目 腫れた。 まぶたの腫れ:医師が考える原因と対処法|症状辞典

瞬きすると目が痛い時の原因と病気!充血や腫れ等がある時も!

目 腫れた

ものもらいには霰粒腫 さんりゅうしゅ ・化膿性霰粒腫 かのうせいさんりゅうしゅ ・麦粒腫 ばくりゅうしゅ と3種類あります。 ものもらいの大半を、霰粒腫と化膿性霰粒腫が占めます。 霰粒腫の症状: 目の表面に油を出しているマイボーム腺が何らかの原因で詰まってしまい、中に油がたまって、炎症を起こします。 最初は、まぶたの腫れと、場合によっては多少の痛みを感じます。 そのうちに、まぶたの中にコロコロとした玉のようなしこりができます。 化膿性霰粒腫の症状: マイボーム腺が詰まることで、菌が増殖してしまった状態です。 霰粒腫より強い症状がみられ、まぶたの腫れ、赤くなる、痛みなどがあります。 どちらも治療法は、点眼薬や内服薬が処方されますがあくまで症状を緩和する対症療法に過ぎず、基本的には自然治癒を待つことになります。 それでも治らない場合は手術をすることもあります。 出典:.

次の

目の周りのかゆみ・腫れ、気になる原因と使える市販薬紹介

目 腫れた

すぐに引く腫れは心配なし まぶたは皮膚が薄く簡単に腫れます。 過労や寝不足のほか、長時間泣いたという理由でもまぶたが腫れてむくんだ状態になります。 こうしたむくみによって腫れている場合、痛みもなく、その日のうちに引いて定期的におこるようなものでなければ問題はないでしょう。 しかし、いつまでも腫れたままの状態であれば病気を疑う必要があります。 また、虫刺されやケガなどで大きく腫れることもあります。 原因がはっきりしていて、それに対して治療もしているのであれば、改めて病院に行くべきか悩む必要はあまりありません。 美容的な処置には注意 まぶたは美容的な面で気にする人も多い場所です。 皮膚の薄さに反して、お化粧をしたり、接着剤のようなもので一時的にくっつけて二重まぶたにみせるアイプチなどをしたりするなど手が加えられやすい場所です。 そのため、化粧品などによるかぶれなどで腫れている可能性もあります。 もし、そうしたことが疑われる場合は一度、使用をやめて様子を見る必要があります。 ものもらいとアレルギーによる皮膚炎はまぶたが腫れる病気の代表 病気が原因でまぶたが腫れることも多くあります。 まぶた自体の病気としてよく知られているのは「ものもらい」です。 正式名は麦粒腫(ばくりゅうしゅ)ですが、地域によって「めばちこ」などたくさんの呼び方があり、それだけ身近な病気といえます。 まぶたの縁が細菌などに感染しておこり、腫れて痛みがあります。 目にあるマイボーム腺という脂分を分泌する穴が目詰まりしておこるのが霰粒腫(さんりゅうしゅ)です。 通常は痛みませんが、炎症に細菌などが感染して痛みがでることもあります。 ほかにもヘルペスなどウイルスが目に炎症をおこしてまぶたを腫らすなど、目の病気にはまぶたが腫れるものが多くあります。 まぶたを腫らす原因のもう一つの代表は皮膚炎です。 まぶたの皮膚は薄いため、触れた物質に対してアレルギーをおこす「接触性皮膚炎」がほかよりもおこりやすい部位です。 化粧品や、時には使用している塗り薬が原因で皮膚炎になることもあります。 合わせてあらわれる目の症状に注意 まぶたの腫れ以外に症状があるのであれば注意する必要があります。 たとえば目が充血していたり、痛みやかゆみなどがあったりする場合です。 アデノウイルスによる感染性結膜炎が重くなるとまぶたが腫れます。 この場合、結膜とよばれるまぶたの裏側や目の端、白目の部分が赤く充血します。 感染性結膜炎はほかの人にうつることがあるため、感染が広がらないように注意しなければいけません。 