お 体 に お気 を つけ て お過ごし ください。 メールの締めに使える季節言葉(12ヶ月分)|春夏秋冬を表現してデキる人を演出【例文あり】

「お体に気をつけて」の敬語は?体調を気遣う年賀状やメールも

お 体 に お気 を つけ て お過ごし ください

2020年4月7日(火)~5月11日(月)臨時休校。 5月12日(火)開講予定。 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されたため、各自治体の不要不急の外出自粛要請を受け、上記の期間、English Plusの英語学校・留学サポートのサービスの提供を停止させていただきます。 当期間中にEnglish Plusに関するご質問等ございましたらよりお気軽にご相談ください。 最高な英語教育サービスを提供します。 最近の話題は、日本のみならずアメリカやカナダのテレビやラジオ、インターネットのニュースでも毎日取り上げられているように、コロナウィルスですが、ほとんどの国で日に日に状況が悪化しています。 世界中で問題になっているコロナウィルスですが、日本においても世界でも現段階ではいつ収束するかわからない状況です。 このような状況でも、海外の方(ビジネス上でお付き合いのある方、お客様、同僚、友人等)とメールやメッセージをやり取りをされる方もいらっしゃるかと思います。 この状況で「コロナウィルスに気をつけてお過ごしください」と言いたいこともあるかと思いますので、今日はこの英語表現を学習していきたいと思います。 ・You should be careful with coronavirus COVID-19 , too. ・Please take care and stay healthy. 昨日のブログにも類似表現が載っていますので、よろしければご確認ください。 東京・田町の英語学校English Plusでは、キッズ(小学生)から大人まで「しっかり・楽しく・着実に身につく」をモットーとしたアットホームな英語学校です。 レッスンの詳細はお気軽に からメールでご相談ください。 このブログの中の「 」に関する記事一覧 クリックしていただけますとランキング応援票になります よろしくお願い致します にほんブログ村・英語ブログ・英語講師部門 If you click this, it means you "cheer me up" in the ranking. Thank you for your cooperation!! コメントやお問合せは よりe-mailでお送りいただくか でお受け致します.

