スーツ しわ 描き 方。 シワの描き方・塗り方もこれで完璧!ワイシャツの描き方講座

【シワ・流れ】スカートを理解していく

スーツ しわ 描き 方

スーツの種類と構造 一口にスーツと言っても、そのデザインにはいろいろな種類があります。 まずは、男性用スーツの種類や構造を見てみましょう。 シングルとダブル スーツはボタンの配列によって、シングルスーツとダブルスーツに分けられます。 シングルスーツは、現代のビジネススーツの定番で、前のボタン配列が1列のデザインのものを指します。 ボタンの数は、2つボタンと3つボタンのものがあります。 ダブルスーツは、前のボタンの配列が2列あり、合わせ部分を大きく重ね合せるデザインのものを指します。 ボタンの数は4〜6つになり、シングルよりもフォーマルな印象が強いです。 ボタンの数 シングルのスーツは2つボタンと3つボタンのものがあります。 2つボタンのスーツは、ネクタイとシャツが見える「Vゾーン」の部分が広くなります。 2つボタンを着るときは、上のボタンのみ閉めて、下のボタンは閉めずに開けておきます(下のボタンはあくまでも飾りです)。 3つボタンのスーツは、Vゾーンが狭くなります。 基本的に一番上のボタンと真ん中のボタンのみを閉め、やはり下のボタンは開けておきます。 ツーピースとスリーピース また、ジャケットとスラックスで構成される一般的なスーツを「ツーピーススーツ」、ジャケットとスラックスにベストを加えたスーツを「スリーピーススーツ」と呼びます。 スリーピーススーツは、ジャケット、スラックス、ベストの3つが揃っていることから、「三つ揃え」とも呼ばれています。 ツーピースよりもフォーマルな印象を与えます。 襟の種類 スーツの印象は襟でも変わってきます。 ノッチドラペル:ひし形の上襟と下襟からなる、一般的な形のものです。 ノッチドスリム:ノッチドラペルよりも襟の幅が狭くシャープになっています。 ピークドラペル:ピークは「先の尖った」という意味です。 下襟の先端が上に尖っている襟です。 ドレッシーなタイプのスーツに多く見られます。 ピークドスリム:ピークドラペルよりも襟の幅が狭くシャープになっています。 ショールカラー:上襟と下襟が繋がった、帯状の肩掛けの形をしたタイプのもので、下襟が丸く緩やかにカーブしているのが特長です。 主にタキシード向けの襟で、その形からへちま襟と呼ばれることもあります。 切れ目の種類 スーツの後ろ身頃に縦に入っている切れ目を「ベント」と言います。 ベントは、動きやすさを上げる役割を果たし、スーツの後ろ姿の印象を決めるポイントともなります。 ベントには3つの種類があります。 センターベント:スーツの後ろ身頃部分の中心に縦に切れ目が入っているタイプを指します。 一般的には2つボタンのシングルスーツに使用されています。 サイドベンツ:スーツの後ろ身頃部分の両サイドに切れ目が入っているタイプを指します。 ベントの切れ目が広がっていない状態が良い着こなしとされています。 ノーベント:スーツの後ろ身頃に切れ目がないタイプを指します。 主に冠婚葬祭などに着るフォーマルスーツです。 スーツのパーツと構造 そのほか、スーツはいろいろなパーツで構成されています。 どういうパーツで構成されているか知っておくことで、イラストにする際にイメージしやすくなります。 ゴージライン:上襟と下襟の縫い合わせた部分のことを指します。 サイドポケット:フラップポケットと呼ばれるふた付きのポケットが一般的なデザインです。 角度の付いたものや、外側から袋を貼り付けた形のものなど様々な種類があります。 フロントダーツ:前身頃の胸から腰の辺りにかけて、縦に入った線のことを指します。 ウエスト周りを絞り、ラインを美しく見せる役割を果たします。 フロントカット:前身頃の裾の形のことを指します。 丸型のレギュラーカットや角形のスクエアカットなど種類があります。 カフ:袖口のことを指します。 機能性を上げるためにスリット状になったものもあります。 