帰省ラッシュ 年末年始 新幹線。 帰省ラッシュ始まる 新幹線・空の便ともに混雑 :日本経済新聞

年末年始の新幹線は混雑?自由席の状況とは?

帰省ラッシュ 年末年始 新幹線

新幹線の年末年始 クリスマス含 の混雑攻略法 新幹線の混雑攻略法• クリスマス• 年末年始 新幹線のクリスマス混雑攻略 クリスマス前後に新幹線に乗車するなら、 自由席ではなく指定席を予約するよにしていきましょう。 指定席と自由席の価格は500円程度になりますし、新幹線のクリスマスの混雑は場所によって大きく異なります。 特に 東海道新幹線に乗車する方は自由席を購入するために数十人の列ができますので、12月上旬には指定席を予約するようにしていきましょう。 新幹線の年末年始混雑攻略 年末年始の新幹線は東海道新幹線、北陸新幹線、北海道新幹線、東方新幹線、九州新幹線ともに12月29日以降が混雑のピークです。 年末年始直前に指定席を確保するのは困難なので、 1ヶ月前には予約するようにしていきましょう。 新幹線の年末年始の混雑を動画で知ろう  28以降は発売日に即買わないとキツイと思います。 早朝や各駅停車なら残ってますが。 年末年始の1ヶ月前には予約する• 年末年始のピークは12月29日以降 これらになります。 年末年始の新幹線の混雑を確認したら、次はふるさと納税について知っていきましょう。 2018年の ふるさと納税の締め切りは12月31日までになります。 ふるさと納税を利用すると 各都道府県の特産品を税控除により実質2000円で購入できるので、ご利用はお早めに。 新幹線以外のライフラインについてもまとめているので、是非合わせて参考にしてください。