次の

「お体に気をつけて」の正しい使い方!敬語や類語も例文つきで紹介

お 体 に お気 を つけ て お過ごし ください

「お体に気をつけて」의 의미와 사용 방법 상대의 건강, 컨디션의 표현 일상 생활에 있어서 더운 여름이나 추운 겨울에 인사로「体に気をつけてね」라는 마음을 담아서「お体に気をつけて<付けて>」라고 표현을 사용한다. 업무 중에도 상태의 몸이나 컨디션의 의미를 담아서 인사말로 사용한다. 의미로는 글자 그대로「体に気をつけて欲しい 몸 조심하세요 」「健康でいて欲しい 건강하세요 」라는 상대를 생각하며 건강하길 바라는 마음을 나타내는 의미가 된다. 「お体に気をつけて」의 사용 방법 실제로 사용 방법으로는 연하장이나 메일, 편지 등의 문장 끝에「まだまだ寒い日が続きます、お体に気をつけてお過ごしください 아직도 추운 날이 이어지고 있습니다. 건강 조심하시고 평안하세요」로 사용되고 퇴직이나 전직하는 사람과 헤어질 때는「これからもお体に気をつけて、益々元気にご活躍ください 앞으로도 건강하시고 더 활기차게 지내세요」라고 말하듯이「お体に気をつけて<付けて>」의 전후에「왜」몸 조심을 해야할까, 그렇게 해서「어떻게 하나」등의 말을 덧붙혀서 상대의 건강이나 컨디션을 문장으로서 사용한다. 「体」와「身体」의 차이 「体」는 육체를 가르키는 표현이고「身体」는 마음을 포함한 몸 전체의 가르킨다. 사전에서는「体」는「머리부터 발까지의 전체. 신체」로 되어있고「身体」는「몸」이라고 적혀있으므로 의미로는 같다. 그렇기 때문에 어느 쪽을 사용해도 문제되지 않지만 일반적으로는 상용 한자의「体」를 사용한다. 「体調に気をつけて」와 차이 「体」와「体調」의 차이는「体」는 육체를 가르키고「体調」는 몸의 상태를 가르킨다. 일반적으로 연하장이나 메일, 인사말 등으로 순수하게「体に気をつけて欲しい 몸 조심하세요 」라는 의미로「体」를 사용한다. 한 편, 컨디션이 안 좋은 사람에게 위로 메일이나 편지, 인사말 등으로「体調」를 사용해서 컨디션을 걱정한다는 마음을 표현하는 경우도 있다. 「お体に気をつけて」를 사용하는 상황 연하장이나 메일, 편지 등 「お体に気をつけて<付けて>」를 사용하는 상황으로는 연하장에서 쓸 때는「お体に気をつけて、良い年をお過ごしください 건강하게 한 해를 마무리하세요 」라는 것처럼 문장의 끝에 인사로서 사용한다. 메일이나 편지에서도 그와 같이 사용된다. 하지만 추운 곳으로 보내는 편지 등의 경우에는「まだまだ寒い日が続きます、どうぞお体気に気をつけてお過ごしください 아직 추운 날이 계속되고 있습니다. 부디 건강에 주의하세요 」라는 표현을 한다. 이와 같이 기후에 따라 달라지는 인사말은 연중 내내 사용하기 적당한 문구로 기억해두면 편리하다. 퇴직이나 전직하는 사람에게 인사말 퇴직이나 전직 등으로 다른 장소로 가는 사람에게 인사할 때「これからもお体に気をつけてお過ごしください 앞으로도 건강하시고 평안하세요 」와 같이 상대에게 응원을 보내는 의미로 사용한다. 