またアレルギー性結膜炎の場合も充血がおこります。 危険な病気がまぶたの腫れに潜んでいることもあります。 眼球の周囲や頭蓋骨内で眼球がおさまっている眼窩(がんか)の内部に感染が広がる眼窩蜂窩織炎(がんかほうかしきえん)や、脳底部の血管が血栓によってふさがれる海面静脈洞血栓症などには注意しなければいけません。 決して頻繁におこる病気ではありませんが、失明や脳の障害につながることがあり、発見された場合は緊急に治療をする必要があります。 痛みなど、腫れ以外の症状がある場合やいつまでも腫れが続く場合は「まぶたの腫れ」とあまり軽く考えるのはよくありません。 いつまでも続く腫れは目が原因とは限らない まぶたの腫れは目に関係がないこともあります。 たとえば腎臓におこるネフローゼ症候群ではまぶたも含めた全身がむくむため、顔の雰囲気が変わります。 腎臓は問題があると、体にむくみをおこしやすい臓器です。 また、腎臓以外にも肝臓や心臓などの機能不全でむくみがおこりまぶたが腫れた状態になります。 甲状腺機能亢進症などは眼球が突出することでまぶたが腫れて見えるようなこともあれば、甲状腺機能低下症もまぶたを含め顔が腫れた状態になります。 ほかの臓器に問題がおこり、まぶたが腫れている場合は、まぶたに痛みやかゆみもなく、赤くなることもないのが特徴です。 また、足など体のほかの部分も同時にむくみます。 白目が腫れるのはアレルギーかも まぶたではなく白目が腫れることがあります。 アレルギー性結膜炎では、白目の部分がブヨブヨとしたゼリー状になる結膜浮腫(けつまくふしゅ)をおこすことがあります。 アレルギー性結膜炎にはいくつか種類がありますが、どれも白目やまぶたの裏側の結膜が充血して突起状になります。 腫れは時間がたつと引きますが、またアレルギーを引きおこす物質と接触すると、再び同じように腫れがおこります。 花粉やハウスダストによるアレルギーでは、小学生くらいの男の子に多くおこる春季カタルという強い症状をおこすものがあります。 ほかにもコンタクトレンズを不潔な状態で使用しているとおこりやすい巨大乳頭性結膜炎などもあります。 かゆみを感じてこするとさらに目を傷つける可能性もあります。 腫れたらどうする?原因不明の腫れは早めに病院へ まぶたにしか症状がなく短時間で腫れが消えた場合はもちろん病院へ行く必要はありません。 まぶたを蚊に刺されて腫れたというような場合も、原因ははっきりしており虫刺され薬を塗るという対処法もあるので、わざわざ病院に行く必要がありません。 しかし、まぶたのように簡単に変化がおこりやすい体の部位については、病院への受診を迷うかもしれません。 そういった場合、原因がわからず腫れているなら受診しましょう。 また、腫れ以外にも痛みやかゆみ、充血、ほかの体の部位におこるむくみなどの症状がある場合は受診する必要性が高いです。 まぶたの腫れは目立つので最初に気がつく場所でもあります。 もしまぶたが腫れた場合は、冷静にほかの異常がないか確認することも重要です。 眼科?皮膚科?症状にあわせて選ぼう まぶたが腫れて、もし、目に充血やかゆみがあるなら眼科に行きましょう。 ものもらいや結膜炎などは眼科で診療する病気です。 まぶたの表側の皮膚に炎症がある場合は皮膚科です。 目の部分をぶつけた場合は、目に異常がおきていないか確認するためにも眼科を受診しましょう。 もし全身にむくみがあるような場合は内科を受診します。 簡単な腫れなら温冷法 朝起きたらまぶたが腫れぼったいという場合は、温めたおしぼりと冷たいおしぼりを交互に何度かあててみましょう。 病気によるものでなければ、これで血流が良くなり腫れが引くかもしれません。 もしひかなければ眼科を受診しましょう。

