サイン。 サイン : 作品情報

サイン : 作品情報

サイン

サインの構想を練る ー ステップ1 ー シンプルかつ分かりやすいサインは他の人にとって非常に読みやすいものになります。 その一方で趣向を凝らせたデザインはその人のセンスや感性を示すことができます。 もちろん、やり過ぎると派手好きで見栄っ張りのような印象を与えてしまうため注意が必要です。 また、実際にサインをする際、どのくらい時間をかけるか、という点も構想に入れておきます。 例えば、多忙な医師であれば、簡単な走り書きのようなサインが必要になるでしょう。 大企業の要職の方であれば、部門間の合意書や、顧客との契約書などの重要な書類へのサインが多くなりますので、他人の目を意識した権威あるサインが望ましいでしょう。 どこでつかうものか まずは、 ビジネスとプライベートのどちらで使うかを考えます。 ビジネス目的であれば(欧米の文化に倣うならば)一般的にはフルネームを使うよりもイニシャルネームを使った方がよりフォーマルでビジネスライクとなります。 サインを偽造される心配をする必要がなければ、フルネームを使った読みやすいサインでもいいでしょう。 日本では、やたら凝ったものよりも読みやすいフルネームのサインの方が他人に好印象を与えることが多いかと思います。 書きやすさとデザイン性のどちらを重視するか 書きやすさとデザイン性は大体の場合トレードオフの関係になりますので、どちらを重視するかしっかり考えておきます。 これはとても大切なことです。 サインが完成した後、そのサインを練習し、完璧に再現性をもって書けるようになる必要があります。 ステップ1-1, 1-2で構想したイメージに従い、大よそのアウトラインを決めましょう。 難しい場合は、以下の目的別パターンから選んでみてもいいかもしれません。 また、ファーストとラストネームのどちらをイニシャルにするか、あるいはスペルアウトするかですが、 名前への思い入れや、文字数などを考慮しながら決めます。 標準的に使用するサイン:フルネームで構成 使用例)クレジットカードの署名、パスポート、契約書など重要度の高い書類 速記用に使用するサイン:どちらか片方をイニシャルで構成 使用例)ちょっとしたサイン、重要度は高くないが大量に署名が必要な書類 私用で使用するサイン:どのパターンでもOK 使用例)プライベートの名刺に載せる署名 大まかなイメージだけでも決めておくとサインの作成時間が短縮されますが、もしここで決めることが難しいようであれば、次のステップ2でデザインしながら考えても大丈夫です。 デザインする ー ステップ2 ー このステップでは実際にサインをデザインしていきます。 3つのヒントとともにサンプル画像を交えながら説明を致します。 このデモンストレーションでは、北条時政 (Tokimasa Hojo をモデルに、英字フルネームをつかった標準的に使用するサイン(スタンダードサイン)を作っています。 イニシャルを大きく誇張する あなたのイニシャルを大きく、特徴的に描きます。 この大きく誇張したイニシャルは、見るものに あなたの重要性や価値を印象付けてくれます。 ここでの注意点は絶対に書いている途中で止まらないことです。 もし途中から再開してしまうと、非常に見栄えの悪いサインになります。 そのため、一気にスムースに書き上げる必要があります。 また、文字は基本的に筆記体で書きます。 もし筆記体を習っていない場合は、先に筆記体を習得する必要がありますので、から確認してください。 イニシャル以外の部分を小さくし連結させる 筆記体で小さく書きながら残りの文字を連結させます。 文字数が多いときは思い切って省略してしまいます。 (好きなだけ省略して問題ありません)。 ここのポイントは、文字の配置になります。 大きく書いたイニシャルの下部に配置するか、あるいは真ん中に配置するかでサインの印象が大きく変わります。 また、次のステップで出てくる修飾の印象も大きく変わります。 残りの文字列の連結 配置• 修飾する 修飾には色々なやり方がありますので、いくつかサンプルを載せてみます。 好きなものを組み合わせて試行錯誤してください。 ライン下線:美しさを演出します。 通常は最後の1文字から折り返して描きます。 ループ下線:これも下線と同じく古典的な手法ですが美しさを表現できます。 書体変更:フォントを古い文字にしたり、文字の端を伸ばす。 サイン全体をループで囲む:こちらも古典的な修飾です。 マークを追加:フォーマルな場面ではあまり使えませんがプライベートでは効果的。 マークは星印でもいいですし、女性であればハートマークが多いですね。 iやjなど、上の点をマークに置き換えるのがよく見られるものです。 デフォルメ:最も重要な修飾です。 練習が必要ですがオリジナルサインには必須。 見せ場を作る:デフォルメと合わせてこれもオリジナリティが出る。 バランスが重要。 完成 最終的に、いくつかの修飾を組み合わせて自分好みのサインを作り上げていきます。 いくつかの組み合わせパターンを候補リストにし、第三者に意見を聞くのがよいでしょう。 今回は、 Hを大きく特徴的に描いたもので完成としました。 今回はフルネームで作成しましたが、イニシャルで作成する場合(Tokimasa. H もしくは T. Hojo)も作り方は同様です。 大切なことはイニシャルを大きく書くことです。 これだけでそれなりのサインに見えます。 あとは修飾に慣れてくると、すぐに色々なパターンを作れるようになります。 練習する ー ステップ3 ー デザインが決まれば、あとはひたすら練習を繰り返します。 練習を繰り返すうちに少しづつ形が変わっていくこともあるかもしれませんが問題ありません。 あなたが書きやすい、また恰好いいと思えるサインに落ち着くまで、繰り返してください。 サインは世界に一つだけの、そしてあなただけのものです。 完成したら大事になさってください。 素敵なサインを御作りになることを願っています。 最後まで読んでくださってありがとうございました。 もし記事が気に入ったらシェアしてくれるとうれしいです。 から閲覧できますので、 あなたのイニシャルの記事も是非ご覧になってください。 さらに、是非あなたのイニシャル以外の記事もご覧頂ければと思います。 各サンプルを見て頂くことで、サインが完成するまでの試行錯誤の過程をご参考頂けます。 また、一つの記事では紹介しきれていないテクニックも沢山掲載しています。

