イオンカード おすすめ 種類。 一番お得なイオンカードはこれだ!50種類以上の中から最強の特典を持つ5枚を厳選

イオンカードの種類でおすすめはどれ?年会費無料なのに会員特典がすごい!

イオンカード おすすめ 種類

まずイオンカードの通常デザイン。 通常デザイン イオンカードの通常デザインは、当たり前ですが マスターカード、 JCB、 VISAのどのブランドでも選択できます。 欅坂46デザイン イオンカードの欅坂46デザインは VISAブランドのみで選択できます。 SKE48デザイン イオンカードのSKE48デザインは VISAブランドのみで選択できます。 ミニオンズデザイン イオンカードのミニオンズデザインは マスターカードブランドのみで選択できます。 ミッキーマウスデザイン イオンカードのミッキーマウスデザインは JCBブランドのみで選択できます。 JCBは、東京ディズニーランド&東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサー…だからこそJCBブランドのみでミッキーマウスデザインのイオンカードが発行できるんですね。 トイ・ストーリーデザイン イオンカードのディズニーのトイ・ストーリーデザインは JCBブランドのみで選択できます。 TGCデザイン イオンカードのTGC(東京ガールズコレクション)デザインは JCBブランドのみで選択できます。 【2】海外ショッピングお得なブランドは? イオンカードをJCBブランドで作った場合の唯一のデメリットは、海外での支払いで使えないケースが多いことです。 JCBは日本発のクレジットカードの国際ブランド。 日本国内では、後からご紹介するようにnanacoチャージでも楽天ポイントが通常通り満額もらえた時代があったりなど…他の国際ブランドのVISAやマスターカードよりもお得なケースもあります。 しかし日本発のブランドゆえに、海外では加盟店も少なく、あまり普及していません。 つまり海外でJCBブランドのイオンカードで支払いしようと店員に渡しても「残念ですが…このクレジットカードは当店ではご利用いただけません」と断られるケースもあることです。 イオンカードでVISAブランドやマスターカードを選択した場合は、こういったケースにはまずお目にかからないです。 なぜならクレジットカードが使えることとVISAブランドやマスターカードが使えることは、ほぼイコールだからです。 なお海外旅行で日本人がよく行くメジャーな観光地、例えばハワイやグアム、台湾などではイオンカード(JCBブランド)でも普通に買い物できる!使えるお店多いので安心して下さい。 むしろJCBブランドのほうがVISAやマスターカードより手厚いサービスを提供している観光地だってあります。 ようは日本人のあまり行かない穴場の海外の観光地に行く場合には、イオンカード(JCBブランド)が使えないケースがあることを知っておいてほしいです。 ちなみに日本国でイオンカードを使う場合は正直、VISA、マスターカード、JCB、アメックスどの国際ブランドを選んでもほぼ変わらない。 たまに100件に1~2件くらい「当店はJCBは使えません」、100件に4~5件くらい「当店はアメックスは使えません」と断られるくらいです。 