「お体に気をつけて」의 경어 표현 「お体に気をつけて」는 경어로 사용해도 좋을까 「お体に気をつけて<付けて>」는「体に気をつけてね」라는 상대를 생각하는 마음을 나타낸 표현「お体」이라고 표현하므로 경어 표현이다. 그렇기 때문에 윗사람에게 사용해도 실례되지 않는다. 윗사람에게 사용할 때 실제로 윗사람에게 사용하는 경우에는「どうぞ」나「くれぐれも」등을 붙혀서 보다 마음을 구체적으로 전달하도록 하자. 「どうぞお体に気をつけてお過ごしください 부디 건강하고 평안하게 지내세요 」「くれぐれもお体にお気をつけください 아무쪼록 몸 건강하세요 」와 같은 표현으로 사용한다. 연하장이나 메일, 편지 등으로 사용할 때 연하장에는 문장의 끝에 인사말로 사용한다. 「今年もお体に気をつけて、お仕事に邁進されてください 올해도 건강하게 일에 매진하세요 」나「今年もお体に気をつけて、健やかにお過ごしください 올해도 몸 조심하시고 건강하게 보내세요 」와 같이 올 한 해 건강하게 보내라는 기원을 문장으로 사용한다. 메일나 편지 등에서도 문장 끝에 인사말로 사용할 수 있다. 「それではお体に気をつけてお過ごしくださいませ 그럼 건강하시고 평안하게 보내세요 」나「くれぐれもお体に気をつけて、健康にお過ごしください 아무쪼록 몸 조심하시고 건강하게 보내세요 」와 같이 전후에 덧붙혀서 명확하게 의미를 전달할 때 사용한다. ・今年もどうかお体に気をつけて、良い一年をお過ごしください 올해도 부디 건강 조심하시고 좋은 한 해 보내세요. ・くれぐれもお体に気をつけて元気にお過ごしください 아무쪼록 몸 조심하시고 건강하게 보내세요. ・充分にお体に気をつけて、健康にお過ごしください 충분히 몸 조심하시고 건강하게 보내세요. ・どうぞ皆様お体に気をつけて、健やかな毎日をお過ごしください 부디 모두 몸 조심하시고 매일 건강하게 지내세요. ・何卒お体にお気をつけください 부디 몸 조심하세요. 서두로 사용되는 예문 말투에 주의하고 열의를 담아서 직설적으로 표현하면 윗사람에게도 사용할 수 있는 문장이다. 단, 가볍게 말을 걸 수 없는 윗사람이나 중요한 거래처 상대에게는 인사말로 적당하지 않으므로 주의하자. 정리 상대의 건강이나 컨디션「お体に気をつけて<付けて>」의 의미와 사용 방법, 유의어나 예문을 살펴보았다. 상대를 염려하는 의미로 전후에 덧붙히는 표현에 유의해서 사용하면 윗사람에게도 사용할 수 있는 표현이다. 연하장이나 메일, 편지 뿐만 아니라 서두에 사용하는 경우에도 다양하게 표현할 수 있다. 업무 중에 거래처의 연하장이나 삼복 더위의 문안 인사, 메일이나 서면에 많이 사용되는 표현이다. 또, 퇴직이나 전직하는 사람과 헤어질 때 인사말로 사용하는 경우도 많다. 비지니스맨으로서 사람으로서도 상대를 염려하는 표현 방법을 많이 알고 있는 것보다 좋은 일은 없다. 상대의 건강이나 컨디션에 대한 염려 등의 마음을 담아서「お体に気をつけて<付けて>」라는 표현이 자연스럽게 마음 속에서 넘쳐나오는 사람이 될 수 있도록 하자. 원문 TRANS. Biz.

