メタモン厳選 xy。 あかいいとで個体値厳選

【ポケモンORAS】メタモンの入手方法と厳選方法【オメガルビー・アルファサファイア】

メタモン厳選 xy

能力 種族値 HP 48 こうげき 48 ぼうぎょ 48 とくこう 48 とくぼう 48 すばやさ 48 高個体値メタモンを厳選する方法 ポケモンの村で厳選する場合 ポケトレを使用して連鎖を重ねていく事で1箇所ずつVが増えていき、60連鎖から最大で3V以上が固定になります。 時間や手間がかかりますが、その分高個体値のメタモンを大量に入手できる確率が高い方法です。 フレンドサファリで厳選する場合 メタモンが出現するフレンドコードを持っている人を探す必要がありますが、出現するメタモンは全て最初から2V以上が確定になっているので非常に手軽に行えます。 3枠目が空いている場合は 夢特性の厳選も可能、というポケモンの村にはないメリットが存在します。 居ると便利なポケモン 特性シンクロのポケモン メタモンは孵化の際に非常に有用なので、特定の性格の高個体値メタモンが欲しいという場合は性格も厳選するのがオススメです。 この効果は瀕死でも効果があるため、まずは希望の性格と一致している特性シンクロのポケモンを用意しましょう。 オススメは命中100の睡眠技を使用でき、みねうちも覚えるパラセクトやキノガッサなどがオススメです。 ただしメタモンはへんしんによって対面の相手に姿を変えるので、初手では 上 記の技が無効になってしまうポケモンとは対面させない、またはみがわりでへんしんを無効化してから捕獲に臨みましょう。 あると便利な道具• リピートボール 図鑑に既に登録されているポケモンが非常に捕まえやすく、ハイパーボールの1. 5倍の捕獲率を持ちます。 ダークボール 夜(午後8時~午前3時59分)または洞窟内のポケモンが非常に捕まえやすくなるボールです。 夜に作業を行う際は非常に有用で、 ハイパーボールの2倍の捕獲率を持ちます。 長期戦になった際の備え ポケトレ連鎖で高個体メタモンを複数捕獲したい場合、使用するポケモンのレベルによってはPPやHPに不安が生まれます。 キズぐすり系やげんきのかけら、PPを回復する為のピーピーエイダーやヒメリのみなども持っておくと連鎖を途切れさせる事なく高個体のメタモンを狙えます。

