憩室 炎 抗菌 薬。 大腸憩室炎とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

憩室炎(けいしつえん)

憩室 炎 抗菌 薬

大腸憩室とは何か? 「憩室(けいしつ)」とは、簡単に言えば、 消化管の壁が外側にくぼんだ部分のことです。 この憩室が発生した状態を 「憩室症」と呼びます。 消化管には、食道、胃、小腸、大腸がありますが、このいずれにも憩室はできます。 中でも最も多いのは 大腸憩室です。 日本人の 23. 憩室ができる状態を 「憩室症(けいしつしょう)」と呼びますが、 これがあるだけでは病的とは言えません。 症状も全くありません。 現に、憩室が100個以上ある方もたくさんいますが、普通に生活しています。 憩室がたくさんあっても、それ自体は治療の対象ではありません(というより治療で憩室をなくすことはできません) ところが、 憩室が様々なトラブルを起こすことがあります。 この「トラブル」には、大きく分けて以下の3つがあります。 憩室が細菌感染を起こす 「憩室炎」 憩室から出血する 「憩室出血」 憩室の部分で穴が開く 「憩室穿孔(せんこう)」 今回はこの中の 「憩室炎」について解説します。 憩室炎の原因 憩室は、大腸の壁がくぼんだ状態になっているため、便が付着するなどして、 細菌が繁殖しやすい構造になっています。 大腸に付着した細い管のような構造が炎症を起こす虫垂炎(「盲腸」と呼ばれる病気)と同じ理屈です。 憩室に大腸菌などの腸内細菌が繁殖して感染症を起こした状態が「憩室炎」です。 憩室炎の正体は細菌感染ですので、 ストレスなど精神的な要因で憩室炎になることはありえません。 憩室炎の症状 強い腹痛が起こります また 吐き気、 嘔吐が起こることもあります。 お腹の比較的狭い範囲が痛むことが多く、 歩いたり寝返りを打ったりすると痛い部分に響くため、 じっとしている方が楽、というのが特徴的です。 大腸はお腹全体に広がっている臓器なので、憩室炎では痛みが出る部位は決まっていません。 右下腹部のこともあれば、左上腹部のこともあります。 ただ、 60歳未満には右側の発症が多く、それ以上の人は左側が多い、という特徴はあります。 憩室炎の検査と診断 憩室炎が疑われれば、 腹部エコー(超音波)や 腹部CT検査を行います。 多くはCTで比較的容易に診断できます( 造影剤を用いたCTを施行するのが一般的)。 右下腹部の大腸に起こった憩室炎は、お腹の診察だけでは 虫垂炎と全く見分けがつかないため、画像診断はほぼ必須です。 CTで診断は可能ですので、特別な理由がない限り時間のかかるMRIを行うことはありません。 当然ながら、 憩室炎は憩室のない人には起こりません。 以前に受けた 大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)や注腸造影検査(バリウム検査)で「憩室がある」と言われた方は、受診時に医師にその旨を伝えましょう。 憩室炎を疑う重要な情報となることがあります。 広告 憩室炎の治療と入院期間 憩室炎は、軽症のものは 手術の必要はありません。 抗生剤(抗生物質、正しくは抗菌薬)の点滴で治ります。 ただし、治癒するまでには時間がかかりますし、多くの場合、治療には 入院が必要です。 まず、食事をとると憩室炎は悪化するため、 絶食していただきます。 病状によっては 水分も禁止です。 絶食の期間は、血液検査の結果や熱の出方を見ながら決めますので、 病状によって様々です。 短い人で 3〜4日、長い人では 1週間以上は絶食が続きます。 抗菌薬の点滴の期間も病状によります。 1週間以上行うことが一般的ですが、経過次第です。 問題なく改善すれば、 飲み薬の抗菌薬に変更して退院です。 ごく軽症の憩室炎であれば、最初から飲み薬の抗菌薬で外来治療することもあります。 しかし治療が中途半端に終わると、再発(正しくは「再燃」)することがあります。 医師の指示を守って、適切な期間しっかり治療しましょう。 一方、 膿(うみ)の塊(膿瘍:のうよう)がお腹の中にできてしまうような、重度の憩室炎を起こす人もいます。 この場合は、お腹の外から注射して膿を抜かなくては治りません。 膿を抜いたところに管(ドレーン)を入れて、治るまで管を入れたままにしておく ドレナージ治療を行うこともあります。 また、憩室に穴があき 「憩室穿孔」と呼ばれる状態に発展することもあります。 こうなると、大腸の内容物がお腹の中に漏れ、ひどい 腹膜炎(穿孔性腹膜炎)を起こします。 抗菌薬の点滴だけでの治療は不可能で、 手術が必要となります。 手術では、大腸を切ってつなぎ合わせたり、ひどい場合は 一時的な人工肛門を作ることもあります。 穴が空いて隣の臓器と繋がってしまうこともあります。 これを 「瘻(ろう)」と呼び、この穴を 「瘻孔(ろうこう)」と呼びます。 たとえば膀胱と繋がったケースは、 「膀胱瘻」といいます。 憩室は予防できる食事はある? 憩室症を予防するためには、バナナが良い、ヨーグルトや乳酸菌が良い、など様々な俗説があります。 しかし実際には、 大腸憩室ができる原因ははっきりわかっていないため、憩室ができるのを予防する医学的根拠のある方法は存在しません。 ただ、憩室は大腸内の圧力の高まりにより生じる可能性があるため、 食物繊維をしっかりとり、便秘を解消しておくことが大切と考えられています。 一方、憩室炎の危険因子としては、 喫煙と 肥満が挙げられます。 また、憩室炎を一度経験した人は、憩室がある以上は 憩室炎の再発の可能性があります。 現時点では残念ながら、 再発を予防する手段はありません。 食物繊維の摂取で再発率が下がる、とする報告もありますが、確実なものではありません。 一方、 憩室炎は大腸癌の原因にはなりません。 ただし、 憩室炎の精密検査をきっかけに大腸癌が発見されることはあるため、検診等で大腸カメラを受けたことがない人は、必ず受けることをすすめられます。 今回は憩室炎について解説しました。 腹痛+発熱は、憩室炎を疑う組み合わせです。 すぐに病院に行くようにしましょう。