次の

「お体に気をつけて」の敬語は?体調を気遣う年賀状やメールも

お 体 に お気 を つけ て お過ごし ください

お体に気をつけての意味 日本語には、相手の体調や健康を気づかう表現が数多くあります。 その中でも一番シンプルで分かりやすい言葉がお体に気をつけてです。 文字通りの意味を持つフレーズではありますが、その言葉にはどのようなニュアンスを含んでいるのか、あらためてチェックしておきましょう。 相手を気づかう言葉 お体に気をつけては、相手の体調を気づかう気持ちが込められた表現です。 今の体調に気をつけてほしいという意味に加え、今後の健康を願うニュアンスも強く含んでいます。 メールや手紙などの文書で使われたり、挨拶での一言として使われたりすることが多いでしょう。 身近な人とのコミュニケーションでも用いられる言葉です。 上司・恩師・先輩など目上の人や、同級生や同僚など同じような年齢・立場の人、部下や後輩といった人まで、前後の細かい表現に気をつければ誰に対してでも使用できます。 よく使われるシーンこそあるものの、相手が実際に体調を崩しているような状況でなければ使えるタイミングも問わない、とても使い勝手のよい言葉です。 お体に気をつけての使い方 相手の体調を気づかう言葉であるお体に気をつけては、会話や文書に関係なくさまざまな場面で使用できます。 よく使われる主なケースを紹介します。 メールや手紙の締めとして お体に気をつけては、メールや手紙などで比較的まとまった内容の文章をやり取りする際、結びの挨拶でよく使われます。 前文で季節の挨拶などを記し、主文でメインとなる内容を書いた後、末文でお体に気をつけてを使った締めの言葉を差し込めば、相手に対する印象がグンと良くなるでしょう。 また、メールやFAXなどのビジネス文書は、文章全体が伝えたい用件だけになってしまいがちです。 文書の内容にもよりますが、相手を気づかう一言を最後に添えるだけで、読む人の心を和ませ、好印象を与えられます。 ただし、相手が病気や怪我で入院していたり、自宅療養中であったりする場合は、使用を控えるのが賢明です。 退職や転職する方へ お体に気をつけては、退職・転職により今の場所から離れる相手に対し、お別れの言葉としても使えます。 「健康に気を配りながらこれからも頑張って」というように、相手の体を気づかいながら、将来に向けてのエールを送るニュアンスも含められます。 目上の人にも使えるため、前後に付け加える言葉に留意し敬意を示す表現にすれば、上司や先輩が職場を離れる際にも気の利いた一言として喜ばれるでしょう。 体と身体の使い分けは? お体は『お身体』と書くことも可能です。 どちらも『おからだ』と読みますが、漢字が違うと意味も微妙に異なるため、手紙やメールでは違いを意識しましょう。 『体』とは、頭から足までの肉体全体を指す言葉です。 一方、『身体』は、精神や心を含めた心身を表し、フィジカルとメンタルの両方を指しています。 お体に気をつけての場合は、単純に肉体としての『からだ』を案じていることになり 、基本的にはこちらを使うのが無難です。 お身体に気をつけての方は、厳密には心身ともに健康であることを願う意味になるため、「気持ちの上でも強くあれ」というようなニュアンスを含みたい場合に使えます。 ただし、実際には、このような違いを意識して使い分けられることはほとんどありません。 どちらも同じように使えることを覚えておきましょう。 お体に気をつけての例文 自然な言い回しでお体に気をつけてを使える例文を、シーン別に紹介します。 実際に口頭で使う場合は、言葉に気持ちを込めることも大切です。 カジュアルな間柄の場合 親しい先輩や上司が退職・転職などで職場を離れるような場面では、後ろに「頑張ってください」という言葉をつけて、以下のようなお別れの挨拶にできます。 ・お心づかいに感謝いたします。 このように丁寧な言い回しで返せば、単なる「ありがとうございます」に比べ、より感謝の気持ちが伝わりやすくなります。 後半の相手を気づかう言葉は、次に解説する類語や言い換えを覚え、いろいろな表現ができるようになるとなおよいでしょう。 お体に気をつけての類語や言い換え表現 相手の健康を願うフレーズにはさまざまな種類があります。 利用シーンや相手の状況にも注意し、適切な言い回しを選択することをおすすめします。 お体にはご留意ください 『留意する』とは「気にする・気に留める」という意味の言葉です。 類語の『注意する』『用心する』よりは、気をつける程度が弱くなります。 『お体にはご留意ください』は、健康を気にしてほしい、体調を気に留めてほしいという、相手の健康を気づかう表現です。 お体に気をつけてくださいに比べ、より丁寧な表現となり、以下のような例文にすればかなり目上の人に対しても使えます。 ・慣れない部署に異動してこられたばかりで、なにかとお忙しいとは存じますが、どうかお体にはご留意ください。 ご自愛ください 『自愛』は、「自分を愛する」、つまり「精神面を含めた自分の体調全てを大切にする」という意味の言葉です。 『ご自愛ください』という場合は、「ご自身の体調を大事にしてください」と相手の健康に気を配る敬語表現になります。 『愛』という語が柔らかなイメージを与えやすい上、男女共に用いることが可能です。 目上の人にも使えることから、手紙やメールの末文に以下のようなフレーズでよく使われます。 ・季節の変わり目ゆえ、くれぐれもご自愛ください。 ご体調を崩されぬようお気をつけください お体に気をつけてというフレーズは、体調を気づかう気持ちをあいまいに表す意味合いであるため、相手の立場や状況にかかわらず広く使えるメリットがあります。 一方で、「ご体調を崩されぬようお気をつけください」という言い回しは、気をつけてほしい対象をストレートに示していることから、より親しげな印象を与える表現です。 似たようなフレーズとしては、「お風邪をひかれぬようお気をつけください」などが挙げられます。 いずれも、目上の人などに使うと、やや馴れ馴れしい印象を与えてしまう恐れがあるため、ある程度距離感の近い相手に対して使うのがよいでしょう。 お大事になさってください 『大事(だいじ)』とは、大切にすることを意味する言葉です。 「用心する・自重する」という意味でよく使われる「大事をとる」の大事と同じ言葉になります。 「お大事になさってください」という表現は、病気や怪我で弱っている相手の体を気づかい、回復を願っていることを伝えるフレーズです。 健康を願う他の表現と異なり、使える相手がすでに病気や怪我で休んでいるような人に限られます。 病院などで言われる『お大事に』という言葉は、お大事になさってくださいを省略したものです。 以下の例文で使い方を確認しましょう。

次の