次の

【ポケモンUSUM】図解で簡単!4Vメタモン厳選方法まとめ【サン・ムーン攻略】

メタモン厳選 xy

本記事はポケットモンスターサンムーン(SM)、ウルトラサンムーン共通の(USUM)内容です。 ポケットモンスターサン・ムーンでは、難易度が上がったストーリー攻略が話題ですが、厳選・育成環境も大きく変わっています。 孵化作業では、 メタモン、 あかいいと、 かわらずのいしのルールは変わりません。 しかし、メタモンの捕獲や育成作業が、第六世代(XY・ORAS)から少し変化しました。 ポケバンク解放とともに旧作からメタモンやバトル用ポケモンを連れてくる方も多いかと思いますが、今作から始めた人などは、メタモンを新たに捕獲しないといけません。 そこで 『簡単なメタモンの厳選方法』について解説していこうと思います。 なお、以下の内容はすでに同様の方法で厳選を進めている人も多いメジャーな方法です。 この記事では、私のプレイ画像とともに順を追って説明していきます。 ちなみに、僕は以下の作業をゼロから始めて 40分程度で4Vメタモンをゲットしました!• なかま乱入での厳選について 今作で導入された新システム 『乱入』が厳選の鍵です。 野生ポケモンはランダムで助けを呼び、(基本的に)同種のポケモンが乱入してきて1対2の状況になることがあります。 この 乱入回数が増えるほど、高個体値や隠れ特性のポケモンが出現しやすくなります。 30匹目以上から4Vのポケモンが出現している人が多いようですが、詳細な条件がわかり次第、追記いたします。 ちなみに僕は 乱入31匹目のメタモンで、HACSの4Vを捕獲しました。 乱入と孵化厳選、育成については以下の記事で詳しく解説しています。 是非参考にしてください。 捕獲用ポケモン&アイテム 必須:みねうちニューラ(またはアブソル) 相手のHPが低いほど乱入の確率は高くなります。 そのため、攻撃しても必ずHP1が残る 『みねうち』が有効です。 定番のポケモンは ニューラです。 ラナキラマウンテンで出現します。 Lv48前後と高く、 『かわらわり』があれば、メタモンをほぼ1発で倒せます。 『 だましうち』でもかまいません。 かわらわりは技マシンで取得可能です。 だましうちは低レベルで覚える技なので思い出させて下さい。 残りの2枠は、時間稼ぎのために、 自分と相手にダメージやデメリットがない技を選びます。 僕は 『リフレクター』と、特攻を下げる 『ないしょばなし』を選びました。 状態異常含め、 相手と自分にダメージを与えない技ならオーケーです。 ちなみに アブソルもみねうちを覚えるので同じ役割が可能です。 他の技(とどめ用、時間稼ぎ用)は調整してください。 便利:リサイクルヤブクロン&すりかえペルシアン ニューラだけでも厳選は進められますが、メタモンがニューラに変身すると 『かわらわり』でダメージを受けてしまいます。 そこで、ある コンボを使います。 メタモンは必ず 『ヤブクロン』に変身させます。 ヤブクロンは 技が『リサイクル』のみの状態にしてください。 リサイクルは 戦闘中に消費した持ち物を回復する技です。 また、PPを消費すると回復してくれる 『ヒメリのみ』をもった ペルシアンも必須です。 ペルシアンの技構成はなんでも良いですが 『すりかえ』が必須です。 すりかえは 相手と自分の持ち物を入れ替えてしまう技です。 ヤブクロンは 『マリエシティはずれのみさき』で捕まります。 絶対に特性が 『あくしゅう』のポケモンをゲットしてください! 『ねんちゃく』の特性だとバトル中に持ち物を交換できないので、このコンセプトが成り立ちません。 リサイクルは ラナキラマウンテンのポケモンセンターの女性に、 ハートのウロコをあげて覚えましょう。 ハートのウロコはコニコシティ&マリエシティのレストランで飯を食えば手に入ります。 他の技は ハウオリシティのポケモンセンターで忘れてください。 ペルシアンの 『すりかえ』はニャースを懐かせて進化させた後、同様の手順で思い出してください。 ニャースは覚えません。 また、 スリーパーもすりかえを覚えることができます。 ペルシアン同様、 進化後の思い出し技となっています。 便利:ビビリだま 終盤になると、ポケモンセンターのショップに 『ビビリだま』というアイテムが販売されます。 ビビリだまは 『仲間を呼びやすくする』アイテムなので、厳選が捗ります。 300円で買えますし、1回使えばその戦闘中は有効になります。 メタモンを捕獲する スポンサーリンク 図解:4Vメタモン捕獲手順 上記のポケモン、アイテムが揃ったら 『ホクラニだけ』の草むらに行ってメタモンを探します。 その後は以下の手順でメタモンを捕獲していきます。 初回でいきなりメタモンが仲間を呼んでしまい、図ではいきなり2匹となってしまいましたが、相手はリサイクルしか出来ないので問題ありません。 絶対に殺さないようにしてください。 仲間を呼ばない or 呼んでも来ない場合があるので、その場合は 『ないしょばなし』などを打ち、新たなメタモンが来るまで時間稼ぎしてください。 ニューラの『かわらわり』であれば変身する前に1発で倒せるはずです。 くれぐれもヒメリの実のメタモン(ヤブクロン変身中)を殺さないようにしてください!! 全てが台無しになります。 普通のポケモンに変身させると、この作業を繰り返すうちにPPが尽き、 『わるあがき』を打つと同時に死んでしまいます。 そのため、定期的に新しいメタモンと入れ替えなければいけないのですが… ヒメリの実持ちのヤブクロンメタモンは 『リサイクル』を使えるため、半永久的に居残ることができます。 PPが尽きそうになったらヒメリの実でPPを回復し、次ターンで消費したヒメリの実を復活させます。 永久機関…考えた人は神様や…。 僕は31匹目で2連続4Vが出ましたが、確定は45匹という説もあります。 メタモンを倒すポケモンは誰でも良いですが、 ニューラを複数用意しておくと楽でしょう。 とことん搾取されるメタモン… まとめ• 技がリサイクルだけのヤブクロンに変身させる。 ペルシアンの『すりかえ』でヒメリの実を渡す。 ニューラなどの『みねうち』でHPを削る。 隙を見てビビリだまで乱入を促進する。 乱入したメタモンを倒し続ける。 目標の撃破数に到達したら、 仲間がいる状態で最初のメタモンを倒す。 最後に乱入したメタモンを捕まえる。 以上です。 この方法であれば、メタモンのPP切れや、仲間ポケモンのダメージを気にすることなく、乱入数を稼ぐことができますね。 作業的に4Vメタモンが量産できるので、ポケモン育成も捗りますね! 4Vメタモンは交換でも人気があるので、 GTSなどに流せば強力なポケモンを入手できるかもしれません。 なお、伝説ポケモンは孵化厳選ができないので、捕獲しながら厳選しましょう。

