アレル バリア エッセンス bb。 dプログラム■アレルバリアの口コミを調査!落とし方やエッセンスBBの色も紹介

dプログラム■アレルバリアの口コミを調査!落とし方やエッセンスBBの色も紹介

アレル バリア エッセンス bb

今年は色がついてBBクリームのように使える色付きタイプの「エッセンスBB」が出たということで、使ってみました。 とはいっても、サンプルです。 サンプルが良かったら現品購入しよう、と思っています。 色のついていない、普通のアレルバリアエッセンスは昨年発売直後に使用しました。 口コミや使い方、実際使ってみての落とし穴?を紹介したいと思います。 今回紹介するのは2色のうちの「ライト」の方です。 明るめの肌色の方ですね。 サンプルには2色ついてきました。 実際に肌に乗せるとこんな感じの色合いです。 資生堂の商品は私は肌の色が合いやすいものが多くて気に入っているポイントです。 今回アレルバリアBBも肌色の感じはいいのですが、実際肌に乗せたときの感じがあれ?? という感じも多少しました。 私の肌色が合わなくなってきているのか、資生堂の色展開が変わってきているのか。 分からないですが・・色合いは悪くはないと思いますし、日本人の肌の色にはなじみやすいかと思います。 BBとは書いてありますが、BBクリームというよりは化粧下地なのでしょうね。 普通のアレルバリアエッセンスのような、日焼け止めみたいな水っぽいテクスチャーです。 だからかもしれませんが、カバー力はそれほど高くない感じでしょうか? 普通のアレルバリアと比べるとカバー力はありそうですが・・・ あちらは白なので、白っぽくはなるのですが、それがカバー力になっているという部分もあり、こちらは肌色なので馴染みもいいですし、カバー力は確かにありますが、「カバー力のある下地」「BBクリーム」という印象とはちょっと異なりますね。 アレルバリアBBの使い方 アレルバリアBBの使い方は、基本的に化粧下地と同じです。 スキンケアで整えた後に適量を手に取って肌に乗せ、伸ばしていく。 ノビもいいので適当につけても比較的綺麗に密着しますね。 敏感肌ブランドのdプログラムの商品だけあって、刺激はありませんし、使いやすいと思います。 アレルバリア エッセンスBBの落とし穴? アレルバリアエッセンスBBで検索していたら「落とし穴」検索されていたようで、言葉が出てきました。 何だろう?と気になって調べてみましたが、何か落とし穴的なことが書かれているサイトは見つからず、?? と思ったのですが、使ってみて、落とし穴というか、気になったところをまとめてみたいと思います。 まずは上でも書きましたが、ちょっとカバー力が弱めのことでしょうか。 肌色がついたエッセンスBBということで、可能ならばこれ+お粉だけでメイクを終わりにできないかな、なんて思ったのですが(せめて肌荒れする花粉の時期だけでも)私の毛穴やシミ・そばかすはこのカバー力ではちょっと無理でした。 テクスチャーがかなり緩めですし、だからこそ肌馴染みがよく、敏感肌でも使いやすいと思うのでそういう商品の特徴的にしょうがないのだと思いますが・・・肌の色々を隠したい私としてはちょっと物足りなさを感じました。 もう一点は、被膜感でしょうか。 アレルバリアは肌を覆うことで花粉などの外的刺激から肌をガードするというタイプの商品です。 なので、肌を覆ってガードするのはいいことなのです。 というかそういう商品特長なのです。 だから、といいますか、使ったときにちょっと被膜感が残ります。 昨年も花粉の季節はずっと使っていましたが、気になるほどではないのですが、被膜感というか、ガードしたうえからメイクをしても効果は持続するのか、とかそういう所が少し気になりました。 あと、暑い日にはちょこっとの被膜感が鬱陶しく感じるときがたま~にありました。 (春に使う分には問題ないかと思います) 「落とし穴」というほどの大きなものではないですが・・使って気になった部分をピックアップしてみました。 まとめ 資生堂のdプログラム、アレルバリアエッセンスBB。 花粉や外的物質から肌をガードするという考え方は新しいですし、刺激も少なく使いやすい商品だと思います。 その商品の特徴ゆえ、メリットもデメリットもあるかと思いますが、いい商品ではあるな、と感じています。 今年の花粉の季節は落ち着いてきたので、今春の購入は悩みますが、秋花粉の時期などの購入は考えようかと思っています。 (限定セットとかもあったりします) 購入金額によっては資生堂パーラーのスイーツなどもついてくるキャンペーンがある時もあったりするので、資生堂公式サイトでのお買い物、実はよくしています笑 おすすめです。

