シンフォギア2 バイブ。 PF戦姫絶唱シンフォギア2は勝てるのか?|前作とのスペック比較と実戦した感想

PF戦姫絶唱シンフォギア2は勝てるのか?|前作とのスペック比較と実戦した感想

シンフォギア2 バイブ

・スペックは基本的に前作とほぼ同じ ・継続率が若干アップして出玉性能は若干ダウン ・演出面は前作を踏襲しつつ強化 実戦した感想としては前作を打ったことがある人ならすんなり入っていける感じで、 良くも悪くも冒険せずに手堅くきたな、という印象です。 詳細は攻略サイトなどに出てますので、前作を知ってる前提で比較を中心にお伝えします。 シンフォギア2の基本スペック まずは基本スペックを前作との比較でお伝えします。 シンフォギアチャンスGXの突入率は約50%と前作とほぼ同じですが、継続率が若干アップしています。 ラウンド振り分け ラウンド振り分けは以下のとおりで、MAXが新基準対応の10Rとなっていますが、振り分けは優遇されています。 前作 シンフォギア2 15R 40% 50% 10R 10R 3% 2% 7R 8R 7% 3% 6R 4R 50% 45% 4R 右打ち時のラウンド振り分けは図の方がイメージしやすいと思うので公式HPより引用します。 前作と同じく4Rの比率が結構高いので、勝てるかどうかは 振り分け次第という感じですね。 継続率は4%アップ 上のとおり、シンフォギアチャンスの継続率は若干アップしています。 右打ち中の大当たり確率はほぼ同じですので、この理由は時短回数の振り分けによるものです。 時短99回転は実質次回大当たり確定ですし、時短11回転も残保留4回転を足して継続率は88%となります。 逆襲のシャアのシステムを取り入れてますね。 これらが混じっているので トータル継続率が82%と前作よりも高くなっています。 出玉性能 続いて出玉性能の比較です。 新基準の対応ということでMAXが10Rになっています。 前作 シンフォギア2 15R 1,470個 1,300個 10R 10R 1,176個 780個 7R 8R 784個 520個 6R 4R 392個 390個 4R 1回あたりの出玉は前作より少なくなっていますが、継続率とのバランスで 獲得出玉の期待値はほぼ同じです。 戦姫絶唱シンフォギア2の演出の変化 シンフォギア2の演出パターンは前作とほぼ同じという印象ですが、アニメーションは一新されています。 原作ファンは一度は打ってみる価値があるでしょう。 最終決戦 大当たり後は最初の 保留+時短4回転の最終決戦に突入するのは前作と同じですね。 敵がフィーネからキャロルに変わっています。 今作はバトル演出に振動演出が加わりました。 バトルタイプはキャラが充填されてからも右打ちし続けることで昇格するチャンスがあります。 内部的には既に勝敗は決まってますので、あえて止め打ちして昇格演出をキャンセルするのもありですね。 バトル中は「勝機を逃すな!掴み取れ!」の 赤文字や、バトル敗北後の敵キャラのカラーで次回チャンスアップです。 今作から追加された振動タイプ演出はレバー押し続けて震えたら確定の 一発告知タイプです。 普段は切歌と調の2人ですが、マリアのカットインが入ると激アツです。 振動タイプはバトルのキャラと違い変動開始前に期待度は分からないのですが、充填完了後のチャンスアップで、 「戦闘準備完了」の文字が赤色までいくとシンフォギアチャンスGXへの突入率は50%以上を示唆します。 シンフォギアチャンスGX中の演出 なんとか50%の壁を突破すればシンフォギアチャンスGXに突入です。 前作と同じく基本はバトル演出から大当たりを目指します。 キャラによって演出が違うのはご存知のとおりで、その時の気分で選びましょう。 アニメーションは一新されてますね。 チャンスアップが分かりやすくなっているのは高評価です。 例えば響だと、対戦相手が ミカ<レイア<ファラ<ガリィの順で期待値が上がります。 