次の

目やまぶたの「腫れ」症状と考えられる病気

目 腫れた

1、前日の夜の行動が原因のむくみ 2、日常生活の行動が関係するむくみ 3、身体的異常 です。 前日の夜の行動が原因のむくみ 疲れや寝不足、または寝すぎなどで起こりやすいむくみ。 これは心当たりがあるなら、ほぼそれが原因と考えていいでしょう。 これらのことが原因で身体中の代謝が悪くなった結果、腎臓の機能が低下し余分な水分が排出されにくくなることで起こります。 そして目の周りは皮膚が薄く、特にむくみやすくなっているんですね。 疲れ、寝不足、寝すぎのほかにも、お酒を飲み過ぎたり、前日に泣いたまま寝たり、メイク落としでゴシゴシ擦りすぎたりしても翌朝まぶたが腫れてしまいます。 日常生活の行動が関係するむくみ 前日にお酒を飲んでないし、泣いてもいない、目もこすったりしていないし、言う程疲れていないにもかかわらず頻繁に目が腫れる場合は、日常生活の中に隠れている可能性があります。 そして、寝るときの姿勢や枕の高さなども関係しているんです。 まず、うつ伏せで寝る癖があると、目元に水分が集中して目が腫れやすくなります。 そして、枕も低すぎると、頭の上の方に水分が流れやすくなります。 寝るときは• 仰向け• 枕は低すぎず、高すぎない丁度いい高さのもの この2点に気を付けるだけでも改善することも。 また、普段から塩分を摂りすぎる傾向にある人も注意が必要です。 塩分を摂りすぎると、体の中の塩分濃度が高くなり、それを薄めるために喉が渇きます。 そうすると、必要以上に水分を摂取することになり、むくみやすくなるんです。 身体的異常による腫れ 女性は、生理前になるとホルモンの関係でむくみやすくなります。 生理前はエネルギーを体に溜めこもうとするので、不要なものでも排出しにくくなり、むくみだけでなく、便秘などにもなりやすいんですね。 ただ生理が原因の場合は、生理が終わればむくみは取れます。 この他にも、化粧品が肌に合わずに腫れたり、結膜炎や涙嚢炎などの目のトラブルが原因になっていることもあります。 なかなか改善しなかったり、痛みがあるようなときにはすぐに皮膚科や内科などを受診することをおすすめします。 スポンサーリンク 朝起きて目が腫れる時の対処法 目が腫れる原因が『前日の夜の行動が原因のむくみ』や『日常生活の行動が関係するむくみ』の場合は、生活習慣を根本的に見直すことで改善されます。 では、寝起きに目が腫れない生活を送るための3つのポイントをご紹介しましょう。 食事の塩分、アルコールの取り過ぎに注意する 食事の塩分やお酒を控える、、、といっても、付き合いでお酒をのむこともあるでしょうし、忙しくて外食が続くこともあるでしょう。 お酒を飲むときは、合間合間に水を飲むようにすると、アルコールの過剰摂取を防ぐことができます。 余分な塩分は、カリウムを摂取することで排出することができるので、バナナやアボカド、海藻、芋類などのカリウムを含む食材を積極的に摂るようにすることで、むくみを予防することができます。 睡眠時の、寝る姿勢や枕に気を付ける 先ほどもご紹介したとおり、うつ伏せ寝や低すぎる枕がむくみを誘発してしまいます。 寝るときは、丁度いい高さの枕で、仰向けで寝るように気をつけましょう。 また質の良い睡眠をとることで、しっかりと疲れを取ることも大切です。 早寝早起きの習慣をつけておくと、疲れも取れてスッキリとした朝を迎えられるはずです。 適度な運動をすることで目の腫れを防ぐ デスクワークなどで座りっぱなしだったりすると、リンパや血液、水分などの流れが滞りむくみやすくなります。 仕事の合間に、少し屈伸をしたり、マッサージをするようにするだけでも改善します。 通勤の際にはなるべく歩くようにするなどして、無理なく適度な運動を心がけましょう。 朝まぶたの腫れを即効で治す方法 朝起きたらまぶたが腫れている!忙しい朝の短時間に治してから出勤したいものです。 そんなときには、まぶたの腫れを即効で治してくれる『温冷刺激』がオススメです。 温冷刺激のやり方 [使用するもの] ・フェイスタオル ・電子レンジ [やり方] ・濡らして絞ったフェイスタオルを電子レンジで1分温めます。 ・温まったタオルで顔全体を約2分温めます。 ・冷水で顔を軽く洗い流します。 交互に温めたり冷やしたりすることで刺激が与えられ、滞っていた水分がスムーズに循環するようになります。 タオルを温めている時間が無ければ、お湯と水で交互に顔を洗うだけでも、多少の効果がありますよ。 朝に目が腫れる原因と対処法 まとめ 寝起き起こる目の腫れは、ほとんどの場合むくみが原因です。 頻繁に目が腫れるようなときには、生活習慣を見直してみてくださいね。 夜寝る前に目元をマッサージするのも効果的です。 むくみだけでなく、美容にも効果的ですよ。

次の