それに対しVISAやマスターカードのブランドでイオンカードを作った場合には、海外での事情が全く違います。 イオンカードのブランドでVISAを選択した場合の最大のメリットは、国内・海外問わずイオンカード(VISA)で支払いができるという点です! 国際ブランドとしてのVISAは、世界シェアNo. VISAは自らを『世界通貨』と豪語しているが実際、その通りで海外のマイナーな観光地に行こうがクレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくVISAブランドのイオンカードが使えます。 もちろん日本でもクレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくイオンカード(VISAブランド)が使える。 日本国内でもVISAブランドがシェアNo. 1だからです。 そしてマスターカードは、VISAに次ぐ世界シェアNo. 2の国際ブランド。 やはり同じように海外旅行に行ってもクレジットカードが使えるお店であればイオンカード(マスターカード)で支払いできることが多いです。 じゃあ、どうせ作るなら世界シェアNo. 1のVISAブランドのイオンカードにしようかな。 お得か?と言われると話がちょっと違います。 海外ショッピングで一番お得なのはVISAブランド…ではなくマスターカードのイオンカードのことが多いです。 少し説明しますね。 イオンカードをマスターカードのブランドで作る最大の長所は、海外でショッピングした際の換算レートがVISAより安いことが多いことです! 換算レートは、カード会社の決める海外ショッピングの 海外事務手数料と、国際ブランドが決める 基準レートの掛け算で決まります。 式は以下の通りです。 60% 1. 60% マスターカードもVISAも同じ 1. 60%ですので 海外事務手数料では優劣はありません。 では次に国際ブランドごとに決まる 基準レートを見てみましょう。 ですので代表例として基軸通貨であるアメリカのドルと円、世界通貨のユーロと円、2019年1月1日時点で比較してみます。 2019年1月1日時点 国際ブランドの基準レート マスターカード VISA ドル$ 110円45銭 110円47銭 ユーロE 126円41銭 126円43銭 今度はマスターカードとVISAで差が出ました。 でも、海外旅行に行った時を思い出してみて下さい。 海外旅行って移動するにしろ、食事するにしろ、買い物するにしろ何かにつけてお金が出ていきますよね。 そして日本に帰ってきてクレジットカード会社からの明細を見たら、思っていた以上に高額になった経験…今までありませんでしたか? この基準レートのたった数銭の違いが…長い目で見ると大きな差になります。 つまり海外でのショッピングで一番お得に買い物できるのは多くの場合VISA…ではなく、実はイオンカード(マスターカード)なんです! 【3】イオンカードのブランド総まとめ イオンカードの3ブランドで、どのイオンカードが一番お得で!おすすめなのは?人によって結論が違います。 つまり…。 aeon. visa. mastercard.