次の

大腸憩室炎が起きたときの治療法。予防法はあるの?

憩室 炎 抗菌 薬

恥ずかしながら、憩室炎が明確に分かっていなかったので、今回勉強し記事にしました。 【憩室って?】 憩室とは、 大腸の一部が袋状に腸管外に突出してできた部分のことです。 憩室ができるのは、 「便秘での大腸の圧の上昇」や 「加齢で腸管壁の脆弱化」により、大腸の筋肉が弱い部分が、外に飛び出してしまうのが原因です。 憩室自体は、特に症状がないですが、 憩室に便がはまり込んだりすると、細菌が繁殖して憩室炎を惹起します。 【憩室炎の症状】 憩室炎は通常、 左下腹部の疼痛または圧痛と発熱で発症する。 放っておくと悪化して 穿孔(腸に穴があく)することもある。 【憩室炎の薬物治療】 高熱、腹膜刺激症状(反跳痛:腹壁を徐々に圧迫し、急に手を離すと病変部に疼痛が出現など)がなく、画像検査で膿瘍・穿孔を伴わない 大腸憩室炎の治療は、継続的に抗菌薬を投与し、腹痛のコントロールを目標に外来で経過観察をすることが多い。 ただし、現状では 膿瘍・穿孔を伴わない大腸憩室炎の治療に対する抗菌薬の必要性は不明であることにも注意したい。 今回は、薬局に外来で来られる方なので、憩室炎でも軽い状態であると思われます。 重症度によって、対応方法も異なってくるの、必要があればそこも記事にまとめたいと思います。 参考 日本消化管学会雑誌(vol. 1、2017) 大腸憩室症ガイドライン MSDマニュアル プロフェッショナル版 憩室炎 巣鴨駅前 胃腸内科クリニック.