次の

花粉症じゃないけど肌荒れする?花粉症皮膚炎のファンデーションはdプログラム「アレルバリア エッセンス BB」一択|ナナメドリコンプレックス

アレル バリア エッセンス bb

0] 肌荒れ・かゆみのない健康的な肌へ アレルバリアのエッセンスBBは、アレルバリアテクノロジーによって肌に均一な膜を作り、花粉やちり・ホコリなどのアレル物質による肌荒れから守る化粧下地です。 保湿成分ヒアルロン酸や炎症を防ぐハマメリス葉エキスも配合されているから、 うるおいも守りながら健康的な肌へと導きます。 適度なカバー力もあり、透明感のある自然な仕上がりが10時間キープできるというデータを取得済みだから、 夕方までキレイが続くのも魅力の1つ。 あれこれ塗りたくない人や、季節や環境に影響を受けやすい人におすすめです。 口コミ [3. 0] カバー力が高いのに透明感のある肌に 「ブライト効果が高く、赤みや黄み・くすみを飛ばしてくれる」「キメが整ってもとの肌が綺麗かのようになる」など、ベースメイクの仕上がりを評価する口コミが多くみられます。 しかし、濃いシミやニキビ跡が隠せないという声も。 ファンデーションに比べるとカバー力は劣るので、気になる部分は重ね塗りするかコンシーラーで対応するのをおすすめします。 また、崩れやすいという声もあり、使用量が多いとヨレてしまうよう。 アレルバリアエッセンスBBの推奨量は1円玉大と公式サイトに記載がありますが、 崩れが気になる人は1回量を減らしてみて、足りないようなら塗り足すよう調整してみてください。 刺激もなく、自然な美肌になれる 化粧品によっては肌が荒れたり、かゆくなってしまう敏感肌ですが、アレルバリアエッセンスBBは 肌トラブルもなく使えました。 濃いシミは隠せませんでしたが、 肌の黄みはしっかり隠せたのにツヤが出て、厚塗り感のないナチュラルな仕上がりが気に入りました。 口コミの通り、多めに塗るとヨレやすいです。 顔全体へ薄く塗り広げるように使って、日中のメイク直しはフェイスパウダーを使うと崩れませんでした。 付け心地も軽く、夕方になってもくすみが出ていないので10時間化粧もちするというのはその通りでした。 花粉の時期は特に愛用したいです。

次の

dプログラム アレルバリア エッセンス BBの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

アレル バリア エッセンス bb

花粉など、空気中の微粒子汚れや、紫外線から肌を守り、美肌へと導く日中用の保護美容液・化粧下地です。 春になると多くの人にあらわれる、「肌のむずがゆさ」や「肌荒れ」「メイクのりの悪さ」など。 その原因が、花粉やほこりなどの大気中の微粒子汚れが関係あるということに着目して開発されました。 また、2018年春には、ミスト化粧水のも発売されています。 アレルバリア エッセンス BBの特徴 今回、そんなアレルバリアシリーズに、色付きのBBタイプが新登場しました! は、1本でベースメークを終わらせたい忙しい女子にオススメな、赤み・くすみ・色ムラもカバーする、自然な仕上がりの色付きタイプ。 ミネラルカバーパウダー&スムージングオイルを配合することでなめらかに肌にフィット。 10時間化粧もちデータ取得済みとのことです。 使用感はまさに化粧下地で、もったりとした重さはありつつも、のびはよく使いやすい。 これ本体でうるおいをプラスするものではなく、保護する感じ。 元々の肌が乾燥状態だと、やはりメイク後もカサつきが気になる。 dプロの低刺激処方で敏感肌でも安心できる。 さらに花粉やチリ汚れなどによる肌荒れも防いでくれる機能面は期待大。 その他 特徴 ・厳選された成分配合、エチルアルコール無添加、クリーン製法、無香料、パラベン無添加。 ・2色から選べる。 通常のアレルバリア エッセンス と比べてみました。 石鹸で落とせて、赤ちゃんの肌にも使えると比べると、BBタイプは色付きな点はもちろん、少し濃厚でテクスチャーに重さを感じました。 使用感や付け心地で言うと、「アレルバリア エッセンス」が日焼け止め、「アレルバリア エッセンス BB」は化粧下地という感じ。 と言っても、それほど大きな違いはなく、本当に色がついてることで仕上がりが変わります。 個人的には、白色のに、別のリキッドファンデ+パウダーのしっかりめの仕上がりが好み! ただ、時間のない時には、薄づきのファンデとしても普通に使えて、手軽に終わらせられるBBタイプも重宝しそうです。 \こんな女子に使ってほしい!/ ・花粉やPM2. 5などの外敵から肌を守ってくれるスキンケアをお探しの女子。 ・ベースメイクは時短になるBBタイプが好きな女子。 ・敏感肌向けブランドの日焼け止めを使いたい女子。 \おすすめ肌質・肌悩み/ 乾燥肌・敏感肌・混合肌・ 脂性肌・シミそばかす・くすみ・しわ・たるみ・ザラつき・肌のキメ・毛穴・大人ニキビ \おすすめ年代/ 10代・20代前半・20代後半・30代・40代・50代〜 総合評価 3. ・低刺激処方。 花粉などによる肌荒れにも対応。 ・薄いファンデーションとしても使えてベースメイクの時短に。 惜しい点 ・単体の保湿力としては乾燥肌だと少し不安。 その前につけるスキンケアで、しっかり保湿対策をしてからの使用がおすすめ。 新発売のアレルバリアのBBタイプ。 普段使いとしては適度なカバー力があり、伸びもよく使いやすい! 日焼け止め効果もSPF40と高めなので、なかなか好評価のアイテムです。 バリア機能を正常に保つため、成熟したCEを効果的に促進する『H-スタビライジングA』が配合されているとのことで、バリア機能アップにも有効な点は敏感肌に嬉しいポイントですね。 アレルバリアの、日中用保護美容液としてチリや花粉などから肌を守ってくれる機能性も、花粉で肌荒れしがちな肌にぴったり。 メイク全体のノリは悪くなく、普段使ってる化粧下地の代わりとしても申し分なし! ただ、もともと調子の良くない口周りの肌は少しカサつきやすく、もともとの肌の乾燥具合でカサカサしてしまいそう。 乾燥肌の人は、このアレルバリアBBに保湿を頼りきらず、その前のスキンケアをしっかりとした方がよいでしょう。 〈掲載商品一覧〉.

次の