次の

サインとは

サイン

数多くの海外ビジネスマン、駐在員やアーティスト、写真家、政府関係者、スポーツ選手、モデルの方々へサインを提供している、プロのデザイナーの方に、サインの書き方を解説して頂きました。 ( 今回の練習するサインのデザインイメージは、 「外国人風の英字サイン」でお願いしました。 サンプル名 「Rei Kimura」(漢字名:木村黎) さっそく解説していきます!! メモと、ペンのご用意。 せっかくですので、真似してサインの書き方練習を行って下さい! 簡単4ステップ英字サインの書き方 まずは、こちらのサイン動画をご覧ください。 10秒程です。 完成デザイン では、 5ステップに分けて解説をしていきたいと思います。 ビジネスで使えそうな雰囲気のある、英字サインの書き方を解説していきます。 ゆっくりと、落書きするように、真似してサインを練習してみて下さい。 1.全体のイメージを決める1画目 まず英語の「Rei」の「R」の字から 英語サイン見本サンプル 大切な1画目デザイン重視 1画目を直線に その後丸みを付けて、縦へ入れ込みます。 このサインの書き始めの 「始めの1画目」が、全体のイメージになる場合が多いです。 ココを角ばらせるとシャープなイメージになります。 サインの1画目は、とにかく自信もってしっかり大きく書くこと。 1画目がサインのバランスと、イメージ決める 最も大切な要素になります。 これだけでも 全体のサインのデザインの7,8割のイメージが決まるので、 何度も練習して下さい。 慣れない動きだと感じても、まずは1画ずつ練習してみて下さい。 2.基盤を作る2画目 サインの1画目が丸く、左に重心があるため、 重心を右へと広げていきます。 重心を意識する。 この長さが全体のバランスを決めます。 存在感をより際立てます。 安定性を持たせ、少し長く「すー」っと伸ばしていきます。 上に文字を乗せるベースになる。 Rの文字を今回のサインの基軸とします。 英字は小さく読みづらいですが、 「R」文字のインパクトを残すことで、今回のサイン講座のテーマである、外国人風を漂わすことができます。 長さは調整しながら決めていきます。 3.小さく丸める可愛さ3画目 「ei」字でギュッとコンパクトに、スマート感。 落ち着いた雰囲気をココで表現しています。 「ei」は「R」の隙間に小さく丸めて配置するイメージです。 これにより、次の「K」字を際立たせます。 いよいよ後半「Kimura」の文字へ。 4.ラストは通常の書き方でOK サインを締めくくるのですが、 一気に「kimura (木村)」を書いてしまいます。 「k」のみ上へ伸ばし、その後の文字は先程の「ei」と同じ高さを維持します。 実は「Rei」がサインの全体のバランスを決める効果があるので、 意外にも 美しいサインが書けてしまうのです。 英語の独特の外国人の雰囲気がアピールできます。 ついに「サイン完成!!」 ご自身で、練習を続けて見て下さい。 随時アップしていきますので、沢山のサンプルを練習してみて下さい。 必ず、上達します。 常にアレンジを続けて、素敵なサイン作ってみて下さい。 以上が署名サインの書き方解説です。 ご自身のサインを作るときの参考になれば幸いです。 このサインが正しいわけではなく、 ご自身の好みに合わせて長さやシャープさ、丸みを持たせたりと、様々な変形が可能です。 