ファラ以上を期待したいところですね。 リーチライン数に応じて攻撃が変わります。 4ラインなら確定です。 途中確定演出が入ったりと演出はかなり面白いと思います。 LAST演出が熱い 見た目上の確変が終了するのが7回転目ですが、ここで当たるケースが多いです。 シンフォギア2のSTの大半は11回転ですので、この LASTの演出には残保留4回転分の当たりが集約されているからです。 4回転分の大当たり確率は40%くらいありますので、引き戻しで助けられた感も相まってうれしさ倍増です。 上のおっさんは外れ濃厚ですが、ここで未来が出て来れば確定ですし、終了画面で流星が出現すればLAST1回転での引き戻しです。 引けなかったんで画像はありませんが、この辺の期待値の作り方とかが本当に上手だと思います。 通常時の演出 通常時の演出はパターンはほぼ前作と一緒で、前作知ってる方なら違和感なく打てるでしょう。 主な変更点として 抜剣演出の追加くらいでしょうか。 結構当たりに絡む演出で、ギアペンダント役物落下から、抜剣リーチや装者リーチ(強)、70億の絶唱リーチに発展します。 抜剣リーチか絶唱リーチへの発展に期待で、装者リーチにはいってほしくない印象ですね。 絶唱演出の出現頻度が減った シンフォギアといえば絶唱リーチですが、前作より出現頻度が減ってますね。 リーチ後半の装者リーチと絶唱リーチの分岐は同じですが、 バランスが見直されています。 絶唱リーチは本機最強リーチで前作は半分以上これ経由だったのですが、装者リーチ(後半)でも結構当たるようになった印象です。 聖詠演出と新たに追加された episode予告などが絡めば期待して良しです。 その他の激アツ演出 本機の王道ルートは上記のとおり絶唱リーチか装者リーチ後半発展ですが、それ以外の激アツポイントをいくつかお伝えします。 デュランダル保留は激アツ 先読み保留演出で群を抜いて期待度が高いのが デュランダル保留です。 ガロの剣に似てますね。 4保留目にコイツが刺さった時は安心して打つ手を止めれます(確定ではない)。 これ以外に 青保留は確定です。 だいたいは途中で 赤保留に変化して期待値50%くらいになります。 青から緑への変化はないですね。 全手紙保留は期待しすぎない これも前作踏襲ですね。 50%は期待値ありますが、最後手紙が開いて「歌女」などの装者リーチ系示唆だと、まぁ外れますね。 聖詠ボーナスチャンスは赤文字以上じゃないと無理 リーチ外れ後に聖詠ボーナスチャンスに行くことがありますが、上のように 白文字は期待できません。 赤文字で約40%、デバイスバイブで大当たり濃厚ですが、まぁでないですね。 相変わらずレバブルが強い SANKYOの台はほんと レバブル強いですね。 白レバブルでちょっとチャンスかな、と思うかもしれませんがが、 それ激アツです。 白でも70%以上らしく、僕は実戦上外れたことがありません。 金文字や虹も出るようになった シンフォギアの前作はあまり金文字や確定演出は無かった気がしますが、今作では結構出る印象です。 装者リーチの重要度がアップしたので、 金文字のチャンスアップは重要なポイントです。 短い実戦でしたが、初当たりの2回が擬似連してる間にレインボーになってました。 隣も出てたので、結構出現頻度高いのかなという感想です。 RADIANT FORCEリーチと戦姫絶唱チャンスはチャンスアップ次第 RADIANT FORCEリーチはおなじみの多数ラインリーチですが、 5ラインと6ラインで期待値に雲泥の差があり、5ラインは10%程度、6ラインなら50%オーバーです。 戦姫絶唱チャンスは 全員選択以外はノーチャンスと思っていていいでしょう。 特訓モードが追加 今作ステージチェンジで特訓モードが追加され、チャンスゾーンかと思ったのですが違うようです。 僕は原作見たことないですが、雪音クリスとマリアが人気な気がします。 どうでもいいですが。

