韓国崩壊us記事一覧。 【新・悪韓論】韓国・文政権のあきれた謀略…経済失政も「日本のせい」に? 徹底した「財閥イジメ」から一転…日本に“警告”も (1/3ページ)

「日韓対立は韓国のせい」米国人学者が痛烈批判 国内政治のために日韓関係を犠牲にした文在寅大統領(1/3)

韓国崩壊us記事一覧

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日本と結んでいる軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた。 これで文政権の韓国は、日本と米国を敵に回して、孤立化と自己崩壊が必至だ。 この協定は、双方が保有する軍事情報を交換し、かつ他国に漏らさないことを取り決めている。 その多くは秘密情報とされる。 日韓は2016年に調印し、一方が相手に破棄を通知すれば、終了する。 24日が通知期限だった。 韓国が北朝鮮を脅威と捉えているなら、延長するのが当然だ。 訪韓したマーク・エスパー米国防長官も「延長を希望する」と韓国側に伝えた。 ところが、文政権は日本が韓国向けの輸出管理を強化したのに反発して、「慎重に検討する」と言い続けてきた。 その揚げ句が破棄決定である。 輸出管理強化に反発して軍事協定を破棄するのは一見、筋違いのように見える。 だが、実は同じ「親北路線」の思惑でつながっている。 日本は韓国に輸出した戦略物資が北朝鮮などに横流しされるのを懸念して、輸出管理を強化した。 文政権は「親北容共」だから、その報復として北朝鮮を敵視する協定を破棄するのは合理的なのだ。

次の

「日韓対立は韓国のせい」米国人学者が痛烈批判 国内政治のために日韓関係を犠牲にした文在寅大統領(1/3)

韓国崩壊us記事一覧

コメント一覧 7• 名も無き国民の声• 2019年05月12日 22:58• 絶対に助けては駄目 過去の通貨危機を忘れるな 助けてやったのに日本が悪いとか言ってるから• 名も無き国民の声• 2019年05月12日 22:53• それって北と一緒になれるなんて素敵やん• 名も無き国民の声• 2019年05月12日 23:02• 資本主義から共産主義はロシア革命以降いくらでも事例あるやん ソ連崩壊以降の「揺り戻し」も凄いけど• 名も無き国民の声• 2019年05月12日 23:40• IMFは無理だぞ。 散々ぱらIMFの警告無視したからな。 そもそも、IMF経由で金を貸す国が存在しない 他国と交わしたスワップもドル建てはひとつもないしな。 ジャンク債だらけの外貨準備と国民から徴収した年金が尽きたら終わりだよ 今の状況だと、今年はもたないかもな• 名も無き国民の声• 2019年05月13日 01:01• 喜ぶのは日本国内の在日勢力を一掃してからにすべき。 今のままで韓国が崩壊すれば、こいつらが難民を 日本に引き込む。 自民党でも舛添を担ぎ上げた下村や文科省系は 在日汚染が非常に進んでいる。 名も無き国民の声• 2019年05月13日 01:32• 行ったら人質外交の材料にされるから みんな逃げて現地がどういう状況かも伝わらなくなるだろう 日本のマスコミは人道支援とか連日叫ぶんだろうけどな• 名も無き国民の声• 2019年05月13日 05:09•

次の

【ニュースの核心】文大統領は「誰も相手にしない韓国」への道をひた走り… 「GSOMIA破棄」は日韓対立とはレベルが違う (1/3ページ)

韓国崩壊us記事一覧

武藤正敏 [元・在韓国特命全権大使] むとう・まさとし 1948年生まれ、1972年横浜国立大学経済学部卒業。 同年、外務省入省。 在ホノルル総領事(2002年)、在クウェート特命全権大使(07年)を経て10年より在大韓民国特命全権大使。 12年に退任。 著書に「日韓対立の真相」「韓国の大誤算」「韓国人に生まれなくてよかった」(いずれも悟空出版)「真っ赤な韓国」 宝島社、辺真一との共著 など多数。 元駐韓大使・武藤正敏の「韓国ウォッチ」 冷え込んだままの日韓関係。 だが両国の国民は、互いの実像をよく知らないまま、悪感情を募らせているのが実態だ。 今後どのような関係を築くにせよ、重要なのは冷静で客観的な視点である。 韓国をよく知る筆者が、外交から政治、経済、社会まで、その内側を考察する。 12月19日、韓国大手紙「中央日報」に『【コラム】文大統領の〈経験したことがない国の終着駅はどこなのか〉」が掲載された。 コラムを要約すると、以下のようになる。 ・同じ革新政権でも、金大中大統領と盧武鉉大統領は市場経済の原理に忠実であった。 これに対し、文在寅政権では左派経済原理に従い、古い社会主義政策が呼び起こされ、韓国経済は混乱と後退に陥った。 ・金大中大統領と盧武鉉大統領も南北問題に執着したが、守るべきところは守られた。 しかし、文大統領の対北政策には卑屈があふれ、国のアイデンティティは傷だらけ。 金大中・盧武鉉大統領の遺産に対する拒否であり脱線だ。 ・文大統領の目指すところは「一度も経験したことがない国づくり」だが、その具体的な形状を示していない。 金炯オ(キム・ヒョンオ)元国会議長は「任期の半分が過ぎても文大統領が国をどこに導いていくのか指向・終着駅が不明だ」という。 ・文大統領は長期政権を目指し、権力掌握と体制変革に執念を燃やしている。 その実践はほとんど隠密に行われたが、曺国(チョ・グク)事件を境に、露骨にそれを実践している。 金秉準(キム・ビョンジュン)元韓国党非常対策委員長(盧武鉉政権の青瓦台政策室長)は「仮面を脱ぎ捨てて、全体主義に向かおうという意志を露骨に表している」と話している。

次の