次の

【年末年始休み2019−20】いつからいつまで?混雑予想は? | イチオシらぼ

帰省ラッシュ 年末年始 新幹線

それで、 新幹線に乗ろうと思うんですけど、 帰省ラッシュの時期と重なるので、その時の状況や混み具合とか、気になっちゃいますよね。 「座れるのかな、立ちっぱなしでないといけないのかな」とか• 「予約とれるのかなぁ、いまからでも大丈夫なのかなぁ」とか• 「どれぐらい、ならんでいるんだろ、何時間待ちかな」とか…etc. 年末の新幹線はどういう状況? 年末のニュースとかでよく、新幹線の乗車率160%以上とか、報道されていますけど、毎年ラッシュ時には、座席定員をはるかに超えた人数が、乗車していますよね。 年末年始は、国内旅行したいひとや、ふるさとやいなかで過ごしたい人で、溢れかえっています。 それぞれ、• 駅のホーム• 自由席• 通路・デッキ などの状況を、確認していきましょうね。 駅のホームでは? 帰省ラッシュのピーク時には、割と早い時間帯から、駅のホームには並んでいて、 終日、人で混雑しています。 何重にも、いくつかの長蛇の列をなしていて、列車が来るのを、待っている状態です。 ならんでいる人数が多すぎる場合、 到着車両の自由席に整列している人達が、当然のことながら、1度で全員、乗車できるわけではないんです。 乗車制限の人数を超えた場合は、残りの人は、新幹線の運行の妨げにならないように、次に駅に到着する新幹線を、ご存知のとおり、再び待つことになります。 そういう場合はたいてい、 臨時便などの、増設をしたりするのですけど、混み具合は同じで、どの列車も、車両内の状況は、あまり変わらないのです。 増設しても、間に合わない場合もあります。 新幹線の運行遅延も、ときにはあり、注意が必要です。 自由席では? 帰省ラッシュピーク時の 自由席は、 終日満席で、ほとんど着席困難になっています。 乗車率が100%越えているって場合は、ご存知の通り、席数が自由席ではたりないので、 立ち乗りする人が発生している状態を、示しています。 当日の指定席を確保できず、手に入れることができなかった人も、自由席になだれこんでくるので、列車によっては、ものすごい人数で、いっぱいになってしまいます。 ピーク時の新幹線の混み具合は、特にすごくて、自由席に乗車したいなら、それなりの覚悟をして、乗らないといけないかもしれませんね。 通路・デッキでは? 列車内の通路やデッキも、 立ち乗りの人たちがいっぱいで、混み合っていて、より所せまくなってしまってます。 入り口の自動ドアの所にも、人が立っていて、開きっぱなしなことも、あります。 すわるスペースを確保できなければ、目的の到着駅まで、何時間も立ちっぱなしで、いなきゃいけないこともあります。 同じ場所や姿勢で、立ち続けた状態なので、到着駅までの距離によっては、時間がたつのも遅く感じ、とてもきつく感じることがあります。 自由席満席で、人混みであふれかえっていたら、指定席車両であっても、通路に、立ち乗りで乗客が入ってくるのを、たまにみかけたりすることもあるそうです。 ラッシュピークはいつ? できたら、混雑した時間帯や時期は避けて、楽に移動したいですよね。 帰省ラッシュのピークの、時期と時間帯は、次のように、なっているんですよ。 ご存知と思いますが、首都から地方へ進む、下り線が混雑していて、逆の上り線のほうは、案外すいていたりしますよね。 帰省ラッシュの時間帯 時間や状況にもよりますが、午前中が、人混みが多く、AM7時~9時が、特に多いです。 PM2~4時以降、少し落ち着いてきます。 5時以降、会社帰りの人が、混じり込む場合があります。 早朝やお昼時が、比較的すいているといわれていますが、 実際の状況は、当日にならないと、わからないことが多いです。 ネットなどで、状況を確認しながら、 早めに行動するのが、いいかもしれません。 では、実際にどう対応すればいいか、みていきましょう。 帰省ラッシュにどう対応すれば? 対応方法は、次の3つがあります。 指定席でいい場合• 指定席が取れない場合• 自由席にすわりたい場合 1つずつ説明していきます 指定席でいい場合 手に入れる事ができるなら、 指定席を購入するほうが、無難です。 確実に座る事ができますし、事前に整列しなくていいし、混雑を気にする必要もないからです。 乗車日の一ヶ月前から、指定席は購入可能で、全国で駅のみどりの窓口で、午前10時から販売しています。 