スーツ男子を描くときのポイント 続いて、スーツ男子を描くときのポイントを解説していきます。 全体的なシルエット スーツの丈は短すぎても長すぎても不恰好に見えます。 股下より少し上辺りが丁度いい長さでしょう。 腰のラインは、縦に入ったフロントダーツという線によって絞られているため、緩やかにくびれています。 フロントダーツの入っていないスーツの場合は、寸胴なボックススタイルになります。 また、細かなポイントとして、ジャケットの袖から1〜2cmシャツの袖が出るように描きましょう。 襟を描くときのポイント 上襟と下襟はかなり上の方にあります。 上襟が長くなりすぎないように気をつけてください。 上襟と下襟の境目であるゴージラインと鎖骨の位置を意識して描くといいでしょう。 シワの入れ方 シワの入りやすいポイントを把握しておけば、自然にシワを入れられます。 基本的にスーツの襟にはシワは入りません。 同様に肩の部分にもあまりシワは入りません。 シワは、ウエスト・腕とボタン周りに入ります。 ただし、スーツは生地に厚みがありますので、細かく描きすぎて薄い布に見えないよう、調整して描きましょう。 肩の描き方 肩は、丸みそのままに描くのではなく、少し角度を付けて描くといいでしょう。 一筆で描くのではなく、袖の縫い目で一度ペンを離して描くと丸くなりません。 スラックスの描き方 スラックスのポケットは、ジーンズのように前面に付いているのではなく、側面に付いているため正面からは見えにくいです。 ポケットの線も大きく角度の付いた斜めではなく、ほとんど縦に近い斜めです。 スラックスは、前後中央に入っている縦線がポイントです。 これを描くだけでスラックスらしく見えますので、忘れないようにしましょう。 スーツ男子に似合うアクセサリー 最後に、スーツ男子の魅力をアップさせるアクセサリーを紹介します。 シャツ ジャケットの下に着るシャツは、シンプルなホワイトも爽やかで素敵ですが、ブルーやピンク、パープルなど色のついたシャツ、ボタンダウンのシャツも魅力的です。 また、シャツに細いストライプ(縦縞)の入ったものや、襟と袖だけ白いデザインのものも、キャラの個性が出て良いでしょう。 ネクタイ ネクタイも、定番で無難な無地のネクタイから、ストライプ柄、ドット柄など様々なデザインがあります。 また、幅も通常のレギュラータイから、細めのナロータイまでバリエーションがあります。 会社、プライベート、パーティーなど、シーンによって使い分けましょう。 靴 スーツに合わせる靴は、革靴が基本です。 靴紐のあるタイプでは、靴紐を通す穴のある「羽根」の部分が、靴の外側に付いている「外羽根」タイプと、内側に付いている「内羽根」タイプがあります。 また、つま先のデザインも、横線が1本入っている「ストレートチップ」タイプや、逆につま先に一切飾りがないタイプなど、様々な種類があります。 靴の形にもいろいろなデザインがありますが、つま先を少し尖らせて、上に反らせるとかっこよく見えます。 ネクタイピン ネクタイピンは通常、シルバーまたはゴールドのものが選ばれます。 付ける位置は特にルールはありませんが、なるべく不自然に見えない位置に付けましょう。 ジャケットを着ているときと、ジャケットを脱いでシャツだけのときで、付ける位置を変えてみるのもいいと思います。 その他のアクセサリー このほかにも、下襟にラペルピン、胸ポケットにポケットチーフ、袖口にカフスボタンなど、どれか一つでも付けるだけで印象が変わってきます。 おしゃれに気を使っているキャラクターなら、ぜひアクセサリーを付けてあげましょう。 スーツはよく見かける服なので、記憶やイメージに頼って描きがちですが、スーツの種類やパーツ、アイテムの組み合わせを知れば、しっかりとしたスーツ男子を描くことができます。 基本を把握しつつ、写真や資料を見て、ぜひ好みのスーツ男子を描いてみてください。 Palmieの動画講座で講座内容をチェックしてみましょう。