次の

【大人気シリーズのスペックが進化!】Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2

シンフォギア2 バイブ

メーカー SANKYO(三共) 導入日 2020年4月20日 タイプ ライトミドル 一種二種混合機 型式名 Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2 機種概要 SANKYOから 「Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2」が登場。 ファン待望のシリーズ最新作が遂にそのヴェールを脱ぐ。 8の一種二種混合機で、初回大当り後に移行する 「最終決戦」を突破し、 「シンフォギアチャンス」突入を目指すといった、基本的なゲームフローは前作を踏襲。 演出はアニメの第三期をベースにしたものに一新されており、新規要素として随所に盛り込まれている。 そのなかでも特出すべきは 「抜剣」演出となっており、予告演出からリーチ、シンフォギアチャンス中などで発生し、大当りを引き寄せる重要な役割を担う。 「絶唱」演出を筆頭とした前作から継承される高信頼度演出もバリエーションが増加してしパワーアップ! 専用筐体「絶唱」と連動し更なる高みへと打ち手を誘ってくれるだろう。 右打ち中の演出モードやゲーム性を彩る要素として欠かせない楽曲なども、一度や二度では堪能しきれない充実した内容となっている。 6 シンフォギアチャンス 突入率 約51. 4 3. 5円 19. 0 3. 3円 19. 5 3. 0円 20. 1 2. 5円 21. 9 3. 5円 19. 6 3. 3円 20. 1 3. 0円 20. 7 2. 5円 22. 3 3. 5円 20. 0 3. 3円 20. 5 3. 0円 21. 1 2. 5円 22. 57円) 15回 -12247円 -10935円 16回 -8080円 -7214円 17回 -4404円 -3932円 18回 -1136円 -1014円 19回 1787円 1596円 20回 4419円 3945円 21回 6800円 6071円 22回 8964円 8004円 23回 10941円 9768円 24回 12752円 11386円 25回 14419円 12874円 回転率 30玉 (3. 33円) 33玉 (3. 57円) 15回 -12247円 -13078円 16回 -8080円 -9223円 17回 -4404円 -5823円 18回 -1136円 -2800円 19回 1787円 -95円 20回 4419円 2338円 21回 6800円 4540円 22回 8964円 6543円 23回 10941円 8371円 24回 12752円 10046円 25回 14419円 11588円 回転率 30玉 (3. 33円) 33玉 (3. 57円) 15回 -24494円 -21870円 16回 -16161円 -14429円 17回 -8808円 -7864円 18回 -2272円 -2029円 19回 3575円 3192円 20回 8838円 7891円 21回 13600円 12143円 22回 17929円 16008円 23回 21882円 19537円 24回 25505円 22772円 25回 28838円 25748円 回転率 30玉 (3. 33円) 33玉 (3. 57円) 15回 -24494円 -26156円 16回 -16161円 -18447円 17回 -8808円 -11646円 18回 -2272円 -5600円 19回 3575円 -191円 20回 8838円 4677円 21回 13600円 9081円 22回 17929円 13086円 23回 21882円 16742円 24回 25505円 20093円 25回 28838円 23176円 回転率 30玉 (3. 33円) 33玉 (3. 絶唱演出発生時などに連動して可動し、チャンスの到来を盛り上げる。 3大キーポイント いずれも前作から継承されし高信頼度演出。 新規要素を追加し演出バリエーションが増加、今作でも大当り当選のための重要な役割を担う。 3大キーポイント トータル 信頼度 【絶唱演出】 45. なら 「70億の絶唱リーチ」へ、全員ver. なら新規搭載となる 「繋ぐこの手がわたしのアームドギアだッ!リーチ」に発展する。 絶唱演出 【響】 【全員】 注目ポイント 響が絶唱を最後まで歌い上げるプレミアムver. 発光色が 赤に変われば信頼度大幅アップ、 虹なら大当り濃厚となる。 抜剣演出 黒系予告を介して発生する演出。 発生タイミングによって大当り濃厚となるパターンは今作でも健在だ。 レバブル 通常時 信頼度 レバブル前兆 70. 登場したキャラの装者リーチを含む、上位リーチへの発展に期待が持てる。 なら発生時点で大当り濃厚だ。 聖詠演出 信頼度 トータル 40. 聖詠演出 【響】 【翼】 【クリス】 【マリア】 【切歌】 【調】 【キャロル】 【クリス水着ver. 消化後は 「シンフォギアチャンス」 電サポ99回 に突入する。 FEVER 3R大当り。 消化後は 「最終決戦」に移行する。 