どうせ捨てられるなら。 【楽天市場】一迅社 どうせ捨てられるのなら、最後に好きにさせていただきます /一迅社/碧貴子

どうせ捨てられるのなら、最後に好きにさせていただきます 本の通販/碧貴子の本の詳細情報 |本の通販 mibon 未来屋書店の本と雑誌の通販サイト【ポイント貯まる】

どうせ捨てられるなら

ヒーローがヒロインに強引に迫る話は沢山ありますが、こちらは前半にヒロインがヒーローに強引に迫ったところから始まります。 そこが新鮮で、この先どうなるのだろう?と興味を持ちました。 かと言えばそのままでもなく、立場が逆転したり、後から関係性が見えてきたり…と「なぜ??」と思うところが何か所かあり楽しく読みました。 ヒーローがとてつもなく不器用で素直でなくて意地っ張りなのに、それが後半まではっきりしなくて私としてはそこがモヤモヤとしました。 中盤あたりでもう少しそのあたりの葛藤だったり片鱗が見えたりした方が好みです。 少し匂ってはいましたが、後半まで引っ張りすぎた感があり、期待したよりもあっさり最後はまとまったような感じがしました。 ゆえに、ヒロインが勝手に勘違いして引っ掻き回して、1人で混乱してみたいな印象もちょっぴり感じましたし、この話の本質的な部分なのですが、ヒロインが最初にしてしまったことがとても可哀そうになってしまし、こんなこじらずに迎えるハッピーエンドもあったんじゃないかな…なんて思いました。 続編も楽しみなので書籍化してほしいです。 面白い。 ヒーローが前半小学生にしか見えなかった。 前半は、好きな子にいじわるしちゃう小学男児か!と、なかなか素直にならないヒーローにモヤモヤしちゃって、ずーっとコレ続いたらどうしようとすれ違いのすれ違いに早くさっさと告れ!!とイラッとしましたが、 しかも好きすぎて鷹が外れたヒーローの暴走もすごい ですが………最後まで読んで良かった! いつの間にか包容力のすごい執着系男児に成長 開き直りか? して、これでもかというほど耐えて、ヒロインを大事にします! 前半のダサイ子供はどっかに行きカッコ可愛く成長したヒーローはとても魅力的でした。 ヒロインみたくこっちから攻めちゃう気持ちもわかります笑 そこからのヒロインとヒーローの恋愛初心者のくせに大人の付き合いをイチャイチャしてお互いがお互いのこときちんと思い合ってハッピーエンドでよかったな〜と… ヒーローのお兄さんの話途中で終わりましたがもっと読みたいと思わせる作品でした。 どうしてこんな男を幼少時から好きなままでいられるかリアリティがない。 幼少時に優しくして貰ったとか、なにかエピソードがあればまだわかるが、こんな最低男をヒロインが思い続ける理由がわからない。 政略と言うけどその政略もはっきり説明されなくて、ヒーローがなぜ恋敵の方を選んだだのかさっぱりわからない。 ヒロインの一人称だけでヒーローも恋敵も周りの大人達の心情も全く出てこないので理解しがたい。 中盤まではどうして?どうして?の連続で全く意味不明。 最悪なのはもう一人ヒロインの父親。 政略に巻き込むならもっとソフトに娘を国外に逃がせないのか。 またヒーローが懇願したぐらいで、ヒロインの行方をあっさりばらすってなに?政敵になった王太子に普通言わないでしょうよ。 ヒーローがヒロインを攫って閉じ込めて、ヒロインがひどい扱いされて身投げしたところで出てきて文句言っても、あなたのせいでしょうがとしか思えない。 ヒーローもヒロインが身投げして、肝を冷やしたって回想してるけど、全部あなたのせいでしょうよ。 なんか身勝手なやつらばかりで、気持ち悪いぐらいでした。 ネタバレありです。 冒頭、定番の婚約破棄ではじまる物語ですが、ヒロインが突拍子もない行動に出ます。 婚約破棄を受け入れる条件に最後に二人きりでお茶を飲みたいと。 ヒーローは受け入れるのですが、拘束魔法で不意をついたヒロインがヒーローを縛りあげて屈辱して既成事実を成します。 今まで耐えてきたヒロインの気持ちを考えると、動けないヒーローの反応を楽しむヒロインには、いやらしさを感じさせず、むしろ男女逆転の行動にスカッとしました。 ヒロインは婚約の制約魔法を解除して隣国に身を隠します。 ヒロインの父親の政治的な権力に反感を持っているヒーローはヒロインを昔から好きなのに、ヒーローの取り巻く環境のせいもあり、なかなかなか好きだと言葉に出せません。 今度はヒーローがヒロインを監禁状態にしたりとか、婚約破棄の訳とか色々と思いはすれ違うのですが読み進めていくうちにヒーローの一途さが分かります。 発端となった腹違いの兄王子との政権争いも解決していくのですが、兄王子も巻き込まれただけで良い人です。 ヒロインの恋敵とも決着が着いて盛り上がりがないと思う読者もいると思いますが、私は面白く読ませていただきました。 第一王子のお兄さんのお話も書いて欲しいですね。