次の

卵孵化・遺伝について

メタモン厳選 xy

なのでここからは、 遺伝について書いていきたいと思います。 ポケモンは、親からいくつかの技や能力などを受け継ぐことがあり、これを遺伝といいます。 遺伝はポケモン厳選するに当たって必須とも言えますので覚えておきましょう! 親から遺伝する可能性がある項目は、以下の通りです。 ・性格 ・特性 ・技 ・ボールの種類 ・個体値 それでは上から順番に説明していきます。 まず、性格について説明していきます。 ポケモンには25通りの性格があり、性格ごとに上昇するステータス・下降するステータス・補正なしなどが決まっています。 例えば、性格「いじっぱり」のポケモンは、攻撃が高く、特攻が低く育ちます。 具体的な数値で言うと、上昇補正はステータスが1. 1倍、下降補正はステータスが0. 9倍となります。 どのような型のポケモンを作るかによって、適した性格を選ぶことが重要になってきます。 つよさをみるでステータスを見ると、 赤い字で書いているステータスが上昇補正、 青い字で書いているステータスが下降補正となっているためわかりやすいです。 この画像でいうと、防御が上昇補正、特攻が下降補正(性格:わんぱく)となります。 こちらが性格一覧となります。 一見無補正が良さそうに思われがちですが、自分の型に合わせて上昇補正を掛ける方が強くなります。 基本的に攻撃か特攻のどちらかに下降補正を掛ける感じで性格を選ぶことが多いです。 ただ、物理技と特殊技をどちらも使う 両刀 場合はこれに限りません。 性格の基礎知識の説明が終わったので、性格の遺伝について説明します。 産まれる子供の性格は基本的にランダムで決まります。 ただし、親に かわらずの石を持たせた状態で育て屋さんに預けることで、かわらずの石を持たせた親の性格を受け継ぐことができます。 これによって、任意の性格のポケモンを厳選することができます。 厳選を楽に行いたいなら、主要な性格 攻撃、特攻下降補正の性格 のメタモンを揃えておくとどんなポケモンを作る際にも性格を固定できるので便利です。 全ての性格まで揃える必要はないですが、このようにメタモンをBOXに並べておくと厳選の際に使いやすいのでオススメです!! 目的の性格のメタモンを捕まえる時に便利になってくる特性に「シンクロ」というものがあります。 もし手頃なシンクロのポケモンがいる場合、これを利用してもいいかもしれません。 次に、特性の遺伝について説明していきます。 ポケモンには様々な特性が存在します。 通常特性の他に、隠れ特性 夢特性とも言う など複数の特性を持つポケモンも多くいます。 なので、自分がほしい特性を子供に遺伝させる必要があります。 基本的にはランダムで通常特性を持った子供が産まれます。 また、親が隠れ特性ではない場合、隠れ特性になることはありません。 親が隠れ特性の場合、通常特性と同じようにランダムで子供に隠れ特性が遺伝します。 続いて、技の遺伝を説明していきます。 たまごから産まれたポケモンは、通常レベル1では覚えていない技やそのポケモンが覚えることができない技を覚えていることがあります。 これを技の遺伝といい、その中でも 遺伝によってでしか覚えることができない技をタマゴ技 遺伝技 といいます。 例えば、シュバルゴのメガホーンやヘラクロスのロックブラストなどは通常覚えることができませんが、それらの技を覚えた同じタマゴグループのポケモンと育て屋さんに預けることで遺伝が可能です。 なのでタマゴ技を遺伝させたい場合は必要ない技を忘れさせるのが無難だと思います。 ポケモンによっては必須技となっている技もタマゴ技にあるので、そのポケモンを厳選する際はタマゴ技にも注意する必要があります。 また、陸上グループのポケモンの場合、ドーブルというポケモンがスケッチという特別な技を使用し、すべての技を習得可能なため、ドーブルを親に使うと技の遺伝が容易に行えます。 なのでタマゴ技同士の組み合わせの幅が広がりました。 タマゴ技を遺伝するのは大変なポケモンが多いですが、ミラクル交換を利用すると、遺伝技を覚えた孵化余りのポケモンが流れてくることも多いため、要チェックです! ドーブルは7番道路かフレンドサファリ。 メタモンはポケモンの村かフレンドサファリに生息しています。 特に、どちらともノーマルタイプのフレンドサファリに出現する為、ノーマルタイプのフレンドサファリが重宝されることが多いです。 次に、ボールの遺伝について説明していきます。 今作は、親のボールが子供に遺伝するようになりました。 例えば、ハイパーボールに入っている親から産まれた子供はハイパーボールに入ってる状態で手に入るといった形です。 また、片親がメタモンの場合は多少変わってきます。 まず メタモンが入ってるボールは遺伝しませんので注意してください。 さらに、メタモンじゃない方の親のボールは性別にしたがって遺伝します。 ボールの遺伝に関しては完全に好みとなりますので、自由に楽しめばいいと思います。 ちなみに私はモンスターボールで統一したい派です。 中にはガンテツ作のボールと言って過去作にしか登場しないボールなどもあるので、興味がある方はチェック!! また、もう一つ注意する点は、遺伝しないボールも存在するということです。 それは、 マスターボールと プレシャスボールです。 この2つのボールは遺伝しないので、気を付けてください。

次の