次の

【イオンカードの全種類一覧】各イオンカードの比較と魅力を紹介!

イオンカード おすすめ 種類

まずイオンカードの通常デザイン。 通常デザイン イオンカードの通常デザインは、当たり前ですが マスターカード、 JCB、 VISAのどのブランドでも選択できます。 欅坂46デザイン イオンカードの欅坂46デザインは VISAブランドのみで選択できます。 SKE48デザイン イオンカードのSKE48デザインは VISAブランドのみで選択できます。 ミニオンズデザイン イオンカードのミニオンズデザインは マスターカードブランドのみで選択できます。 ミッキーマウスデザイン イオンカードのミッキーマウスデザインは JCBブランドのみで選択できます。 JCBは、東京ディズニーランド&東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサー…だからこそJCBブランドのみでミッキーマウスデザインのイオンカードが発行できるんですね。 トイ・ストーリーデザイン イオンカードのディズニーのトイ・ストーリーデザインは JCBブランドのみで選択できます。 TGCデザイン イオンカードのTGC(東京ガールズコレクション)デザインは JCBブランドのみで選択できます。 【2】海外ショッピングお得なブランドは? イオンカードをJCBブランドで作った場合の唯一のデメリットは、海外での支払いで使えないケースが多いことです。 JCBは日本発のクレジットカードの国際ブランド。 日本国内では、後からご紹介するようにnanacoチャージでも楽天ポイントが通常通り満額もらえた時代があったりなど…他の国際ブランドのVISAやマスターカードよりもお得なケースもあります。 しかし日本発のブランドゆえに、海外では加盟店も少なく、あまり普及していません。 つまり海外でJCBブランドのイオンカードで支払いしようと店員に渡しても「残念ですが…このクレジットカードは当店ではご利用いただけません」と断られるケースもあることです。 イオンカードでVISAブランドやマスターカードを選択した場合は、こういったケースにはまずお目にかからないです。 なぜならクレジットカードが使えることとVISAブランドやマスターカードが使えることは、ほぼイコールだからです。 なお海外旅行で日本人がよく行くメジャーな観光地、例えばハワイやグアム、台湾などではイオンカード(JCBブランド)でも普通に買い物できる!使えるお店多いので安心して下さい。 むしろJCBブランドのほうがVISAやマスターカードより手厚いサービスを提供している観光地だってあります。 ようは日本人のあまり行かない穴場の海外の観光地に行く場合には、イオンカード(JCBブランド)が使えないケースがあることを知っておいてほしいです。 ちなみに日本国でイオンカードを使う場合は正直、VISA、マスターカード、JCB、アメックスどの国際ブランドを選んでもほぼ変わらない。 たまに100件に1~2件くらい「当店はJCBは使えません」、100件に4~5件くらい「当店はアメックスは使えません」と断られるくらいです。 それに対しVISAやマスターカードのブランドでイオンカードを作った場合には、海外での事情が全く違います。 イオンカードのブランドでVISAを選択した場合の最大のメリットは、国内・海外問わずイオンカード(VISA)で支払いができるという点です! 国際ブランドとしてのVISAは、世界シェアNo. VISAは自らを『世界通貨』と豪語しているが実際、その通りで海外のマイナーな観光地に行こうがクレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくVISAブランドのイオンカードが使えます。 もちろん日本でもクレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくイオンカード(VISAブランド)が使える。 日本国内でもVISAブランドがシェアNo. 1だからです。 そしてマスターカードは、VISAに次ぐ世界シェアNo. 2の国際ブランド。 やはり同じように海外旅行に行ってもクレジットカードが使えるお店であればイオンカード(マスターカード)で支払いできることが多いです。 じゃあ、どうせ作るなら世界シェアNo. 1のVISAブランドのイオンカードにしようかな。 お得か?と言われると話がちょっと違います。 海外ショッピングで一番お得なのはVISAブランド…ではなくマスターカードのイオンカードのことが多いです。 少し説明しますね。 イオンカードをマスターカードのブランドで作る最大の長所は、海外でショッピングした際の換算レートがVISAより安いことが多いことです! 換算レートは、カード会社の決める海外ショッピングの 海外事務手数料と、国際ブランドが決める 基準レートの掛け算で決まります。 式は以下の通りです。 60% 1. 60% マスターカードもVISAも同じ 1. 60%ですので 海外事務手数料では優劣はありません。 では次に国際ブランドごとに決まる 基準レートを見てみましょう。 ですので代表例として基軸通貨であるアメリカのドルと円、世界通貨のユーロと円、2019年1月1日時点で比較してみます。 2019年1月1日時点 国際ブランドの基準レート マスターカード VISA ドル$ 110円45銭 110円47銭 ユーロE 126円41銭 126円43銭 今度はマスターカードとVISAで差が出ました。 でも、海外旅行に行った時を思い出してみて下さい。 海外旅行って移動するにしろ、食事するにしろ、買い物するにしろ何かにつけてお金が出ていきますよね。 そして日本に帰ってきてクレジットカード会社からの明細を見たら、思っていた以上に高額になった経験…今までありませんでしたか? この基準レートのたった数銭の違いが…長い目で見ると大きな差になります。 つまり海外でのショッピングで一番お得に買い物できるのは多くの場合VISA…ではなく、実はイオンカード(マスターカード)なんです! 【3】イオンカードのブランド総まとめ イオンカードの3ブランドで、どのイオンカードが一番お得で!おすすめなのは?人によって結論が違います。 つまり…。 aeon. visa. mastercard.

次の

イオンカードを上手に選ぶには?あとから種類変更はできる?