次の

スーツで座るときボタンはどうする・きつい場合・シワができない方法

スーツ しわ 描き 方

しわがよくわからない• 書き込めば書き込むほどなんかくちゃくちゃになる• 立体感のあるしわが描きたい• ある程度人体は全身が描けるようになってきた 上記リストは、私が手に取ったときの状況です。 2010年から絵を描き始め、2011年ごろに手に取った書籍だったと思います。 なので、描き始めも描き始め、 身体も何とか全身が描けるようになってきたかな?といったタイミングでした。 もし、同じような状況で困っているようでしたら、きっとお役に立てる書籍だと思います。 「人を描くのって楽しいね衣服編」をオススメする理由 色々考えてみたら、 しわに関係する書籍は、この1冊しか手元にないのです。 2010年から書き始めて、絵に関する教本はたくさん購入してきたと思うのですが(大体現在で100冊くらい)しわについては、この書籍1冊だけ。 この書籍があったことで、写真から模写をさせてもらうときも、しわの流れや力の向き、カーブのかかりぐあい、立体感などを把握することが出来るようになっています。 この1冊が土台となって、人体に関係する書籍を参考にしながら、しわを深めて言った感じかもしれません。 他にもいろいろと良書はあるかとはおもうのですが(洋書のしわ関連書籍が良くツイートで流れてくるのでついほしくなる…)なんだかんだでこの1冊があれば、あとは写真資料で結構いけるな~といった感じです。 「人を描くのって楽しいね 衣服編」のいい所 全身をスムーズに描けるようになるために、から入る 衣服編、しわについて…といってもやはり、洋服を着ているのは人です。 そのため、全身をいろいろな角度から描けるようになるのは、2次元上で服を着せるための大前提! 中に人が入っていることがわかるしわを描くために必要な工程である「全身を描く方法」を簡単な図形とやり方でおしえてくれます。 しわを立体的にとらえる方法がかかれている しわを筋として考えるのではなく、立体として考えています。 実際、しわができるときって立体的にできますよね。 どのように立体的なしわがつくられるのか、といった部分のサンプルや考え方がわかりやすく描かれています。 様々なしわパターン教えてくれる 基本パターンはこうなってます、あとは自分でやってねー! …ではなく、実際にサンプルとしていろいろなしわパターンをおしえてくれます。 もちろん、掲載されているしわパターンだけではすべてを網羅することはできないですが、このしわパターンを把握し、描けるようになってきたら、応用パターンも自分自身で理解できるようになります。 足のしわについてのページが豊富 これはわたしの個人的な感想なんですが、「スラックスのしわって難しい!」です。 しわを書きすぎてもスラックスにならないし、かといって一直線だと見栄えが良くないし、どこにどういれたらかっこよくなるのか><と 悩むことも多いのですが、 そんなときはこの書籍をみかえして、今でも模写をして思い出すようにしています。 開襟シャツの襟周りの構造もばっちり 開襟シャツの構造もしっかりえがかれています。 これがあれば「シャツの交差してるこの部分どうなってるの~!」といういらだちからかいほうされるかもです! いろいろなポーズの参考があって、模写するだけでも楽しい しわパターンをおしえてくれるだけじゃなく、実際に中に掲載されているしわパターンやそれを応用したもので「こんなポーズでこんなしわができるよ」というサンプルをたくさん掲載してくれています。 一見難しそう!と思えるものであっても、本書を一つずつすすめていくことで、必ず描けるようになるものです。 立方体• 直方体• 円すい といった単純な図形であることがわかります。 それら単純図形を一つずつ頭と手で覚えていけば、きっとわかるようになりますよ~! どのくらい勉強したらいいの? 1冊に2年かけるつもりで、一気に大量行動ではなく少しずつ。 これもよく聞かれるようになりましたが、おそらく皆さんが思ってるよりも学ぶスピードは遅いです。 どの書籍も、1冊を2年くらいかけてやる気持ちでやってます。 実際は他書籍と平行していることもあって3年くらいかけてやってます。 9~12章構成になっているものが多いと思うのですが大体、1章1か月ずつかけて、それを2週する前提でいます。 1冊に2年かける理由と内容 「そんなに時間かけるって、実際にどうしてるの?」 とも聞かれるのですが、簡単に言うと「見ながらだったら結構もしゃできるじゃん」と思えるくらいまで「同じものを何度も描く」をしています。 頭で理解できても、手が追い付かない 頭で理解できても、手が出力に追い付かないことが多々あるので、まずはよく文章を読んで、描かれている図解やサンプルをしっかりみて、「そっくりに写し取る」意識で勉強しています。 自分の中にある形と、実際に描かれている形の違いをかんじとりながら、どこからどこまでの線を一気に描いているんだろう、始点はどこで、終点はどこなんだろう?とか色々考えながらの写し取りをするようにしています。 1日15分が自分のお絵かき心を支えてくれる! なので1日15分もやったら、脳みそがからっからになりますし、結構な疲労が襲ってきたりします。 でもその疲労感が「これだけやったら大丈夫っしょ!」に紐づけされて、けっかてきに自分の自信にもつながってくるのかなーとも感じています。 たった15分を「されど15分」にするポイントはそこなのかなと思ったのでした。 さいごに 実を言うと、こちらの書籍を何週か模写をした後、「もーいいだろ!おぼえたわ!」と調子に乗って、一度手放してしまった書籍です。 が、結局そのあともう一度買い戻すことになりました(笑 何が言いたいかというと、それだけ 私が描く「しわ」の土台になっています。 もし、「しわを描くのが苦手だけど、かっこよく描きたい!」と思われるようでしたら、こちらの書籍を手に取ってみてください^v^ きっと、苦手だった服のしわも、大好きな工程になるとおもいます!.