あくまでも今後一生使っていく署名サインの基盤になると考えて下さい。 サインを作る大切なポイント• インパクト(印象)を持たせる一画を作る• 全体に 立体感を持たせる(サインに存在感がでます)• しかし実際、なかなかデザインが決まらない。 変更に変更を重ね、結局はサインの種類とデザイン数が増えていく。 そんなお悩みが殆どです。 人名用漢字は3000種 それもその筈、 日本で一般的に用いられる漢字は、常用漢字と人名用漢字の合わせて約3000字程度です。 ちなみに私はサインをこれまで何百点と見てきましたが、全く自分では書けません。 サインは芸術品、プロが少ない。 綺麗な署名サインは、芸術品に値します。 サイン業界、日本では数社しかないのが現状で、プロと呼べる実力あるデザイナーがいないのが真実であります。 プロ創作依頼が、人気の理由 業界トップレベルの実績と実力です。 一生使うサインだからこそ、一度はプロに依頼することをオススメします。 1.実績豊富なプロが創作 サイン会などにも対応可能。 クレジットカードやビジネスでも大活躍です。 素人の趣味とは違い、良質なサインをお届けしています。 多くの著名人や世界で活用するビジネスマンから圧倒的な支持を受けております。 2.破格のサービス デザイン3種類、練習シート、書き方シート、動画3種類など、ご自身ので練習するのに不安な要素は解決。 動画も提供しますので、どなたでもサインが書けるようになります。 3.動画で書き順がわかる 国内唯一の他ではないサービスです。 デザイナーが創作するサインを動画で撮影しております。 書き順が解り難いなどといった問題を解決し、筆順、スピードなどの雰囲気が掴み取りやすいです。 創作サイン専門のプロ中のプロ。 是非、一度依頼してみて下さい。

次の

看板製作・サイン・LED製品なら全国対応の三和サインワークス

サイン

私たちの実生活上と同様、ウェブ上の良いサインはさらに人間的なタッチを付け加えることができ、あなたのユニークさや信用性が高まります。 ブログのライターなら、記事の最後にサインが必要となるかもしれません。 メールを送る場合には、飾り気のない退屈なテキストに代わる特別なサインが必要となるかもしれません。 電子書籍やセールスレターを作成するなら、パーソナライズされたサインがあれば、信頼性がより高まります。 では、自分のサインはどのようにデザインして、それをオンラインのあらゆる場所で使うのでしょうか? 1つの方法は、自分のサインに忠実なコピーを取得することです。 紙の上にサインを書き、それをスキャンし、サイン画像として保存し、好きな場所で使うだけです。 2つ目の方法は、Photoshopなどのデザインソフトを使って、コンピューター上でサインを描き、それを保存して後で使う方法です。 この方法のデメリットは、時間がかかり、理想の結果が得られない場合があるということです。 この場合、いくつかのフォントで名前を書いて試してください。 名前を簡単に印象的なサインに変えることができます。 無料でフォントをダウンロードできるフォントサイトがウェブのあらゆる場所にたくさんあります。 あなたの個性と好み次第で、好きなフォントを選び、ダウンロードできます。 しかし、サインにこだわる人であれば、を確認することをお勧めします。 ここには、やなど、サイン用にプロが作成したフォントが多数あります。

次の