次の

モノを溜め込む人も「あること」を知ると、どんどん捨てられるようになる

どうせ捨てられるなら

「いつか私は捨てられるかもしれない」そんな不安があると、誰かと親密になるのが怖くなります。 親密になって捨てられると、立ち直れないぐらいのダメージを受けてしまいますから、ダメージを少なくするために、親密にならないようにしようとするからです。 彼や彼女など、親密な関係の人ができたときは、「いつか捨てられるかも」という不安から逃れるために、自分から嫌われるようなことをしてしまったり、その恐れに耐えられなくなって、自ら別れを切り出してしまうこともあります。 昔付き合っていた人との別れで、捨てられたと感じた場合や、両親や友達との関係などで、同じように「捨てられた」と感じてしまった場合などに、現在の人間関係に捨てられるという想いを投影してしまうことがあります。 自分には愛される価値がないと思う無価値観や、自分は悪い人間だから愛されないと感じる罪悪感などが、原因になることもあります。 「昔の経験から、「捨てられるかもしれない」という恐れを持ってしまい、その不安をパートナーにぶつけてしまって、関係性が悪くなるということがあります。 不安の原因は昔の出来事であったとしても、現在の人間関係でその不安が出てしまうので、親密な関係性が作れなくなったり、作っても壊してしまうことなどもあります。 親密な関係を作っていくために、捨てられる恐れは解決しておきたい問題のひとつです。 ) 人間関係についてのリクエストです。 恋人同士でも、友人関係でも私はいつも、捨てられることを異常なまでに恐れてしまい、親密な関係になることを避けてしまいます。 今、彼が出来ましたが、捨てられるとかふられるなどの不安がとてもとても大きく、その不安を必要以上に相手にぶつけてしまいます。 本当につらいので、もう、関係を終わりにしたいと思ってしまいますが、多分そんなことをしても、解決にはならないような気がします。 =================================== 親しい友人がいない、恋人ができても常に「捨てられるのでは?」という恐れが出てきて、関係が長く続かないなどの問題があると、とてもつらいものですよね。 親密な関係を作れない根底には、「捨てられるのでは?」という恐れがあるのですが、その恐れの裏側には「どうせ捨てられるなら、自分で終わらせる」という想いや、「どうせ捨てられるのなら、最初からいらない」という想いもあるのです。 もしも、「捨てられる」ことが前提なのだとしたら、とても親密になってから捨てられるとショックも大きいですから、親密にならないようにしようとします。 その方が、傷が浅くてすみそうだと思うからです。 ではどうして、「捨てられる」ことが前提になってしまうのでしょうか? まず一つ目として考えられるのは、「昔の経験」です。 以前に、「捨てられる」経験をした場合、その経験を現在の関係に投影してしまうことがあります。 前に付き合っていた彼にふられてしまい、その時に「捨てられた」と感じて、ものすごく傷ついた経験があったとしたら、新しい彼ができると、以前の経験を投影してしまい、「捨てられる」恐れになってしまいます。 また、付き合っていた人でなくても、友達に一方的に距離を取られてしまったとか、ご両親との関係で「捨てられた」と感じる出来事があった場合も同じです。 二つ目は、「私は捨てられるに違いない」という想いです。 これは、私など愛されるに値しない。 だから捨てられるに違いないという無価値観からくる想いです。 自分には、いいところなど何もなく、人に愛されるわけがないと思っていると、「捨てられる」恐れが出てきてしまうのです。 また、よくにた感じですが、罪悪感からくる場合もあります。 「私は悪い人間である。 だから愛されるに値しない」というものです。 どちらの場合であっても、捨てられるというのは、誰もが望んでいない状況です。 できれば経験したくないことです。 そうすると、「捨てられる」ことが恐れとなります。 恐れを持つということは、いつ破裂するかわからない風船を抱えている状況と似ています。 風船が破裂するときが、恐れが現実になるときだと思っていただけるとわかりやすいのですが、「いつ破裂するのだろう」とドキドキしながら風船を抱えているのは、耐えがたい恐怖です。 そうすると、破裂する時期をコントロールしたいと人は考えます。 つまり、自分で風船を破裂させるのです。 どうせいつか破裂するのなら、自分で破裂させた方が、破裂する時期をコントロールできる分、恐怖がやわらぐからです。 リクエスト文にあるように、「捨てられる不安が大きく、その不安を必要以上に相手にぶつけてしまう」場合や、関係を終わりにしたいと思ってしまい、自分から別れを切り出す行為は、まさしく風船を自分で破裂させてしまう行為にあたります。 自ら風船を破裂させるわけですから、「いつ破裂するのだろう」という恐怖からは、解放されるのですが、本当に望んでいるのは、風船を破裂させて捨てられることでも、大好きな人と別れることでもなく、相手と親密になることなのですから、望んでいることと違う現実が手に入ってしまいます。 頭では、不安を相手にぶつけるのはよくないと思っていても、つい相手に嫌われてしまうようなことをしてしまう場合や、本当は別れたくないのに、不安から逃れるために別れを自分から切り出してしまう場合は、根本的な解決が必要です。 根本的な解決のためには、昔の経験を投影しているのであれば、まずそのことに気付くこと。 そして、気付いたら、今目の前にいる人は、昔あなたを捨てた人とは別人であると、ハッキリと意識してみてください。 それから、正直に相手に対して、自分の気持ちを伝えてみてください。 そして、相手が「捨てたりしない」と言ってくれるのであれば、昔の経験ではなく、今の相手を信頼してみようとしてください。 人は人によって傷つきますが、その傷は、人によって癒されていくのです。 もちろん信頼しようとしたときに、「捨てられるのでは」という恐れは出てきます。 その時にちょっと考えてほしいのです。 「昔の傷と、今目の前にいる人、どちらを大切したいのか?」 それでも、どうしても昔の傷が、今目の前にいる人よりも優先されてしまう場合は、昔の傷を癒すことが必要です。 そして、無価値観からくる「捨てられる恐怖」の場合は、自分の魅力を発見し、受け入れていき、「愛されるにふさわしい自分」を感じていくことが大切です。 この場合も、無価値観ができた原因があるはずですから、なぜ無価値だと感じたのかを掘り下げていく作業も必要になってきます。 捨てられるのが怖い。 その恐怖から逃れるために、親密な関係をつくれない、または関係を壊してしまうことを、繰り返しているのであれば、昔の経験を見つめなおしてみたり、自分の価値を見つめなおすことが必要なのです。 誰かとの関係を自ら壊してしまうのではなく、何がその原因になっているかを、探しいくことで、親密な関係を築いていける自分に変化していくこともできます。 また、もしかしたら原因を探していくことで、破裂しそうな風船を抱えていると思っていたけれど、本当は風船などなかったということに気付くことができるかもしれません。 この記事を書いたカウンセラー.