イオンカード おすすめ 種類

数あるイオンカードのなかでもトップクラスの人気を誇ります。 その要因は、イオン銀行Myステージのスコアが加点されるなどの特典があるためです。 上位ステージになるほど、イオン銀行での金利優遇、手数料無料などの恩恵が増えていきます。 更にもう一つ、このカードだけの特典があります。 それは、イオン銀行でWAONをオートチャージに設定すると200円毎に1WAONが付与されることです。 つまり「」が可能です。 毎日のようにイオンスーパーで買物をしている方は、上記方法でWAONで買物すると、クレジットカードで支払うよりもポイントを獲得できます。 上記方法でWAONにチャージして買物をした場合、お客様わくわくデー2倍(毎月5、15、25日)、お客様ありが10デー5倍(毎月10日)では、クレジットカードで決済するよりも200円毎に1P(WAONチャージ分だけ)多くポイントを獲得できます。 それともう一つ、WAON決済はWAONPOINT加盟店での月間累計利用金額に対して500円につき1WAONPOINT貯まります。 これらを総合的にまとめると イオンスーパーなどで毎日のように買物をしている方は、ぜひイオンカードセレクト会員になって、WAONチャージのポイント還元を活用しましょう。 この特典を使わないのは勿体ないです。 イオンは週末程度しか利用しないのであれば、私ならクレジットカードで購入してショッピングセーフティ保険を適用します。 私の知る限り国内最高峰のショッピングセーフティ保険です。 補償期間180日で自己負担0円、スマホの故障にまで対応しています。 もちろん、イベントや購入する店舗や商品で使い分けてもいいですね。 参考にしてみてください。 デザインは2種類、標準とミッキーマウス デザイン、ゴールドカードへのランクアップも用意されています。 引落口座はイオン銀行以外は指定できません。 「」にも対応しているので、最短即日中に仮カードを店頭で受取る事もできます。 55歳以上を対象にしたお得なカード 55歳以上の方を限定としたカードで、左上に「グランド・ジェネレーション」の意味を表すGGマークがついています。 このイベントはGGマークの有無に関係なく、各種イオンカードが対象になります。 では、GGマークは必要ないの? いいえそんな事はありません。 GGマークは、専門店街などで開催されている「GGマーク付き」を条件にした、イベントなどの対象になるために必要になります。 GGマークつきカードの発行があるのは「」「」「」という3枚のカードだけで、55歳の方が申込みをした場合のみ「付ける」または「付けない」を選択することができます。 家族カードについては、家族本人が55歳以上の場合にのみGGカードの特典が適用されます。 Kitacaとは、JR北海道が発行するICカード乗車券のことです。 イオンでの共通する特典はそのままに、Kitacaの機能も搭載されています。 通常のKitacaはクレジットカードのチャージに対応していませんが、こちらのように一体型カードの場合にはクレジットカードでチャージできます。 もちろんポイントも貯まります。 通常のKitacaのようにデポジット(保証金)の500円も必要ありません。 国際ブランドはVISAのみ選択できます、MasterCard、JCBの提供はありません。 Kitaca自体にオートチャージの機能がないので、こちらのカードもオートチャージはできません。 マイルが貯まるイオンカード(ときめきポイントは貯まりません) 日本航空(JAL)との提携で「イオンカード」+「JMBWAON」が一つになったカードです。 最大の特徴は、クレジットカードを利用した際には「ときめきポイント」ではなく「JALマイレージ」が貯まることです。 貯めたマイルは高レートでWAONに交換できます。 また、JALマイルが貯まるWAON機能もついています。 JMBカード(JALマイレージバンク)としても利用できます。 もちろん、イオンカードなのでイオンのお客様感謝デーなどの共通イベントは対象です。 55歳以上の方にはGGマーク付きのカードも提供されています。 ワタミグループでの利用がお得になるカード ワタミグループでお得に食事ができるクレジットカードです。 新規入会でワタミグループで使える1,000円相当のお食事券を進呈。 さらに、毎年誕生日の月にも2,500円分のお食事券が届きます。 これだけの特典が年会費無料、無条件でもらえるので間違いなくお得ですね。 国際ブランドはVISAのみ、電子マネーWAONは搭載していません。 イオンカードのマークもついているので、イオンのお客様感謝デーなど各種お買物イベントなどでも割引やポイントアップの特典もあります。

次の