次の

大腸憩室炎の原因と症状、治療法、食事で予防できるか?

憩室 炎 抗菌 薬

概要 憩室炎とは、何らかの原因で憩室とよばれる部分に細菌感染が起こり、腹痛や発熱といった症状が現れることを指します。 憩室とは、消化管の壁の一部が内側から外側に向かって袋状に突出したものをいいます。 特に大腸に多く、地域などにより差はありますが大腸憩室は非常に一般的なものです。 大腸は部位によって盲腸・上行結腸・横行結腸・下行結腸・S状結腸・直腸に分けられます。 盲腸や上行結腸に憩室がある場合を右側大腸型、S状結腸に憩室がある場合を左側大腸型と呼び、その間の横行結腸や下行結腸、また両側にある場合を両側型としています。 大腸憩室があるというだけで症状が現れることはなく、治療の必要もありませんが、合併症が起こる可能性はあります。 憩室があることで起こりうる2大合併症が、この憩室炎と憩室出血(憩室から出血を起こしがでること)です。 原因 憩室に便が詰まったりすることをきっかけとして細菌感染が起こり発症します。 大腸の壁は、内側から粘膜・粘膜下層・固有筋層・ 漿膜 しょうまく 下層・漿膜という5層からなっています。 大腸憩室の多くは、このうちの固有筋層の部分を欠いているという特徴を持っており、このような構造の憩室を仮性憩室とよびます。 憩室ができるメカニズムは、大腸の運動異常が起こることで腸管の中の圧力が高くなり、大腸の圧力に弱い部分が外側に突出して袋状の憩室ができると考えられています。 食物繊維の摂取が長期間にわたって不足すると、こうした腸の運動異常を起こしやすくなり、憩室ができやすいといわれています。 近年では食生活が欧米化していきていること、また高齢化が進んできていることから、日本でもが増えてきているとされます。 検査・診断 診察 腹部に圧痛(押した部分に痛みを感じること)を認める、 腫瘤 しゅりゅう を触れる(憩室炎を生じている部分が腫れてしこりのように触れる)などの様子がみられます。 血液検査 憩室炎による炎症反応の上昇を反映して、白血球やCRPの値の上昇を認めます。 画像検査(腹部超音波検査、CTスキャン検査) 腹痛のある場所に一致して、憩室とその周りの組織が炎症を起こして腫れたり 浮腫 むく んだりしている様子が観察されます。 ひどくなると、憩室炎を起こしている部分の大腸に穴が開いてしまったり( 穿孔 せんこう )、お腹に水が溜まったり(腹水)、憩室炎の周りに膿が溜まってしまったり( 膿瘍 のうよう )することがあります。 治療 憩室炎では、抗菌薬を使用した内科的治療が中心となります。 多くは入院のうえで食事を一旦お休みし、点滴を行いながら抗菌薬を7~10日使用します。 炎症の程度が軽いものであれば、入院はせずに外来通院で抗菌薬を内服して治療することも可能です。 その際には、症状が悪くならないか慎重に経過観察しながら外来再診で確認します。 憩室炎が悪化してしまうと膿瘍をつくったり、大腸に穴が開いたりすることがあります。 このような場合には外科的な手術が必要です。 手術の術式は、状況によってさまざまですが、腸管を切除したり、膿瘍ドレナージ(膿をお腹の外に出すためのチューブを挿入する手術)をおこなったりします。 お腹の中の炎症がひどい場合などは、人工肛門をつくることもあります。 憩室炎は、一度治癒しても再発する可能性があるため、注意が必要です。 再発を予防するには食物繊維を十分に摂って便秘を起こさないように気を付けることが適切だといわれていますが、はっきりとその効果が証明されているわけではありません。

次の