次の

【出版作品紹介】どうせ捨てられるのなら、最後に好きにさせていただきます » night lantern blog

どうせ捨てられるなら

スポンサーリンク モノってなかなか捨てられない 私のような気質の人間からすると、モノってなかなか捨てられません。 まだ着れそうな洋服• まだ使える食器・鍋• また読みそうな本・雑誌• 年賀状や手紙など• いただきものの置物• 直せそうな家電類• 電源コードなど使いまわせそうなもの 家の中には「使ってないけど、捨てるまでじゃないよね.. 」という、さまざまなモノがありますよね。 部屋をキレイに、シンプルにしたい気持ちはあるんです。 でも、 いざ、ひとつひとつのモノと対峙すると、気持ちが揺れます。 やっぱり、とっておこうかな? なぜか捨てられません。 あることを知ってから、モノを手放すことが平気になった そんな私ですが、あることを知ってから、モノを手放すことが平気になりました。 それはこれ。 モノを自分の手で捨てたり、とっておいたりすることで、コントロールできる安心感(心地よさ)が得られる。 人は自分の周囲のものごとをコントロールできないと不安に駆られる生きもの。 安心したい気持ちがモチベーションとなって、片付けたり、モノを捨てたり、溜め込んだりするんですって! たしかに家の中にいて、自分の周囲が全然コントロールできないって嫌ですね。 そっか、じゃあコントロールできている感じがあれば、別にどっちでも良いんだ! どうせ同じ心持ちならキレイな方がいいや それを知ってから、モノを捨てるのも平気になりました。 だってどうせ同じ心持ちだったら、ゴミ屋敷になるよりも、キレイでスッキリした部屋の方が良いですもの。 具体的に、どういう風にするかというと、 これを捨てると、理想の家のイメージに近づく と、思えるような場合は、モノを捨てるようにしています。 これがなくなると、こないだ雑誌で見た部屋みたいにできる これがなくなると、いつもより動作がラクになる なくなることで良くなることをイメージして、捨てるモチベーションを出しています。 捨てられないときは、心配ごとばかり心に浮かんでいます。 良いことをイメージしていません。 反対に、良いことをイメージできると どんな小さなモノを捨てても、スッキリする気持ちよさを感じられます。 思い切った断捨離もうまくできるようになりました。 心地いいバランスを探りながら この話で大事なことって、実は「モノを捨てる、捨てない」の話じゃなくて、「 自分がコントロール(安心)できるモノの量を知る」ってことなんですよね。

次の