通常、指定席は、プラス510円ですが、年末年始は、プラス710円になっています。 列車の日程によっては、発売開始、数時間で、売り切れになることもあるので、確保したいかたは、 早めの確認が大事ですよ。 確認してみて満席だったとしても、キャンセルが出る場合もあるので、空席がないか、あししげく、駅をチェックしてみてください。 手に入ることも、あります。 「ピーク時だからといって、そんなに何時間も立ち続けていられない」なんて人や「どうしてもすわりたい、混雑は避けたい」という人は、指定席がオススメです。 指定席が取れない場合 指定席がとれない、あるいは、 とらない場合は、ピーク時なら、自由席での立ち乗りも覚悟して、のぞみましょう。 時間帯や場所にもよりますが、新幹線は1時間に最大8本、運行しています。 すわれなくても、 立ち乗りさえできればいいのなら、並びながら、 何本か乗り過ごせば、確実に乗車することができます。 自由席にすわりたい場合 帰省ラッシュのピーク時になんですけど、どうしても、自由席ですわって乗りたい場合に、すわれる可能性を広げる手段として、次の3つの方法があるんですよ。 始発駅から乗車する• 始発電車の新幹線にのる• こだまに乗車する です。 「始発駅の始発新幹線にのる」とか、「始発駅でこだまにのる」とか、2つを併用するのも、ありです。 もちろん、3つとも併用するのも、ありですよ。 始発駅から乗車する 新幹線の 始発駅で、発車の何時間か前に、並んでおくことが大事になってきます。 列の先頭にならぶことができたら、すわって乗れる可能性大です。 ピーク時だと、始発駅で整列した状態であったとしても、新幹線に乗れない場合もあるのですが、2~3本でも乗り過ごして遅らせれば、十分に乗れてしまいます。 さらに遅らせれば、列の先頭グループに、だんだんと近づいていきます。 また、始発駅なので、ホームに到着した新幹線は、当然ながら、 まだ誰も席にすわっていない状態ですよね。 通路やデッキ部分に誰もいないので、すぐに楽に、新幹線の座席の方へ向かうことができるんです。 号車別の乗降口に並んでいる列で、もし先頭を陣取ることができれば、それだけはやく、新幹線の中に入ることができ、空いている席を選ぶことすら、できちゃいます。 状況や時間にもよりますが、目的の新幹線の、 発車時刻1~2時間以上前に、始発駅のホームにならぶと、すわれる見込みがあります。 始発電車の新幹線にのる 新幹線の始発電車って、ご存知と思いますが、早朝AM6:00ごろから、出ているんですよ。 朝AM5:00ごろに駅にいって、 朝一番の始発列車に、並んでみるのもいいです。 始発にのると、すいている可能性が高いです。 こだまに乗車する 「 こだま」は「のぞみ」や「ひかり」よりも、比較的、 自由席の数が多いです。 また、「こだま」は、 各駅停車なので、敬遠している人も、多いんですよ。 到着に、すごく時間がかかるかもしれませんが、混みあった中で、何時間も立ちっぱなしでいるよりは、いいかもしれません。 少しくらい、遅くなってもかまわないのなら、「こだま」にて、各駅停車でいくのも手で、すわれる可能性があります。 もちろん、当日、実際に見てみないと、状況はわからないんですけど… 自由席へ乗るときの注意 帰省ラッシュのピーク時に、自由席に乗ろうと思っている際、気をつけておきたい事が、2つあるんですよ。 トイレへの移動が困難 新幹線の車内の通路やデッキは、ピーク時には、人でごった返していて、すし詰め状態なので、洗面所への移動が、とても困難になってしまいます。 駅、到着までの数時間、トイレにいけないこともあるので、 事前に済ませておくことが、大事かもしれません。 また、立乗りの場合でも、もし確保できるなら、トイレ最寄りの、入り口付近の場所のほうが、賢明な場合もあります。 車内販売がこない 新幹線のお楽しみの1つ、車内販売がありません。 あまりの混雑のためか、ご存知のとおり、中止されているんです。 考慮に入れて、必要な人は、事前に準備しておきましょうね。 混雑した時期に、もし新幹線の自由席にすわりたい、すわろうと、お思いでしたら、「 始発駅で」「 始発列車の新幹線で」「 こだまに乗る」のであれば、可能性が十分にあがってきます。 いちど、ためしてみてくださいね。 地元や田舎にかえって、楽しくのんびりと過ごすためにも、できるだけ楽にかえって、エネルギーをとっておきたいですよね。