次の

スーツのシワの取り方を伝授

スーツ しわ 描き 方

かっこいい スーツのキャラが描きたい! でもスーツの襟(えり)やネクタイってどうなっているの?なんて時ありますよね。 そんなときはスーツの 描き方講座を見てスーツの構造やかっこよく見える着こなし方を学びましょう! この講座ではシャツやスラックスなどスーツを着たキャラクターを描く際に必要なものについても一緒に解説しています。 スーツの描き方をマスター! 正面・側面から見たシャツとネクタイの描き方 まずはシワができやすい箇所から確認していきましょう。 シャツはシワができやすく、特に肩、鎖骨、胸筋、肘、お腹周りにシワがよりやすいことを意識して描いていきましょう。 襟は喉仏の下の位置にV字になるように描きます。 次に袖(そで)を描いていきます。 まず肩の頂点から脇の下への縫い目を描きましょう。 シワは肩の頂点から内側に巻き込まれるようにできます 通常、袖口は手首が隠れるくらいの長さになります。 鎖骨の上あたりに縫い目を描き、体の真ん中にボタンがつく部分のラインを描きます。 ネクタイを描く時は平たい印象になってしまうことに注意しましょう。 結び目は丸みをもたせて立体感を出します。 結び目から出る部分にはふくらみをもたせ、やや末広がりに描きます。 剣先はベルトが半分隠れるくらいの位置になります。 次に横から見た際のシャツの描き方を解説していきます。 襟の上下は曲線、首の後ろは垂直な直線になります。 袖のシワは肩の頂点から矢印の方向にできます。 袖口は横から見るとボタンが見えます。 ボタンホールも忘れずに描きましょう。 背中やお腹の部分は裾(すそ)の方にシワを描きます。 首から肩への縫い目は肩の流れに沿うように描きましょう。 ネクタイは布の厚みとふくらみを意識して描きます。 後ろから見たシャツの描き方 続いて、後ろから見たシャツの描き方を紹介していきます。 腕をまっすぐ降ろすと脇の部分にシワができます。 腕を曲げると肘を頂点としてシワができます。 袖口は先に向かって細くなっていくので、台形になるように描きましょう。 背中部分は肩甲骨の張りや腰部分のたるみにシワができます。 縫い目とひだも描きこんで完成です。 正面から見たジャケットの描き方 ジャケットの第一ボタンの位置をみぞおちの少し下に決め、それに合わせて襟の内側を描きます。 上襟と下襟の境目はワイシャツの襟とジャケットの襟が重なる部分の真ん中くらいになります。 肩は肩パットがあるため袖との境目部分に少し丸みをつけます。 袖はまっすぐ立った場合、シワはほとんどできません。 袖口からはワイシャツが1〜2cm見えます。 ボタンをとめていると裾が少し外側に広がるのでXを意識して描きましょう。 裾の長さは袖より少し長いくらいです。 第一ボタンを描き、ボタンホールも描きましょう。 