小倉から新大阪 新幹線 往復 格安。 小倉(福岡県)から新大阪 時刻表(JR山陽新幹線) / 新幹線チケット予約

新大阪-小倉の運賃と料金|JR新幹線ネット

小倉から新大阪 新幹線 往復 格安

広告 新大阪-小倉の新幹線割引きっぷ 新大阪-小倉の割引きっぷは以下の通りです。 価格は変更になることがあります。 正規料金とあわせてご紹介します。 19,590円 - (のぞみ・みずほ正規料金)• 19,270円 - (ひかり・さくら・こだま正規料金)• 14,720円 - (のぞみ・みずほ正規料金)• 14,520円 - (のぞみ・みずほ普通車指定席)• 14,400円 - (ひかり・さくら・こだま正規料金)• 14,200円 - (ひかり・こだま普通車指定席)• 13,870円 - (正規料金)• 13,870円 - (普通車自由席)• 13,520円 - (普通車指定席)• 12,930円 - (のぞみ・みずほ普通車指定席)• 12,610円 - (ひかり・さくら・こだま普通車指定席)• 12,610円 - (普通車指定席)• 12,610円 - (普通車指定席)• 12,610円 - (普通車指定席)• 12,080円 - (普通車自由席)• 12,000円 - (普通車指定席)• 11,200円 - (普通車指定席)• 10,480円 - (普通車指定席)• 8,660円 - (普通車指定席)• 7,000円 - (普通車指定席) 東京発着料金表• 品川発着料金表• 新横浜発着料金表• 名古屋発着料金表• 新大阪発着料金表• 博多発着料金表• あなたへのおすすめ.

次の

小倉ー新大阪【往復14,000円~】新幹線の「往復割引」料金を安くする方法

小倉から新大阪 新幹線 往復 格安

一目でわかるように小倉ー新大阪の新幹線料金リストを作成しました! 小倉ー新大阪の新幹線料金リスト(片道・往復) 安い順に並べると以下の通り。 小倉ー新大阪は往復割引がきかない! 新幹線で往復というと、往復割引があるじゃないかと思う人も多いでしょう。 小倉ー新大阪の往復割引はどうでしょうか? JRの往復割引は、その区間の片道の営業キロが601km以上の場合に適用されます。 往復割引が適用された場合は乗車券が1割引になります。 このルールに従うと、 小倉ー新大阪間は営業キロが600km未満なので、往復の場合は往復割引がききません。 このため実は、 小倉ー新大阪より博多ー新大阪の往復料金の方が 安くなります(博多ー新大阪は601km以上なので往復割引がききます)。 小倉駅利用の方は、「博多」で購入してもいいかもしれません。 数百円程度ですが、ちょっとした裏技です。 【小倉ー新大阪:往復18,000円〜】往復割引より断然安い「新幹線パック」 新幹線で小倉ー新大阪を往復する場合、まずは「新幹線パック」を検討しましょう。 小倉ー新大阪の 最安値は18,000円〜です。 料金の安い順に並べたよ。 ただし、新幹線パックも時期によって料金が大きく変動します。 とくに繁忙期は、必ずしも最安値とはいえませんし、希望の宿が取れる保証もありませんので、最新の料金は公式サイトで確認してください。 直前予約でも割引率が大きい• のぞみに安く乗れる• お盆・年末年始・GWもおトクな会員価格 回数券よりも安くなるので、頻繁に新幹線を利用する人は有料会員になる価値はあります。 往復割引との併用も可能なきっぷですが、小倉ー新大阪間では往復割引はききません。 eきっぷ・e特急券+往復割引併用可 eきっぷは、JR西日本の「J-WESTカード会員」かJR九州の「JQ-CARD」会員のみ購入できる特急券です(乗車券ではありませんので注意)。 カード会員限定なので利用する人は限られます。 eきっぷは往復割引と併用可能で新幹線料金を安くできますが、同じ会員限定サービスなら「EX予約」や「EX早特」の方が割引率も高いですし、ペーパーレスで使いかっても優れているので、こちらを利用することをおすすめします。 また、「eきっぷ」と似たようなきっぷに「e特急券」があります。 料金はeきっぷと同じです(山陽新幹線では)。 e特急券はエクスプレス予約限定のきっぷですので、スマートEXでは購入できません。 いずれにせよ、利用シーン、利用者は限られます。 往復割引との併用も可能なきっぷですが、小倉ー新大阪間では往復割引はききません。 回数券・金券ショップ(往復割引なし) 格安チケットといえば、金券ショップが真っ先に思い浮かびますが、思っているほどお得ではありません。 金券ショップで売っているのは回数券のバラ売りですので、割引率は約3〜5%程度です。 また、新幹線の回数券が設定されていない区間もありますし、お盆・年末年始・GWは使用できません。 しかし、当日手軽に割引を受けられる回数券はやはり人気です。 団体旅行する場合や特定区間の新幹線を頻繁に利用する人は購入しておいてもいいでしょう。 新幹線の回数券は、短距離区間なら自由席、中長距離区間なら指定席に設定されています。 新大阪 ー 小倉:往復27,040円 スマートEX+往復割引併用可 スマートEXはJRの無料会員サービスです。 登録が必要です。 スマートEXを利用すると通常料金から200円引きになります。 無料のスマートEXはそこまで割引率は大きくありませんが、区間によってはEX早特なども利用できるので、会員登録しておいて損することはありません。 EXアプリというスマホアプリをインストールしておけば、いつでもどこでも簡単に新幹線の予約ができます。 新幹線によく乗る人は必須です。 往復割引との併用も可能なきっぷですが、小倉ー新大阪間では往復割引はききません。 おとなび(往復割引なし) 50歳以上であれば、「おとなび」を使って新幹線を利用するのもお得です。 おとなび会員(無料)になれば、下記3つの特典が利用できます。 1人利用できない• JR窓口で買えない• e5489からの予約で面倒(JWEST会員限定)• 短距離区間限定 小倉ー新大阪間は利用不可。 学割+往復割引併用可 JR指定の中学・高校・大学や専修・各種学校の学生なら学割が利用できます。 営業キロ数が101キロ以上の区間の乗車券が2割引になります。 特急券は割引になりません。 往復割引との併用も可能なきっぷですが、小倉ー新大阪間では往復割引はききません。 往復で宿泊する場合などは、新幹線パックの方がお得になる可能性が高いです。 障害者割引+往復割引併用可 身体障がい者および知的障がい者は乗車券が半額になります。 特急券は割引になりません。 身体障害者手帳または療育手帳の記載が「第2種」の場合は本人のみ、「第1種」の場合は同伴の介護者も割引になります。 往復割引、乗り継ぎ割引等も併用できるので該当する人は利用しない手はないです。 ただし、往復で宿泊する場合などは、新幹線パックの方がお得になる可能性が高いです。 往復割引との併用も可能なきっぷですが、小倉ー新大阪間では往復割引はききません。 往復で宿泊する場合などは、新幹線パックの方がお得になる可能性が高いです。

