ベルトを推奨している産院も多いので、位置や付け方など詳しく教えてくれるはずです。 産後の骨盤ベルトの巻き方・付け方4つのポイント 骨盤ベルトの巻き方・付け方は、あなたが選ぶベルトによって違いがあります。 ただ、いくつかの共通点はあるようなので、ここでご紹介します。 【1】骨盤高位の体勢になること 骨盤高位とは次の図のような体勢のこと。 仰向けになってお尻の下にクッションなどおいて、骨盤が胸より高い位置にくるようにすることが大切だそうです。 出典: これは、産後すぐは骨盤が緩んで開いているため、子宮や内臓が下垂しており、立ったまま付けてしまうとそれらを圧迫する恐れがあるからです。 骨盤高位の体勢になることで、子宮や内臓を正しい位置に戻すということです。 【2】きつく締めすぎないこと 「とにかく骨盤をしめれば良い」と思い、ギューーッと強く締めすぎてしまうママもいるようです。 しかし、骨盤は本来、生理周期に合わせて微小に動いているもの。 骨盤ベルトでがちがちに締めてしまうと、骨盤がスムーズに動かなくなり、 PMS 月経前症候群 の症状を引き起こす可能性もあります。 また、がちがちに締めた状態だと筋肉が動かなくなり、血流も悪くなり、老廃物が溜まりやすくなります。 その影響で 下半身がむくんだり、周囲の関節 股関節など の可動域が狭くなったりもします。 ですので、 骨盤ベルトを巻く時は、ある程度の余裕を持たせることがポイント。 正座をしてもキツく感じない程度が良いとされています。 【3】正しい位置に巻くこと さきほどと同じ内容ではありますが、骨盤ベルトを巻く位置がとても重要です。 ・恥骨 へその真っすぐ下、股の上あたりにある硬い骨 ・大転子 恥骨から左右にある出っ張りのある太ももの付け根にある骨 この恥骨と大転子のラインに骨盤ベルトを巻いて使用しましょう、ということでした。 正しい位置で骨盤ベルトを巻かないと、効果が発揮されませんし、逆効果になる恐れもあるので要注意です。 【4】ズレてきたら巻き直すこと 骨盤ベルトを巻いて日常生活をおくっていると、だんだんとベルトの位置がズレてくることがあります。 ズレた状態のまま付けておくと、骨盤ベルトの効果を得られなくなってしまうので、ズレてきたら正しい位置に巻き直すようにしましょう。 また、しっかりと正しい方法で巻いていないと、ズレてきやすいです。 ちょっと動くくらいでズレてしまうような場合は、正しく巻けていないと考えられるので、再度着用方法を確認したいところです。 そのような人は、トコちゃんベルトのように、ズレ防止パーツを購入できるベルトがオススメです。 などなど、骨盤ベルトを使用する際には、このようなポイントを意識すると良いでしょう。 産後ガードルやウエストニッパーは必要ない?? 産後ママのお腹はぶよぶよになりますから「これはヤバイ!なんとかしなきゃ!」と危機感にあおられ、産後ガードルやウエストニッパーの着用を検討するママも多いようです。 しかし、これらの着用は産褥期を過ぎてからの方が良いでしょう。 産後ガードルやウエストニッパーは構造上、おへその上の方まで締めてしまいます。 産後ママの骨盤は緩んでいますから、お腹をギューッと締めつけることで腹圧が下に逃げてしまい、 「尿漏れ」「子宮脱」「子宮下垂」になったり、身体の回復を遅らせる原因となってしまいます。 ですので、産褥期のあいだは骨盤ベルトの着用のみにし、育児や家事の他は産褥体操をするくらいにして、身体の回復を第一に考えるようにしましょう。 ガードルやウエストニッパーは産後2ヵ月ほど経ってからにすることをオススメします。 ちなみに、身体の機能や筋肉の回復のために「産褥体操」をすることはとてもオススメです。 ・緩んだ筋肉を引き締める。 ・悪露の排泄をよくする。 ・子宮復古が促進される。 ・母乳の分泌を促してくれる。 ・排泄を促進、便秘予防になる。 ・気分転換になる。 ・妊娠中の悪い姿勢を矯正できる。 ・血液の循環が良くなり疲労回復。 など、様々な効果が期待できるとされています。 産褥体操については、次の記事が参考になるでしょう。 よくある悪い姿勢の代表例は、次の図のような姿勢です。 出典: 出典: せっかく骨盤ベルトをしていても、日常的にこのような悪い姿勢をしていたら骨盤が歪んでしまうことでしょう。 他にも… ・掃除機をかける時に、ずっと同じ手で持つ、同じ側の足から前にだす。 ・スリングを同じ側の肩にばかりかける。 ・マザーズバッグをずっと同じ側の手で持つ。 など、左右差が生まれてしまうような動き、には気を付けるようにして下さい。 ということで、産後の骨盤は歪みやすいので、日常生活のなかでバランスの良い姿勢を心がけましょう。 まとめ 以上、産後の骨盤ベルトについて、知っておいて欲しいポイントを8つ解説させていただきました。 産後の骨盤は緩んでグラグラになっていますから、骨盤ベルトで安定させることはとても大切。 ただ、いつまでも骨盤ベルトに頼っていては、骨盤の筋肉が鍛えられなくなってしまいます。 骨盤の状態が安定してきたら、ベルトを外す、または使用頻度を減らすなどして、少しずつ筋肉を鍛えていくようにしましょう。 また、骨盤ベルトを効果的に使うためには、正しい位置に正しい巻き方をすることが重要。 間違った方法で使用すると、効果が出ないばかりか、悪影響をおよぼす危険性もあるので要注意です。 産後の骨盤は「グラグラで不安定=歪みやすい」という状態なので、骨盤ベルトを正しく使用していても、姿勢が悪ければ骨盤が歪んでしまします。 日常の姿勢にも十分に気を付けるようにしましょう。 ということで、産後の骨盤ベルトについて正しい認識を持って、ベルトを有効活用していただけたら嬉しいです。 ご参考になれば幸いです。

次の