当選時の振り分け ヘソ入賞時(特図1) ラウンド 電サポ 払い出し個数 実獲得個数 振り分け 10R大当り 99回 約1300個 約1200個 1. 演出は前作から継承されたバトルタイプに、新たに振動タイプを追加し演出バリエーションが増加。 移行時に打ち手の任意で選択可能となっている。 突破率 約50. 前作と同様に保留充填後はパネルの昇格チャレンジとなり、信頼度を告知する。 新たに追加された シャッフルパネル出現で信頼度アップ! 抜剣パネルなら大当り濃厚となる。 パネル 信頼度 【クリス】 7. 赤なら信頼度大幅アップ! 赤文字 信頼度 翼、クリス 45. キャロルなら信頼度アップ! 未来なら大当り濃厚となる。 キャラ 信頼度 【キャロル】 50. バトルタイプとは異なり、 マリア・ 切歌・ 調の3人が活躍する。 ガングニールデバイスが振動すれば大当り濃厚だ。 オーラの色 戦闘準備完了の文字が纏うオーラの色で信頼度を示唆。 電チュー入賞を続けているにもかかわらず色が 青止まり、 虹色出現なら大当り濃厚となる。 大きいほど信頼度アップ! 図柄サイズ 信頼度 通常 6. マリアまで発展すると信頼度大幅アップ! キャラ 信頼度 【切歌】 8. 前作と同様に時短の最終変動は残保留4個を含めた5回分の抽選を1変動で告知するため信頼度が高い。 大きな変更要素となるのは 11回と99回の時短が追加され、ラウンド以外の振り分けも重要となった点。 11回付与時は 「抜剣」演出が発生し、時短6回~10回の抽選を1変動で告知、ハズレしまった場合でも7回付与時の最終変動時と同様の抽選に移行するため、 5回分の抽選を2変動行う特殊パターンとなる。 99回付与時はリザルト画面表示時に 「V-STOCK」演出を介して告知。 ほぼ次回大当りとなる至福の瞬間となっている。 いずれも10R大当り当選時にのみ振り分けられる可能性があるぞ。 電チュー入賞時(特図2) ラウンド 電サポ 払い出し個数 実獲得個数 振り分け 10R大当り 99回 約1300個 約1200個 11. 好みのものを選択し大当りを目指そう。 消化後は 「シンフォギアチャンス」に突入! ギアVアタック 6Ror7Ror10R大当り。 消化後は 「シンフォギアチャンス」に突入! 10R大当り 期待度 80. 消化後は 「シンフォギアチャンス」に突入! 10R大当り 昇格期待度 10. V入賞時告知パターン V入賞後に発生する告知パターンで、獲得ラウンドと保留内連チャンの期待度が変化。 抜剣響なら 10R大当りorVストックの獲得が濃厚となる。 告知パターン 【通常】 【抜剣響】 10R大当りorVストック獲得濃厚! V入賞時のエフェクト色 V入賞後も10カウントに到達するまではアタッカーが開放。 その間に変化するエフェクト色で、獲得ラウンドの期待度が変化する。 [NET(ネット)] 2020年8月3日(月)導入開始• [Bisty(ビスティ)] 2020年7月20日(月)導入開始• [Sammy(サミー)] 2020年7月6日(月)導入開始• [WORLD(ワールド)]• [Spiky(スパイキー)]• [BELLCO(ベルコ)] 2020年5月18日(月)導入開始• [Carmina(カルミナ)]• [PIONEER(パイオニア)]• [ACROSS(アクロス)] 2020年5月11日(月)導入開始• [D-light(ディ・ライト)]• [YAMASA(山佐)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SanThree(サンスリー)] 2020年4月20日(月)導入開始• [ACROSS(アクロス)]• [Daito(大都技研)] 2020年4月6日(月)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NET(ネット)] 2020年3月23日(月)導入開始• [Enterrise(エンターライズ)] 2020年3月16日(月)導入開始• [BALTEC(バルテック)]• [OKAZAKI(岡崎産業)]• [SANYO(三洋物産)]• [SANYO(三洋物産)] 2020年8月17日(月)導入開始• [SANKYO(三共)]• [MARUHON(マルホン工業)] 2020年8月3日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [Sammy(サミー)]• [FUJI(藤商事)]• [KYORAKU(京楽)] 2020年7月20日(月)導入開始• [Daiichi(大一商会)]• [TAKEYA(竹屋)]• [TAKEYA(竹屋)]• [SANKYO(三共)]• [SANKYO(三共)]• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [MARUHON(マルホン工業)] 2020年6月15日(月)導入開始• [NISHIJIN(西陣)] 2020年5月18日(月)導入開始• [SANKYO(三共)] 2020年5月11日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)].