次の

新大阪から博多が片道6,900円!山陽新幹線ひかり・こだまで九州旅行へ!【エースJTB関西発】

小倉から新大阪 新幹線 往復 格安

小倉-新大阪では「往復割引」が使えない! 新幹線で往復する時、片道の距離が601キロ以上の区間では往復割引が適用される。 往復分の乗車券を同時に購入すると、往復割引が適用され 乗車券が1割引になる。 3キロなので、往復割引を使うことができない。 この区間で利用できる切符の片道・往復料金を比較してみよう。 そして、これらの片道・往復の料金は以上の通り。 しかし、往復&宿泊する場合、新幹線パックを入れて比較するとこのような順になる。 例えば「のぞみ」指定席で往復し1泊7,000円のホテルで1泊するプランは23,600円。 通常切符14,720円で往復し、同じホテルに宿泊すると合計36,440円。 新幹線ホテルパックなら、 1人約12,840円、2人で26,680円 安くなる! 「のぞみ」片道料金なら「早割」が安い! 宿泊予約の必要がない場合など、新幹線パックは利用できない。 そのような時には、「早割」で往復するのが安い。 21日前までは「スーパー早特きっぷ」が安い 新幹線パックが利用できない場合、21日前までなら「 スーパー早特きっぷ」が安い。 小倉-新大阪は、全列車指定席が 10,480円で片道料金のみなら最安値。 e5489またはJR九州インターネット列車予約に会員登録すれば、誰でも購入できる。 ただし、購入期限は1ヶ月前から21日前までと短く、予約後の変更は不可。 3日前までは「EX早特」が安い 新幹線パック・スーパー早特きっぷの次に安いのは「 EX早特」。 利用できるのは、エクスプレス予約・スマートEXの会員のみで、3日前までの予約が可能。 平日と土休日で料金が違い、小倉-新大阪は 平日12,000円、 土休日11,200円。 なお、年末年始・GW・お盆など時期には購入できない。 「こだま」限定なら「バリ得こだま」が安い! 「のぞみ」ではなく、「こだま」に限定すれば「 」が安い。 小倉-新大阪では「こだま」指定席の料金が 7,000 円と格安。 そして、往復セットの「 」は往復 12,500円。 3日前までネットでの購入が可能で、大人1人の往復ならこの2つが最も安い。 また、「 こだまスーパー早特きっぷ」も安く、指定席料金が 3,500 円。 e5489に会員登録すれば購入できるが、期限は14日前まで。 学生なら「学割」の往復もお得! 新幹線パック・早特が使えない時、学生は学割を利用するのがお得。 学割で乗車券は2割引になり、 のぞみ指定席 12,930円。 ひかり・さくらなど 12,610 円。 そして、e5489・JR九州の会員なら「 eきっぷ」、EX予約会員は「 e特急券」を同時に利用すると特急券も安くなり、学割と同時利用でとお得。 ネット予約「エクスプレス予約・スマートEX」でお得 座席をネット予約できる「 エクスプレス予約」は、事前に登録すれば当日予約も可能。 年会費1,100円必要だが、年間通じて新幹線料金は安い。 早割が利用できない時は、エクスプレス予約が安い。 「 スマートEX」は、年会費無料で新幹線をネット予約することができる。 列車の予約は便利だが、割引が少なく指定席は片道200円、往復で400円の割引。 指定席は「回数券」でも安くなる。 のぞみ指定席通常切符と比べると、片道1,200円、往復2,400円安くなる。 ただし回数券は購入から3ヶ月の有効期限があり、年末年始・GW・お盆は利用できない。

次の