次の

年末年始(クリスマス含)新幹線混雑2020~2020【自由席の事前予約情報】 | レジャー坊や

帰省ラッシュ 年末年始 新幹線

数ある国内の格安航空券予約サイトを徹底比較。 格安航空券は、多様な条件があります。 航空会社や申込み期限、変更可能かどうかなど、基本的に、条件が厳しければ値段が安いとされてます。 国内の格安航空券の予約サイトも、いろいろ選択肢があります。 旅行会社をはじめ、ポータルサイトや金券ショップなど。 自分の条件にあった航空券を上手に選びましょう。 今や、宿泊予約サイトはたくさん存在します。 ホテル直営のサイトから、宿泊のポータルサイト、もちろん旅行会社の運営する宿泊サイトなど。 宿泊のカテゴリー(シティホテル、ビジネスホテル、温泉旅館)によって、それぞれメリット・デメリットもあります。 ビジネスホテル・温泉旅館・高級ホテル・ファミリー向けなど、季節に応じたお得なプランを見つけましょう。 ひと昔前、国内のパックツアーといえば、旅行会社の専売特許でしたが、今や宿泊サイトが航空会社と提携して組み合わせが自由なダイナミックパッケージも主流になりつつあります。 もちろん旅行会社が企画するお得で、楽しいツアーもまだまだ健在です。 今話題のツアーや、旬のお得な旅行情報、おすすめのお得な旅行プランなどを紹介します! 目次• 新幹線混雑予想 まずは気になる、お盆や年末年始の新幹線の混雑予想から。 2020年お盆の新幹線混雑予想 お盆は一般的に 8月13日~8月16日の4日間。 上りのピークは 8月15日 土 、8月16日 日 の2日間に集中することが予想されます。 ただし今年はなんといっても東京でオリンピックが開催されます。 例年の帰省の方だけではなく、オリンピックを観戦する方の移動も多くなるでしょう。 また、オリンピック関連のツアーで旅行会社が多くの新幹線の座席を確保しているかもしれません。 東京から帰省される方や、東京発着の新幹線を利用予定の方は 最大限の注意が必要になります。 乗車率150%超にもなる帰省ラッシュの新幹線やJR特急に自由席で乗るのは地獄。 こども連れで新幹線に乗るとなるとなおさらです。 特にピークと予想される日程は確実に混雑すること間違いなし。 仕事上休みがずらせないなら、家族のブーイングをさけるためにも より良い時間帯の指定席をゲットしたいところです。 お盆や年末年始の新幹線 JR の発売はいつから? 通常JRのきっぷの購入は、「 乗車日の1ヶ月前の10:00」からみどりの窓口にて購入できます。 ただし大きな駅などは混雑を避けるため、繁忙期のきっぷ発売に限り当日の早朝10:00よりも前に受け付けている場合があります。 事前に受け付けてもらえれば10:00の発売と同時に予約作業をしてもらえるため、希望の便が取れる確率が格段に上がります。 最寄りのJRで事前に確認しておきましょう。 インターネットなら窓口より早く受付 みどりの窓口よりもおすすめなのが、インターネットの事前申し込み。 JR東日本の「えきねっと」、JR西日本の「JRおでかけネット」、JR九州の「JR九州インターネット予約」では、乗車日1ヶ月前の 7日前より事前申し込みを受け付けています。 ) 事前受付といっても実際の発売日は 乗車日1ヶ月前なので、100%予約が確保できるわけではありません。 (予約の可否の回答は発売日に連絡がある) ですが、発売と同時に予約のアクションが行われ、 発売時間に駅の窓口に並ぶ必要がないので、お盆や年末年始など混雑期の新幹線を利用するならとても便利なサービスです。 2019年お盆期間の受付開始日早見表 乗車日 事前受付開始日 各日5:30~ 事前受付の回答日 各日10:00~随時 8月9日(金) 7月2日(火) 7月9日(火) 8月10日(土) 7月3日(水) 7月10日(水) 8月11日(日) 7月4日(木) 7月11日(木) 8月12日(月) 7月5日(金) 7月12日(金) 8月13日(火) 7月6日(土) 7月13日(土) 8月14日(水) 7月4日(日) 7月14日(日) 8月15日(木) 7月8日(月) 7月15日(月) 8月16日(金) 7月9日(火) 7月16日(火) 8月17日(土) 7月10日(水) 7月17日(水) 8月18日(日) 7月11日(木) 7月18日(木) 8月19日(月) 7月12日(金) 7月19日(金) 北陸新幹線のように、JR東日本とJR西日本の2社が運営している場合は、どちらの予約サービスでも購入可能です。 