第二ボタンは第一ボタンから裾までを結んだ線の真ん中より少し上になります。 下襟にラベルホール、胸元には胸ポケットを描きます。 第二ボタンと同じくらいの高さに腰ポケットを描き、 胸ポケットの真ん中から腰ポケットの内側4分の1の位置にフロントダーツと呼ばれる縫い目を描きます。 次に、ボタンを留めていないジャケットを描いていきます。 向かって左にボタン、右にボタンホールを描きましょう。 腰ポケットは前が開く分、後ろになります。 フロントダーツ等を描き込んで完成です。 横から見たジャケットの描き方 ジャケットの襟を描く時は、ワイシャツの襟と平行にならないことと、奥行きがあるので正面から見た時より幅が狭くなることに気をつけましょう。 体の正面の線は直線ではなく曲線で描きましょう。 肩の縫い目は肩の頂点を通るよう丸みをつけて描きます。 袖口は横から見るとボタンが見えます。 首から肩への縫い目は矢印のような曲線になるように描きます。 裾はお尻が半分隠れるくらいの長さです。 後ろから見たジャケットの描き方 後ろから見るとジャケット襟の上には少しだけワイシャツが見えます。 袖の部分は腕を伸ばしていても前後に動かすと脇にシワができます。 後ろから見るとボタンと縫い目が見えます。 ジャケットはシワができにくいですが、腕や体を曲げるとシワができます。 背中側の縫い目の線は、腰の部分で少し曲げてシワを表現します。 以上で完成です! 正面から見たスラックスの描き方 スラックスの履き口は少し高めの位置に、やや曲線で描きます。 ベルトのバックルを体の真ん中に描き、ベルトホールをそのすぐ横、脚の中心、側面に描きます。 ファスナー部分を描きます。 中心にまず線を引き、向かって右側に縫い目を描きます。 縫い目の終わりは少し下に間隔をあけ、直角ではなく斜めに描きます。 ポケット口を脚の側面の縫い目のすぐ横に描きます。 膝から下は重みによるよれを意識して描きましょう。 裾はワンクッションたるみをもたせ、靴の甲を少し包むように描きます。 脚の中心のラインに折り目を、側面には縫い目を描きます。 後ろから見たスラックスの描き方 履き口を描きます。 後ろ側は中心に切れ込みがあります。 足を曲げるとポケットが膨らむので少し浮かせて描きます。 後ろ側はふくらはぎ部分にしわができやすいので重なりを意識して描きましょう。 足を曲げていなくても膝の少し上からたるみができます。 ポケットをお尻の少し上に描きます。 左のポケットにはボタンがついていることが多いです。 脚の中心に折り目を描きます。 線はシワに合わせて曲げましょう。 補助線を消して完成です。 いかがでしたか?以上で「スーツの描き方講座」は終了です。 動画講座では実際に描きながらジャケットやスラックスの描き方を解説しているのでぜひ見てみてくださいね!.

次の