次の

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2|ボーダー スペック 演出信頼度 保留 最終決戦 キャロル

シンフォギア2 バイブ

シンフォギアで最も頼りになる演出は「レバブル(ボタンバイブ)」? こんにちは! CLUB伊藤のケン・イトウです。 ここのところ最新台を触る勇気がなく、なんとかボーダーラインは確保できる「シンフォギア」メインの立ち回りが続いていますが、相変わらずの荒波に一日の収支がプラスにもマイナスにも60K程度はブレるのが非常に悩みのタネのイトウです。 オカルトだとはわかっていても「シンフォギアの抽選」って本当に荒いって感じるんですよねえ…。 僕だけでしょうか?? そんなシンフォギアですが、その面白さのひとつが多彩な演出にあるんじゃないでしょうか? その中でも特に僕がひたすら待ち続けていているのが先読みのタイミングの 「レバブル(ボタンバイブ)」です!もちろん 「デュランダル保留」とかも気持ちいいんですが…。 今回はそんなシンフォギアの激アツ演出「レバブル(ボタンバイブ)」の信頼度や期待感などを備忘録もかねてまとめさせていただきます。 先読み時レバブル(TOTAL)75%• 先読み時レバブル(赤) 90%• 先読み時レバブル(白) 65% 先読み時のレバブル(ボタンバイブ)は激アツと呼ぶに充分の 「トータルで75%」 でも、圧倒的に出現頻度が高い 「ボタン・白」ではまだ 65%程度の信頼度なので「ここからどこに発展するか?」余談を許さないところ…。 当該保留で【 S2CAトライバースト】や【喪失までのカウントダウン】等に持っていかれると「ヤバい」って空気になりますよね? おもわず打ち出しを再開しちゃいます…。 個人的な所感では レバブル・ボタン白の時は 「絶唱演出」まで行けば「まぁ勝負になるかな?」って感じ。 さらに「70億の絶唱」演出時の…• タイトル・金• 字幕・赤• 図柄ゴールド変化(大当り濃厚) のいずれかが絡めばひとまず、落ち着いて見届けることができるかな?ってレベルです。 変動開始時のレバブル(ボタンバイブ)の信頼度は72% シンフォギアで先読み時と並んでレバブル(ボタンバイブ)を期待したいのが 変動開始のタイミング。 変動開始時のレバブル(ボタンバイブ)は信頼度72% なので、 先読み時のレバブルと重なれば「まず鉄板」レベルと認識してます。 さすがにこの2つが重なった時には【 S2CAトライバースト】や【喪失までのカウントダウン】等に連れていかれても自信を持って見守ることが出来そうです! その他のレバブル(ボタンバイブ)のタイミングとは? その他の通常時のレバブル(ボタンバイブ)発生のタイミングと信頼度は以下のとおり• 聖詠ボーナスチャンスの煽り 58%• S2CAトライバースト演出の煽り 54% と、かなりレバブル(ボタンバイブ)発生にしてはキビシイ印象。 「聖詠ボーナスチャンス」はトータル信頼度15%、「S2CAトライバースト」演出はトータルの信頼度が12%と、そもそもの信頼度が低いだけにレバブルの発生でそれぞれ40ポイントほどの信頼度の上積みにはなっていますが、やっぱりもうひとつ「アツい演出」はついてほしいところ。 具体的には「聖詠ボーナスチャンス」+「レバブル(ボタンバイブ)」なら【押して参る!】=60%、「S2CAトライバースト」演出なら6ライン=41%が欲しいところですね。 テンパイ成立のタイミング• テンパイ最終あおりのタイミング• SPリーチハズレから次回変動に移るタイミング(復活大当り) レバブル(ボタンバイブ)のリズムがいつもと違うと? 皆さんもたまに経験することもあると思いますが、レバブルの振動のリズムがいつもと違うパターンがあります。 この場合の信頼度は90%と「鉄板クラス」 僕なんかはケツ浮きします!• バイブリズム違和感 信頼度 90% 保留変化した次変動はレバブル発生の好機! ひとつ、皆さんにも検証していただきたい経験則として… 「保留変化した次の変動開始時が(先読み)レバブルの発生しやすいタイミング」 というアノマリー。 こ の「保留変化の次変動開始時がレバブルの好機」というネタは、情報系サイトでも盛んに指摘されているので、ただのオカルトではないようですね… シンフォギアで最も頼りになる演出は「レバブル(ボタンバイブ)」?のまとめ いかがでしたか? 僕もシンフォギアを打つ際に最も心待ちにしている演出である「レバブル(ボタンバイブ)」なんですが最後に重要なことをお伝えし忘れていました。 それは… 「全ての初当たりに対して、レバブルが絡んでの当たりの占有率は4割弱」 ということで60%以上の初当たりはレバブルが絡まずに当たりまで行くようです。 このあたり確率はシンフォギアの 「期待できる当たりルート」の豊富さの裏付けでもあります。 必ずしもレバブルがなくっても、アツい展開にスルスルと発展することも多いのが本機の特徴。 どんな演出も心の片隅で「ワンチャン願いながら」ハンドルを握るのがシンフォギアの楽しみ方のひとつのようです! まとめ 💡 先読み時のレバブル(ボタンバイブ)のボタン・白は65% 赤は90% 💡 変動開始時のレバブル(ボタンバイブ)発生は72%の信頼度 💡 保留変化の次変動開始時がレバブル発生の好機!(の場合多し).

次の