また東京から広島に新幹線で帰省する場合も、東海道新幹線(JR東海)と山陽新幹線(JR西日本)をまたぐこととなり、同様にどちらの予約サービスも利用できます。 ただし、きっぷの受け取り・払い戻しなど制限があるものは、出発駅を管轄するJRの予約サービスを利用することになります。 JR東日本「えきねっとトクだ値」 JR東日本のネット予約サービス「えきねっと」では、 えきねっと会員限定で購入できる列車・席数・区間限定の 「えきねっとトクだ値」という割引きっぷがあります。 乗車日13日前の午前1時40分までの申込みなら、さらに割引率の高い「 お先にトクだ値」がお得です。 例えば、東京~新青森間の新幹線はやぶさ利用の 通常価格17,550円 繁忙期 が、「お先にトクだ値」の場合 13,160円となり 4,390円も安くなります。 「お先にトクだ値」は一部設定除外日がありますが、年末年始・お盆・連休期間も使えるので、家族で帰省の際JR東日本の新幹線を利用するならかなりの節約になります。 以下は西日本~九州間新幹線料金例 「J-WESTカード」は、ショッピングや列車予約、SMART ICOCAへのチャージ(入金)でJ-WESTポイントが貯まってお得。 「J-WESTカード エクスプレス 」は年会費が1,080円 税別 必要ですが、東海道新幹線を利用するなら割引額で十分に元はとれます。 東海道・山陽新幹線なら「EX エクスプレス 予約」 東京~博多間の東海道新幹線、山陽新幹線を使って帰省しているなら、「 EX エクスプレス 予約」が安くてお得。 利用にはJR東海の「EXPRESS CARD」もしくはJR西日本の「J-WESTカード(エクスプレス)」への入会が必要。 エクスプレス予約は帰省時の新幹線の値段が安くなるだけでなく、新幹線に乗るたびに ポイントが貯まり、貯まったポイントでグリーン車に乗車できる特典も。 便の変更も通常のきっぷなら2回目以降は手数料が必要ですが、エクスプレス予約なら何度変更してもOK。 (条件あり) EX予約ならお盆も年末年始も新幹線が安い エクスプレス予約の基本商品「EX予約サービス」は、年末年始やGW等の期間を含め一年中変わらないおトクなおねだんで、新幹線の指定席を購入できます。 スマホ・パソコンからのみ予約可能で、東海道新幹線、山陽新幹線が 10%前後安くなり、長距離路線なら往復割引も適用されます。 新幹線の特急券のみ購入することも可能。 以下はエクスプレス予約「EX予約サービス」の値段例(おとな片道1名あたり、 赤字は通常のきっぷとの差額) 東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約 エクスプレス予約のウェブサイト。 エクスプレス予約はJR西日本「 」でも詳しく掲載されています。 JR九州「インターネット列車予約サービス」 JR九州のインターネット列車予約サービスでは、 九州新幹線、九州内特急列車のネット限定きっぷを購入することができます。 九州内のきっぷは出発直前まで発売されている「九州ネットきっぷ」が安くて受取前で出発前なら何度でも変更できるので便利。 一部路線では3日前・7日前までの予約でさらに安くなる「九州ネット早特3」「九州ネット早特7」がお得。 例えば博多~熊本間の「九州ネット早特7」なら通常5,130円が 2,570円と 2,560円もお得で約半額の運賃となります。 JR九州「九州ネットきっぷ」九州内新幹線・特急列車 「JQ CARDセゾン」は年会費実質無料で、きっぷ、定期券の購入やSUGOCAへのオートチャージでポイントが貯まる。 博多阪急では2%相当!貯めたJQポイントは、SUGOCA電子マネーへのチャージもOK。 「JQ CARD」なら関西方面の新幹線も安くなる! まとめ いかがでしたでしょうか。 思った以上に新幹線もいろいろな割引きっぷを発売しており、特に飛行機と競合する路線は、割引率も高く設定されています。 JRもネット予約をどんどん進めているので、毎年新幹線で帰省している方は、JR各社のネット会員に登録してお得な新幹線きっぷをゲットしたいところです。 割引きっぷは期間限定で発売されるので、帰省の費用を少しでも安くするために情報を定期的にチェックする必要がありますね。 毎年お盆やお正月・年末年始に帰省しているなら、JR券でも使える旅行積み立てもおすすめです。

次の